新体制の仙台が守護神GKヤクブ・スウォビィクとの契約更新を発表「ともに戦いましょう」

2021.01.05 14:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ベガルタ仙台は5日、元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィク(29)との契約更新を発表した。

ヤクブ・スウォビィクはポーランドのシロンスク・ヴロツワフから2019シーズンに加入。2020シーズンは明治安田J1で27試合に出場していた。

チームは下位に低迷したが、ヤクブ・スウォビィクは残留を決定。クラブを通じてコメントしている。

「いつも応援、サポートありがとうございます。引き続き、ベガルタ仙台のユニフォームを着てプレーできることをうれしく思っています」

「今シーズンは良い1年にできることを信じています。ともに戦いましょう。ユアスタでまたみなさんにお会いできることを楽しみにしています。今年も熱い応援をよろしくお願いいたします」


関連ニュース
thumb

仙台の関係者1名が新型コロナ陽性、5名が濃厚接触疑いに

ベガルタ仙台は23日、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、すでに陽性疑いを受けていた当該者に加え、全てのトップチーム関係者を対象に民間のPCR検査を実施。その結果、陽性となったとのことだ。 当該者は24日に医療機関を受診し、正式な判定を受ける予定とのこと。すでに隔離されているが、症状はないという。 また、Jリーグおよびクラブ独自の基準に基づく濃厚接触疑い者は5名とのこと。安全が確認されるまで隔離待機するとのことだ。 なお、陰性が確認されている関係者は、24日に2次キャンプ地の延岡に移動するという。 2022.01.24 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性疑い、23日のキャンプ中止

ベガルタ仙台は23日、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性疑いを受けたことを発表した。 クラブの発表によると、沖縄キャンプに帯同するすべてのトップチーム関係者を対象に23日に抗原定性検査を実施。1名が陽性疑いとなった。なお、今後PCR検査を受けるとのことだ。 また、その他のトップチーム関係者も23日中にPCR検査を実施。活動は結果を受けて再開するとのことだ。 仙台は陽性疑いの関係者が出たため、23日のトレーニングを中止。ホテルの自室にて各自待機したとのことだ。 2022.01.23 20:48 Sun
twitterfacebook
thumb

「新たなISHIHARAが!?」仙台がMF石原崇兆のユニフォーム表記変更を「ISHIHARA」から「TAKAYOSHI」に変更

ベガルタ仙台は19日、MF石原崇兆のユニフォームのネームについて発表した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグを戦うこととなる仙台。1年でのJ1復帰に向けて、新体制で戦うことになる。 その仙台だが、オーセンティックユニフォームを既に販売。その中で、石原のユニフォームの選手名表記を変更することを発表した。 当初は「ISHIHARA」となることが発表されていたが、チームから変更依頼があったとし昨年と同じ「TAKAYOSHI」のままとなるようだ。 仙台は「「ISHIHARA」の選手表記名でユニフォームを楽しみにしていただいたお客様、誠に申し訳ございません。また、すでに背番号14番「ISHIHARA」でご予約いただいたお客様につきましては、個別でご連絡させていただき、変更のご希望を確認させていただきます」と陳謝している。 この発表にはさまざまな憶測が飛び交い「別の「ISHIHARA」選手が来るって事だな」という予測も飛び出るほど。湘南ベルマーレを退団したFW石原直樹はかつて仙台に所属していたこともあり、復帰なのではという予測出ている。 なお、今シーズンは清水エルパルスのFWディサロ燦シルヴァーのが「LELE」と愛称の表記に変更しようとしたが、Jリーグに認められず「DISARO'」のままになることが発表されており、選手名表記で新たな変更となった。 2022.01.19 20:13 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台MF中原彰吾が相模原に移籍 「また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います」

SC相模原は16日、ベガルタ仙台からMF中原彰吾(27)の完全移籍加入を発表した。背番号は「30」を着用する。 中原は北海道コンサドーレ札幌のアカデミー出身で、2013年にトップチームデビュー。以後、タイのコンケーンやガンバ大阪、V・ファーレン長崎へのレンタルを経験して、2019年に札幌復帰を果たした。 だが、札幌では出番が限られ、同年7月に完全移籍で仙台へ。昨季は明治安田生命J1リーグ19試合1得点という数字を収めたが、今季からJ3リーグの相模原に活躍の場を移すことが決まった。 長崎時代の恩師である高木琢也監督と再会を果たす中原は両クラブを通じて、それぞれのファンにコメントしている。 ◆SC相模原 「仙台から来ました中原彰吾です。また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います。絶対に1年で上がりましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆ベガルタ仙台 「このたび、SC相模原に移籍することとなりました。新しいチームで心機一転して、がんばりたいと思います。2年半たくさんの応援をありがとうございました」 2022.01.16 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

1年でのJ1復帰期す仙台、元C大阪MFレアンドロ・デサバトの加入内定を発表!

今季から明治安田生命J2リーグを戦うベガルタ仙台は12日、MFレアンドロ・デサバト(31)の加入内定を発表した。日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日して、正式契約を結ぶ。 レアンドロ・デサバトは母国アルゼンチンのベレス・サルスフィエルド、ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマでプレー後、2019年にセレッソ大阪入りした。それを機に2シーズンにわたって日本でプレーしたが、2020シーズン限りでC大阪を退団。そこから約半年の無所属期間を経て、2021年夏に母国クラブのロサリオ・セントラルに加入した。 2年ぶりのJリーグ復帰となるレアンドロ・デサバトは仙台を通じて、意気込みを語っている。 「ベガルタ仙台のファン、サポーターのみなさん、こんにちは。レアンドロ デサバトです。偉大なクラブの一員となり、大変うれしく思っています。目標を達成し、みなさんに幸せを届けられるようにがんばります。一緒にJ1に復帰しましょう」 2022.01.12 13:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly