ダービッツがポルトガル3部オリャネンセの新指揮官に

2021.01.04 22:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル3部のオリャネンセは4日、元オランダ代表MFのエドガー・ダービッツ氏(47)を新指揮官に任命したことを発表した。現役時代、オランダ代表やアヤックス、ユベントスなどで活躍したダービッツ氏は引退後、2012年10月にイングランド5部のバーネットで監督初挑戦。2014年1月に退任して以来となる監督業再挑戦となる。

オリャネンセは現在、3部で首位のヴィトーリアと10ポイント差の4位に付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

二度見しないと分からない!サウジアラビアでバネガ同僚が“回転かかと蹴り”でゴール!「とんでもないフィニッシュ」

サウジアラビアで高難度のゴールが生まれた。 19日、サウジアラビアのアル・シャバブは、サウジ・プロフェッショナルリーグ第14節でアル・ファイサリー・ハルマとホームで対戦した。 試合は序盤にアル・シャバブが1点を失うも、34分、中盤に降りてきたポルトガル人FWファビオ・マルティンスがボールを受けると、上手く体を入れ替えてそのままドリブルでボールを運ぶ。 ボックス付近まで持ち上がると、ボックス左のサウジアラビア代表FWアブドッラー・アルハムダンに預け、自身はそのままボックス内へ。パスに追いついたアルハムダンが左からダイレクトで折り返すと、少し跳ねたボールに対し、走り込んでいたマルティンスが左足ではなく、右足を左足の裏を通すように合わせ、かかとで捉えたシュートは勢いよくゴールネットを揺らした。 一度観ただけでは良く分からないが、リプレー映像を観ると、かなりのスピードでボックス内に走り込んだマルティンスが、やや後ろに入ったボールに対し、ジャンプしながら右足を回して最後はかかとでフィニッシュしているのが分かる。 イギリス『SPORT BIBLE』も「とんでもないフィニッシュだ」「本物のプスカシュ賞候補」とこの高難度のゴールをほめちぎっている。 試合はこのゴールでアル・シャバブが同点に追いつき、そのまま1-1でドロー。なお、今シーズンからアル・シャバブでプレーする元アルゼンチン代表MFエベル・バネガはボランチでフル出場している。 <div id="cws_ad">◆サウジリーグで生まれた衝撃の”空中ヒールボレー”<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just scrap this year&#39;s Puskás Award, there’s no point <br><br> <a href="https://twitter.com/riyadiyatv?ref_src=twsrc%5Etfw">@riyadiyatv</a> <a href="https://t.co/cHF9nuCFCb">pic.twitter.com/cHF9nuCFCb</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1351614542665699330?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.22 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

魂のハイハイクリアがヘンク伊東を阻む!雪のベルギーリーグで起きた衝撃の一幕が話題に「最後まで諦めるな」

ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也の眼前で、ムスクロンのモンテネグロ代表MFデニ・ホチュコが執念のクリアを見せた。 ヘンクは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第20節で16位ムスクロンとアウェイで対戦。伊東は左サイドで先発フル出場を果たした。 降雪の影響でピッチには多くの雪が残っていた中、ムスクロンが1-0と1点リードして迎えた54分、左サイドの伊東にパスが回る。プレスに来たホチュコに対し、伊東は切り返しでかわそうとするも、ボールはホチュコの足に当たりルーズボールとなる。 そのタイミングでホチュコは滑ったのかバランスを崩し、両手がピッチにつく形に。だが、ここで伊東にボールを奪われたらピンチになるという本能が働いたのか、ホチュコはそのまま、赤ちゃんのハイハイのような状態で突き進み、何とか頭でボールをタッチライン外へとクリアし、難を逃れていた。 ホチュコの魂のクリアは、SNS上でも拡散され、SNS専門メディアの『433』も「ネバーギブアップ!」とホチュコの諦めない心を称えた他、サポーターからはマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表DFフィル・ジョーンズを彷彿とさせるという声も上がっている。 なお、この試合はホームのムスクロンが2-0で勝利したが、ヘンクはピッチがプレー可能な状態ではなかったとしリーグ側と試合の有効性について議論していることを明かしている。 <div id="cws_ad">◆ヘンク伊東を阻む魂のハイハイクリア!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Spelen op sneeuw is moeilijk, maar het kan nog moeilijker. <a href="https://twitter.com/hashtag/MOUGNK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MOUGNK</a> <a href="https://t.co/e9dZEmW6QX">pic.twitter.com/e9dZEmW6QX</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1350522763157659652?ref_src=twsrc%5Etfw">January 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.22 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「セカンドトップが一番」斉藤光毅がロンメル入団会見、目標は「一番は自分自身の成長」

横浜FCからベルギー2部のロンメルへ完全移籍したU-19日本代表FW斉藤光毅が、現地で入団会見に臨んだ。 横浜FCのアカデミーで育った斉藤は、2018年に2種登録されると、7月に16歳11カ月11日というクラブ史上最年少記録でトップチームデビュー。9月にプロ契約を結んでいた。 2020シーズンは明治安田J1で31試合に出場し3得点を記録。2025年6月までの4年半契約をロンメルと結ぶこととなっていた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策により2週間の隔離期間をホテルで過ごした斉藤は、隔離期間が終了し入団会見に登場した。 隔離期間の過ごし方については「隔離生活が長い中で、色々と自分なりに考えてトレーニングしていたので苦にはならなかったですが、最後の方は外に出たいなという気持ちが強かったです」とコメント。長い隔離生活がやっと終わってホッとしている印象だった。 ついにチームへ合流することになるが「ずっと楽しみにしていたことですし、スタッフや選手に会えることはすごく新鮮な気持ちです。これからサッカーをしていく上で、やってやろうという気持ちが改めて湧き上がっている感じです」とし、21日から合流予定のチームトレーニングを楽しみにしていると語った。 ロンメルでの目標については「一番は自分自身の成長です。日本と違う環境にきて色々な刺激があると思いますし、色々なことが起きると思いますが、それを楽しめる余裕を持って成長していければと思います」とコメント。自身の成長を求めているとした。 ベルギー代表は2018年のロシア・ワールドカップのラウンド16で日本代表と対戦。劇的な勝利を収めたことがあるが、そのシーンについては「日本が負けたことは悔しかったですが、一番悔しかったことはその場に立てず、テレビで見ていたことです。まず、そのピッチに立とうということで、そのステップアップとして海外移籍を決めました」と語り、将来的な日本代表に入ることを求めていると意欲を示した。 ポジションについては「一番は2列目、セカンドトップが一番です。自分は自由に動いてプレーすることが良い状況なので、自由にできればどこでも良いです」とコメント。「今までは2トップの一角、セカンドトップでやっていて自由にプレーできていたので、そこのイメージが強いです」とし、横浜FC時代と同じ役割でプレーしたいと希望を語った。 最後にプレーした時期について問われ、「最後に横浜FCでプレーしたのは12月20日の試合です。そこからU-19の日本代表に招集されてトレーニングをしていました」と語り、コンディションについては「この隔離期間はトレーニングができなかったので、まだ外で動けていないので、動いてみてどういうコンディションか確かめる必要があります。その中で自分の身体と相談しながらやっていきたいです」と、まずは動いてみてコンディションを確認したいとした。 ベルギー2部はフィジカルが重視されるリーグだが「フィジカル面が強いイメージは自分も持っていました」と印象をコメント。ストロングポイントについては「そういったところで、小ささで相手を嫌がらせたいですし、元々の自分の強さであるクイックネスやアジリティで強くて大きな相手をいなしていければと思います」と、自身の特徴を出したいと語った。 日本からは遠く離れての初めてのプレーとなるが「離れてはいますが、応援してくれていると思うので、その期待や応援というのを背負って、活躍の報告ができればと思っています」と、日本からの声援を背負って戦いたいとした。 また、ベルギーでは多くの日本人選手がプレーしている中、仲が良い選手として「個人的にはみんな知っていますが、友達と言えるのはシント=トロイデンのFW中村敬斗です」とコメント。「U-20ワールドカップを一緒に戦い、仲良くさせてもらっていたので、色々聞きながらやっていきたいと思います」とし、アドバイスを受けていきたいと語った。 ロンメルは現在ベルギー2部で6位に位置。2021年のリーグ戦はここまで3試合が延期となっている状況。24日に、勝ち点差1で5位のRWDモレンベークと対戦する。 2021.01.21 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表MF三好康児が新型コロナウイルス感染

アントワープに所属する日本代表MF三好康児が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した。ベルギー『Gazet Van Antwerpen』が報じた。 報道によると、三好のほか、センターバックのDFジェレミ・ゲランも感染しているという。 すでにチームを離れており、トレーニングにも参加していないとのことだ。 その他、MFリオル・リファエロフやFWディウメルシ・ムボカニもケガのため20日のセルクル・ブルージュ戦を欠場していたとのことだ。 三好は今シーズンのジュピラー・プロ・リーグで15試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2021.01.21 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコで活躍を続ける元仏代表の10番、ジニャックがリーグ新記録を樹立した美しいFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メキシコのティグレスに所属する元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジニャックが決めた美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRWg0VE9oNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門マルセイユでのブレイクの後、ビッグクラブの関心もありながらも2015年夏にメキシコへと活躍の場を移したジニャック。35歳のベテランとなった現在もチームのエースとして活躍している。 2020年11月23日に行われたリーガMXアペルトゥーラ(開幕ステージ)、デポルティーボ・トルーカとのプレーオフ1stレグでは、リーグ新記録を樹立する見事なFKを決めている。 ジニャックの先制ゴールにより、1-0とティグレスリードで迎えた37分、ボックス右前でティグレスがFKを得るとキッカーはジニャック。ゴールからの距離を感じさせないパワフルなシュートを壁の外側から曲げてゴール右上に沈め、見事なFKを決めた。 この得点がリーグ戦での通算125ゴールとなったジニャック。ヨーロッパ出身の選手としてリーグ戦最多得点の記録を樹立している。 2021.01.21 18:00 Thu
twitterfacebook