鳥栖がDFエドゥアルドと契約更新「まだまだ成長できるこのクラブの未来に向かって」

2021.01.01 17:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は1月1日、DFエドゥアルド(27)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。

母国ブラジルやオーストリアのクラブを経て、ローンでガイナーレ鳥取に加入した2013年に来日したエドゥアルド。以降Jリーグでのプレーを続け、これまでに栃木SCや柏レイソル、川崎フロンターレ、松本山雅FCを渡り歩いてきた。

今シーズンからサガン鳥栖に加入し、明治安田生命J1リーグ21試合に出場。佐賀新聞社主催のサポーター投票でクラブの年間MVPに選ばれていた。

「もう一年、こうして、サガン鳥栖との契約を更新することができ、本当に幸せに思っています。この一年は、昨年よりも、より多くの喜びを、サポーターの皆様に、届けることができるようにと強く思っています」

「そして、私たちが、私たちの掲げる目標へ到達するためにも、皆様の、熱い後押しを必要としています。今年もクラブと共に、日々ハードワークできることを、幸せに感じています」

「まだまだ、大きく成長できる、このクラブの未来に向かって、皆様、一緒に進んで行きましょう。これからも、私たちと、皆様は、いつも繋がっています」


関連ニュース
thumb

YS横浜がMF山本凌太郎と契約更新「結果にこだわってやっていきたい」

Y.S.C.C.横浜は19日、MF山本凌太郎(23)との契約更新を発表した。 山本は横浜FCの下部組織出身で、ジュニアユース、ユースと昇格。2017年にトップチームに昇格した。 横浜FCでは、3シーズン在籍しJ2で1試合の出場に。天皇杯では4試合に出場し、2020年にYS横浜へと完全移籍した。 YS横浜では2シーズンで明治安田生命J3リーグ通算18試合に出場していた。 山本はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもYSで戦うことになりました。チームとして、個人として結果にこだわってやっていきたいと思います。宜しくお願いします」 2022.01.19 20:22 Wed
twitterfacebook
thumb

富山退団のMF花井聖がJFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍

カターレ富山は19日、MF花井聖(32)がJFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍することを発表した。 花井は下部組織時代から過ごす名古屋グランパスでプロデビュー後、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州を転々。2019年から富山に活躍の場を移した。 その初年度から主力としてプレーするなかで、2年目から背番号「10」に変更。だが、3年目は出番を減らして、明治安田生命J3リーグ15試合1得点、天皇杯2試合出場にとどまっていた。 花井はクラブを通じてコメントしている。 「カターレ富山から加入することになりました花井聖です。地元のチームでプレーする機会を与えてくれたクラブに感謝しています」 「自分自身のプレーでたくさん恩返し出来るように1年間頑張りたいと思います。少しでも多くの方にスタジアムに足を運んでもらえるように全力でプレーします。スタジアムで会いましょう」 2022.01.19 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

松本、東京V帰りの戸島章と契約更新

松本山雅FCは19日、FW戸島章(30)と2022シーズンの契約を更新したことを発表した。 ジェフユナイテッド千葉でプロデビューした戸島は、藤枝MYFCやFC町田ゼルビア、横浜FC、大宮アルディージャを経て、2021年に松本へ完全移籍で加入した。 半年でJ2リーグ15試合に出場も無得点だったこともあり、8月からは東京ヴェルディへ期限付き移籍。だが、ここでも7試合1得点と結果を残せず、松本に復帰していた。 「今年も松本山雅でプレーさせていただくことになりました!J2昇格のために全力で頑張りますのでこれからまたよろしくお願いします!」 2022.01.19 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南のGK真田幸太、MF横川旦陽がJFLの東京武蔵野ユナイテッドFCへ期限付き移籍

湘南ベルマーレは19日、GK真田幸太(22)、MF横川旦陽(19/写真)がJFLの東京武蔵野ユナイテッドFCへ期限付き移籍することを発表した。 真田は湘南の下部組織出身で、2018年にトップチーム昇格。2020年はJFLの奈良クラブ、2021年は関西サッカーリーグ1部へと期限付き移籍していた。 2021シーズンは関西1部で13試合に出場していた。 横川も湘南の下部組織出身で、2021年にトップチームに昇格すると、そのままガイナーレ鳥取へ期限付き移籍。明治安田生命J3リーグで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆GK真田幸太 「今季からJFLの東京武蔵野ユナイテッドFCでプレーすることになりました。昨年はおこしやす京都ACでプレーし、JFL昇格という目標を達成することができませんでしたが、湘南の地から気にしてもらえたり東京で行われた試合を見に来てもらえたりととても嬉しかったです」 「今年も「真田丸どうなのかな」と少しでも気にしてもらえたら嬉しいです!今年も自分らしくコツコツと頑張ります!!」 ◆MF横川旦陽 「今シーズンは東京武蔵野ユナイテッドFCに期限付き移籍することになりました。皆さんの前でプレーできないのは残念ですが、まずは、試合に出て経験を積んで、成長して帰ってこれるように頑張ってきます。応援よろしくお願いします」 2022.01.19 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

福島のFW賀澤陽友が今季も北信越1部の福井ユナイテッドFCへ期限付き移籍「成長した姿を見せられるように」

福島ユナイテッドFCは19日、福井ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍していたFW賀澤陽友(20)の期間延長を発表した。 新たな期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなる。 賀澤は横浜F・マリノスのジュニアユース出身で、市立船橋高校から2020年に福島へと入団。1年目は公式戦の出場はなく、2021シーズンも出番はなかった。 福井ユナイテッドFCでは北信越フットボールリーグ1部で13試合に出場し4得点、天皇杯で3試合に出場し1得点を記録していた。 賀澤はクラブを通じてコメントしている。 「明けましておめでとうございます!今シーズンも福井ユナイテッドFCでプレーすることになりました。成長した姿を見せられるよう、頑張ります!」 2022.01.19 13:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly