D・シルバの完璧なFKにGKも成す術なし!【ビューティフル・フリーキック】

2021.01.05 16:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。


今回は、レアル・ソシエダの元スペイン代表MFダビド・シルバがマンチェスター・シティ時代に決めたフリーキックだ。

◆ダビド・シルバの完璧なFK

バレンシアで頭角を現したシルバは、2010年夏、オーナーの交代により積極補強を行っていたシティに加入。数々のタイトルを勝ち取り、チームの躍進の立役者となった。

卓越したスキルを持つシルバは、セットプレーからでも正確なキックで相手の脅威となることができるが、2020年7月8日に行われたプレミアリーグ第34節のニューカッスル戦では、美しいFKを決めている。

3-0とシティが大きくリードして迎えた65分、シティがゴール正面、ペナルティーアークの手前でFKのチャンスを得ると、キッカーはシルバ。短めの助走から左足を振り抜くと、カーブしながら壁の頭上を越えたシュートは、ゴール左の完璧な位置に決まった。

このシュートにGKも成す術なし。名手のFKでリードを広げたシティが、その後も追加点を奪い、5-0で大勝を収めている。


関連ニュース
thumb

GKノーチャンス!コース、威力ともに100点満点の美しいFK/2019-20【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レンジャーズのクロアチア代表DFボルナ・バリシッチが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆完璧なコースに決まった美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTYXZwb1RGTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国クロアチアでデビューし、強豪ディナモ・ザグレブなど国内クラブを渡り歩いたバリシッチは、2018年夏にレンジャーズに加入。主力として公式戦100試合以上に出場している。 高い精度でアシストを多く決めているバリシッチは、セットプレーのキッカーも務めるが、2019年10月6日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第8節のハミルトン戦では、見事なFKを決めている。 2-0とレンジャーズリードの61分、ボックスの外ゴールほぼ正面の位置でレンジャーズがFKを得ると、キッカーはバリシッチ。短い助走からシュートを放つと、カーブしながら壁を越えたシュートは、GKの届かないゴール右上角の位置に吸い込まれ、試合を決める3ゴール目を挙げた。 このゴールで相手を完全に突き放したレンジャーズはその後勢いに乗り5ゴールの大爆発。5-0で大勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="904" data-sg-movie-title="【GKノーチャンス!】コース、威力ともに100点満点の美しいFK"></span> 2021.03.07 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

低空でユラユラ揺れるブレ球FK!セードルフが決めたパワフルな無回転シュート/2010-11【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏がミラン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆セードルフのゆらゆら揺れる低空ブレ球FK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxc0F0N0RDWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役時代にアヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍したセードルフ氏。5度のチャンピオンズリーグ優勝などタイトルホルダーとして知られている。 圧倒的なパワーと抜群のテクニックを持つ名手として活躍したセードルフ氏だが、2011年4月16日に行われたセリエA第33節のサンプドリア戦では、豪快なFKを決めている。 0-0で迎えた20分、ボックス手間左の位置でミランがFKを得ると、キッカーはセードルフ。右足から放たれたパワフルなシュートは、無回転のままブレながら飛んでいくと、GKの手前で変化しながらワンバウンドしてゴール右のネットに突き刺さった。 セードルフのゴールで先手を取ったミランは、後半にも追加点を奪い、3-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="878" data-sg-movie-title="【ゆらゆら揺れるブレ球FK!】セードルフが決めたパワフルな無回転シュート"></span> 2021.03.03 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ゴール左上完璧なコース!リヨンのレジェンドが決めた美しいFK/1998-99【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、フランス人MFフィリップ・ヴィオロー氏がリヨン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆レジェンドが叩き込んだ美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNOHNXRWJveiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1997年から2003年にかけてリヨンに所属したヴィオロー氏は、黄金期を迎えつつあったチームで守備的MFとして活躍。3度のリーグ優勝に貢献した。 リヨンでは公式戦268試合に出場し11ゴールを記録しているが、1998年11月19日に行われたリーグ・アン第15節のマルセイユ戦では、見事なフリーキックを決めている。 1-0とリヨンリードの55分、ボックス手前左でリヨンがFKのチャンスを得ると、キッカーはヴィオロー。短い助走から直接シュートを放つと、スピードのあるシュートは素早く変化しながらゴール左へ。ゴールマウス左隅の完璧なコースにシュートが吸い込まれた。 試合はリードを広げたリヨンが2-1で逃げ切り、勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="870" data-sg-movie-title="【ゴール左上完璧なコース!】リヨンのレジェンドが決めた美しいFK"></span> 2021.03.02 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

力の抜けたスイングから完璧なコースへ!美しいアンストッパブルFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、スペイン3部のエルデンセに所属するスペイン人MFダビド・ロペスがブライトン&ホーヴ・アルビオン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆完璧なコースに決まった美しいFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPdTBsQkc4QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> オサスナでプロデビューしたロペスは、アスレティック・ビルバオでのプレーを経て2012年夏にブライトンに加入。チャンピオンシップ(イングランド2部)時代のチームを支えた。 高いキック精度でセットプレーのキッカーを務めていたロペスだが、2013年3月17日に行われたチャンピオンシップ第38節のクリスタル・パレス戦では、完璧なFKを決めている。 1-0とブライトンリードの前半追加タイム3分、ペナルティーアーク手前右の絶好の位置でブライトンがFKを得ると、キッカーのロペスはゆっくりとした助走から力の抜けたスイングで直接シュートを放つ。そこまで球速はないもののゴール右上の完璧なコースに飛んだボールは、クロスバー下部に跳ね返りながら見事にゴールインした。 リードを広げたブライトンは、後半にも追加点を奪い、3-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="863" data-sg-movie-title="【美しいアンストッパブルFK】力の抜けたスイングから完璧なコースへ"></span> 2021.02.28 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

まるで早送り!高速ドライブでニアポストを破るロングフリーキック!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアルゼンチン人MFルーカス・セララジャンがティグレス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆まるで早送り!メキシコで生まれたスーパーFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3VkNFODdmeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アルゼンチンでプロデビューを果たしたセララジャンは、2016年からメキシコの強豪ティグレスに加入。主力としてプレーし、リーグ王者に3度輝くなど、功績を残している。 現在は活躍の場をアメリカに移しているセララジャンだが、2018年7月22日に行われたリーガMXアペルトゥーラ第1節のクラブ・レオン戦では、豪快なフリーキックを決めている。 0-0で迎えた37分、ボックスの外左でティグレスがFKを得ると、キッカーはセララジャン。右足で放たれたトップスピンのかかったドライブシュートは、物凄いスピードでゴール左へ向かうと、必死に手を伸ばすGKにセーブの隙を与えずにゴールインした。 先制し、主導権を握ったティグレスは、試合に2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="861" data-sg-movie-title="【まるで早送り!】高速ドライブでニアポストを破るロングフリーキック!"></span> 2021.02.28 16:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly