川崎F&G大阪のACL出場、名古屋のPO出場が決定…天皇杯の結果次第でC大阪がPOに《ACL2021》

2020.12.19 18:07 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2020シーズンの明治安田生命Jリーグの全日程が19日に終了。2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場クラブが決まった。来シーズンのACLには、Jリーグから3クラブが本大会へ、1クラブがプレーオフに出場することができる。


本大会に進む3クラブは、明治安田J1の上位2クラブと天皇杯の優勝クラブとなっており、明治安田J1の3位クラブがプレーオフに回ることとなる。

明治安田J1を制した川崎フロンターレ、16日の試合で2位を確定させていたガンバ大阪が本大会から出場することが決定。また、最終節で3位を確定させた名古屋グランパスがプレーオフから出場することが決定した。

なお、天皇杯優勝クラブがこの上位3チームと同じだった場合は、明治安田J1の3位クラブが本大会へ、4位クラブが繰り上げでプレーオフに進出。その4位は、5位の鹿島アントラーズと最終節で熱戦を繰り広げ、引き分けに終わったセレッソ大阪に決まった。

しかし、今シーズンの天皇杯はレギュレーションが大きく変わり、J1からは上位2クラブのみが出場。そのほか、J2優勝クラブ(未確定)とJ3優勝クラブのブラウブリッツ秋田が出場。そのほかは、都道府県代表クラブが出場する。

川崎Fは2年ぶり8回目、G大阪は4年ぶり10回目の出場。2008年には優勝を果たしている。また、名古屋は9年ぶり4回目の出場を目指してプレーオフを戦うこととなる。
関連ニュース
thumb

「全員落ち着きがおかしい」川崎F攻撃陣の相手の裏をかき続ける華麗ゴールに称賛「美しい崩し」

昨シーズンの明治安田生命J1リーグで圧倒的な強さをみせ、今シーズンもここまで無敗と怒涛の勢いで勝ち点を積み上げる川崎フロンターレは18日、第10節でサンフレッチェ広島とホームで対戦した。 川崎Fが序盤から主導権を握ると、38分の攻撃陣が抜群の連携を見せる。 MF三笘薫が左サイドをドリブルで持ち上がると、素晴らしいランニングでボックス左へと侵入したDF山根視来へと絶妙なスルーパスを通す。 山根の左足シュートは相手GK大迫敬介に弾かれたものの、こぼれ球を拾うと、相手を引き付けてから中央のMF脇坂泰斗にマイナスで折り返し、脇坂がダイレクトでボックス右に展開。FWレアンドロ・ダミアンが囮になりスルーすると、最後はMF家長昭博がゴール右上にシュートを突き刺し、先制に成功した。 後半のオウンゴールで同点に追いつかれ、試合は引き分けに終わったものの、川崎Fの美しいゴールがJリーグの公式ツイッターで公開されると、「全員落ち着きがおかしい」「美しい崩し」「山根のナイスすぎるランニング!」など、レベルの高いプレーに感嘆する声が多く集まっている。 開幕からの無敗を12まで伸ばした川崎Fは、29日、5月4日にリーグ2位の名古屋グランパスとの連戦を迎える。首位攻防戦でも王者の華麗な攻撃に期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】相手DFを翻弄しまくる川崎Fの連携ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1x412qijxgi9c13i4d95pm7iym" async></script> 2021.04.19 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

劣勢の広島が川崎Fから勝ち点1奪取!川崎Fは5連勝ストップ、広島は2連敗ストップ【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節、川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島が18日に等々力陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 開幕5連勝から引き分けを挟んで再び5連勝と、破竹の勢いで勝ち点を積み上げる川崎F。1週間前に行われた第9節のFC東京との多摩川クラシコでは、アウェイながら大きな実力差を見せ付け2-4で快勝。その3日後に行われたアビスパ福岡戦も危なげなく勝利を収めた。 一方の広島は、開幕8試合までは4勝4分け無敗で好位置にいたものの、ここ2試合は湘南ベルマーレと名古屋グランパス相手に0-1で連敗し、暫定順位は7位に降下。調子の悪い状態で王者と相まみえることになった。 ホームの川崎Fは、福岡戦からスタメンを5人変更。丹野、車屋、小林、知念、長谷川が外れ、チョン・ソンリョン、ジェジエウ、家長、レアンドロ・ダミアン、三笘が入った。広島の変更は3人。柴崎、川辺、エゼキエウに代わり、青山、ハイネル、柏が起用された。川辺はベンチからも外れている。 フォーメーションは[4-3-3]のミラーゲーム。立ち上がりから三笘がボックスに侵入した川崎Fが次々とゴールに迫っていく。4分には遠野のパスから家長がシュート。ここは広島のDFが体をぶつけて枠の外へ。そのCKではファーに流れたボールを遠野がボックス左からシュート。完全にフリーだったが、枠に飛ばすことはできなかった。 13分には、広島は自陣でのパスミスからピンチに。ボールを奪われボックス内から脇坂のシュートを許したが、ここは懸命に戻った東がスライディングブロックで何とか対応した。 しかし、その後もゴール前に釘付けにされる広島。水際で失点は防ぐものの、全く反撃の芽を掴めないまま、失点は時間の問題かという展開に。32分に川崎Fは、L・ダミアンとのワンツーでボックス左を突破した登里がシュートへ。直後に今度はセンタリングを脇坂が頭で捉えるが、2本ともGK大迫に止められた。 すると迎えた38分、ついにホームチームが牙城を崩す。三笘のスルーパスから山根がボックス左に侵入。マイナスの折り返しを脇坂がワンタッチでボックス右に展開すると、最後は家長がゴール右上にシュートを突き刺し、先制に成功した。 前半は全くチャンスのなかった広島だが、後半立ち上がりに森島のクロスをジュニオール・サントスがヘディングシュートに繋げて、この試合初めてゴールに迫る。53分には浅野がミドルシュートで牽制する。 しかし、王者は動じない。55分、登里が左サイドから侵攻しボックスへ侵入。DFのGKの間を抜く見事なクロスを送ると、走り込んだ三笘が詰めてネットを揺らした。しかし、VARで確認した結果、三笘が押し込む手前でオフサイドポジションにいたL・ダミアンが足を出しており、このプレーがボール関与と認められ、オフサイドとなった。 すると、一命拾いした広島が反撃に出る。65分、ジュニオール・サントスが左サイドから速攻を仕掛け、対峙するジェジエウをフィジカルで制しボックスへ侵入。右足で流し込むように狙ったシュートは左ポストを叩いたものの、跳ね返りを拾った森島がゴール前に折り返すと、懸命に戻った田中に当たってゴールイン。圧倒的劣勢の中、オウンゴールで追い付いた。 その直後には、再びジュニオール・サントスが相手の最終ラインの裏へ抜け出すが、ここはジェジエウに軍配。それでも徐々に広島にも追い風が吹く。 広島の同点ゴールから両陣営が積極的に動き出す。80分までに川崎Fは脇坂、遠野、L・ダミアン、家長を下げて塚川、小塚、知念、小林を投入。広島も、柏、ハイネル、浅野を下げて、エゼキエウ、柴崎、鮎川を次々に送り出す。 その後は押し込む川崎Fと、カウンターに徹する広島という構図に。後半はアディショナルタイムが7分と長めに取られた中、最後のセットプレーでは川崎Fがパワープレーに出るも、広島がことごとく撥ね返し続ける。 そして、試合は1-1で終了。22本のシュートを放った川崎Fに対し、6本のシュートにとどまった広島が敵地で王者から勝ち点をゲット。川崎Fは連勝が「5」で止まり、広島は連敗を「2」でストップさせた。 川崎フロンターレ 1-1 サンフレッチェ広島 【川崎F】 家長昭博(前38) 【広島】 森島司(後20) 2021.04.18 16:06 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:川崎Fvs広島】圧倒的強さを見せる川崎F、広島攻撃陣にエンジンはかかるか

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月18日(日) 14:00キックオフ 川崎フロンターレ(31pt/1位) vs サンフレッチェ広島(16pt/7位) [等々力陸上競技場] 目下5連勝中で首位を快走する王者の川崎Fが、無敗から一転、連敗中の広島をホームに迎える。 ◆異次元の強さ、6連勝へ【川崎フロンターレ】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えての一戦。19分に古巣対決の遠野大弥が先制ゴールを決めるも、前半終了間際にエミル・サロモンソンのFKで同点に。さらにハーフタイムに雷雨が強くなった影響で後半開始が遅れるも、2点を追加し見事に勝利を収めた。 ターンオーバーを敷きながらもしっかりと勝利を収めた川崎F。初先発の知念慶にもゴールが生まれるなど、主軸を休ませられた上に控え選手が結果を出すなど、好材料が揃う結果となった。 今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する関係もあり、開幕から週2試合のペースでリーグ戦をこなしてきた川崎F。その中で無敗を守り、11試合で10勝という結果を残せたことはチーム力が向上している結果とも言えるだろう。 その連戦も今節が終われば一旦ストップ。ACLの開催時期が後ろ倒しになったこともあり、ここで10日以上間隔が空く事になる。 当然のことながら良い形で小休止したい川崎Fとしては、連勝を「6」に伸ばしていきたいところ。堅い広島の守備を相手に、攻撃陣が火を噴くかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆課題は攻撃陣、3連敗回避へ【サンフレッチェ広島】 対する広島は、ここに来て連敗。前々節の湘南ベルマーレ戦がシーズン初黒星だったが、前節も名古屋グランパス相手に敗れて連敗となった。 第2節の横浜F・マリノス戦でこそ3失点を喫したが、それ以外の試合は複数失点はない。守備の堅さは今シーズンも見せている状況だ。 一方で、10試合を戦い4勝しかできておらず、効果的に勝ち点を積み上げているとは言い難い。その最大の理由は、貧弱な攻撃陣だ。 得点数は「14」と少ないわけではないが、チャンスの数に対してゴール数が少ないのが気になるところ。最もゴールを決めているのはMF浅野雄也の3点であり、FWジュニオール・サントスとMF柴崎晃誠が2点という状況だ。 連敗したこの2試合も0-1で敗れており、決定力の欠如が大きな課題となる。攻められていない訳ではないだけに、どうテコ入れするのか。フィニッシュワークの精度を上げなければ、いつでもゴールを狙う川崎Fを相手に勝つのは難題だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、今津佑太、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドジュニオール・サントス、エゼキエウ 監督:城福浩 <span class="paragraph-title">【動画】川崎Fの遠野大弥が古巣の福岡相手にゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=rf7za4w5fv9p1um0fdl314icb" async></script> 2021.04.18 10:10 Sun
twitterfacebook
thumb

遠野大弥が古巣相手に1G1A! HTで一時中断も川崎Fが粘る福岡を退け5連勝【明治安田J1第19節】

14日、明治安田生命J1リーグ第19節の川崎フロンターレvsアビスパ福岡が等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 川崎FがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するため、前倒しで行われた試合。川崎Fは中2日、福岡は中3日でのゲームとなる。 川崎Fはここまで無敗で首位を快走中。前節はFC東京都の“多摩川クラシコ”となったが、2-4で勝利した。その試合からスタメン5名を変更。ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫が外れ、登里享平、脇坂泰斗、小林悠、知念慶、長谷川竜也が入った。 対する福岡はガンバ大阪、セレッソ大阪とアウェイゲームで連続ドロー。アウェイ3連線となる中、スタメンは7名変更し、村上昌謙、ドウグラス・グローリ、志知孝明、田邉草民、北島祐二、金森健志、ブルーノ・メンデスが外れ、杉山力裕、宮大樹、輪湖直樹、カウエ、石津大介、渡大生、フアンマ・デルガドが入った。 コレクティブな守備を見せる福岡と、圧倒的な破壊力を見せる川崎Fの対戦。試合は13分に川崎Fがチャンス。ボックス手前でボールを持った脇坂が左へ展開。長谷川がボックス内左からクロスを送ると、ファーサイドの小林が左足でボレー。これはGK杉山がセーブ。こぼれ球に知念が詰めるとクリアしたボールが小林の下へ。これを再び狙うが、わずかに枠を外れる。 さらに17分には、ボックス手前で登里のパスを受けた山根が知念へ繋ぐと、知念は狭いところをドリブルで縦に突破。そのまま自らシュートを放つが、GK杉山がセーブする。 川崎Fが押し込み続けると19分に先制。右CKから脇坂がクロスを送ると一度はクリア。これを古巣対決の遠野が拾うと、ボックス手前から豪快に右足一閃。これがフアンマ・デルガドのクリアを物ともせずにネットに突き刺さり、遠野のゴールで川崎Fが先制する。 先制された福岡は20分に宮のフィードをフアンマ・デルガドが競り合うと、こぼれ球をフアンマ・デルガドが浮き球のパス。これを走り込んだ石津がボレーで狙うが、枠を捉えられない。 その後は停滞した中で、前半アディショナルタイムに渡が自陣から中央をドリブルで突破。川崎Fは3人で囲むと最後は谷口が倒してしまい、イエローカードが提示される。前半ラストプレーとなったFKのチャンス。これをエミル・サロモンソンが右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まり、福岡が同点に追いついて前半を終える。 劇的な展開で試合を折り返し、福岡が一気に攻め込みたいところだったがハーフタイム明けにアクシデント。雷雨が強くなったことを受けて、後半スタートが20分ほど遅れることとなった。 一時的に中断したものの後半がスタート。福岡は吉岡に代えて金森健志を投入し、攻撃に厚みを持たせにいく。 そんな中、後半も川崎Fが押し込む展開に。すると55分に敵陣でこぼれ球を拾うと、そのまま攻勢に出る。右サイドに展開し山根がボックス右からクロス。ファーサイドへのクロスはGK杉山がパンチング。しかし、これが遠野の下にこぼれるとシュート。最後は知念が合わせてネットを揺らし、川崎Fが追加点を奪う。 リードを奪われた福岡は、同点ゴールのエミル・サロモンソンと渡を下げ、湯澤聖人とブルーノ・メンデスを投入。フアンマ・デルガド、ブルーノ・メンデスを前に並べて攻勢に出る。 飲水タイムを挟み75分には川崎Fがメンバー交代。長谷川、小林を下げて三笘薫、家長昭博を投入する。 追いつきたい福岡は79分にフアンマ・デルガドがこぼれ球に反応しシュート。しかし、GK丹野がセーブする。81分にも福岡がチャンス。ロングボールに対応しようとした谷口が滑って流れ、金森が受けようとするが、GK丹野がしっかりと飛び出してクリアする。 82分にも押し込む福岡がチャンス。右CKから前がクロスを送ると、サインプレーで後方から走りこんだ輪湖がダイレクトボレー。しかし、これは枠の左に外れる。 終盤にはレアンドロ・ダミアンを入れて、さらに圧力を増す川崎Fは86分にチャンス。相手のパスを読んでいた谷口がダイレクトで縦パス。これをレアンドロ・ダミアンが受けると、すぐに前へ。走り込んだ三笘がシュートも福岡がブロックする。 リードする川崎Fは最後まで時間を使わずに3点目を目指してプレー。敵陣でのプレータイムを長くしてリスクを回避。するとアディショナルタイム5分、最後尾のジェジエウからパスを受けた山根が相手のプレスをかわしながらドリブルで進行。ボックス手前でレアンドロ・ダミアンにパスを出すと、ヒールでリターン。ボックス内で受けた山根がニアに蹴り込み、試合を決定づける3点目を奪った。 王者の強さを最後に見せつけた川崎F。福岡はラストプレーのCKでGK杉山も上がるがタイムアップ。川崎Fが最後まで手を緩めずに3-1で勝利し5連勝となった。 川崎フロンターレ 3-1 アビスパ福岡 【川崎F】 遠野大弥(前19) 知念慶(後10) 山根視来(後50) 【福岡】 エミル・サロモンソン(前48) <span class="paragraph-title">【動画】遠野大弥が古巣・福岡相手に先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=rf7za4w5fv9p1um0fdl314icb" async></script> 2021.04.14 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:川崎Fvs福岡】4連勝中の首位・川崎F、福岡は強豪とアウェイ3連戦のラスト

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(28pt/1位) vs アビスパ福岡(10pt/11位) [等々力陸上競技場] “多摩川クラシコ”でもしっかりと勝利を収めて連勝を「4」と伸ばした川崎F。アウェイでの3連戦となる福岡が王者に挑む。 ◆圧倒的強さで5連勝なるか【川崎フロンターレ】 11日に行われたFC東京との“多摩川クラシコ”では、前半から圧力をかけるとMF家長昭博の2ゴールを含めて圧倒。FC東京のミスにも漬け込み、2-4で勝利。連勝を「4」に伸ばした。 安定した戦いぶりは昨シーズン以上にも感じられ、圧倒的な強さを見せて首位を独走中。選手をうまく入れ替えても勝ち続けていることはチームとして大きくプラスだろう。 現在はGKチョン・ソンリョンを始め、MF大島僚太、MF山村和也、FW旗手怜央らが負傷で欠場中。それでもチーム力が低下することなく、しっかりと戦えている。 今節の相手は昇格組の福岡。オーガナイズされた守備を敷いており、川崎Fの攻撃力への対応策を準備するはず。その中でどうやって崩していくのかが注目ポイントだ。 また、昨シーズンは期限付き移籍で福岡に期限付き移籍していたFW遠野大弥も古巣対決。Jリーグでの経験を積み、成長したクラブ。古巣相手にさらに成長した姿を見せられるのか注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:丹野研太 DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也 監督:鬼木達 ◆強豪とのアウェイ3連戦【アビスパ福岡】 前節はセレッソ大阪に対してアウェイで2-2のドロー。ガンバ大阪とのアウェイゲームに続き、アウェイで2つの引き分けとなった。 アウェイでの3連戦で、首位の川崎Fが相手と苦しい状況は続く。最後に勝利したのは5試合前。勝てていないとも言えるが、昇格組ということも含めれば11位とまずまずの成績を収めている。 そのベースとなっているのは堅い守備だろう。これまでの戦いでも大崩れすることはあまりないが、もう少し勝ち点を積み上げていきたいところだろう。となると、課題はフィニッシュの精度。無得点試合は2試合しかないが、効率的にゴールが奪えているわけではない。 今回は川崎Fに押し込まれる時間帯が長くなることが予想されるが、しっかりと守備を固め、勝ち点3を奪いに行けるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、カルロス・グティエレス、宮大樹、輪湖直樹 MF:金森健志、カウエ、前寛之、石津大介 FW:フアンマ・デルガド、渡大生 監督:長谷部茂利 出場停止:志知孝明 <span class="paragraph-title">【動画】多摩川クラシコで家長昭博が走り込みながらヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=n04cm7i3k4y31hx733yw8qaxr" async></script> 2021.04.14 16:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly