モロッコのサイドアタッカー、ディラルが決めた、浮き上がるような強烈なシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.12.17 22:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はフェネルバフチェのモロッコ代表MFナビル・ディラルがモナコ時代に決めたゴールだ。


◆ディラルの浮き上がるような弾丸シュート

ベルギーリーグでキャリアをスタートさせたディラルは、2012年1月にクラブ・ブルージュからモナコに加入。主力選手として活躍を見せた。

モナコでは、公式戦167試合に出場し、12ゴール33アシストを記録したディラルだが、2013年2月25日に行われたリーグ・ドゥ第26節のRCランス戦では、豪快なゴールを決めている。

0-0で迎えた38分、モナコが中央突破からチャンスを作ると、MFムニル・オバディからのパスを、ディラルがボックス内で受け、コンパクトな振りからシュートを放つ。右足で放たれた強烈なシュートは、浮き上がるような弾道でニアポストの上部を抜き、見事な先制点となった。

試合は、その後両チームに得点が生まれたが、モナコがリードを守り、2-1で勝利している。
関連ニュース
thumb

運も実力の内?若きオーバメヤンが捻じ込んだラッキーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆運も実力?オーバメヤンのラッキーゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFUVFwS3B5cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、レンタル移籍を経て2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブで頭角を現し、2013年夏にドルトムントに移籍すると、一気にスターダムを駆け上がった。 サンテチェンヌでは公式戦97試合で41ゴールを記録し、ブレイクのきっかけを掴んでいるが、2013年2月17日に行われたリーグ・アン第25節のスタッド・ランス戦では、ラッキーゴールを決めている。 0-0で迎えた10分、相手のパスミスからボールを奪った味方からのパスにオーバメヤンが抜け出すと、一気にゴール前へ。最初のシュートはGKに阻まれるものの、セーブしたボールがオーバメヤンの後を追っていたDFに跳ね返り、再びオーバメヤンの足元に。素早く反転したオーバメヤンが、ボールをゴールに捻じ込み、ラッキーな形から先制点を奪ってみせた。 早い時間に先制することに成功したサンテチェンヌだったが、終盤に追いつかれ、1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="864" data-sg-movie-title="【運も実力の内?】若きオーバメヤンが捻じ込んだラッキーゴール"></span> 2021.02.28 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レジェンドDFのドンピシャ強烈ヘッド!マルディーニがキャリア唯一の1試合2得点をマーク【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルディーニの豪快ドンピシャヘッド<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2NDk4bEhTZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> キャリアの全てをミランに捧げたレジェンド中のレジェンドとして知られるマルディーニ氏。在籍した24年で公式戦901試合出場という圧巻の数字を残している。 ミランでは公式戦33ゴールを記録しているが、2005年10月2日に行われたセリエA第6節のレッジーナ戦では、自身のキャリアを通して最初で最後となる1試合2ゴールを記録している。 開始早々の5分に先制点を挙げていたマルディーニは、続く20分、MFルイ・コスタの右からのコーナーキックに強烈なヘディングを合わせる。ゴールから多少距離がある位置から放たれた豪快なヘディングシュートは、GKの頭上を抜き、見事な追加点となった。 マルディーニの2ゴールにチームメイトも大喜び。当時チームの指揮を執っていたカルロ・アンチェロッティ監督も笑顔をこぼしている。 <span data-sg-movie-id="862" data-sg-movie-title="【レジェンドDFのドンピシャ強烈ヘッド!】マルディーニがキャリア唯一の1試合2得点をマーク"></span> 2021.02.28 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

これぞワールドクラス!レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆回転ハイキックボレー!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPdGJjVTZKWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドルトムントでリーグ屈指のストライカーとして頭角を現したレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンへ加入。ゴールを量産し、ワールドクラスのストライカーとして評価を上げている。 ドイツの絶対王者バイエルンのエースストライカーとして活躍を続けるレヴァンドフスキだが、2021年2月15日に行われたブンデスリーガ第21節のビーレフェルト戦では、アクロバティックなゴールを決めている。 格下のビーレフェルト相手に前半だけで2失点を許し、0-2で迎えた48分、相手陣内中央やや右でボールを持ったDFダビド・アラバが浮き球のボールをボックス内に上げる。 このパスをゴール前で抜け出して受けたレヴァンドフスキは、ゴールに背を向けた状態から、柔らかい胸トラップで空中にボールを上げると、振り返りながらハイキックでボレーシュート。至近距離からゴール左下にシュートを叩き込み、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。 その後1-3とリードを広げられたバイエルンだったが、反撃に成功し、3-3の引き分けに持ち込んでいる。 <span data-sg-movie-id="860" data-sg-movie-title="【これぞワールドクラス!】レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー"></span> 2021.02.28 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

守備の要が見せた驚異のキック精度!チアゴ・シウバが見せた針の穴を通すようなコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シウバのピンポイントシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCZGdodDYxZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国ブラジルでのデビューを経て、ポルトガルやロシアで経験を積んだシウバは、2009年1月にミランに加入。守備の要として名門クラブを最終ラインから支えた。 抜群の守備力で最終ラインを引き締めるシウバだが、2011年11月27日に行われたセリエA第13節のキエーボ戦では、珍しい攻撃面での貢献をみせている。 試合開始間もない8分、MFケビン=プリンス・ボアテングがボックス右角付近でボールを持つと、マイナスの緩いパスを中央に送る。このパスにシウバが走り込んでシュートを合わせると、インサイドで狙いすましたシュート。素早いグラウンダーのシュートは、ゴール前の密集をすり抜け、GKのリーチの届かないギリギリのコースを通って、ゴール左下にピンポイントで決まった。 シウバの珍しいゴールで先制したミランは、勢いに乗り4ゴールの大暴れ。4-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="857" data-sg-movie-title="【驚異のキック精度!】チアゴ・シウバが見せた針の穴を通すようなコントロールミドル"></span> 2021.02.27 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

一瞬の加速と驚くべき決定力!頼れる男ハムシクの強みが詰まった決勝ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は大連人職業足球倶楽部に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクがナポリ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ハムシクが見せた驚異の決定力<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4cFRuaDlieiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ハムシクは2007年夏から通算11シーズン半ナポリに在籍。公式戦通算520試合に出場し、121ゴール111アシストという記録を残した同クラブのレジェンドだ。 MFとして高い総合力を持ち、決定的な仕事に絡むことを得意としたハムシクは、主将としてもチームをまとめていたが、2011年4月30日に行われたセリエA第35節のジェノア戦では、見事なゴールを決めている。 0-0のまま試合が推移し、このまま引き分けで終わるかと思われた83分、自陣に引いて守りを固めるジェノアに対して後方のDFサルバドーレ・アロニカがボックス内にロングボールを入れる。 ペナルティーアーク内でFWエディンソン・カバーニがヘディングでボールを逸らしてボックス内右にいたハムシクにボールを繋ぐと、咄嗟の胸トラップでボールを前に出したハムシクが急加速でDFを置き去りに。ゴール右で少しのスペースを得ると、狙いすましたグラウンダーシュートをゴール左に沈め、均衡を破る先制ゴールを決めてみせた。 終盤でついにリードを奪ったナポリ。試合はそのまま1-0で終了している。 <span data-sg-movie-id="853" data-sg-movie-title="【一瞬の加速と驚くべき決定力!】頼れる男ハムシクの強みが詰まった決勝ゴール"></span> 2021.02.27 14:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly