【プレミア注目プレビュー】昨季王者と今季首位によるミッドウィーク開催の首位攻防戦!

2020.12.16 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第13節、リバプールvsトッテナムが日本時間16日29:00にアンフィールドでキックオフされる。今季初のミッドウィーク開催による、注目の首位攻防戦だ。

現在、2位のリバプール(勝ち点25)は前節、下位に沈むフルアムとのアウェイゲームで大苦戦。攻守に圧倒された前半にビハインドを負うと、後半も序盤こそ決定機を作れたものの徐々に攻撃が停滞。それでも、相手のハンドで得たPKをエースFWサラーがきっちり決めて同点に追いついた。しかし、勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、下位相手の痛恨のドローで首位浮上のチャンスを逃した。


一方、首位のトッテナム(勝ち点25)はマンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルとの強豪3連戦を2勝1分けという上々の戦績で終えた。だが、前節は中位のクリスタル・パレスにFWケインのゴールで先制に成功も、やや消極的な試合運びが続くと試合終盤に相手のセットプレーから同点に追いつかれ、リバプール同様に格下相手の痛恨の取りこぼしとなった。

リバプールは第4節のアストン・ビラ戦での敗戦以降、4戦4分けの8戦無敗、トッテナムは開幕戦のエバートン戦での敗戦以降、7勝4分けの11戦無敗と、いずれも下位相手の取りこぼしはあるものの好調を維持。ただ、ケガ人の少なさやここ最近の戦いぶりでは今回のアウェイチームに分があると言える。

しかし、両者の直近の公式戦の対戦成績ではリバプールが目下5連勝中と圧倒。また、ホームでのリーグ無敗記録を「65」に更新中のマージーサイドクラブが、トッテナムにホームで敗れたのは2011年5月の対戦(0-2)が最後と、10年近く無敗を維持している。さらに、クロップ監督とモウリーニョ監督の通算対戦成績でもドイツ人指揮官の5勝2敗4分けと大きく勝ち越しており、相性を考えれば今回のホームチームが圧倒的優位だ。

今季の充実ぶりでトッテナムが昨季王者を敵地で撃破するか、リバプールが相性の良さ、地の利を生かして現首位チームを破り、首位奪還を果たすか。その結末はいかに…。

◆リバプール◆
【4-3-3】
▽リバプール予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファビーニョ、ロバートソン
MF:カーティス・ジョーンズ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム
FW:サラー、フィルミノ、マネ

負傷者:DFジョー・ゴメス、ファン・ダイク、マティプ、ツィミカス、MFチアゴ、ミルナー、シャキリ、ナビ・ケイタ、FWジョタ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはファン・ダイクやチアゴ、ミルナー、ジョタといった長期離脱組が引き続き欠場となる。また、背中に問題を抱えるマティプ、軽傷を抱えるナビ・ケイタに関しては試合当日までコンディションをチェックする必要がある。

スタメンに関しては直近のフルアム戦と同じメンバーが起用される見込みだが、マティプが間に合わない場合、フィリップスとリース・ウィリアムズの若手センターバック、あるいはフルアム戦の後半と同様にヘンダーソンをセンターバックで起用し、南野やナビ・ケイタ、オックスレイド=チェンバレンをインサイドハーフに回すことになりそうだ。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ロリス
DF:オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダイアー、レギロン
MF:ムサ・シソコ、ホイビュルク
MF:ベルフワイン、エンドンベレ、ソン・フンミン
FW:ケイン

負傷者:DFタンガンガ、MFラメラ、FWベイル
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはラメラに加え、肩を負傷したタンガンガと体調不良から回復したばかりのベイルが欠場となる見込みだ。

アンフィールドでのリバプール戦ということもあり、[5-3-2]の守備的な布陣の採用も十分に考えられる。だが、スタートは[4-2-3-1]を継続して試合の状況次第でロドンやベン・デイビスを投入する形を予想する。

スタメンに関しては直近のパレス戦をベースに、コンディション次第でエンドンベレ、ベルフワインに代えてロ・チェルソ、ルーカス・モウラを起用する可能性がある。また、レギロンを左ウイングに置きベン・デイビスをサイドバックに置く守備的重視の用兵も想定されるところだ。

★注目選手
◆リバプール:MFジョーダン・ヘンダーソン
Getty Images

リバプールの注目プレーヤーはビッグマッチで存在感を放つ頼れるスキッパーだ。ここ数シーズンは細かい負傷に悩まされているものの、昨シーズンのリバプールファン選出の年間MVP、FWA選出の年間MVPをダブル受賞した30歳MFはファン・ダイクと共にチームの出来を左右する替えの利かないプレーヤーの1人。直近のフルアム戦は思わぬ形で取りこぼしたものの、今季のチームが公式戦で喫した2敗、下位相手に取りこぼしたドローはいずれもヘンダーソンが欠場、あるいは先発を外れた試合だ。

守護神アリソンや強烈な個性を持つアタッカー陣と異なり、一人で試合を決める仕事はできないが、その卓越した戦術眼とリーダーシップを武器にチーム全体のパフォーマンスを向上させ、悪い流れを断ち切るという稀有な働きをこなしている。とりわけ、ビッグマッチでの勝負強さは絶大で、今季対ビッグ6相手に好成績を収めている難敵スパーズとの一戦においてもその働きが勝敗のカギを握る。

アンカーあるいはインサイドハーフでの起用が予想される中、アンカーに入れば代表のチームメイトであるケイン、インサイドハーフではホイビュルクとムサ・シソコというフィジカルモンスターを相手に肝心要の中盤の主導権争いでの奮闘が求められる。

◆トッテナム:FWハリー・ケイン
Getty Images

トッテナムの注目プレーヤーは世界屈指の万能型ストライカーだ。両足、頭を自由自在に操り、ワンタッチ、ミドルシュート、ドリブル突破と、あらゆる形でゴールを決められるパーフェクトフィニッシャーは、今季チャンスメーカーとしての才能を完全に開花。ここまでのプレミアリーグ12試合で9ゴール10アシストと圧巻のパフォーマンスを継続している。

昨シーズンの解説者時代にリバプールの3トップの機能美を絶賛していたモウリーニョ監督は、自身の戦術を本格的に浸透させつつある今季にサラー、フィルミノ、マネをベルフワイン(ルーカス・モウラ)、ケイン、ソン・フンミンにそっくり置き換えて、本家と比肩する強力なアタッキングユニットを形成。その中でケインはフィルミノが担う偽CFとも言える新たな役割を完璧にこなしており、敵将クロップも“対戦相手のフィルミノ”への強い警戒の言葉を前日会見の場で語っていた。そのため、今回の一戦ではそのメカニズムを誰よりも知る対戦相手から徹底監視を受け、いつも以上に難しいプレーが予想される。

ただ、これまでの対戦で苦戦を強いられてきたファン・ダイクは今回ピッチにおらず、中盤に落ちた際にマッチアップするアンカーのファビーニョも今回はセンターバックの一角としてマッチアップする可能性が高く、個人としてはこれまでの対戦に比べて与しやすい一戦となるはずだ。また、リバプール相手の個人成績は11戦6ゴール2アシストと相性は悪くなく、絶好調のソン・フンミンと共に難攻不落のアンフィールド攻略に導きたい。

関連ニュース
thumb

2021年初連勝のスパーズ、モウリーニョも「チームとしてのパフォーマンスを示せた」と勝利喜ぶ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を掴んだチームのパフォーマンスを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは4日に行われたプレミアリーグ第33節でフルアムと対戦。トップ4浮上に向け、連勝を目指すチームは前半にオウンゴールで先制すると、後半にVAR判定による相手ゴールの取り消しもあり、1-0のスコアで勝利した。 この結果、トッテナムは2021年に入って初の連勝を記録。順位は8位のまま変わらなかったが、未消化試合に勝利すればトップ4争いに割って入れる状況となっている。試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はチームの姿勢を称賛した。 「重要なのは我々がすべきこと、できることを行い、特に前半は試合を終わらせるのに十分なプレーをしたことだ。ただし、試合を終わらせるまでには至らず、この場合後半は常にハードであると我々は知っていた。しかし、相手チームが反応を示した時も、我々はソリッドだったと思う」 「3人の交代によって、そのときにチームが必要としていたエネルギーと質をもたらしてくれた。ルーカス(・モウラ)は(ジョー・)ブライアンをうまく翻弄していたし、(エリック・)ラメラはハリー(・ケイン)と中央でプレーしてゾーンにボールを運び、創造性を発揮していたね。彼のインテンシティでFKも獲得できた。ムサ(・シソコ)は必要な力を与えてくれたと思う」 「チームとしてのパフォーマンスを示せた。全員がプレーする価値を持っており、11人を交代させたいとも思っていたが3人にしたよ。現時点では、チームの仕組みに応じて次の試合でも3人を交代させる必要がある」 また、モウリーニョ監督はクリーンシートを達成した守備についても言及。集中力を維持した選手たちを称えている。 「クリーンシートは重要だった、2つの重要なセーブがあり、良い集中力も見られた。多くの選手が攻撃に出てきたチームを、うまくコントロールできたと思う。チームとして、選手たちはよくやったよ」 2021.03.05 12:03 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが2021年初の連勝! 開幕以来スタメンのデレ・アリ絡んだOGを守り抜きフルアムに辛勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、フルアムvsトッテナムが4日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが0-1で勝利した。   現在、1試合未消化で8位のトッテナム(勝ち点39)は前節バーンリーを相手に4-0の快勝。リーグ戦の連敗をストップすると共に3試合ぶりの白星を手にした。2021年初の連勝を狙う今節は前回対戦で引き分けた18位のフルアム(勝ち点23)と対戦。バーンリー戦からは先発3人を変更。両サイドバックをレギロン、オーリエからドハーティ、ベン・デイビスに入れ替え、ルーカス・モウラに代わってデレ・アリが開幕戦以来となるリーグ戦でのスタメン復帰を果たした。   今季2度目のロンドン・ダービーは出足で勝るフルアムが押し込む入りを見せる。格上相手に前から圧力をかけるホームチームは、左サイドのロフタス=チークのキープ力を生かしてサイドバックも積極的に高い位置を取って攻撃に厚みを加える。その流れの中でロビンソンらがフィニッシュに絡んでいく。   一方、トッテナムも15分を過ぎた辺りから相手のプレッシャーに順応すると、ここから相手守備を引っくり返すカウンターからチャンスを創出。まずは16分、エンドンベレの仕掛けで得たFKをキッカーのベイルがブレ球で狙うと、直後の18分には左サイドのソン・フンミンが入れた右足アウトにかけた絶妙なクロスをゴール前でドフリーのケインが頭で合わすが、これはGKアレオラの守備範囲。   それでも、続けて良い形の攻めを見せたアウェイチームは19分、得意のロングカウンターでゴールをこじ開ける。自陣でボールを持ったベイルからの縦パスを受けたデレ・アリが左サイドでフリーのソン・フンミンへ繋ぐ。そして、ボックス左にそのまま持ち込んだ韓国代表FWからのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に走り込んだデレ・アリが右足アウトで合わせると、後方にいたDFアダラバイヨに当たってゴール方向に向かったボールが右隅へ決まった。   デレ・アリの今季プレミア初ゴールとはならずも、オウンゴールで先制に成功したトッテナムは、以降もスムーズなポジティブトランジションからうまく浮くデレ・アリ、ソン・フンミンを起点に良い形でカウンターを仕掛けていく。   その流れから4戦ぶりのゴールを目指すソン・フンミンが際どい2本のシュート、エンドンベレのスルーパスに反応したケインがボックス内で相手と交錯してPK獲得に迫る場面を創出。また、守備の局面でもドハーティやホイビュルクが強度の高いプレーで相手の起点を潰す。前半ラストプレーではロビンソンに突破を許してマジャの落としからレミナに決定機に持ち込まれたが、ここはシュートミスに助けられた。   1点リードで試合を折り返したトッテナムだが、後半は相手の攻勢に晒される展開に。立ち上がりに続けて与えたCKからアンデルセン、アダラバイヨに枠を捉えたヘディングシュートを放たれるも、ここはGKロリスの連続セーブで凌ぐ。   以降は相手に押し込まれる中でカウンターチャンスを幾度か得るが、前半のように前線の選手に良い形でボールが繋がらず、なかなかフィニッシュで攻撃を完結できない。   すると、63分には相手の波状攻撃を受けてボックス内でルーズボールを拾ったマジャに左足のシュートを決められる。だが、VARのレビューの結果、DFサンチェスのクリアをレミナが腕を使ってブロックしたとの微妙な判定により、ゴールは取り消しとなった。   判定に救われてリードを維持したトッテナムは68分、ベイルとデレ・アリを下げてルーカス、ムサ・シソコを同時投入。さらに、75分にはエンドンベレを下げてこの日が29歳のバースデーとなったラメラを3枚目のカードとして切った。   互いに交代枠を使い切った残り15分の攻防ではそのバースデーボーイが攻守に気を吐く。83分にはシソコからの縦パスを受けゴール前に走り込むケインへ絶妙なラストパスを通すが、ケインのシュートは勇敢に飛び出したGKアレオラのビッグセーブに阻まれ、試合を決定づける2点目とはならず。   以降はホームチームのミトロビッチを目がけたシンプルなロングボール、サイドからの再三のクロスを撥ね返し続けたトッテナムが、辛くも2試合連続クリーンシートで試合をクローズ。   相手のオウンゴールで得た決勝点を微妙なVAR判定などもあり、何とか守り切る辛勝ながらも昨年11月の4連勝以来となるリーグ連勝を飾ったトッテナムが熾烈なトップ4争いにおいて価値ある勝ち点3を手にした。 2021.03.05 04:59 Fri
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督がトッテナムのEL日程変更に異論、ダービー前の移動に差が発生

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、欧州サッカー連盟(UEFA)の決定に対して異論を唱えた。イギリス『BBC』が伝えた。 アルテタ監督が異論を唱えたのは、今月行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の日程についてだ。 UEFAは1日、ELラウンド16のトッテナムとディナモ・ザグレブの試合日程を変更。当初は1stレグをザグレブで、2ndレグをロンドンで行う日程が組まれていたが、試合会場を逆にすることを発表していた。 変更の理由は、大会規則の第21条に則った形であり、その内容は同じ都市の2つのチームが同日にホームでプレーすることは避けなければならないというもの。アーセナルとトッテナムが2ndレグをロンドンで戦う日程となっていたため、変更されることとなった。 アーセナルの日程が変更されなかった理由は、アーセナルがFAカップのタイトルホルダーであったためであり、UEFAによって2ndレグをホームで戦うように優先されたということだ。 しかし、1stレグと2ndレグの間には、アーセナルとトッテナムの“ノースロンドン・ダービー”が予定されており、この一件についてアルテタ監督は異論を唱えた。 「2つのチームが同じ条件でプレーできることを望んでいる」 「我々は声を上げることができる。そして、そうすべきだと思う。しかし、決定は下されてしまった」 アーセナルはELラウンド16でオリンピアコスと対戦。予定通り1stレグはギリシャのアテネへと遠征することとなるが、その3日後にロンドンでトッテナムとのダービーを戦うことになる。 トッテナムは日程が変更されたことで、ホームゲームを行え、移動がない状況。アーセナルは約3000マイル(約4800km)の移動が必要となり、その点についてアルテタ監督は異論を唱えていた。 アルテタ監督は「その試合に対して『彼らには利点がある』と言って言い訳をしたくない」とコメント。それでも「それが変わることはない」と語った。 昨シーズンはオリンピアコスに敗れて敗退していたアーセナル。今シーズンはその壁を越えることができるだろうか。 2021.03.04 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「トッテナムの選手ではない」ベイルの去就にモウリーニョ監督「ジダンに聞いてみるといい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、ウェールズ代表FWガレス・ベイルについて言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 かつてトッテナムで一躍スターダムを駆け上がり、当時の移籍金最高額でレアル・マドリーへと移籍したベイル。加入当初は期待に沿う活躍を見せていたが、近年はケガやピッチ外での問題もあり、陰りが見えていた。 そんなベイルは、古巣のトッテナムへ1シーズンのレンタル移籍で復帰。しかし、ケガやコンディション不良などで満足にプレーできないお荷物となっていたが、ここにきて復調の兆し。2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のバーンリー戦では2ゴール1アシストの活躍を見せ、チームの勝利に貢献していた。 現在の契約ではシーズン終了後にマドリーへと復帰するベイルだが、マドリーとの契約も2022年6月20日までとなっている。 トッテナムに残るのか、マドリーへ復帰するのか、去就が話題となっているベイルだが、モウリーニョ監督がその件についてコメント。決めるのはレアル・マドリーであると主張した。 「彼はトッテナムの選手ではない。レアル・マドリーが全てを握っている」 「私は選手をただ貸し出されているだけで、トッテナムのために選手を最大限に活用しようと思う」 「自分たちのために借りている選手を大切にすることはもちろんだが、その選手を貸し出しているクラブへのリスペクトも大切にするようにしている」 「ガレスの将来について何かを質問したい場合は、マドリッドの同僚に頼んで、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督に聞いてみるといい」 ここまで公式戦20試合に出場しているベイルだが、副長との見方もあり、4日に行われるフルアム戦に出場するとの見方もある。 モウリーニョ監督は選手はいつだってケガをしているとし、傷を負ったベイルに対しては全てを尽くしたと語った。 「選手がケガをしているということはとても個人的なことであり、選手には必ず傷があると思っている」 「そして、そのケガは肉体的な傷だけでなく、感情的な傷がある事が多い。ケガをした選手は精神的に自由になり、キレイになるまで時間がかかる」 「ただ我慢する必要があり、彼の場合、我々は何もしなかった。できる限り彼の世話をしたし、最終日までそうするだろう」 「我々は彼の周りの全てのものを自由に使えるようにした。コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、スポーツ科学などだ。そして、ドレッシングルームにいる友人が、彼の幸せに一役買っていると思う」 「彼はそれで幸せだが、もちろん高いレベルでのパフォーマンスに関連する幸せを逃していた」 「彼はここにいるこの瞬間、幸せでクリーンで、うまくいけば彼の出場時間や試合、フィーリングをコントロールできるだろう」 2021.03.04 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムOBがデレ・アリの現状に嘆き「ベンチで腐ったままにしておくべきではない」

元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が、トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリの現状を嘆いた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムの中心選手としてプレーしてきたデレ・アリは、今シーズン出場機会が激減。苦しい立場に立たされていたものの、先月に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのヴォルフスベルガー戦に先発出場すると、1ゴール2アシストの大活躍。しかし、続くプレミアリーグ第26節のバーンリー戦では24分のみの出場に留まっていた。 今シーズン開幕前にはパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍も噂されるなどし、難しいシーズンを多くっているデレ・アリ。トッテナムのOBであり、現在は解説者を務めるクラウチ氏は、デレ・アリのこういった現状について変化を求めた。 「ヴォルフスベルガー戦はスタジアムで見ていたんだ。彼は目を輝かせていたし、ハングリーに見えた。確かに、対戦相手はあまり強くなかったが、クオリティが光っていたし、彼がいかに優れているかを思い知らされた」 「だから、昨日彼が不満を持っていたのは理解できる。彼は今シーズン、プレミアリーグで7試合の出場しかなく、あのクラスの選手としてはあまりにも多く欠場している」 「彼は腐ったままにしておくべきではないし、目的もなく漂っているだけのキャリアを送るべきではない」 「我々はチームの内部で何が起こっているのかを知ることはできないし、ジョゼ・モウリーニョがなぜこのような決断を下しているのかを尊重しなければならない。しかし、デレはバーンリー戦でベンチにいたことで完全に落ち込んでいただろう」 また、4-0で圧勝したバーンリー戦で高い得点力を見せつけた攻撃陣については「ベイルは我々が知っている姿に見えた。ハリー・ケインとソン・フンミンも燃えていた」とコメント。その攻撃陣にデレ・アリを組み込むシステムを提案した。 「そこにデレを加えれば、この国のどのチームよりもエキサイティングな前線4枚が揃うことになる。彼がまたチャンスを得られることを願っている」 2021.03.02 15:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly