【CLグループA総括】バイエルン余裕の首位通過、アトレティコが最終節で突破

2020.12.14 16:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーがややもたついたものの、昨季王者バイエルンと共に本命の両クラブが突破を決めたグループA。MF奥川がバイエルン相手にゴールを奪うトピックがあったが、ザルツブルクは一歩及ばず2季連続グループステージ敗退となった。ロコモティフ・モスクワは2季連続最下位と存在感なく終戦となっている。■順位表■
1:バイエルン[勝ち点16]
2:アトレティコ・マドリー[勝ち点9]
3:ザルツブルク[勝ち点4]
4:ロコモティフ・モスクワ[勝ち点3]

◆2試合を残して首位通過の王者~バイエルン~
Getty Images

王者バイエルンが2試合を残して余裕の首位通過を決めた。初戦のアトレティコ・マドリー戦を快勝で飾ったバイエルンは、続くロコモティフ戦を競り勝って2連勝スタートとした。そして、ザルツブルクとの連戦初戦では一時同点とされたが、終わってみれば6発圧勝と格の違いを見せ付けた。結局、そのまま4連勝としたバイエルンはアトレティコ戦を前に首位通過を果たし、残り2試合を消化試合とした。

◆苦戦続きも最終節で突破~アトレティコ・マドリー~
Getty Images

バイエルンに完敗スタートとなった中、アトレティコが最終節のザルツブルクとの直接対決を勝負強く制して勝ち抜けを決めた。格下と見られたロコモティフに2引き分けと思わぬ苦戦を強いられたが、ザルツブルクから2勝を挙げて2位の座に滑り込んだ。FWスアレスがコロナ陽性などで本領を発揮しきれなかった中、FWフェリックスが3ゴールを挙げてチームを牽引した。

◆最終節まで突破の望み残すも2季連続敗退~ザルツブルク~
Getty Images

昨季のインパクトによりFWハーランド、MF南野が流出したザルツブルク。さらに今季はFWファン・ヒチャンも抜けた中、売り出し中のMFショボスライが活躍し、最終節までアトレティコと突破を懸けた戦いに持ち込んだ。出場機会は限られたものの奥川もバイエルン戦でCL初ゴールを決めるなど、敗退には終わったがチーム共々自信を深めることはできたはずだ。

◆2季連続の最下位~ロコモティフ・モスクワ~
Getty Images

3季連続本戦出場のロコモティフだったが、今季も決勝トーナメント進出には程遠かった。そんな中でも第2節ではバイエルン相手に引き分けに持ち込みかけ、アトレティコとの連戦では粘り強くドローに持ち込んで見せた。しかし、肝心のザルツブルク戦で1分け1敗と負け越し、最終節を前に敗退が決まってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

浦和でも活躍したルンメニゲのアクロバティックなアウトサイドボレー【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 ミヒャエル・ルンメニゲ(当時20歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:MF 身長:176cm カール=ハインツ・ルンメニゲ氏の実の弟であるミヒャエル・ルンメニゲ氏。バイエルンとドルトムントで活躍した後、1993年からは浦和レッズでも活躍していた。 【試合詳細】 日程:1984年4月21日 大会:ブンデスリーガ第22節 対戦相手:ブレーメン 時間:後半5分(0-2) <div id="cws_ad">◆ルンメニゲ弟のアクロバティックなゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2OG02SmV2aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-2と2点ビハインドで迎えた50分、バイエルンは敵陣左サイドでDFベルント・デュルンベルガーがボールを持つ。ボックス内に侵入し、マークを引き付けると、ボックス中央にいたミヒャエル・ルンメニゲに向かって浮き球のパスを送る。パスは少し高くなり、ベルトの高さくらいであったが、ミヒャエル・ルンメニゲはジャンプしながら右足のアウトサイドで上手く合わせると、絶妙なボレーとなりゴールネットを揺らした。 この試合では兄のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏もゴールを挙げ、兄弟でのアベックゴールを記録している。 2021.01.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

練習の賜物?チアゴがバイエルン時代に決めたアクロバティックなスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが見せたアクロバティックゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLMWZYeDFFVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、名将ペップ・グアルディオラ監督を追いかける形で2013年夏にバイエルンに加入。攻守に存在感を発揮し、同監督がマンチェスター・シティに移った後も、バイエルンに残って活躍を続けた。 類稀なパスセンスとテクニックで中盤から試合を組み立てる力に長けるチアゴだが、2014年1月29日に行われたブンデスリーガ第17節のシュトゥットガルト戦では、アクロバティックなプレーで自らゴールを記録している。 シュトゥットガルトに先制を許しながらも、1-1とバイエルンが追いついて迎えた92分、最後の攻勢をかけるバイエルンは、DFラフィーニャがふわりとしたボールをボックス内に入れる。このボールに対し、チアゴは走りながら軌道を見極めると、空中にジャンプしながら豪快なバイシクルボレーを放つ。完璧にミートされたシュートは、ゴール右に決まり、劇的な逆転弾となった。 なお、チアゴはこの試合の直近のトレーニングから同じようなバイシクルシュートを練習する姿が映像で残されており、このアクロバティックなゴールも練習の賜物だったようだ。 2021.01.16 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“闘将”マテウスが華麗なステップでDFを翻弄して決めた常識破りのスーパーゴール【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 ローター・マテウス(当時33歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:MF 身長:174cm 闘将の名で知られ、ボルシアMGやバイエルン、インテルなどでプレーしたマテウス氏。ドイツ代表としても150試合に出場し23ゴールを決めるなど数字も残し、センターバックからボランチ、トップ下とユーティリティプレーヤーとしても知られている。 【試合詳細】 日程:1997年4月26日 大会:ブンデスリーガ第36節 対戦相手:デュッセルドルフ 時間:後半7分(4-0) <div id="cws_ad">◆リベロなのに華麗すぎるステップでDFを翻弄!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZRXRscXUzbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> デュッセルドルフ相手に前半で4ゴールを奪ったバイエルン。迎えた52分、マテウスは後方から中央を上がると、味方の縦パスをボックス手前で受ける。 このパスを狙っていたDFのスライディングを華麗にかわすと、ボックス内でも2人のディフェンダーをかわし、最後は左足一閃。強烈なシュートを突き刺し、5-0の大勝に貢献した。 守備的なポジションを務めるマテウスとは思えないステップは、ドリブラーそのもの。いかに総合力の高い選手だったかが分かるゴールだ。 2021.01.16 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

2部相手に2回戦敗退のバイエルン、フリック監督も「ショックを受けている」と落胆

バイエルンのハンジ・フリック監督が、DFBポカール敗退を悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは13日に行われたDFBポカール2回戦で、ホルシュタイン・キールと対戦。昨シーズンに続く3冠達成を目指すバイエルンにとって、2部リーグに所属する相手への勝利は絶対であるかに思われた。 しかし、試合は1-1で前半を終えると、後半バイエルンは追加点を挙げたものの終了間際に同点とされる。延長戦でスコアは動かずPK戦に突入すると、6番手のキッカーを務めたMFマルク・ロカが外してしまい、5-6で敗戦。この結果、バイエルンはDFBポカール2回戦での敗退が決定し、昨シーズンに続く3冠の目標は早くも潰えることになった。 試合後のインタビューに応じたフリック監督も、この結果には失望を隠せない様子だ。 「もちろんショックを受けている。我々は非常にがっかりしているよ。3冠を達成したかったからね。試合全体を見てみると、チームは細部にまでこだわりを持ち、素晴らしい精神を見せてくれたと思う。我々の目標であった試合の支配もできていた」 「最後の1秒で同点に追いつかれてしまったことは、非常に悔しいよ。キールを祝福する必要があるね。彼らはこのカップ戦を、真の意味で戦っていた」 「我々はこの試合を過去のものにして、より良いプレーを目指す必要がある。自陣ではよりコンパクトになる必要があるし、もっとプレッシャーをかけて、ロングボールにもしっかり対応しなければならない」 また、フリック監督はインタビューのなかで、カップ戦ではこうしたジャイアントキリングが起こるものだと語りつつ、PKを外したロカを責めるつもりはないと強調した。 「驚くべき結果になってしまったが、カップ戦とはそういうものだよ。キールは守備が良く、GKも素晴らしいパフォーマンスだったと思う。PK戦になればこういうことは起こり得るし、ロカを責めるつもりは全くないさ」 2021.01.14 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

前回王者バイエルン、2部のキールにPK戦負けでまさかの敗退《DFBポカール》

バイエルンは13日、DFBポカール2回戦でホルシュタイン・キールとのアウェイ戦に臨み、2-2で120分を終えた後のPK戦で5-6とされ敗退が決まった。 2部で3位に付けるホルシュタイン・キールに対し、レヴァンドフスキやアラバをベンチスタートとしたバイエルンはミュラーを最前線に、右にサネ、左にニャブリを配した。 そのバイエルンが立ち上がりから圧力をかけると、14分に先制する。ミュラーのヘッドでの落としに反応したゴールエリア右のニャブリがネットを揺らした。 その後も一方的に押し込んだバイエルンは26分、ニャブリのコントロールシュートで追加点に迫るも、37分にワンチャンスで同点とされる。ロングボールに抜け出したバルテルスにGKとの一対一を制された。 追いつかれたバイエルンはミュラーのミドルシュートやミュージアラの枠内シュートで勝ち越しを目指すも、1-1で前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、ボックス手前右で得たFKをサネが直接狙うと、見事ゴール右に吸い込まれ、バイエルンが勝ち越しに成功する。 その後もバイエルンが主導権を握る中、74分にはレヴァンドフスキを投入。後半終盤にかけては流し気味にプレーし、そのまま勝ち切るかと思われた。 しかし後半終了間際の追加タイム5分、左クロスからウォールにヘディングシュートを決められ、土壇場で同点とされて延長戦にもつれ込んでしまった。 その延長戦では決定機を生み出しきれずPK戦にもつれ込んでしまう。するとそのPK戦では6番手のキッカーを務めたロカがGKグリオスにシュートを止められた中、キールは6人全員が成功。前回王者バイエルンが2回戦で姿を消すことになった。 2021.01.14 07:33 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly