神戸が苦しみながらも10人の水原三星をPK戦の末に撃破しベスト4進出!《ACL》

2020.12.11 01:51 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸は10日、AFCチャンピオンズリーグ準々決勝で水原三星と対戦し、1-1で120分間を終了。PK戦の末7-6で神戸がベスト4進出を果たした。3日前に行われた上海上港とのラウンド16を2-0と快勝した神戸は、上海上港戦のスタメンから右足を痛めたイニエスタに代えて安井のみを変更した。


4日に行われたグループステージ最終節でも対戦し、0-2と敗れていた水原三星との再戦。ラウンド16で横浜F・マリノスを逆転で下した水原三星に対し、上海上港戦同様に[4-3-3]で臨んだ神戸は5分にピンチ。ボックス右に侵入されたイム・サンヒョブにシュートを打たれ、GK前川が強襲される。

そして7分、勢いそのまま先制された。コ・スンボムの右クロスをニアサイドに走り込んだパク・サンヒョクにヘッドで決められた。続く10分にもCKからヤン・サンミンに決定的なヘディングシュートを許した神戸は、徐々にポゼッションを高めていく展開としたものの、自陣に引いて守備を固める水原三星を崩せない状況を強いられる。

そんな中35分、神戸が数的優位となる。西が浮き球パスに抜け出してボックス内へ侵入。キム・テファンに後方から倒されると、主審はPK判定を下すもVARの末にFK判定に変わり、キム・テファンにはレッドカードが提示された。

そしてボックス手前ぎりぎりで得たFKを古橋が意表を突くグラウンダーのシュートで決めて神戸が同点とした。

1-1で迎えた後半、西に代えて小田を投入した神戸が10人の水原三星を押し込む流れとする中、57分に決定機。右サイドからのFKをフリーのドウグラスがヘッドで合わせるもシュートは枠を捉えきれなかった。

その後も押し込む神戸は73分に山口のミドルシュートでオンターゲットを記録すると、1分後にはドウグラスが決定的なヘディングシュートを浴びせた。

さらに85分にはドウグラスが再び決定的なヘディングシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれてしまう。

すると追加タイム1分には大ピンチ。スルーパスを通され、キム・ガンヒに決定的なシュートを許すも、GK前川が凌いで1-1で90分を終了した。

迎えた延長戦、前半5分に神戸に決定機。左サイドからの初瀬のクロスを古橋がバックヘッドで合わせると、シュートは右ポストに直撃した。

さらに1分後にもビッグチャンス。しかし、相手のボールをかっさらってボックス右に抜け出した古橋の折り返しをドウグラスはミートしきれず、シュートはゴールライン前で相手DFにクリアされてしまった。

延長後半8分にはイニエスタを投入した神戸だったが、同11分に大ピンチ。しかし、ゴールカバーに入った山口が決定的なシュートを止め、さらにルーズボールを押し込まれるも、シュートはポストに直撃して助かった。

そして迎えたPK戦では神戸のキッカー7人全員が成功したのに対し、水原三星の7番手のキッカーがシュートを外して劇的勝利。ベスト4に進出した神戸は13日に蔚山現代と準決勝を戦う。

ヴィッセル神戸 1-1(PK7-6) 水原三星
【ヴィッセル神戸】
古橋亨梧(前40)
【水原三星】
パク・サンヒョク(前7)
関連ニュース
thumb

神戸、トップチーム関係者1名が新型コロナ感染…本日の仙台戦は開催

ヴィッセル神戸は3日、トップチーム関係者1名の新型コロナウイルス陽性判定を報告した。 関係者1名は2日に近親者の濃厚接触者である可能性が確認されたため、クラブ独自のPCR検査を医療機関で受けて陽性判定に。現在、本人にいずれも軽度ながら喉の違和感と咳の症状があり、適切な対策のもと、隔離、療養に入っているという。 また、関係者の陽性判定を受け、トップチーム関係者62名は2日夜に実施したPCR検査を受検して当該者を除く全員の陰性を確認。Jリーグの定めるガイドラインに沿って、トップチーム関係者2名が「濃厚接触疑い者」として自宅待機に努めているようだ。 神戸は本日3日に明治安田生命J1リーグ第7節のベガルタ仙台を控えるが、Jリーグと両クラブの協議やJリーグのガイドラインに基づき、陽性判定を受けた1名と濃厚接触疑い者2名を除いて予定通り開催されるという。 2021.04.03 11:49 Sat
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・オリヴェイラが公式戦3連発!FC東京が神戸を下し開幕2連勝《ルヴァンカップ》

28日、YBCルヴァンカップ・Bグループ第2節のFC東京vsヴィッセル神戸が味の素スタジアムで行われた。 今月10日に行われたリーグ戦と同一カード。当時は2点を先制した神戸が押し切ったが、今回はFC東京が攻勢に出た。11分、GK児玉のパスを受けた岡崎が自陣右サイドから前線へフィード。これで最終ラインの裏に抜け出したディエゴ・オリヴェイラがGKもかわしてゴールを決めた。 シンプルな攻撃で先制に成功したFC東京はさらにその3分後、ディフェンスラインから組み立てる神戸に対し激しいプレスをかけると、高萩のチェックが安井のパスミスを誘発。これを拾った三田がペナルティアークからシュートを突き刺し、あっという間にリードを2点に広げた。 立て続けに失点を喫した神戸も、20分に安井が汚名返上にとシュートを狙う。DFに当たってコースが変わる難しいシュートだったが、GK児玉にしっかりセーブされてしまう。25分には右サイドの増山のライナー性のクロスに小田。至近距離で合わせた最大の決定機も、GK児玉のビッグセーブに遭う。 神戸は後半途中から山口や藤本、セルジ・サンペールなど温存していた主力を次々と投入。さらに菊池を最前線で起用するパワープレーも敢行し、まずは1点を狙いに行く。しかし、センタリングは尽く跳ね返され、時間を浪費していく。 結局、序盤に得た2点リードのまま逃げ切ったFC東京が開幕2連勝。前回大会のリベンジを果たし、公式戦3連勝を収めた。 ◆第2節 ▽3/28 【Bグループ】 FC東京 0-2 ヴィッセル神戸 ▽3/27 【Aグループ】 サガン鳥栖 1-5 北海道コンサドーレ札幌 アアビスパ福岡 1-5 鹿島アントラーズ 【Bグループ】 徳島ヴォルティス 0-1 大分トリニータ 【Cグループ】 浦和レッズ 0-1 柏レイソル 湘南ベルマーレ 1-0 横浜FC 【Dグループ】 ベガルタ仙台 0-1 清水エスパルス 横浜F・マリノス 5-0 サンフレッチェ広島 2021.03.28 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

父の背中を追う神戸GK前川黛也、成長と共に見据える将来像「前川黛也として認められたい」

日本代表は28日、30日に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル代表戦に向けた合宿3日目を迎える。 25日に行われた韓国戦では、DF山根視来(川崎フロンターレ)のデビュー戦ゴールを含む3得点を奪い、3-0で快勝。10年前の再現を果たしていた。 あくまでもフレンドリーマッチだった韓国戦から、今度はW杯出場に向けた予選。2日後に試合を控えた中で選手たちがオンライン取材に応対した。 今回の活動で日本代表に初招集を受けたGK前川黛也(ヴィッセル神戸)が取材に応対。代表経験もJリーグの経験も豊富な2人とともにプレーすることとなった。 その前川はトレーニング中も笑顔が絶えないが「非常にレベル高い中でプレーできている喜びと、自分の中でサッカーは楽しくやるものだと思っているので、練習から楽しく取り組むという、笑顔で取り組むというのが1つあるので、そう見ていただいて嬉しいです」と語り、自身が日頃から目指していることが出せているようだった。 前川の父である和也さんは現役時代はサンフレッチェ広島などでプレーし、日本代表でも守護神を務めていた。先輩でもある父の日本代表での勇姿については「そのころはまだ赤ちゃんで、物心ついたときは引退間際で、あまり記憶ないです。代表の記憶もないです」と語り、父の活躍の記憶はないとした。 魂のこもったセービングを見せていた父ではあるが、前川は自身の特徴について「自分自身シュートを止めるという能力は自信もありますし、それも特徴だと思うので、違いを見せたいです」とコメント。一方で、GK西川周作(浦和レッズ)、GK権田修一(清水エスパルス)については「2人のGKもシュートセーブには特徴があるので、いろいろなことを吸収してやりたいと思います」と語り、先輩からも多くを学びたいとした。 実際にこの合宿で学んだことについては「自分自身、この先シュートストップであったりの強みを生かせると思うと同時に、レベルの高いところで基礎の高さ、1つ1つのプレーの判断だったり自信は、先輩GKを見てまだまだ足りないと感じました」とコメント。「そういうところを含めて吸収していきたいです」とさらなる成長に意欲を見せている。 その前川は昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では正守護神としてプレーしチームはベスト4入り。そこでの経験で成長し、今シーズンは正守護神としてプレーしている。 ACLについては「ACLだけじゃなく試合に絡む中で、自分のストロングポイントである吸収していくという意味で、1試合1試合、1つの練習から今日の自分より明日の自分と、どれだけ成長できるかを日々意識しています」と語り、常に成長のためにアンテナを張っている様子。「落としてはいけない試合が続く中で、恐れずにチャレンジし続けた結果、良いところと課題が見つかったので充実した大会でした」とACLでの経験を振り返った。 出場し始めた当初はビルドアップのミスなども目立っていたが「ミスはどの選手もあると思いますし、自分自身のミスで負けてしまうこともあましたけど、いかにミスを減らして、できるところをどれだけできるかが大事です」と語り、「できる以上のことをやらないというのは開き直って、自分の中でサッカーを楽しむようにしてからミスの捉え方が変わりました」とミスへの考え方が変わったという。「ミスはありますが、失点に繋がる大きなところを事前に防ぐなどをできていると思います」とし、決定機でのミスは減っていると自覚しているようだ。 勝利に直結することもあるGKは、ポジションが1つしかない中でレギュラー争いが必要になってくるが、自身に必要なものについては「自分の個性や良さをチームに還元して貢献していくことが一番です」と語り、「できていないことをできるようにする、試合で自信を持ってプレーするというところを目指してやることが代表に定着したり試合に出るためのカギだと思うので、しっかり積み重ねていきたいです」と語り、着実に成長していくことが大事だと語った。 次の試合はモンゴルとのW杯予選となる。その試合については「W杯予選という大事な一戦で落とせない一戦という意味でも、2次予選を通過するためにモンゴル戦に向けて最高の準備と、しっかりどう崩していくかを日々のミーティングを通じて、モンゴルを倒すための話し合いや選手内の細かいコミュニケーションをやっているイメージです」と語り、チームとしての準備はしっかり行えているようだ。 その前川だが、父と元同僚である森保一監督については「子供の頃から知っています」とコメント。「広島時代の練習参加や中学の時に広島ジュニアユースだったのでコーチに来てくれたりと、そういう関わりがあったので、監督やコーチとしての立場の挨拶ぐらいです」と言葉を多くは交わしていないとした。 印象については「僕がフィールドをやっていた頃や大学で練習参加した時は、サッカーの抽象的な話じゃなく、プレー以外にもメンタリティについても指導してもらってきたので、尊敬と信頼を置ける監督です」とし、「また指導してもらえて嬉しいですし、選んでもらった感謝しかないです」と再会を喜んでいた。 この先前川が目指すGK像に関しては「父の領域というか、父の力強さ、日本人離れしたところは父の個性なので、超えるのは難しいかもしれないですが、自分の良さを最大限生かしたいです」とコメント。「父も代表で10試合ぐらい出ていますし、結果をとして超えていきたいというのはあるので、前川和也の息子ではなく前川黛也として認められたいです」と語り、父を追い越すことを目標としていると語った。 2021.03.28 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季のACLでは韓国2クラブと対戦の神戸FW古橋亨梧、興国高校の同期・南野拓実と日本代表で初共演「色々聞きたい」

日本代表は22日、国際親善試合の韓国代表戦に向けてトレーニングキャンプをスタートした。 2019年11月以来となる国内での代表活動。今回のメンバーには、昨年のヨーロッパ遠征では招集されなかったJリーグ組も14名招集され、新たな選手も多く名を連ねた。 国内組は週末のJリーグを終えて21日の夜に集合。初日のトレーニング前にオンラインでのメディア取材に応対した。 2019年11月以来の日本代表招集となったヴィッセル神戸のFW古橋亨梧が取材に応対した。 古橋は久々の日本代表招集について「前回入れてもらった時にチャンスがあった中で悔しい思いをしたので、もう一度呼ばれて結果を残したいと思いました」とコメント。ベネズエラ戦での悔しい想いをリベンジしたいとコメントした。 日本代表に呼ばれてからの変化については「今年はまだまだ外している回数が多くてチームに迷惑をかけます。ただチャンスは作れているので、そこは強みですし、もっと決めていきたいと思います」とコメント。以前よりもよりゴールへの意識が強くなっていることを語った。 また心境の変化についても「余裕も出てきましたし、逆に泥臭いゴールも決められることを証明できていると思います。1つずつ丁寧に、大切にしていかないといけないと思います」とコメント。1ゴールずつを大事にしていきたいと語った。 今回の日本代表には、サウサンプトンでプレーするFW南野拓実が招集。2人は同じ興国高校に通っていた同期だ。 同じ学校に通っていた南野との接点については「クラスが違ったので、体育が一緒だったり、学校の行事ごとで会うぐらいで、あまり話したことは正直ないです」とコメント。「近くにいて目標としていたので、モチベーションはありました」と、当時から意識していたことを明かした。 その南野と同じ日本代表で活動することになるが「南野選手だけでなくてみんなとやれるのが楽しみです。どこまで自分を出せるのかが楽しみです」とコメント。南野との会話については「今日の朝会いましたけど、挨拶ぐらいです」とし、「色々聞きたいですね。海外で活躍しているので、そのことやプレーのことを話したいと思います」と、コミュニケーションをとっていくと語った。 海外のチームとの対戦経験があまりない古橋だが、昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではアジアのクラブと対戦。グループステージと準々決勝で水原三星ブルーウィングスと、準決勝で蔚山現代と韓国のクラブとも対戦している。 そのACLでの経験については「カタールでは結構連戦で、暑い中でフル出場させてもらいました。その中でも自分の持ち味は出せました」と語り、「タイトにボールを奪いに来る中でかわすことを意識しました」とアジアの戦い方を学んだと語った。 また、「守備の部分でもカタールで意識して、今シーズンも自分のところで自由にさせないことを意識しています」と守備面での意識も変化したとコメント。「FKで得点もできて、違った自分を出せたかなと思います。今年も蹴らせてもらっているので、違う自分が出せればと思います」と語り、着実に成長していると手応えを感じたようだ。 加えて、今回対戦する韓国代表のイメージについては「タイトにアグレッシブに来るイメージです。裏への抜け出しや間で受けてゴールに向かうのが持ち味なので、それをかわしながら結果を出していきたいと思います」と強い意気込みを語った。 2021.03.22 13:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「また見たい」イニエスタのJリーグでのプレー集に国内外から絶賛の声「日本に来てくれてありがとう」

2018年にバルセロナからヴィッセル神戸へと加入した元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタ(36)だが、まだまだ世界でも注目を集めている。 現在は右足大腿直筋近位部腱の断裂からのリハビリに励んでいるイニエスタだが、神戸では主将も務めるなど、随所でワールドクラスの活躍を見せてきた。 『ESPN』の公式ツイッターは、「日本でのアンドレス・イニエスタのボール捌きを3分間楽しんで」と題して、神戸でのイニエスタのプレー集を投稿。動画では、2018年8月のジュビロ磐田戦で決めたJリーグ初ゴールや、異次元のダイレクトロングパス、FWルーカス・ポドルスキへの魔法のような浮き球アシストなど、イニエスタらしい珠玉のプレーの数々を公開している。 多くの海外サポーターから「マエストロだ」「イニエスタをまた見たい」「バルセロナでもっとできたはずだ」など名手のプレーに熱中する声が多く集まったほか、日本のサポーターからも「イニエスタ様」「日本に来てくれてありがとう」と世界的スターを崇める声が挙がっていた。 なお、イニエスタの全治は4カ月と言われており、4月中の復帰が期待されている。 Jリーグファンでなくても誰もが魅了されてしまうイニエスタのプレー。大ケガから復活し、元の輝きを見せてくれることを期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】また見たい!光り輝くイニエスタのプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Enjoy three minutes of Andrés Iniesta balling in Japan<a href="https://t.co/jo3PlQwqWU">pic.twitter.com/jo3PlQwqWU</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1373423122058215426?ref_src=twsrc%5Etfw">March 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.22 11:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly