神戸が苦しみながらも10人の水原三星をPK戦の末に撃破しベスト4進出!《ACL》

2020.12.11 01:51 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸は10日、AFCチャンピオンズリーグ準々決勝で水原三星と対戦し、1-1で120分間を終了。PK戦の末7-6で神戸がベスト4進出を果たした。

3日前に行われた上海上港とのラウンド16を2-0と快勝した神戸は、上海上港戦のスタメンから右足を痛めたイニエスタに代えて安井のみを変更した。

4日に行われたグループステージ最終節でも対戦し、0-2と敗れていた水原三星との再戦。ラウンド16で横浜F・マリノスを逆転で下した水原三星に対し、上海上港戦同様に[4-3-3]で臨んだ神戸は5分にピンチ。ボックス右に侵入されたイム・サンヒョブにシュートを打たれ、GK前川が強襲される。

そして7分、勢いそのまま先制された。コ・スンボムの右クロスをニアサイドに走り込んだパク・サンヒョクにヘッドで決められた。続く10分にもCKからヤン・サンミンに決定的なヘディングシュートを許した神戸は、徐々にポゼッションを高めていく展開としたものの、自陣に引いて守備を固める水原三星を崩せない状況を強いられる。

そんな中35分、神戸が数的優位となる。西が浮き球パスに抜け出してボックス内へ侵入。キム・テファンに後方から倒されると、主審はPK判定を下すもVARの末にFK判定に変わり、キム・テファンにはレッドカードが提示された。

そしてボックス手前ぎりぎりで得たFKを古橋が意表を突くグラウンダーのシュートで決めて神戸が同点とした。

1-1で迎えた後半、西に代えて小田を投入した神戸が10人の水原三星を押し込む流れとする中、57分に決定機。右サイドからのFKをフリーのドウグラスがヘッドで合わせるもシュートは枠を捉えきれなかった。

その後も押し込む神戸は73分に山口のミドルシュートでオンターゲットを記録すると、1分後にはドウグラスが決定的なヘディングシュートを浴びせた。

さらに85分にはドウグラスが再び決定的なヘディングシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれてしまう。

すると追加タイム1分には大ピンチ。スルーパスを通され、キム・ガンヒに決定的なシュートを許すも、GK前川が凌いで1-1で90分を終了した。

迎えた延長戦、前半5分に神戸に決定機。左サイドからの初瀬のクロスを古橋がバックヘッドで合わせると、シュートは右ポストに直撃した。

さらに1分後にもビッグチャンス。しかし、相手のボールをかっさらってボックス右に抜け出した古橋の折り返しをドウグラスはミートしきれず、シュートはゴールライン前で相手DFにクリアされてしまった。

延長後半8分にはイニエスタを投入した神戸だったが、同11分に大ピンチ。しかし、ゴールカバーに入った山口が決定的なシュートを止め、さらにルーズボールを押し込まれるも、シュートはポストに直撃して助かった。

そして迎えたPK戦では神戸のキッカー7人全員が成功したのに対し、水原三星の7番手のキッカーがシュートを外して劇的勝利。ベスト4に進出した神戸は13日に蔚山現代と準決勝を戦う。

ヴィッセル神戸 1-1(PK7-6) 水原三星
【ヴィッセル神戸】
古橋亨梧(前40)
【水原三星】
パク・サンヒョク(前7)

関連ニュース
thumb

「特別な冒険が始まった」イニエスタが25年前のバルセロナ入団時を回顧「最も重要な一歩」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナ入団当時を振り返った。 スペイン東部のアルバセテ出身のイニエスタは、8歳の時に地元のアルバセテ・バロンピエの下部組織に入団。ここでサッカー選手として成長すると、12歳の時にバルセロナのラ・マシアに加入した。 バルセロナでは、下部組織時代も合わせると22年間もプレー。数々の栄光を掴み取った後、2018年から神戸でプレーしている。 そんなイニエスタは16日、自身のインスタグラムを更新。ラ・マシア入団当時の2枚の写真とともに「25年前、人生で最も重要な一歩を踏み出し、ラ・マシアに入った。こうして、FCバルセロナでの私の素晴らしい、特別な冒険が始まった」とスペイン語と日本語で綴った。 現役引退後のバルセロナ復帰願望を度々口にしているイニエスタ。直近ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団に際してコメントしていたが、今なお古巣への愛情は変わらぬようだ。 また、イニエスタは17日にも自身のインスタグラムを更新。神戸のユニフォーム姿の写真とともに「今回も頑張ろう バモス ヴィッセル神戸!」と綴り、18日に行われる明治安田生命J1リーグ第29節の北海道コンサドーレ札幌戦に意気込んでいる。 <span class="paragraph-title">【写真2枚】センター分けのイニエスタ(12歳)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT30hvYrlNH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT30hvYrlNH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT30hvYrlNH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.17 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が下部組織出身の中央大学GK坪井湧也の来季加入内定を発表「勝利とアジアNo.1クラブという目標に貢献できるように」

ヴィッセル神戸は16日、中央大学のGK坪井湧也(22)の来季加入内定を発表した。 坪井は兵庫県出身で、神戸のU-18に所属。そこから中央大学へと進学していた。 183cm、73kgの坪井はについて神戸は「技術力の高さとスピードがあり守備範囲が広い、キックの精度の高さと判断の早さで攻撃の起点にもなれる」とプレーの特徴を紹介している。 坪井はクラブを通じてコメントしている。 「来季からヴィッセル神戸に加入することになりました、中央大学の坪井湧也です。幼い頃、自分に夢を与えてくれたこのクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを始められることを大変嬉しく思います」 「そして家族をはじめとする今まで自分と関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、今度は自分が沢山の人に夢や勇気を与えられるように日々精進して参ります」 「1日でも早くヴィッセル神戸の勝利とアジアNo.1クラブという目標に貢献できるよう全力で戦いますので、ヴィッセル神戸のファン・サポーターの皆さま、どうぞよろしくお願い致します」 2021.09.16 15:17 Thu
twitterfacebook
thumb

「私のアイドル」イニエスタの“幼少期”ショットに大反響「キュートだ」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが自身のインスタグラムで幼少期の頃の写真を公開。国内外のファンから反響が集まっている。 スペイン東部のアルバセテ出身のイニエスタは、8歳の時に地元のアルバセテ・バロンピエの下部組織に入団。ここでサッカー選手として成長すると、12歳の時にバルセロナのラ・マシアに加入した。 バルセロナでは、下部組織時代も合わせると22年間もプレー。数々の栄光を掴み取った後、2018年から神戸でプレーしている。 そんなイニエスタは9日、自身のインスタグラム(andresiniesta8)に幼少期の頃の写真を投稿。「この土のグラウンドに立っていた少年は、これからどんな未来が待っているか知る由もなかったでしょう・・・どんな時も自分を信じよう」とスペイン語と日本語それぞれで綴った。 同僚のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンらもいいねで反応したこの投稿には、国内外を問わずファンから大きな反響。「いつかスペインへ戻ってきて」「キュートだ」「私のアイドル」「頑張って」「素晴らしい」といったコメントが寄せられた。 スペインでも今なおレジェンドとしての扱いを受けるイニエスタ。そのプレーを少しでも長く見たいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】イニエスタのキュートな“幼少期”ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTl3sv6LoNq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTl3sv6LoNq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTl3sv6LoNq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.10 05:03 Fri
twitterfacebook
thumb

「素直に今日は勝ちを喜びたい」決勝ゴールの大迫勇也、追加点なしを反省「勝ち点3への思いがあり過ぎた」

日本代表のFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が、中国代表戦を振り返った。 7日、日本はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦で中国代表と対戦した。 初戦のオマーン代表戦をホームで0-1と落としている日本。必勝で臨んだ一戦は、序盤から日本が主導権を握り攻め込む展開となる。 [5-3]のブロックを作りなかなか崩させない中国だったが、40分に右サイドを伊東純也が突破。そこからクロスを上げると、大迫が合わせてゴール。この1点を守り切り、0-1で勝利を収め、最終予選初白星を飾った。 試合後、メディアのオンライン取材に応じた大迫は、中国戦の勝利を受けた心境を語った。 「難しい試合でしたし、ただの1試合じゃなくて最終予選となると硬さも出るし、初戦負けていた中での試合だったので、素直に今日は勝ちを喜びたいと思います」 「まだまだ改善点はありますが、この勝ち点3でチームが来月勢いに乗れればと思います」 得点シーンについては「あれだけ相手が引くと、我慢の時間帯が続くと考えていましたし、もどかしい時間は続きましたが、焦らず、相手の方がしんどかったと思います」と語り、「焦らずチャンスをしっかり決め切ろうと考えていました」と、狙いすましたゴールだったようだ。 一方で追加点を奪えなかった日本。「初戦を落としているので、チームとしては勝ち点3を絶対取りたいという思いがあり過ぎたとも思いますし、そこは課題であることは間違いないです」とコメント。「ただ、この勝ち点3で相手はサウジですけど、プレッシャーかけられると思いますし、上に立つこともできるので、今日の勝ち点3はポジティブにやっていければと思います」と、次の試合に繋がる結果になったと語った。 次の2試合は非常に重要な一戦。連勝が求められるが「僕自身も神戸で結果を出さないと呼ばれないと思っているので、危機感を持ちながら、自分のプレーを出していきたいと思っています」とコメント。まずはチームで高いパフォーマンスを出す必要があるとした。 オマーン戦では多くの選手がメンタリティと準備を課題に挙げた。大迫もそこは感じていたようで、経験者としてしっかりと振る舞っていたようだ。 「とにかく最終予選に対しての観客の制限もありましたし、声援も送れないという独特な雰囲気がなかったので、しっかりと経験ある選手が締めなければいけなかったですし、フワッと入ってしまったというのが一番の敗因だと思っています」 「無観客でしたが、今回はしっかりそこをチームで持てるように考えていました」 そのオマーン戦では中央を締められて縦パスも入らなかったが、今日は何度も良い形が生まれた。 「縦パスは、ピッチコンディションが初戦は良くなかったので、中々比較はできないですけど、縦パスを入れないと何も起きないし、そこで取られても取り返せば良いです」 「(遠藤)航はトレーニング中も見てくれて、常に見てくれていたので、そこは続けていかなければいけないかなと。あとはそこからもっとチームの形を出していければと思います」 9月8日 6:47 2021.09.08 07:25 Wed
twitterfacebook
thumb

広島先制も数的不利で逃げ切れず…神戸は1ポイント積んで3位浮上【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸が5日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-1の引き分けに終わった。 豪雨の影響で延期となっていた一戦。暫定11位の広島(勝ち点35)と4位の神戸(勝ち点47)が激突した。 広島は8月末の大分トリニータ戦まで5試合勝利から遠ざかっていたものの、その大分戦では4-1の逆転勝利を収めて6試合ぶりの白星を挙げた。 一方の神戸は、同じく8月末のFC東京戦は0-1で敗れ、2連勝がストップ。引き分け以上で3位に浮上できる絶好の機会だ。 なお、メンバーに関して、現在行われている代表マッチウィークで広島は佐々木、神戸は大迫が離脱中。神戸では注目の新戦力ボージャンが初のベンチ入りを果たしている。 まずゴールに迫ったのはホームの広島。2分、藤井が左サイドからクロスを上げると、こぼれ球をドウグラス・ヴィエイラがダイレクトで叩く。難しい姿勢から放たれたシュートは枠を捉えたものの、GK飯倉の好セーブに遭った。 対する神戸は、12分のCKからフェルマーレンがヘディングシュートでゴールチャンスを迎える。その後は武藤の強烈なミドルシュートが広島GK大迫を強襲するシーンも。 徐々にリズムに乗り始めてきた神戸だったが、32分に要の山口が負傷交代を余儀なくされるアクシデントが発生。代わりに中坂が起用された。 その後は広島がやや優勢。35分に高い位置でプレッシャーを掛けたハイネルが相手のパスミスを誘うと、ドウグラス・ヴィエイラがボックス手前からシュート。より確実な他の選択肢もあったが、ここは焦りが出てしまった。 後半に入ると試合は拮抗し、互いに思うようにシュートシーンを迎えられない。そんな中58分に、広島はハイネルが不要なファウルで2枚目のイエローカードを受け退場となってしまう。 しかし、先に試合を動かしたのはその広島だった。66分、ボックス手前右の位置でFKを獲得すると、キッカーは東。得意の左足で狙ったシュートは、ゴール右上の絶好のコースに突き刺さり、ホームチームが先制点を決めた。 しかし、広島のリードは長くは続かなかった。神戸は失点から6分後の72分、左サイドから初瀬が右足で入れたクロスをファーサイドから飛び込んだ佐々木が頭で合わせて同点ゴール。これで数的有利も含めて神戸が勝利に向けて大きなアドバンテージを得た。 この直後、アウェイチームはイニエスタと大崎を下げて、ボージャンとリンコンを投入。ボージャンが満を持してデビューを果たした。また、広島も終盤にかけて交代カードを次々に切り、数的不利ながらも勝ちへの姿勢を見せる。 しかし、その後は神戸の攻勢が続き、広島も何度かカウンターからチャンスになりかけるも、互いにもう1点が遠い。 結局、試合は1-1のまま終了。10人の広島は価値ある勝ち点1、神戸はこの1ポイントで3位に浮上している。 サンフレッチェ広島 1-1 ヴィッセル神戸 【広島】 東俊希(後21) 【神戸】 佐々木大樹(後27) 2021.09.05 20:08 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly