横浜FMの椿直起がメルボルン・シティFCにレンタル 2019年途中から北九州でプレー

2020.12.05 10:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスが5日、MF椿直起(20)がメルボルン・シティFC(オーストラリア)に期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2021年6月30日までとなる。

椿は横浜FMユース時代の2016年8月から2種登録選手としてトップチーム入りすると、2019年に正式昇格。同年8月に当時、明治安田生命J3リーグに属した北九州に育成型期限付き移籍で加わった。

J2リーグ昇格を果たした北九州にレンタル期間を延長する形で残留した今季はJ2リーグ34試合に出場。第8節の徳島ヴォルティス戦でプロ初ゴールを挙げるなど、ここまで2得点を記録している。

3日に渡豪して、当地での隔離期間を経てチームに合流予定の椿は横浜FM公式サイトを通じて次のようにコメント。初挑戦となる海外での成長を誓った。

「まず初めに、今回の期限付き移籍に関わっていただいたすべての皆様に感謝の意を述べたいと思います。本当にありがとうございました。僕は子どもの頃から海外でプレーしてみたい気持ちが強かったですし、さらなる成長を求めてトライしたいという気持ちがあったので、今回の移籍を決めました」

「横浜F・マリノスの代表として、F・マリノスの名に恥じないよう、メルボルンではしっかりと結果を出せるように頑張ってきます。そして、帰ってきた時には、成長した姿を皆様に見てもらいたいと思っています。引き続き応援よろしくお願いします」

また、レンタル先の北九州公式サイトを通じても「シーズン途中でチームを離れることになってしまいましたが、向こうで自分の良さを最大限に発揮して必ず活躍したいと思います」とシーズン途中での移籍を報告するとともに、1年半を過ごしたクラブへの感謝の気持ちを綴った。

「今回急な移籍となり、ファン・サポーターの皆さんに直接挨拶ができなかったことを残念に思いますが、帰国した時に北九州の皆さんへいい報告ができるように精一杯頑張ってきます!」

「1年半と短い間でしたが、北九州では本当に多くの経験をさせてもらいました。一緒に戦ってきたチームメート、監督、スタッフ、スポンサーの皆さん、そして応援してくださったすべてのファン・サポーターの皆さん、本当にありがとうございました!」

関連ニュース
thumb

「横浜優勝」DeNAとのコラボで横浜FMの選手がハマスタに!「野球好きメンバーかな?」

横浜 F・マリノスと横浜DeNAベイスターズのクラブマスコットたちが一堂に集まった。 クラブ創設30周年を迎える横浜FMとベイスターズの球団名を冠して30周年を迎える横浜DeNA、横浜を拠点とする両チームが30周年を記念し、コラボイベント「I☆YOKOHAMA SERIES」を開催している。 横浜DeNAは6月28日〜30日の阪神タイガースとの3連戦で開催しており、28日にはMF水沼宏太、29日にはFW仲川輝人が始球式を実施するなど横浜のファンを盛り上げた。 29日の試合直後、横浜FMはクラブの公式ツイッターを更新。「\I☆YOKOHAMA/\横浜優勝/」と横浜DeNAの勝利を讃えるコメントを添え、両チームのマスコットたちが集合した写真を投稿。さらに、仲川をはじめ、MF喜田拓也、MF吉尾海夏、DF角田涼太朗、GK中林洋次の姿もあり、横浜DeNAの勝利を見届けたようだ。 その光景には横浜FMのファンも「野球好きメンバーかな?」、「賑やか」、「みんな楽しそう」、「大集合可愛い」と喜んでいる。 「\横浜優勝/」は文字通りの意味だと「横浜の優勝」を意味するが、実際には横浜DeNAが試合に勝利することを意味して使われることが多い。 現在、横浜FMは明治安田生命J1リーグを第18節まで終えてリーグ首位に位置。正真正銘の「横浜優勝」を果たせるだろうか。 なお、30日の試合ではFWマルコス・ジュニオールがマウンドに登場する予定となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】両チームのマスコットと横浜FMの選手たちが大集合!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\I☆YOKOHAMA/\横浜優勝/<a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a><a href="https://twitter.com/hashtag/baystars?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#baystars</a> <a href="https://t.co/FKHw7Nrzqw">pic.twitter.com/FKHw7Nrzqw</a></p>&mdash; 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1542123303502254081?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.30 12:18 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM水沼がDeNAとのコラボでマウンドへ!三浦監督の「18」を背負っての投球は…

横浜F・マリノスのMF水沼宏太がマウンドでも大役を果たした。 リーグ戦の折り返し初戦となった25日の明治安田生命J1リーグ第18節柏レイソル戦でも得点を奪い、4-0の勝利に貢献した水沼。横浜DeNAベイスターズとコラボした「I☆YOKOHAMA SERIES」の記念ユニフォームを着用して結果を残した水沼は、日産スタジアムではなく、横浜スタジアムでも観客を沸かせた。 28日、セレモニアルピッチと称する始球式では、ドリブルでマウンドへ上がった水沼。華麗な足技からスタンバイとなり、現役時代の三浦大輔監督と同じエースナンバー「18」を背負っての投球となった。 同じ横浜を本拠地とする両チームのコラボや登場シーンには、ファンからも「マウンドまでドリブルで行った人、過去にいた!?」、「マリノスケの小刻みジャンプが可愛い」、「競技の垣根を越えてのコラボも相互に良い刺激になるよね」などの声が寄せられている。 なお、投球については「あ、ヤベって顔が好き」とのファンの声が物語っているだろう。 水沼自身はツイッターで「貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました!!もっともっと横浜を盛り上げていきましょう」と報告。地元チームによる地域活性化を楽しんだようだ。 「I☆YOKOHAMA SERIES」は28日から30日までの阪神タイガースとの3連戦で開催。29日には元日本代表FW仲川輝人が、30日にはFWマルコス・ジュニオールがマウンドに登場する予定となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ドリブルをしながらでマウンドへ上がった水沼、セレモニアルピッチの結果は…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">『』セレモニアルピッチへ横浜F・マリノスの <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B0%B4%E6%B2%BC%E5%AE%8F%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#水沼宏太</a> 選手が登場<br><br>華麗なドリブルで登場!<a href="https://twitter.com/hashtag/baystars?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#baystars</a> × <a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a> <a href="https://twitter.com/mizunumakota?ref_src=twsrc%5Etfw">@mizunumakota</a> <a href="https://t.co/gkjnfoprjV">pic.twitter.com/gkjnfoprjV</a></p>&mdash; 横浜DeNAベイスターズ (@ydb_yokohama) <a href="https://twitter.com/ydb_yokohama/status/1541711901532356608?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージの組み合わせが決定! 王者名古屋は浦和と対戦

29日、YBCルヴァンカップ・プライムステージの組み合わせ抽選会が行われた。 今月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 前回王者の名古屋は浦和と対戦。昨シーズンのカップ戦王者同士の対決となる。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 抽選会当日にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の解任が発表された神戸は福岡と対決。J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 浦和レッズ vs 名古屋グランパス 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「宮市くんまで!」長谷部が内田らザックジャパンメンバーの“豪華5ショット”を披露!「私の青春の人たち」

フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠が投稿した日本代表選手たちとの豪華な1枚に大きな反響が集まっている。 オフシーズン中の長谷部は27日にインスタグラムを更新。「サッカー談義 #オフのひとこま」と綴り、川島永嗣(ストラスブール)、吉田麻也(サンプドリア)、内田篤人、宮市亮(横浜F・マリノス)とのオフショットを披露した。 アルベルト・ザッケローニ監督時代から日本代表の中心として活躍してきた選手ばかりの1枚には、多くのファンが反応。「やっぱこのメンツ」、「テンションが上がるメンバー」、「最高のメンバー」、「豪華メンバー集結ですね」、「興奮します」、「私の青春の人たちです」と大物たちの共演に驚いている。 また、長谷部、川島、吉田、内田の4人はこれまでにも度々集まっており、その度にファンを沸かせていたが、今回はそこに宮市も参加していたこともあり、「宮市くんまで」、「宮市選手が加わって、楽しそうですね」といった言葉も寄せられている。 そして、吉田もこの投稿に反応。「オフのひ、まこと。@eijikawashima01 ごちそうさまです!」とコメントしている。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷部、川島、吉田、内田、宮市の豪華5ショットは必見!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfS4nrcpqSa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfS4nrcpqSa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfS4nrcpqSa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷部誠 Makoto Hasebe(@makoto_hasebe_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】去年もこの時期に集まっていた長谷部たち</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQ7bij3rQBG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQ7bij3rQBG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQ7bij3rQBG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.27 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMが柏を圧巻の4発粉砕!4連勝で首位を堅持【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが25日に日産スタジアムで行われ、4-0でホームの横浜FMが勝利を収めた。 首位を走る横浜FMとそれを4ポイント差で追う4位柏の上位対決。横浜FMは、前節はガンバ大阪にアウェイで2-1の逆転勝利を収め3連勝。未だ無敗のホームで迎える一戦では、先日までU-23アジアカップを戦っていたU-21日本代表の藤田がスタメンで復帰した。 対する柏は前節、ヴィッセル神戸をホームに迎えて3-1の勝利。横浜FMと同じく3連勝で迎える今節は、アンカーの位置で三原が今季初先発となった。 立ち上がりから両チームがゴールに迫る展開。その中で最初に決定機を迎えたのはホームの横浜FMだった。9分にボックス手前左でエウベルがボールを持ち、西村とのワンツーでバイタルエリアまで侵入。左足で強烈なシュートを放つも、ゴールの左に外れる。 17分にも横浜FMにチャンスが訪れる。水沼がボックス右に縦パスを送り、レオ・セアラがワンタッチで左に落とすと、西村がこれを拾って右足を振り抜く。これが相手DFの足に当たって大きく軌道が変わり、GKも反応し切れずにゴールネットを揺らした。 先制点を奪ったホームチームはその2分後に追加点。相手がバックラインでパスを回すなかで、中央の上島のタッチが乱れると、エウベルがプレッシャーをかけてボールを奪取し、ビッグチャンスに。最後はエウベルの横パスを受けたレオ・セアラが冷静に押し込み、リードを広げた。 火が付いてしまった横浜FMの攻撃陣はなおも止まらない。28分、敵陣右サイド深い位置でのスローインで松原が高いボールを投げ入れ、ボックス右のレオ・セアラが胸で落とす。これに反応した水沼は中央へと切り込み、右足を一閃。強烈なボールは相手GKに触れられながらも、ゴールネットに突き刺さり、3点目を挙げた。 一気に3点のビハインドを負ってしまったアウェイの柏。前半の間はその後も相手にボールを支配される時間が続き、攻撃の糸口を掴めぬままハーフタイムを迎えた。 試合を折り返して47分には、ホームチームにセットプレーからまたもチャンス。敵陣右サイド浅い位置で永戸がファーサイドにボールを入れると、走り込んだ畠中が中央へ折り返し、最後はレオ・セアラが身体でゴールに押し込んだ。 大きく突き放されてしまった柏だが、64分にはこちらもセットプレーからシュートシーンを作る。敵陣右サイド深い位置で獲得したFKからキッカーのマテウス・サヴィオが低い弾道のクロスを供給。ボックス内の小屋松がこれに右足のボレーシュートで合わせるも、枠の右に逸れる。 このシュートをきっかけに勢いを強めたいアウェイチームだったが、その後はペースを握れず。71分に森、79分には武藤を投入して攻撃陣の活性化を図るも、決定的なチャンスは作れない。 一方の横浜FMは抜群のパスワークと、連動したプレッシングで試合を完全にコントロールし、危なげない試合運びを見せる。結局4-0のまま試合終了を迎え、ホームでの無敗を継続するとともに4連勝。2位の鹿島アントラーズとの勝ち点差を暫定で「4」に広げ、首位をしっかりとキープしている。 横浜F・マリノス 4-0 柏レイソル 【横浜FM】 西村拓真(前17) レオ・セアラ(前19、後2) 水沼宏太 (前28) 2022.06.25 18:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly