アウベスがムバッペに送った、磁石で吸いつくような絶妙アーリークロス【ベスト・アシスト】

2020.11.30 20:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回はサンパウロの元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。

◆アウベスが見せた美しいアーリークロス

バルセロナやユベントスで輝かしい活躍を見せたアウベスは、2017年夏にPSGに加入。頼れるベテランとして活躍し、PSGのタイトル獲得に貢献した。

超攻撃的SBとして、守備だけでなく攻撃面でも存在感を発揮するアウベスだが、2017年11月4日に行われたリーグ・アン第12節のアンジェ戦では、技ありのアシストで同僚のゴールをお膳立てしている。

試合開始早々の5分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアウベスがボールを持つと、中央を伺いながら右サイドでドリブルを開始。中央で裏へ動き出すFWキリアン・ムバッペに向けてアーリークロスを放つと、大外からカーブを描きながら変化するボールは、DFの頭上を越え、ムバッペの足元にピンポイントに収まる。ムバッペがこの後ろからのボールに走りながら右足ダイレクトで合わせると、見事な先制ゴールとなった。

素晴らしいゴールで先制したPSGは、その後も追加点を挙げ、5-0の大勝を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

“デンマークのアザール”ダムスゴーアが、単独で右サイドを攻略して決めた見事なアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンプドリアのデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーアが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ダムスゴーアの圧巻の単独突破<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLcHZTeFhybCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> デンマークの名門ノアシェランの下部組織で育ったダムスゴーアは、2017年に弱冠17歳でファーストチームデビュー。若くしてブレイクを果たすと、2020年夏から、日本代表DF吉田麻也も所属するサンプドリアに加入している。 鋭いドリブルと繊細なボールタッチを武器としており、“デンマークのアザール”とも呼ばれるダムスゴーアだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のインテル戦では、見事な単独突破からアシストを記録している。 1-0とサンプドリアリードの38分、センターサークル右でダムスゴーアにボールが入る。すると、素早く前を向いたダムスゴーアがドリブルを開始。急加速で相手を置き去りにすると、最終ラインのDFに対しても裏街道で鮮やかに抜き去る。そのままボックス右深部まで侵入し、鋭いグラウンダーのボールを入れると、FWケイタ・バルデがこのパスに右足のシュートを合わせ、見事な追加点を奪った。 試合はこの後、インテルが1点を返したものの2-1でサンプドリアが逃げ切り勝利を収めている。 2021.01.19 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

クロースが香川真司の目の前で見せたボール奪取&絶妙アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆クロースが香川真司の目の前を通した絶妙アシスト<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMZDNndXZWSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドイツの絶対王者バイエルンでプロデビューを果たしたクロースは、2014年にレアル・マドリーに加入。中盤の主力として大車輪の活躍を見せている。 正確無比なボールコントロールとパス精度で攻撃の起点になることも多いクロースだが、2020年1月29日に行われたコパ・デル・レイ ラウンド16のレアル・サラゴサ戦では、見事なアシストを記録している。 1-0とマドリーがリードして迎えた32分、マドリーが相手ボックス内まで侵入する。一度は相手にクリアを許したものの、ボックスの外へボールを運ぼうとする相手選手から、クロースが素早くボールを奪う。 再びマドリーが攻勢に回ると、クロースのパスがボックス内に入ってきたFWルーカス・バスケスにピタリと合い、バスケスがゴール右上にシュートを沈めて相手を突き放す2点目を挙げた。 このシーズン、サラゴサでプレーしていたMF香川真司も、クロースの華麗なパスに見ていることしかできず。マドリーの前に0-4で惨敗を喫している。 2021.01.10 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ピルロがユーベデビュー戦でいきなり見せたパーフェクトな浮き球スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアンドレア・ピルロ監督が現役時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピルロがユーべデビュー戦で決めた2アシスト<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4SkMxc1dGQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ブレシアでプロデビューしたピルロ氏は、ミランでの活躍を経てユベントスへ移籍。年齢を重ねても衰えないエレガントなプレーで、同クラブに多くのタイトルをもたらした。 ユベントス移籍の際には、選手としてのピークは過ぎているのではないかと懐疑的な声も挙がっていたが、新天地でのデビュー戦となった2011年9月11日のセリエA第2節パルマ戦では、見事なアシストを記録し、色あせない実力を見せている。 0-0で迎えた16分、敵陣ボックスの前までボールを運んだピルロは、鋭いターンで相手のプレスをかわすと、ボックス内に柔らかい浮き球のパスを送る。完璧なタイミングのパスを受けたDFシュテファン・リヒトシュタイナーがフリーでシュートを決め、先制点を挙げた。 試合は、4-1でユベントスが圧勝。ピルロは先制点以外にも、もう1つアシストを決め、デビュー戦でいきなりの2アシストを見せている。 2021.01.08 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ時代のポグバが圧倒的な高さを活かしたヘディングでマンジュキッチをアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ユーベ時代のポグバが送った丁寧なヘディング<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOc0ZGdk5oWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ユナイテッドユース出身のポグバは、才能あふれるMFとして将来を嘱望されながらも出場機会を求め、2012年夏にユベントスへ加入。そこで才能を開花させ、大ブレイクを果たした。 現在はユナイテッドへ復帰し、主力としてプレーしているポグバだが、ユベントス時代の2016年4月24日に行われたセリエA第35節フィオレンティーナ戦では、見事なアシストを記録している。 0-0で迎えた38分、右サイドからドリブルでボックス右手前まで侵入したMFサミ・ケディラが柔らかいクロスをボックス内のポグバに供給。これを受けたポグバは、高い跳躍力と身長を活かした折り返しのヘディングをゴール前に送る。このパスにFWマリオ・マンジュキッチが走り込んで左足のシュートを合わせ、見事な先制点を挙げた。 先手を取ることに成功したユベントス。この後追いつかれたものの、終盤に勝ち越し、2-1で勝利している。 2021.01.07 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レジェンドからレジェンドへ!インザーギが技ありヒールパスでデル・ピエロをお膳立て【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWフィリッポ・インザーギ氏がユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆インザーギがデル・ピエロに送った技ありヒールパス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkazltcFpkbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ピアチェンツァの下部組織で育ったインザーギ氏は、多くの国内クラブを渡り歩き、ストライカーとしての実力を磨くと、1997年夏にユベントスに加入。2001年にミランに移籍するまでの4シーズンで公式戦165試合に出場し、89ゴールを記録した。 抜群のゴールへの嗅覚から得点を重ねたインザーギ氏だが、1997年10月5日に行われたセリエA第5節のフィオレンティーナ戦では、見事なアシストを記録している。 フィオレンティーナに先制を許したユベントスだったが、インザーギのゴールで1-1と同点に追いついて迎えた36分、センターサークル付近からユベントスの前線にパスが入る。 このパスを相手DFがクリアミスすると、ボックス内のインザーギの下へ。相手DFからのプレッシャーを受けながらも、インザーギがこのボールを収めると、背後でフリーになっていたFWアレッサンドロ・デル・ピエロにヒールパスを送る。ゴール前でこのパスを受けたデル・ピエロが飛び出してきたGKの上を通すチップシュートを決め、逆転となる2点目を挙げてみせた。 試合はこのリードを守ったユベントスが、そのまま2-1で勝利している。 2021.01.06 14:00 Wed
twitterfacebook