急逝したマラドーナ氏の最後の1日…生前の姿を最後に見た看護師から新たな証言

2020.11.27 14:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で心停止を起こし、そのまま息を引き取ったディエゴ・マラドーナ氏(60)。突然の訃報に世界中が悲しみに暮れた。多くのサッカーファンのみならず、世界中の人々がこの訃報に悲しみ、様々な追悼メッセージが送られる中、アルゼンチン政府は25日から3日間喪に伏すことを発表していた。




そのマラドーナ氏だが、最後の1日についてアルゼンチン『Clarin』が伝えた。

25日に亡くなったとされているマラドーナ氏。最後に生きているマラドーナ氏に会ったのは、24日(火)の23時30分ごろに見た甥であるヨニー・エスポシト氏であるとされていた。

しかし、『Clarin』によると、当日の朝6時30分ごろにリカルドという名前の看護師がマラドーナ氏が生きていることを確認していたという。

2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院し、精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため3日に緊急手術を受けていたマラドーナ氏。自宅では24時間の監視体制が敷かれ、泊まり込みの看護師が容態の変化をチェックする看護を続けていた。

マラドーナ氏は25日の早朝に目を覚ましたという。そして朝食を取り、体調を戻すために少し歩いたが、気分が悪くなり10時ごろにベッドへ戻ったという。12時に再び起きる予定となっていたが、マラドーナ氏は眠ったまま2度と起きることはなかった。

この日担当していたリカルド氏は、シフトが25日(水)の朝6時30分に終了。マラドーナ氏の自宅を出る際に様子をチェックし、その際は問題がなかったという。これによ理、甥よりもあとに、マラドーナ氏が生きているのを確認したこととなり、亡くなる当日の朝まで生きていることとなった。

その後、エスポシト氏に亡くなった状態で発見されたマラドーナ氏。主治医のレオポルド・ルケ氏や弁護士のマティアス・モルラ氏、また娘たちにも連絡。その後に救急車が到着し、メディカルチームが蘇生を試みたが、心肺停止のまま蘇ることなく、亡くなってしまった。

なお、法医学者の解剖の結果、体温から12時ごろに亡くなったとされている。
コメント
関連ニュース
thumb

昨年引退のマスチェラーノ氏がアルゼンチンサッカー協会入り! 代表チームのテクニカル部門のディレクターに

昨年11月に現役を引退した元アルゼンチン代表MFのハビエル・マスチェラーノ氏(36)がアルゼンチンサッカー協会(AFA)入りすることになった。 リーベル・プレートでプロキャリアをスタートし、リバプールやバルセロナなどで活躍したマスチェラーノ氏。中国の河北華夏を経てエストゥディアンテスに加入し母国復帰を果たすも、昨年11月に現役引退を表明した。 現役引退後に関しては即指導者転身の可能性も伝えられていたが、セカンドキャリアのスタートに選んだのは、アルゼンチン代表に関する仕事だ。 AFAの発表によると、アルゼンチン代表としても最多147キャップを誇るマスチェラーノ氏は、A代表とユースカテゴリーの間で共通のプレースタイルとフィジカルアプローチを採り入れることを目的に設立される新しい方法論と開発部門のディレクター職に就くという。 同職ではアルゼンチン代表独自のメソッド作りと共に、若手選手の発掘などを行うことになるようだ。 2021.01.07 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2014年W杯決勝に導いた元アルヘン代表監督のアレハンドロ・サベーラ氏が死去

元アルゼンチン代表監督のアレハンドロ・サベーラ氏が亡くなった。66歳だった。 現役時代はリバープレートやエストゥディアンテスなど母国クラブの他、シェフィールド・ユナイテッドやリーズ・ユナイテッドなどイングランドでもプレーしたサベーラ氏。1989年の引退後は、アシスタントコーチとしてアルゼンチン代表やウルグアイ代表、クラブレベルではイタリアのパルマやメキシコのモンテレイなどを渡り歩いた。 初めて監督として指揮を振ったのは2009年に就任したエストゥディアンテス。初年度にコパ・リベルタドーレス制覇に導くと、2年目には国内1部リーグ優勝を果たすなど、目に見える成果を残した。 そして、2011年2月にエストゥディアンテスを辞任し、アルゼンチン代表監督に就任。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)では決勝まで進んだが、延長戦の末にMFマリオ・ゲッツェのゴールに沈み、惜しくも優勝を逃していた。 サベーラ監督時代からアルゼンチン代表のキャプテンを務めているFWリオネル・メッシは、インスタグラムを通じて追悼のメッセージを送っている。 「あなたといろんなことを共有できて本当に嬉しく思うよ。アレハンドロは偉大な人物だった。僕のキャリアに大きな影響を与え、多くの学びをくれた印象的なプロフェッショナルだ」 「W杯予選や本戦で共に過ごした時間は、僕の中で最も素晴らしい思い出のひとつだ。彼の家族や友人にお悔やみ申し上げます」 伝えられるところによると、サベーラ氏は生前に心臓や肝臓などに様々な疾患を患っていた模様。アルゼンチンでは先月25日にディエゴ・マラドーナ氏が急逝したばかりの中で訃報が続いてしまった。 2020.12.09 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏を紙幣に! 印刷されるゴールは神の手?5人抜き?

世界中が悲しみに暮れたディエゴ・マラドーナ氏の逝去。そのレジェンドを讃えるため、アルゼンチンでは紙幣にマラドーナ氏を載せることを考えているようだ。 1986年のメキシコ・ワールドカップで優勝を成し遂げ、アルゼンチン国民にとっての英雄になっただけでなく、世界中のサッカーファンを虜にしたマラドーナ氏は、11月25日に急逝していた。 10月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏の急逝は世界中をショックの渦に巻き込んだが、早すぎる英雄の死に、アルゼンチンの上院議員が動いた。 ノルマ・デュランゴ上院議員は、7日に議会に法案を提出。1000ペソの紙幣に、マラドーナ氏の顔を印刷するというものを提案した。 紙幣のイメージは、片側にマラドーナ氏の顔が。その反対側には、最も有名なゴールの1つの写真が描かれるというものだった。 アルゼンチン『ラ・ナシオン』によれば、法案では「一方にディエゴ・アルマンド・マラドーナの肖像を、もう一方に1986年6月22日にメキシコで記録された、イングランド戦の2番目のゴールの瞬間が載る」とされているようだ。 また、マラドーナ氏を記念切手にする考えもあるとのこと。デュランゴ氏は「このアイデアは、我々の最も重要なアイドルを認識するだけでなく、経済的な問題についても考えることだ」とコメント。「観光客がここに来るとき、彼らは彼らと一緒に「マラドーナ」を手にしたいと思うでしょう」とし、マラドーナの紙幣を目的とした海外からの観光客の呼び込みを期待した。 マラドーナは、メキシコ・ワールドカップ準々決勝のイングランド代表戦で、“神の手”ゴール、そして“5人抜き”の偉業を達成していた。 2020.12.08 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

“ゲーマー”アグエロ、コントローラーを部屋の外にぶん投げる!翌日に取った行動は?

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが共有した動画が話題になっている。 プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティ、そしてアルゼンチン代表のエースとして知られるアグエロだが、実はエレクトリック・アーツ(EA)社の世界的サッカーゲーム「FIFA」をやり込んでいるゲーマーでもある。 <div id="cws_ad">◆スーパースター、アグエロのシティでの活躍<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCSW13TDZlQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 超一流アスリートながら、ゲーム内の出来事に一喜一憂する等身大のリアクションは一般のゲーマーから共感を呼んでおり、ライブストリーミング配信サイト「Twitch」では、フォロワー100万人以上という人気を誇っている。 そんな中アグエロは7日、自身のインスタグラム(kunaguero)のストーリーにある動画を投稿。その行動が“ゲーマーあるある”だとして話題になっている。 自宅前から始まる映像では、アグエロが「昨日外にぶん投げたコントローラーを探しに来たよ」と話し、玄関付近の植え込みを映している。すると、植え込みの中の1本の木の根元には、本当にゲームのコントローラーが落ちていた。 どうやら前日、ゲームをプレー中にイライラを募らせたアグエロは、コントローラーを外に投げ捨ててしまっていた模様。フラストレーションが溜まったゲーマーが、そのイライラをコントローラーや周辺の物に当ててしまう映像はよくネット上で見かけることはあるが、強靭なメンタルを持つ超一流アスリートであっても、同じような行動を取ってしまうことはあるようだ。 <div id="cws_ad">◆自分が投げたコントローラーを翌日拾いに行くアグエロ<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/aguerosergiokun?ref_src=twsrc%5Etfw">@aguerosergiokun</a> is all of us <a href="https://t.co/wINR1dhaxe">pic.twitter.com/wINR1dhaxe</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1336053462367412229?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.08 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【マラドーナの思い出③】神になった瞬間、愛される理由

サッカー選手としての才能は認めるが、薬物使用などスキャンダラスな面からディエゴ・マラドーナに眉をひそめるファンもいるようだ。しかし、そうしたファンはごく少数ではないだろうか。 ましてアルゼンチンでは“神"として崇められている。母国でマラドーナが嫌いだという国民を見つけるのは至難の業に違いない。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> では、なぜマラドーナはこれほどまでアルゼンチン国民に(と同時に世界中のファンから)愛されるのか? W杯なら自国開催となった78年に初優勝している。FWマリオ・ケンペスはオランダとの決勝戦で延長に入り決勝ゴールを決めたし、大会の得点王とMVPにもなった。キャプテンのDFダニエル・パサレラは強いリーダーシップでチームを牽引した。 おそらく78年の優勝は、彼ら以外にも名選手が揃い、「チームとしての優勝」というイメージが強かったのではないだろうか。 ところが86年メキシコW杯は、カルロス・ビラルド監督が「マラドーナのチーム」を作り上げて優勝した。そうしたチーム作りにはアルゼンチン国内でも批判も多かったそうで、結果を出したことで試合後のスタジアムにはサポーターが「PERDON(ごめんね)BILARDO」の横断幕を掲げていた。 そしてマラドーナに関して言えば、たった1人で、と言ったら語弊があるあるかもしれないが、1人の選手がチーム全体を掌握して世界の頂点に立ったことが、78年との決定的な違いだ。 準々決勝のイングランド戦では「神の手」や「5人抜き」という後世に語り継がれるゴールも決めた。このため「マラドーナの、マラドーナによる、マラドーナのための大会」として長く記憶されることになった。 そしてこのイングランド戦は、マラドーナが“神"になった試合でもある。それには次のような伏線があった。 両国がW杯で初めて対戦したのは62年のチリ大会で、このときはイングランドが3-1で勝利した。続く66年イングランド大会の準々決勝でも対戦したが(1-0)、アルゼンチンのたび重なるラフプレーに対し西ドイツの主審は、執拗に抗議するキャプテンのラティンに退場を命じた(当時はまだ退場という処分がルール化されていなかったために時間がかかった。これを機にFIFAは70年メキシコ大会からイエローカードとレッドカードを採用することになる)。 そしてイングランドのアルフ・ラムゼー監督はアルゼンチンのラフプレーを「アニマル」と非難した。日本語に訳すなら「動物」ではなく「獣(けだもの)」に近いニュアンスだろう。 時は流れアルゼンチンが前回優勝国としてW杯を迎えた82年の3月、アルゼンチンの沖合にあるイギリス領フォークランド諸島(アルゼンチン名でマルビーナス諸島)の領有を巡り、両国は3ヶ月にわたって軍事衝突を繰り返した。 紛争は両国にとどまらず、EC(欧州共同体)やNATO(北大西洋条約機構)も巻き込んだ結果、西ドイツ、フランス、スペインなどはアルゼンチンに経済制裁を科した。そして3ヶ月に及ぶ紛争はイギリスの勝利に終わった。 この紛争でアルゼンチン側の死者は645人、負傷者1048人、そして捕虜は11313人にのぼった。アルゼンチン代表MFのオズワルド・アルディレス(後に清水の監督などを歴任)の義兄は戦死し、スパーズのFAカップ獲得に貢献したアルディレス自身もイングランドではプレーできなくなり、パリSGへのレンタル移籍を余儀なくされた。 幸か不幸か82年スペインW杯で両国は2次リーグで敗退したため対戦することはなかった。 そして86年メキシコW杯準々決勝である。アルゼンチンにとってW杯で3度目の対戦にして初めての勝利。それもマラドーナの「歴史に残る」2ゴールでのベスト4進出だったが、この勝利にはそれ以上の重みがあった。 愛する領土を、肉親を奪ったイングランドを、1人の若者が叩きのめしたのだ。 マラドーナが“神"になった瞬間でもあった。 アルゼンチンには「マラドーナ教」があり、ブエノスアイレスには2000年に設立された「マラドニアン教会」があって、誕生日の10月30日は「クリスマス」、神の手ゴールを決めた6月22日は「イースター」としてお祝いをするという。 こうしたエピソードは09年に公開されたフランスとスペインの合作で、カンヌなど世界3大映画祭すべてを受賞しているエミール・クストリッツア監督のドキュメンタリー映画「マラドーナ」で紹介されていた。 クストリッツア監督は旧ユーゴスラビアのサラエヴォ出身で、98年にはコソボ紛争が勃発してアメリカ主導により国連の決議なしにNATO軍の空爆で祖国の市民が犠牲になった。そんな2人が撮影を通じてシンパシーを抱くのも自然の成り行きだろう。 狂信的なファンから“神"と崇められながらも、カモッラ(ナポリを拠点とするマフィア)との交際による薬物中毒や愛人とのスキャンダルなどで、幼なじみの妻クラウディア、最愛の娘ダルマとジャンニーナとも別れなければならなかったマラドーナ。 その苦悩を映画「マラドーナ」と、来年6月に公開予定の映画「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」ではマラドーナ自身が赤裸々に告白している。 自業自得とはいえ、絶えず等身大の自分自身をさらけ出してきたディエゴ。だからこそマラドーナはファンにとって「身近な存在」として、“永遠のアイドル"になったのではないだろうか。 死後のいま現在も彼の周辺は喧しいが、安らかな永遠の眠りにつくことを願いたい。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.12.06 14:30 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly