吉田フル出場もサンプはダービーで逆転負け…ラウンド16の対戦カードが決定《コッパ・イタリア》

2020.11.27 03:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
吉田麻也の所属するサンプドリアは26日、コッパ・イタリア4回戦でジェノアと対戦し、1-3で敗戦した。吉田はフル出場。公式戦3試合勝利のないサンプドリアは、直近のボローニャ戦からスタメンを6人変更。吉田はセンターバックの一角で公式戦4試合連続のスタメンとなった。


立ち上がりから攻勢に出るサンプドリアは18分、相手バイタルエリアでボールを奪ったヴェッレがボックス右手前からミドルシュート。これが左ポストの内側を叩き、ゴールネットに吸い込まれた。

リードして後半を迎えたサンプドリアだったが、60分にロングカウンターから失点する。自陣でミスパスをカットしたルカ・ペッレグリーニがロングスルーパスを送ると、左サイドを駆け上がったショムロドフがボックス内まで持ち上がり折り返しを供給。最後はスカマッカがゴール右にシュートを流し込んだ

同点とされたサンプドリアは、ここから立て続けに失点を許す68分にもピンチを迎える。バイタルエリアのルカ・ペッレグリーニがアーリークロスを上げると、ゴール前に走り込んだスカマッカがヘディングシュート。これがGKアウデーロが弾くもこぼれ球をレラガーに押し込まれた。さらに72分には、ペナルティアーク手前からスカマッカに強烈なミドルシュートをゴール右に決められた。

結局、試合はそのまま1-3で終了。逆転勝利を収めたジェノアは、ラウンド16で王者ユベントスと対戦する。なお、4回戦の結果とラウンド16の対戦カードは以下の通り。

◆4回戦結果
カリアリ 2-1 ヴェローナ(2部)
パルマ 2-1 コゼンツァ(2部)
エンポリ(2部) 3-0 ブレシア(2部)
ボローニャ 2-4 スペツィア
ウディネーゼ 0-1 フィオレンティーナ
トリノ 2-0 ヴィルトゥス・エンテッラ(2部)
SPAL(2部) 2-0 モンツァ(2部)
サンプドリア 1-3 ジェノア

◆ラウンド16対戦カード
アタランタ vs カリアリ
ラツィオ vs パルマ
ナポリ vs エンポリ
ローマ vs スペツィア
インテル vs フィオレンティーナ
ミラン vs トリノ
サッスオーロ vs SPAL
ユベントス vs ジェノア
関連ニュース
thumb

伏兵2発などでナポリを下したアタランタが決勝進出!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準決勝2ndレグのアタランタvsナポリが10日に行われ、3-1でアタランタが勝利。この結果、2戦合計スコアを3-1としたアタランタが2年ぶりの決勝進出を決めた。 先週行われた1stレグはゴールレスドローで終えた両者の再戦。4日前に行われたトリノ戦を痛恨のドローで終えたアタランタは、その試合からスタメンを4人変更。イリチッチやマリノフスキー、ロメロらに代えてD・サパタやフロイラー、ディムスティらをスタメンで起用した。 一方、ジェノアに敗戦したナポリは、その試合のスタメンから5選手を変更。ペターニャやポリターノ、マリオ・ルイらに代えてオシムヘンやインシーニェ、バカヨコらがスタメンに名を連ねた。 試合は立ち上がりに動く。アタランタは10分、デ・ルーンのパスをボックス手前で受けたD・サパタが反転から右足一閃。シュートはゴール左に突き刺さった。さらに16分には、ゴセンズの縦パスをボックス中央右のD・サパタが落とすと、最後は走り込んだペッシーナがゴール左隅に流し込み、追加点を挙げた。 立て続けのゴールで主導権を握ったアタランタは、38分にも相手DFのクリアボールをボックス右で拾ったムリエルが右足で狙ったが、これはわずかにゴール左に外れた。 2点を追うナポリは、42分にヒサイを下げてマリオ・ルイを投入。さらにハーフタイムでエルマスを下げてポリターノをピッチに送り出した。すると53分、ディ・ロレンツォのパスをボックス右で受けたバカヨコがシュート。さらに相手DFに当たり左に逸れたボールをロサーノがジャンピングボレーで合わせると、一度はGKゴッリーニが弾くも、再び反応したロサーノがゴールに押し込んだ。 1点を返されたアタランタは、56分にムリエルを下げてイリチッチを、72分にはパロミーノを下げてカルデラを投入。すると78分、イリチッチのパスをペナルティアーク内のD・サパタが落とすと、走り込んだペッシーナがゴール前まで侵入し、冷静にゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。この結果、2戦合計スコアを3-1としたアタランタが前回王者のナポリを下し、ユベントスの待つ決勝へ駒を進めた。 2021.02.11 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルを封殺したユベントスが1stレグのアドバンテージを生かして2年連続決勝進出《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、ユベントスvsインテルが9日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコアを2-1としたユベントスが2年連続決勝進出を決めている。 先週行われた1stレグではユベントスが2-1と先勝したイタリア・ダービー。 3日前のローマとのビッグマッチを2-0と勝利したユベントスは、ローマ戦のスタメンから7選手を変更。C・ロナウド、ラビオ、アレックス・サンドロ、ダニーロが引き続きスタメンとなった。 一方、フィオレンティーナ戦を2-0と快勝したインテルは、その試合のスタメンから3選手を変更。ペリシッチ、出場停止のサンチェスとビダルに代えてラウタロ、エリクセン、ダルミアンを起用した。 立ち上がりからボールを握ったのはユベントス。両サイドバックが内に絞る立ち位置を取って中央に人を集め、インテルを幻惑した。 しかし、右サイドのハキミのスピードで牽制するインテルが徐々に盛り返し、ユベントスを押し込み返していく。ただ、水際で凌ぐユベントス守備陣の前に決定的なシュートシーンに持ち込むには至らない。 劣勢に陥りかけていたユベントスだったが42分、C・ロナウドがボックス内から立て続けにシュートを打つシーンを演出。互いに譲らなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、インテルが圧力をかける入りとすると、52分にハキミが際どいシュートを浴びせる。 しかし、ユベントスも64分に決定機。途中出場マッケニーのお膳立てからC・ロナウドにビッグチャンスが訪れたが、GKハンダノビッチとの一対一を決めきれない。 さらに70分、C・ロナウドがDF2人をかわしてドリブルでボックス内に侵入。シュートに持ち込むも、この場面でもGKハンダノビッチの好守に阻まれた。 終盤、クアドラードを下げてキエッリーニを投入し、5バックとして守備を固めたユベントスはインテルに付け入る隙を見せずにゴールレスに持ち込み、2年連続決勝進出を決めている。 決勝では明日行われるアタランタvsナポリの勝者と対戦する。 2021.02.10 06:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリとアタランタの準決勝初戦は譲らずゴールレス《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、ナポリvsアタランタが3日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 準々決勝でスペツィアを下したナポリと、10人となった中でラツィオを下したアタランタによる準決勝。 [3-4-3]で臨んだナポリは3トップに右からポリターノ、ロサーノ、インシーニェと並べ、3バックの中央にはマクシモビッチが入った。 対するアタランタは[3-5-2]で臨み、2トップにサパタとムリエル、トップ下にペッシーナを据えた。 立ち上がりからナポリがボールを握る展開となると、8分にインシーニェがミドルシュートでGKを強襲した。 守勢のアタランタの反撃は22分、ムリエルのスルーパスに抜け出したペッシーナがGKと一対一となるが、シュートはオスピナの好守に阻まれた。 その後はアタランタの攻勢が強まり、サパタやムリエルがシュートに持ち込んでいったが、ゴールは生まれず0-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半はナポリがボールを持つ展開で推移したものの、チャンスを生み出すには至らない。そこで65分過ぎ、ポリターノとインシーニェに代えてペターニャとジエリンスキを投入していく。 対するアタランタもイリチッチ、パシャリッチを投入して試合を動かしにかかるも、互いに決め手を欠いてゴールは生まれず来週行われる2ndレグに決着は委ねられることになった。 2021.02.04 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

ミスを突いたユベントスがC・ロナウドの2発で先勝、インテルにリベンジ《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、インテルvsユベントスが2日に行われ、1-2でユベントスが先勝した。 先月17日にセリエAでも対戦し、その際はインテルが快勝としたイタリア・ダービー。 返り討ちを狙うインテルはルカクとハキミが出場停止となった中、ラウタロとサンチェスの2トップで臨んだ。 一方、リベンジを狙うユベントスはモラタとキエーザをベンチスタートとし、C・ロナウドとクルゼフスキが縦関係の2トップを形成した。 試合は開始9分、インテルが持ち味のカウンターで先制する。バレッラが右サイドのスペースを突いてクロスを上げ、ダイレクトで合わせたラウタロのシュートがGKブッフォンの手を弾いてゴールラインを割った。 先月のダービーでも躍動したバレッラのアシストでリードしたインテルが5バックを敷き、ユベントスに攻め手を与えずにいたが、25分にPKを献上してしまう。ヤングがボックス内に走り込んできたクアドラードを倒すと、VARの末PK判定となった。 このPKをC・ロナウドが決めて同点としたユベントスは35分にもインテルのミスを突いて逆転する。ボックス外に飛び出したGKハンダノビッチとバストーニの連係が合わず、C・ロナウドがボールをカット。ルーズボールを無人のゴールに蹴り込んだ。 迎えた後半、開始4分にヤングのミドルシュートでGKブッフォンを強襲したインテルは、57分に同点のチャンス。ビダルが敵陣高い位置でベンタンクールからボールを奪ってサンチェスがボックス内からシュートに持ち込んだが、ゴールライン前に戻ったデミラルの好クリアに阻まれる。 ハイプレスをかけて攻勢をかけるインテルは69分にも決定機。しかし、ボックス右でDFをかわして放ったダルミアンのシュートはGKブッフォンの好守に阻止された。 さらに77分、敵陣でボールを奪った流れから途中出場のエリクセンが枠内シュートを放ったが、終盤にかけては水際で守るユベントス相手に攻めあぐねて1-2で逆転負け。 ユベントスがリーグ戦完敗のリベンジを果たし、先勝として来週ホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2021.02.03 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

前半4発のナポリがスペツィアの追い上げ振り切る! アタランタ待つ準決勝進出!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、ナポリvsスペツィアが28日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、4-2で勝利したナポリが準決勝進出を決めた。   5回戦でエンポリを破ったセリエA6位のナポリと、ローマ相手に番狂わせを起こした15位のスペツィアによる準決勝進出を懸けた一戦。直近のリーグ戦でヴェローナに1-3で敗れたナポリは先発5人を変更し、前線はロサーノを最前線に置いて右にポリターノ、左にインシーニェという構成となった。   立ち上がりから相手を押し込んだナポリは5分、セットプレーの二次攻撃から相手GKの拙い対応もあってボックス右でフリーのヒサイが折り返すと、これを攻め残っていたクリバリがワンタッチで押し込んで開始早々にゴールをこじ開ける。   さらに、20分には右サイドでのスローインの流れからデンメが背後の広大なスペースに蹴ったボールに対してうまくオフサイドをかいくぐったロサーノがGKとの一対一を難なく制して3点目を奪取。さらに、30分にはボックス手前左でボールを持ったジエリンスキに対して大外でボールを呼び込んだポリターノが対面のDFを完璧なタイミングで入れ替わってゴール前に抜け出し、GKの寸前でのチップキックであっさりとゴールネットを揺らした。   その後、40分にはカウンターからインシーニェの丁寧なスルーパスに抜け出したエルマスがボックス右からコースを狙った右足のシュートを流し込み、前半だけで4ゴールを挙げる圧倒的な戦いを見せた。   迎えた後半も選手を積極的に入れ替えながら省エネモードの戦いを見せるホームチームが危なげなく試合を進めていく。だが、後半半ばの70分過ぎには緩慢な守備対応からギャシ、アカンポーラと立て続けにゴールネットを揺らされて点差を一気に2点に縮められた。   そのため、試合終盤はアタッカーを削ってディ・ロレンツォ、バカヨコと守備的な選手の投入で逃げ切りを図るバタバタした展開となったが、きっちり2点のリードを守り切った。そして、格下スペツィアに快勝のナポリがヴェローナ戦の敗戦を払しょくすると共に、アタランタが待つ準決勝進出を決めている。 2021.01.29 07:16 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly