【名場面】乱闘騒ぎに会長との確執…マラドーナがバルセロナで見せた珠玉のプレー集

2020.11.26 18:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、フットボール界のレジェンドである元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が亡くなった。

訃報を受けて、ボカ・ジュニアーズやナポリなど、マラドーナ氏の古巣クラブからも追悼の声が寄せられているが、1982年から2年間在籍したバルセロナも例外ではない。

◆マラドーナ、バルセロナでのスーパープレー集


バルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona)も当時のマラドーナ氏の写真を掲載し「バルセロナは、我々のクラブに所属(1982-84)し、世界的にサッカーのアイコンだったディエゴ・アルマンド・マラドーナの逝去に心よりお悔やみを申し上げます。ディエゴ、どうぞ、安らかにお休みください」とツイートで追悼している。

マラドーナ氏は、1982年のスペイン・ワールドカップ終了後に、当時の世界最高額である移籍金760万ドル(当時のレートで約18億円)でボカ・ジュニアーズからバルセロナに加入。

移籍初年度は肝炎にかかり、約3ヵ月の離脱を強いられたものの、スペインの地でもその才能を遺憾なく発揮し、公式戦24試合16ゴールとその能力を示した。

中でもコパ・デル・レイ決勝、サンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリーとのエル・クラシコで決めた独走ゴールには、あまりの凄さにマドリーサポーターからのスタンディングオベーションが起きたという。

迎えた1983-84シーズンには、アスレティック・ビルバオ戦で相手からのタックルで足首を骨折。さらに、復帰後のコパ・デル・レイ決勝でビルバオと対峙した際にも、マラドーナは執拗にマークを受け、その怒りから相手選手の顔面をヒザ膝蹴りして、乱闘騒ぎを起こしていた。

結果、マラドーナは3カ月間の出場停止処分を受け、バルセロナのホセ・ルイス・ヌニェス会長との関係が悪化。シーズン終了後にナポリへと移籍することとなった。

マラドーナは在籍2年間で公式戦75試合に出場し47ゴールを記録。問題もあったものの、ピッチの上ではしっかりと結果を残した。最終的には喧嘩別れのような形になったものの、今なおバルセロナのレジェンドの一人として愛されている。

コメント
関連ニュース
thumb

驚異的な反応速度!フレンキー・デ・ヨングが決めたスーパーヘディング弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デ・ヨングが見せた驚異のヘディング<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0N3Fkajk3dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 欧州屈指の育成の名門アヤックスで育ったデ・ヨングは、同クラブで若き司令塔としてブレイクすると、2019年夏にバルセロナに加入。バルセロナの今後を担う存在として期待されている。 抜群のテクニックと冷静なボールさばきで、試合を組み立てるMFとして活躍するデ・ヨングだが、2021年1月13日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝のレアル・ソシエダ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた39分、左サイドを崩したバルセロナに決定機が訪れる。FWマルティン・ブラースヴァイトのスルーパスにFWアントワーヌ・グリーズマンに抜け出すと、ボックス内左深部からクロスを上げる。このクロスにゴール前でデ・ヨングが合わせるが、想定よりクロスがマイナス気味に入ってしまう。 しかし、デ・ヨングが驚異的な反応で、空中で素早く体勢を後ろに反らしながらヘディングを合わせる。見事に額でボールを捉えたシュートがネットを揺らし、バルセロナが先制ゴールを挙げた。 試合はその後、PK戦までもつれる展開となったが、バルセロナが勝利している。 2021.01.23 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシのエルチェ戦欠場が決定…バルサの異議申し立て却下で2試合の出場停止確定

スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は22日、スーペル・コパで一発退場となったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシへの処分に対するバルセロナからの異議申し立てを却下した。 これにより、メッシの2試合の出場停止処分が確定となり、21日に開催されたコパ・デル・レイ3回戦のコルネジャ戦に続き、24日開催のラ・リーガ第20節のエルチェ戦の欠場が確定した。 メッシは延長戦の末に2-3で敗れた17日のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレティック・ビルバオで先発出場。だが、試合終了間際の120分にFWアシエル・ビジャリブレを右手でなぎ倒すように叩き、VARを経て、一発退場を命じられた。なお、この退場は同選手にとってバルセロナのトップチームで初の退場となっていた。 2021.01.23 01:33 Sat
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ4回戦の対戦カード決定! バルサはラージョ、マドリー撃破のアルコヤーノはアスレティックと対戦

22日にコパ・デル・レイ4回戦(ラウンド16)の組み合わせ抽選会が行われた。 3回戦では昨季プリメーラを制した優勝候補のレアル・マドリーがアルコヤーノ(3部)に敗れる大波乱が起こった。さらに、エイバル、エルチェ、アラベス、カディスとプリメーラ所属の4クラブが下位カテゴリーのクラブにジャイアントキリングを許した。 そして、今回の4回戦ではコルネジャ(3部)との一戦を延長戦の末に辛くも制した優勝候補筆頭のバルセロナが、エルチェを破ったラージョ(2部)と対戦。また、ウエスカ、マドリーとプリメーラ勢を連破して注目を集めるアルコヤーノは、昨季ファイナリストで今季スーペル・コパ覇者のアスレティック・ビルバオとの対戦が決定した。 そのほかではセビージャvsバレンシアの名門対決に注目が集まるところだ。 なお、4回戦は1月26日から28日のミッドウィークに開催される予定だ。今回、決定した4回戦対戦カードは以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ4回戦対戦カード ▽1/26(火) バジャドリー vs レバンテ ジローナ(2部) vs ビジャレアル ベティス vs レアル・ソシエダ ▽1/27(水) セビージャ vs バレンシア アルメリア(2部) vs オサスナ ラージョ(2部) vs バルセロナ ▽1/28(木) ナバルカルメロ(3部) vs グラナダ アルコヤーノ(3部) vs アスレティック・ビルバオ 2021.01.23 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「直感だった」バルサがPKを2度セーブされるのは初、コルネジャGKにとっても初の快挙「僕の心が…」

セグンダB(スペイン3部)のコルネジャに所属するGKラモン・フアンが、偉業を達成していた。スペイン『アス』が報じた。 コルネジは21日、コパ・デル・レイ3回戦でバルセロナと対戦した。 圧倒的なバルセロナ有利との見方が強かったなか、コルネジャは試合中に2本のPKを与える状況。しかし、90分間はゴールレスで終え、延長戦の末に敗れていた。 2本のPK失敗には、バルセロナのロナルド・クーマン監督も「わけがわからない」と叱責していたが、ラモン・フアンの2つのセーブは偉業だった。 1本目は38分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがキッカーを務めるも、ラモン・フアンは完璧に読み切りセーブする。 そして2本目は79分、今度はフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがキッカーを務めたが、股下を狙ったシュートを再びセーブし、得点を許さなかった。 バルセロナが1試合で2つのPKをセーブされたのは、なんとこれが初の出来事。さらに、自身としても2つのPKを止めたのは初めてだったようだ。 ラモン・フアンは「僕は自分のキャリアで2つのPKを止めたことはない。PK戦でもセーブしたことはないと思う」とコメント。「GKコーチと少し話したが、直感だった。ユベントス時代のピャニッチのPKを見たことはあるけど、よく右にシュートをしていた。デンベレは直感だった。僕の心が「真ん中にいろ」と言っていたし、運が良かったね」と語り、自分でも驚きのセーブだったようだ。 2021.01.22 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「わけがわからない」PKの名手・クーマン監督が2本のPK失敗に怒り「バルサではあり得ない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督がおかんむりだ。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは21日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するコルネジャと対戦。延長戦まで縺れた試合は、0-2でバルセロナが勝利を収めた。 コパ・デル・レイでは、レアル・マドリーが前日に3部相手に敗れ敗退となるなど番狂わせが起きている中、バルセロナも苦戦を強いられた。 スーペル・コパ決勝でアスレティック・ビルバオに敗れてから中3日での試合。9人のメンバーを変更して臨んだ中、試合を支配するものの精度を欠いてしまう。 この試合では90分でゴールを挙げることができなかったバルセロナだが、クーマン監督が怒りをあらわにした理由は2つのPKだった。 バルセロナは38分と79分に2つのPKを獲得。しかし、MFミラレム・ピャニッチ、FWウスマーヌ・デンベレがキッカーを務めたが、どちらもGKラモン・フアンにセーブされ失敗。その結果、延長戦にまでもつれ込んでしまった。 現役時代はPKの名キッカーとしても知られたクーマン監督は、2本ともPKを失敗したことに怒りを露わに。「わけがわからない」と非難した。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkV2VYdjJSNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 「2つのPKを失敗したが、多くのチャンスがあった。バルセロナのようなチームでそれが起こることはあり得ない。もっと早く、試合に勝つべきだった」 「わけがわからない。なぜなら、通常はPKで得点できる選手が多くいるからだ。恐怖からなのかもしれないが、私には理解できない」 「複数の選手がミスをしている。何よりも2つのPKのどちらかを決めれば、落ち着いたはずだ」 「繰り返しになるが、バルサの選手として2つのPKを失敗することはできない。ただ、深刻な話ではない」 2021.01.22 10:55 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly