長沢駿が4戦連発の仙台、押し込まれながらも鳥栖を下す《J1》

2020.11.25 21:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
25日、明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で仙台が勝利した。前節はアウェイで柏レイソルの1-2で勝利を収めた鳥栖。スタメンは1名変更し、チアゴ・アウベスに代えて本田風智を起用した。

対する仙台は前節はホームで鹿島アントラーズ相手に1-3で敗戦。そこから4名が変更。柳貴博、兵藤慎剛、赤崎秀平、石原崇兆が外れ、飯尾竜太朗、佐々木匠、イサック・クエンカ、長沢駿が起用された。

ここ7試合負けがない鳥栖。最下位の仙台との下位対決となったが、序盤から主導権を握ったのは鳥栖だった。

まずは9分、小屋松のスルーパスに抜け出した林が華麗なタッチで流し込むが、これはわずかにオフサイドとなりゴールは認められない。

28分には仙台がチャンス。右サイドを突破した飯尾がクロスを送ると山田がシュートもGK朴一圭がセーブする。

対して29分、鳥栖はボックス付近で細かくパスをつなぐと、最後は原川がボックス手前からミドルシュート。しかし、GKがセーブする。

前半アディショナルタイムにも鳥栖がチャンス。ボックス左に侵入した林がシュート。これは右ポストを叩くも、跳ね返ったボールがGKに当たってゴールへ。しかし、間一髪戻った平岡がなんとかクリアし、ゴールを許さない。

ゴールレスで迎えた後半。鳥栖は52分に林がドリブルで強引に持ち込みボックス内右からシュート。しかし、これは枠を外れる。

57分には仙台がチャンス。イサック・クエンカが粘ってボックス内から折り返すと、最後は山田が詰めるがこれは原がブロックする。

このままゴールレスドローかと思われた78分に仙台がワンチャンスをものにする。ボックス手前から松下が右サイドの浜崎へパス。浜崎はボックス右から鋭いクロスを送ると、中央で豪快にヘッドでたたき込み、押されていた仙台が先制に成功する。

先制を許した鳥栖は小屋松と森下を下げて豊田陽平、相良竜之介を投入。2種登録の相良はJ1デビュー戦となった。

鳥栖はトップに入った豊田をターゲットにロングボールを供給。デビュー戦となった相良も積極的にシュートを放つなど良い動きを見せて同点を目指す。

90分には樋口がボックス左から鋭いクロス。これに相良がダイレクトでボレーを放つが、GKがなんとかセーブして得点を許さない

最後まで決定力を欠いた鳥栖に対し、仙台はしっかりとゴール前でブロックを敷いて守りきりタイムアップ。アウェイでの連勝を飾った。

サガン鳥栖 0-1 ベガルタ仙台
【仙台】
長沢駿(後33)
コメント
関連ニュース
thumb

仙台が助っ人2名を補強!ガーナ人FWオッティ、202cmのセルビア人GKストイシッチの加入が内定

ベガルタ仙台は20日、ガーナ人FWエマヌエル・オッティ(24)とセルビア人GKネデリュコ・ストイシッチ(23)の加入内定を発表した。 両選手は日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受けている状況。入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。 オッティは、ポルトガルのブラガの下部組織で育ち、デンマークのエスビャウやインドネシアのマドゥーラ・ユナイテッドでプレー。ポルトガルのヴィゼラからの加入となる。 一方のストイシッチは、202cmの長身GK。母国セルビアのBASKベオグラードから、ポルティモネンセU-23へと移籍。ポルティモネンセからの加入となる。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWエマヌエル・オッティ 「偉大なクラブであるベガルタ仙台の一員になれることを幸せに思います。ファン、サポーターのみなさまを幸せにするために全力を尽くします。ともに成功を勝ち取りましょう。応援をよろしくお願いいたします」 ◆GKネデリュコ・ストイシッチ 「ベガルタ仙台の一員になれることをうれしく思います。選手、スタッフやファン、サポーターのみなさまとお会いできる日を心待ちにしております」 「今回の移籍は私自身にとって、大きな一歩です。1日も早くチームへ合流し、すばらしいシーズンにできるよう最善を尽くします。応援よろしくお願いいたします」 2021.01.20 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京痛恨! FW永井謙佑が開幕アウト、右肩手術で全治2カ月

FC東京は20日、FW永井謙佑の手術を発表した。 クラブの発表によると、永井は肩の可動域が制限されてしまう右肩関節拘縮(みぎかたかんせつこうしゅく)と、それによる腕のしびれなどが出る腋窩神経障害(えきかしんけいしょうがい)と診断されたとのことだ。 永井は8日に千葉県内の病院で手術を受けたとのこと。全治は約2カ月と見られ、新シーズンの開幕は間に合わないこととなる。 永井は2020シーズンは明治安田J1で26試合に出場し4得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場し1得点を記録していた。 2019年のシーズン終盤、12月の第33節浦和レッズ戦で永井は負傷。優勝が懸かる最終節もフル出場を果たしていたが、右肩関節反復性脱臼と診断され手術を受けていた。 2021.01.20 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

“ハマのGT-R”こと仲川輝人が契約更新、昨季はケガもあり18試合2得点

横浜F・マリノスは20日、FW仲川輝人(28)の契約更新を発表した。 仲川は川崎フロンターレの下部組織出身で、専修大学を経て2015年に横浜FMへと入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡への武者修行を経験した。 復帰してからは出場機会を得ると、2019シーズンは明治安田J1で33試合に出場し15得点を記録。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、自身はJ1得点王と最優秀選手賞のダブル受賞を果たした。 2020シーズンも大きな活躍が期待されたが、ケガの影響でなかなか試合出場が叶わず。明治安田J1では18試合で2得点、AFCチャンピオンズリーグでは6試合で3得点に終わっていた。 2021.01.20 12:08 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌で2カ月プレーしたウーゴ・ヴィエイラ、来季もJリーグでプレーの可能性

北海道コンサドーレ札幌を退団したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(32)が、再び日本でプレーする可能性があるようだ。 ウーゴ・ヴィエイラは、2017年1月にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスへ加入。2シーズンを横浜FMで過ごし、明治安田J1通算59試合23ゴールを記録し、チームの得点源として活躍した。 しかし、2019年1月にシヴァススポルへと移籍すると、2020年1月にはジル・ヴィセンテに加入。10月に退団すると、札幌へと加入していた。 2020シーズンの終盤に加入したウーゴ・ヴィエイラは、明治安田J1で3試合の出場に終わり、ゴールはなく、シーズン終了後の契約満了が伝えられていた。 ポルトガル『Sic Noticias』によると、札幌を退団したウーゴ・ヴィエイラだが、代理人は日本からのオファーがあり、それを伝えているとのこと。一方で、ウーゴ・ヴィエイラはヨーロッパでのプレーを考えているとされ、どちらになるのか注目が集まる。 2021.01.20 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和のリカルド監督はジンクスを払拭できるか/六川亨の日本サッカーの歩み

天皇杯とルヴァン杯決勝に出た4チーム以外は12月中旬にオフに突入したため、新シーズンに向けて始動を開始したチームも出始めた。17日は浦和がリカルド・ロドリゲス監督の就任会見をリモートで取材し、18日は西、田中、金子ら新加入選手の会見を同じくリモートで取材した。 浦和だけでなく、先週末はACLの出場権を獲得して川崎Fから齋藤、C大阪から柿谷ら即戦力を補強した名古屋や、初めて2年連続してJ1で戦う横浜FC、7年ぶりのJ1復帰を果たした徳島なども新入団会見を実施するなど各チームは動き出している。 話を浦和に戻すと、西野TD(テクニカルダイレクター)は「ACLの出場」を最低限の目標にしつつ、リカルド監督を招聘した理由に次の3点をあげた。 クラブの作ってきたコンセプトに合致している。 戦術家、戦略家としての能力が高く、いくつかのフォーメーションと戦い方を使い分けられ、試合中に柔軟に戦い方を変化させられる。 野心家である。J1リーグの経験はないが、J1リーグとACLで優勝すること。個人の野心とクラブの野心が合致した。 これに対しリカルド監督は、初めてのJ1リーグにも「経験はないが自信はある」と胸を張り、「浦和という偉大なクラブで指揮を執る機会を与えてくれて感謝している。熱いファン、サポーターがいる。そういう人に楽しんでもらえるサッカーをしたいし、監督として成長したい」と抱負を述べた。 そして昨シーズンの徳島では試合中にシステムの変更などをして点についても、「一番大事なのは、どういうサッカーをするかというアイデアだ。攻撃も守備もアイデア。相手の攻撃の意図、守備の意図をどう相殺し突破するか。システムが大事なのではなく、いまいる選手の組み合わせでシステムは決まる。まず、いまいる選手が大事になる」と持論を語った。 好きな日本食は寿司と即答したリカルド監督が浦和でどんなサッカーを構築するか。2月27日の開幕戦はカウンターを武器にするFC東京とホームで激突する。 そしてリカルド監督の抜けた徳島には、同じスペイン人のポヤトス新監督を招聘したものの、新型コロナの影響で来日のめどが立っていないのは気がかりだろう。同じことは外国人選手にも当てはまるが、こればかりは待つしかないのが現状だ。 さて、リカルド監督と、新シーズンから清水の指揮を執るロティーナ監督、そしてポヤトス監督と新シーズンは3人のスペイン人監督が指揮を執ることになる。3人ともスペイン国内での実績はほとんどないが(ロティーナ監督はコパ・デル・レイ1回優勝の他、昇格請負人として活躍する一方、降格の憂き目も何回か経験)、ロティーナ監督は守備の構築から東京Vを2年連続して昇格プレーオフに導き、ロドリゲス監督は徳島をJ1に導くなど日本での実績を評価されての監督就任である。 かつて90年代後期のJ1リーグには4人のスペイン人監督がいた。横浜FMにはアスカルゴルタ(97~98年)とデ・ラ・クルス(98~99年)の2人だ。元々横浜FMはアルゼンチンの選手が多く、スペイン語での意思疎通が可能だし、当時はサリナスとゴイコエチェアというスペイン人選手もいたから納得できる。 ところが横浜フリューゲルスのレシャック(98年)、神戸のフローロ(98~99年)は所属選手との関係はほとんどない(フリューゲルスはブラジル人選手、神戸は韓国人選手が主力だった)。そして4人とも実績を残すことができないまま日本を去った。 同様に神戸のリージョ(18~19年)、千葉のエスナイデル(17~18年)、鳥栖のカレーラス(19年)の3人も、それぞれクラブとの諸事情があったのだろうが短期間で日本を離れている。 こうしてみると、かつてリーガ・エスパニョーラは日本人選手にとってハードルの高いリーグだったが、同様にスペイン人監督にとってもJリーグ(もしくは日本)は監督として成功するのに難しいリーグだったのかもしれない。 しかし時代は移り、乾や久保がプリメーラ・ディビジョンでチャレンジしているように、日本ではロティーナ監督が突破口を開き、リカルド監督が新シーズンはJ1リーグに足跡を残そうとしている。 過去のJ1リーグでブラジル人監督以外の優勝経験者は浦和のブッフバルト(ドイツ人)、名古屋のストイコビッチ(セルビア人)、横浜FMのポステゴグルー(オーストラリア人)の3人しかいない。ここにスペイン人監督が加わるのかどうか。いろいろな意味でリカルド監督に注目してみたい21年シーズンである。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.01.19 20:50 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly