乱心?八百長?古巣対決で驚愕の行動に出たFWに疑惑の目「あからさま過ぎる」

2020.11.25 19:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トルコのスュペル・リグで起きた珍事に注目が集まっている。23日、スュペル・リグ第9節のガラタサライvsカイセリスポルの一戦が行われた。カイセリスポルの選手として先発出場を果たしたトルコ人FWムーダト・チェリクは、2018-19シーズンをガラタサライで過ごしており、古巣対決となった。

◆世界屈指の熱狂的ファンを持つスュペル・リグ

自分を手放す決断を下した古巣との対決は、どんな選手にとっても、いつもより気合いの入る試合となることが普通だが、チェリクは気合いが入り過ぎてしまったのか、前代未聞のプレーを見せてしまった。

0-0のまま迎えた19分、守備に回ったチェリクは、相手選手の前でスライディングを敢行。しかし、ボールが相手に渡りそうだと分かった瞬間、あろうことか右手を使ってボールを自らのもとへ手繰り寄せた。さらに、ボールが再びこぼれそうになると、もう一度手で手繰り寄せるという、考えられない行動に出たのだ。

その後、やってしまったという表情で頭を抱えたチェリク。この反則でイエローカードのみで済んだものの、今度は62分、相手選手へのファールで2枚目のイエローカードをもらい、退場処分に。その上、ボックス内でのファールだった為、PKも献上することとなった。

ガラタサライにPKを難なく決められたカイセリスポルは、1つのプレーで、数的不利と1点ビハインドという悪夢のような状況に追い込まれてしまった。絶望的な状況かと思われたカイセリスポルだが、71分に1点を返し同点に。試合は1-1のドローに終わっている。

試合後、この信じられないチェリクのハンドは、古巣対戦であること、そして、その後の選手のリアクションがあまりにも不自然過ぎることが相まって、八百長があったのではないかと疑惑の声が挙がる始末となってしまった。

このプレーがSNSに共有されると「取り乱したフリをしてる彼の顔を見てみろよ」、「万一審判が見逃した時のために2回ハンドしてるだろ」、「恥ずかしくないのか、あからさま過ぎるだろ」など、他ファンから批判の声や、コミカルな反則場面にただただ笑うコメントが多数集まり、大きな反響を呼んでいる。

試合後トルコ『Beyaz TV』のインタビューに応えたチェリク本人は「地面に寝た状態だったが、ボールを止めなければならなかった」と問題のプレーについてコメント。「僕は自分が今所属するクラブに忠誠を誓っている。自分のチームを売るなんて、自分の妻を売るようなものだ」と八百長疑惑についても否定している。

現時点で疑惑の真偽は明らかになっていないが、チェリクのプレーが信じられないものだったことは事実。八百長であれば非常に大きな問題であるが、八百長でなかったとしても、考え得る限り最悪の醜態を古巣相手に晒してしまったことになる。

◆チェリクの信じられないハンド
コメント
関連ニュース
thumb

ガラタサライDFが大みそかの花火事故で両目負傷…「片目はもう片方より重傷」

ガラタサライのノルウェー代表DFオマル・エラブデラウィが大みそかに救急搬送された。 最近まで日本代表DF長友佑都が所属したことでも知られるトルコの名門ガラタサライによると、エラブデラウィは自宅で開いた大みそかの祝賀会で花火が暴発して、顔にやけど。さらに、両目も負傷して、病院で応急処置を受けたという。 治療にあたったベダト・カヤ医師は「両目を負傷して、片目はもう片方より重傷を負っている。ひとまず必要な処置を施したところだ」と述べ、「昨日よりも良くなっている」と現在の容態にも触れたが、後遺症についての明言を避けた。 エラブデラウィはマンチェスター・シティ下部組織出身で、昨夏の移籍市場でガラタサライ入り。その今季はここまで公式戦13試合でプレーしている。 なお、ファティ・テリム監督は「神が彼の命を救ってくれた。オマルは我々にとって、ピッチ内外で非常に大切にしている選手。我々は彼のためにできることなら何でもやる所存だ。それについて疑いようもない」と話している。 2021.01.02 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がセネガル代表FWを補強? ガラタサライFWディアニェに興味

ヴィッセル神戸がガラタサライに所属するセネガル代表FWムバイエ・ディアニェ(29)の獲得に興味を示しているようだ。トルコ『Haberler』が報じた。 ディアニェは夏の移籍市場でチームの放出候補となっていたものの、望ましいオファーが届かずに残留。コロンビア代表FWラダメル・ファルカオの控えに甘んじる予定だったが、ファルカオが負傷したことで出場機会が増加。スュペル・リグで10試合に出場し5ゴールと結果を残している。 直近のリーグ戦3試合で5ゴールと勢いに乗っているディアニェだが、その得点力に注目した神戸がリストアップしたとのこと。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをガラタサライから獲得したことで、クラブ間では良い関係が築かれているようだ。 ディアニェは、2013年8月にイタリアのブラからユベントスに加入。その後すぐにフランスのアジャクシオへレンタル移籍すると、その後もリールセ(ベルギー)、アル・シャバブ(サウジアラビア)、ウェステルロー(ベルギー)へとレンタル移籍。2015年8月にハンガリーのウーイペシュトへと完全移籍した。 2016年2月には天津権健(現天津天海)へと加入。2018年1月にトルコのカシムパシャへ移籍すると、2019年1月にガラタサライへ完全移籍。2019-20シーズンはクラブ・ブルージュへのレンタル移籍を経て、今季はガラタサライに復帰していた。 スュペル・リグでは通算で59試合に出場し47ゴール5アシスト、中国スーパーリーグでは44試合で15ゴール6アシスト、ジュピラー・プロ・リーグでは18試合で10ゴール1アシストを記録しており、どのリーグでもコンスタントにゴールを奪っている。 また、セネガル代表としても2018年9月にデビューし、ここまで9試合に出場していた。 2020.12.08 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:浦和vsG大阪】川崎Fの命運を握る一戦、G大阪は浦和を下し待ったをかけるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年11月22日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(9位/45pt) vs ガンバ大阪(3位/55pt) [埼玉スタジアム2002] ◆残り3試合のホームゲーム全勝へ【浦和レッズ】 前節はアウェイでヴィッセル神戸を相手に0-1で勝利。4試合ぶりの勝利を手にした。 前々節では横浜F・マリノスとアウェイで対戦し6-2と大敗。成す術なく良いようにやられての敗戦だったが、しっかりと中3日でバウンスバック。無失点で勝利を収めた。 神戸に押され気味の試合だったが、徐々にペースを取り戻すと、終盤にらしい攻撃を見せ、マルティノスの決勝ゴールで勝利した。 上位進出の可能性はわずかながら残っている状況。ホームに戻っての一戦では、当然勝利を目指して戦う。残り試合が少なくなり、来季を見据えた戦いも始まる中、しっかりと勝利を収めることができるか。 結果として川崎Fの優勝を後押しすることにはなるが、残り3試合となったホームゲームで1つでも多くの勝利を届けたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、青木拓矢、汰木康也 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆勝てなければ即終了、意地を見せるか【ガンバ大阪】 前節はホームでベガルタ仙台を相手に0-4と完敗。最下位相手に屈辱的な黒星を喫することとなった。 12戦無敗で2位の座まで登り詰めたが、思わぬつまづきに遭ってしまったG大阪。各ポジションの軸となる選手が不在、さらに経験の少ない若手を先発させるなどの奇策が完全に裏目に出た。 個人のパフォーマンスこそ悪くなかったが、チームとして機能させるには柱が足りなすぎた印象。ケガなどの理由もあるが、宮本恒靖監督が勝負に出すぎた感もあった。 さらに、その敗戦により川崎Fの優勝がグッと近づくことに。21日の試合で大分トリニータが1-0で勝利したために優勝はお預けとなったが、自分たちが浦和に勝たなければ即終了。次節は王者との対戦にすり替わってしまう。 目指すものはハッキリしたはず。今節も浦和に勝利して優勝を阻止し、ミッドウィークの直接対決でも勝利を収め、優勝を決めさせないこと。そのためにも、必勝で浦和戦に臨みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:小野瀬康介、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2020.11.22 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アルダ・トゥランが新型コロナ感染をSNSで報告…

ガラタサライに所属する元トルコ代表MFアルダ・トゥランが、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを自身のSNSで明かした。 ガラタサライは17日、前日にトップチームの選手、スタッフを対象としたPCR検査を実施した結果、トップチームの3選手が新型コロナウイルスに感染したことを発表。また、代表チームに参加している2選手にも陽性反応は見つかったことを明かしていた。 チームからのリリースでは選手名は明かされていなかったが、アルダが自身のSNSで感染を報告していた。 「16日に行われたCovid-19のテストで陽性反応が確認された。私はいま病院で隔離生活を行いながら治療しているよ」 今夏にバルセロナを退団しフリーで古巣にガラタサライに復帰したアルダは、ここまでリーグ戦全試合に出場。8日に行われた第8節のスィヴァススポル戦では、復帰後初ゴールをマークしていた。 2020.11.19 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ガラタサライがオリンピアコスのノルウェー代表DFエラブデラウィを獲得、シティの下部組織に所属経験

ガラタサライは17日、オリンピアコスからノルウェー代表DFオマール・エラブデラウィ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 エラブデラウィはマンチェスター・シティの下部組織に所属していたことがあり、フェイエノールトやブラウンシュヴァイクへのレンタル移籍を経験。2013年7月にブラウンシュヴァイクへ完全移籍すると、2014年7月にオリンピアコスへと完全移籍していた。 オリンピアコスでは公式戦170試合に出場し11ゴール16アシストを記録。今シーズンはキャプテンとしてギリシャ・スーパーリーグで21試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで6試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 契約期間は2023年6月までの3年間。なお、年俸は3シーズンで405万ユーロ(約5億1000万円)となり、1年目は130万ユーロ(約1億6400万円)、2年目は135万ユーロ(約1億7000万円)、3年目は140万ユーロ(約1億7600万円)が支払われることとなる。 2020.08.18 11:35 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly