【ACLプレビュー】再開のACL、神戸は中国の雄・広州恒大と激突《広州恒大vsヴィッセル神戸》

2020.11.25 18:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節の広州恒大(中国)vsヴィッセル神戸が行われる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。

◆9カ月ぶりのACL
©J.LEAGUE

ヴィセル神戸は2月19日に第2節で水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦し0-1で勝利。それ以来、9カ月ぶりのACLでの試合となる。
明治安田生命J1リーグではなかなか結果を残せず、トルステン・フィンク監督をシーズン途中に解任。三浦淳寛監督にとっては初のACLでの指揮となる。

チームは直近のJ1リーグで5連敗と最悪な状況。攻撃陣も5試合で2点しか奪えておらず、苦しい中でのACL再開となってしまった。

過去を振り返っても仕方ないが、逆に気持ちを切り替えてACLモードになれるかどうか。チームとしての目標であるアジアでのタイトル獲得に邁進したい。

◆再開初戦はドロー
Getty Images

対する広州恒大は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで1試合を戦っている。

22日に水原三星と対戦し、0-0のゴールレスドロー。ACLの再開戦で勝利を挙げることはできなかった。

今シーズンは変則的に行われた中国スーパーリーグでファイナルまで進出するも、江蘇蘇寧に敗れてしまいタイトルを逃す事態に。さらに元ブラジル代表MFパウリーニョがケガによりACLメンバーから外れるという苦境に立たされている。

それでもACLでの経験豊富なFWリカルド・グラルが代わりにメンバー入り。また、中国代表FWエウケソンもおり経験値では神戸よりも上だ。

今シーズンのACL初勝利を目指して神戸にどのような戦いを挑むだろうか。

★予想スタメン[4-2-3-1]

GK:飯倉大樹
DF:西大伍、大崎玲央、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳
MF:山口蛍、郷家友太
MF:小川慶治朗、アンドレス・イニエスタ、古橋亨梧
FW:ドウグラス
監督:三浦淳寛

◆注目選手
©J.LEAGUE

注目選手はMFアンドレス・イニエスタをピックアップ。

今シーズンはケガなどもありながら、明治安田J1で26試合に出場し4ゴールを記録。チームの攻撃の軸であることは変わらず、そのテクニックの高さを存分に発揮している。

チームとしては最近得点に恵まれない展開となっているが、アジアの舞台でもイニエスタの力は必要なはず。チームの悲願でもあるACL制覇へイニエスタがどんな輝きを見せるだろうか。

関連ニュース
thumb

浦和のACL決勝スタジアム問題が意外な幕引き、大幅な日程変更で5月6日に埼スタで開催決定

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスケジュールに関して、日程変更を発表した。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて日程が大きく変更。決勝は2023年2月に実施されることが決定していた。 そんな中、東地区は浦和レッズが韓国の全北現代モータースを下して決勝に駒を進めていたが、その決勝では埼玉スタジアム2002が使用できない問題が発生。芝の改修工事が決定していたため度重なる要望を出したものの、工期を変更する際の費用などの問題があり、断念していた。 一方で、AFCに対して日程変更を要求。その結果、AFCが日程変更を発表。西地区のラウンド16から全ての日程が変わることとなった。 東地区は浦和の決勝進出が決まっていたが、西地区はラウンド16以降が残っている状況。2023年2月3日、4日に行われる予定が、2月19日、20日に変更となり、準々決勝が2月23日、準決勝は2月26日に行われる。 また、決勝の第1戦は西地区の決勝進出クラブのホームで4月29日。第2戦は5月6日に埼玉スタジアム2002で行われることとなった。当初は2月19日と26日に行われるはずだったが、2カ月以上後ろに倒される結果となった。 浦和はリカルド・ロドリゲス監督が退任し、マシエイ・スコルツァ新監督が就任。Jリーグのシーズン開幕からも時間が経過するため、チーム作りの時間は十分に取れることとなりそうだ。 ◆決勝 【第1戦】 ▽4月29日 西地区ファイナリスト vs 浦和レッズ [未定] 【第2戦】 ▽5月6日 浦和レッズ vs 西地区ファイナリスト [埼玉スタジアム2002] 2022.12.09 19:09 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和のACL決勝スタジアム問題、芝改修工事のストップは費用の問題で断念…埼スタ開催は日程変更に望みをかける

浦和レッズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の試合会場に関する経過報告を行った。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも経過報告を行う中、浦和は最新情報を更新。ファン・サポーターからも5万8430筆の署名が集まるなどしていたと報告。一方で、クラブの対応が不十分だったことから、ファン・サポーター、埼玉県知事並びに埼玉県、日本サッカー協会(JFA)、および関係各所に混乱と迷惑をかけたことを謝罪した。 その中で、クラブが要望していた芝改修工事について検討。多額の費用が発生することから、断念したことを報告した。 「浦和レッズより提出いたしました要望書に対して埼玉県から回答いただいた内容、および今後の対応についてクラブ内で協議してまいりましたが、芝改修工事の工期変更に要する費用がクラブで負担できる範囲を大幅に超えていること等から、その実現は経営的に不可能であると判断し、芝改修工事の工期変更については大変遺憾ながら断念することを決断いたしました」 埼玉県からの返答では、工期をずらすことなどで生じる損害賠償などを含めて数億円が必要となるとされてきた。 残された道は、アジアサッカー連盟(AFC)に提出している決勝の日程変更を求めているもの。すでに要望書を提出しており、JFA、Jリーグの協力を得ていくという。 なお、日程変更が叶わない場合は、ACL規約(座席数40,000席以上、照明2000LUX等)に則ったスタジアムで、みなさまのおもいがピッチ、そして選手たちに届く、浦和らしい世界に誇れるサポート環境を整えるべく準備を進めるとのこと。開催できるスタジアムが限られてくるため、埼玉県以外のどこで行うのか注目が集まる。 2022.11.10 10:37 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のACL決勝会場問題、工期の変更にはリスクと損害賠償費用で数億円がかかる可能性

浦和レッズは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の試合会場に関する経過報告を行った。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも経過報告を行う中、4日には埼玉県に対して正式に書面で要望書を出していないことが発覚し謝罪。同日に提出していた。 今回は埼玉県からの回答を報告。芝の工期を変更することや、費用の問題があり、浦和が費用負担をすることになるとの回答があったとした。 浦和は、「今回の埼玉県からの回答を受けまして、現在、クラブ内で今後の対応について協議しております」 以下、埼玉県からの要望書への回答抜粋。 (1) 芝生育成業者には別の業務を請け負う予定があり、圃場利用の再延長ができません。 現在予定の工事期間でなければ、育成した芝生が使用できず、改めて2年間かけて芝生を育成しなければなりません。仮に工事期間を変更する場合、芝生張替え工事は順調に契約ができた場合でも、令和6年11月着手となります。現在の芝生の状態で2年継続して使用すれば、地温コントロールシステムの老朽化がさらに進み、芝生のコンディション低下により、浦和レッズ及び対戦チームの選手には、これに伴うリスクが生じる可能性や会場の使用が困難に陥る可能性があります。 (2) 芝生張替え業者は、本年11月からの工事着手に向け、資機材や作業員の手配が概ね7割程度完了しており、現時点での工事期間の変更は業者に多大な損害を与えるとともに、同時に実施する観客席や機械設備等の他工事にも同様の影響があります。 2 工事期間を変更するためには、新たに発生する芝生の2年間の育苗費用(約1億5千万円)が必要となります。また、既発注の芝生張替え工事(約2億9千万円)及び使用中の芝生の県立高校での利活用工事(約1千2百万円)の契約解除に伴う損害賠償費用、同時期に実施する観客席、機械設備等の工事(約5億7千万円)の中断に伴う損害賠償費用が発生します。 3 御要望のとおり工事期間を変更する場合、貴社には、上記1のリスクに対応いただくとともに、上記2の経費を請求させていただくこととなります。 2022.10.13 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝のスタジアム問題を抱える浦和、経過報告と説明不足を謝罪…公式な要望書はこれまで出さず4日正式提出

浦和レッズは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスタジアム使用について経過報告をした。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも埼玉県と交渉を進めるも使用許可が下りず、アジアサッカー連盟(AFC)へ日程変更を要求する可能性も示唆していた。 その際には、謂れのない誹謗中傷を受けるなどしていた中、4日に改めて経過を報告。説明不足により、関係各所へ大きな迷惑をかけたとして謝罪。また、公式な要望書を県に対して提出していないことを明かした。 「過去2回に渡り、本件について関係各所と鋭意調整、交渉を行っている旨を報告させていただいておりましたが、その具体的な手段に関する説明が不十分であったことから、埼玉県をはじめとした関係各所に混乱とご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます」 「具体的には、クラブから埼玉県に対しまして、工期変更の打診をさせていただいていたことは事実でございますが、代表名での公式な要望書は提出していないことの説明が不足しておりました」 「引き続き、埼玉県をはじめとした関係各所との調整、交渉に進捗がございましたら浦和レッズのホームページにて報告してまいりますが、その際の表現には最大限の注意を払ってまいります」 「このたびはご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございませんでした」 なお、4日に改めて要望書を提出したことを発表している。 「現在ACL2022決勝 第2戦の、埼玉スタジアムでの開催を求める署名活動を行ってくださっているサポーター有志のみなさまや、ご署名いただいたみなさまをはじめとした、おもいを一つにするみなさまのお気持ちとクラブの情熱を込め、本日、埼玉県に対しまして正式に要望書を提出させていただきましたことをご報告させていただきます」 2022.10.04 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL決勝の埼スタ開催を求める浦和に誹謗中傷…クラブが声明「その手段は社会のルールに則ったものです」

浦和レッズは22日、「SNS上等での誹謗中傷について」と題し、声明を発表した。 クラブの発表によると、浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022決勝 第2戦の試合会場調整に関連し、SNS等で特定の個人や団体に向けた誹謗中傷や悪意ある投稿が確認されているとのことだ。 浦和は準決勝で全北現代モータースとPK戦にまでもつれこむ激闘の末に決勝への切符を掴んでいた。 しかし、来年2月に行われる決勝の第2戦では、ホームの埼玉スタジアム2002が芝の改修工事のために使用ができない状況に。なんとかして使用できるよう、埼玉県への要望を提出したものの、拒否されていた。また、アジアサッカー連盟(AFC)へ日程の変更を求めるなど、開催に向けて動いていることを発表した中、誹謗中傷投稿があったという。 浦和は、改めてルールに則って行っているということを主張。誠実に向き合っていくとした。 「私ども浦和レッズは、ACL優勝のために最大限の努力を行ってまいりますが、あくまでもその手段は社会のルールに則ったものであることを前提としております」 「SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為はその前提に該当せず、また浦和レッズの理念とも明確に異なり、いかなる理由があっても許容いたしません」 「過去2回に渡って経過報告を行わせていただいております、試合会場調整につきましては、浦和レッズのファン・サポーターのみなさまは勿論のこと、他クラブのファン・サポーターを含めた多くのみなさまから励ましのお言葉を頂戴しておりますこと、心より感謝申しあげます」 「そうしたみなさまのお力もお借りしつつ、埼玉県及び関係各所と誠実に向き合い、相談、交渉を行ってまいりますので、SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為は絶対におやめくださいますようお願い申しあげます」 2022.09.22 10:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly