ジルーが後半ATの劇的決勝弾! 苦戦もチェルシーが2節を残して決勝T進出!《CL》

2020.11.25 05:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第4節、スタッド・レンヌvsチェルシーが24日にルテ・ドゥ・ロリアンで行われ、1-2で勝利したチェルシーの決勝トーナメント進出が決定した。

2勝1分けの首位でグループステージを折り返したチェルシー(勝ち点7)は、今節での勝利且つ、同時刻開催のFCクラスノダールvsセビージャでクラスノダールが引き分け以下に終わった場合、2節を残しての決勝トーナメント行きが決まる。

直近のプレミアリーグでニューカッスルに快勝し、今季初のリーグ戦3連勝中のチームは、29日にトッテナムとのダービーが控えていることもあり、先発4人を変更。リュディガー、リース・ジェームズ、カンテ、ツィエクに代わってチアゴ・シウバ、アスピリクエタ、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイを起用。また、コロナウイルスから回復したハヴァーツがメンバー入りを果たした。

ホームでの前回対戦を3-0で快勝したチェルシーは、この一戦でも押し気味に試合を進めていく。開始4分には味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したハドソン=オドイの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んだヴェルナーが右足で合わせる。だが、ドイツ代表FWはゴール至近距離からの絶好機でシュートを大きくふかしてしまう。

開始早々の先制機を逸したチェルシーだが、その後もボールの主導権を握って終始相手陣内でのプレー時間を増やしていく。遅攻の場面では決定機まで持ち込めない状況が続くが、得意のカウンターアタックからゴールをこじ開ける。

22分、自陣左サイドでドクからボールを奪ったマウントがそのまま持ち上がり、右サイドで相手の背後を狙っていたハドソン=オドイへ絶妙なフィードを通す。そして、快足を飛ばしてボックス内まで持ち込んだハドソン=オドイが冷静にGKとの一対一を制した。

さらに、畳みかけるチェルシーは29分にもボックス左をえぐったチルウェルの短い折り返しにゴール前で反応したマウントが右足のダイレクトシュートをニア下に飛ばすが、ここはGKゴミスの驚異的なワンハンドセーブに阻まれる。

一方、クラブ史上初のCL白星に向けて難しい状況が続くレンヌだが、30分を過ぎてようやく反撃に出る。まずは32分、右サイドのドクの仕掛けからボックス内のブリジョー、レア・シリキの連続シュートで初めてゴールに迫ると、その後もドクの鋭いドリブル突破とギラシーの身体を張ったポストワークを軸に幾度も良い形の仕掛けを見せる。

39分にはボックス内のギラシーの反転シュートで元守護神メンディにセーブを強いると、直後にはチルウェルの不用意なバックパスをギラシーがカットして絶好の同点機が訪れる。しかし、自らシュートに持ち込まず、ブリジョーへのラストパスを選んだ結果、DFチアゴ・シウバのブロックに阻まれた。

相手の猛攻を何とか凌いで試合を折り返したチェルシーは後半の立ち上がりこそ押し込む形を見せたものの、以降は相手の攻勢に晒される。

リードこそ保っているものの、後半に入って1本もシュートを打てない苦しい状況が続く中、ランパード監督は68分にマウントとエイブラハムを下げて、母国凱旋のカンテとジルーを同時投入。

一方、自分たちの流れの中でゴールをこじ開けたいレンヌは70分過ぎに続けて決定機を迎える。73分、中盤での激しいデュエルでボールを奪い切ってボックス左でデル・カスティージョから折り返しを受けたギラシーがニア下へ強烈なシュートを放つが、ここはGKメンディがファインセーブ。さらに、このプレーで得た左CKの場面でゴール前のニャムジがピッチに叩きつける強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、再びメンディのビッグセーブに阻まれた。

守護神メンディに救われて何とかピンチを凌いだチェルシーはこの直後にコバチッチ、ハドソン=オドイを下げてツィエクと久々の復帰となったハヴァーツの2人のレフティーをピッチに送り込む。

だが、一連の選手交代も流れを引き戻すキッカケとはならず。すると、85分にはレンヌの右CKからグルニエのクロスをゴール前のギラシーに豪快なヘディングで合わせられ、4戦目にして今季CLは初の失点を喫することになった。

土壇場で追いつかれ、今節での決勝トーナメント進出は厳しいかに思われたが、頼れるフランス代表FWが最後の最後に大仕事を果たす。91分、相手陣内中央でグルニエのパスを引っ掛けてショートカウンターを発動。ツィエクのスルーパスをボックス左で受けたヴェルナーのシュートはGKゴミスのビッグセーブに阻まれるが、ゴール前に高く浮いたルーズボールをDFニャムジに競り勝ったジルーがヘディングシュート。これがゴールネットに突き刺さり、劇的な決勝点となった。

そして、苦しみながらもレンヌに勝ち切ったチェルシーはもう1試合で勝利したセビージャと共に2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

スタッド・レンヌ 1-2 チェルシー
【レンヌ】
ギラシー(後40)
【チェルシー】
ハドソン=オドイ(前22)
ジルー(後46)

関連ニュース
thumb

ヴェルナー、バイエルン前会長とアドバイザーに無理やり契約を結ばされていた?

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに関して、驚きの情報が舞い込んできた。ドイツ『Der Spiegel』が報じている。 2020年夏にライプツィヒからチェルシーに移籍したヴェルナー。だが、2018-19シーズンにバイエルンとの間で2020年夏の加入という内容にサインしていたようだ。情報では、ヴェルナーのアドバイザーを務めていたというカールハインツ・フェルスター氏が、当時の同クラブの会長であったウリ・ヘーネス氏と結託して交渉を進めていたという。 しかし、ヴェルナー本人にバイエルンへ移籍するつもりはなかった。それは、2020年のドイツ『キッカー』のインタビューで「いつか移籍について考えるのであれば、バイエルンへの移籍よりも海外を考えるよ」とコメントしたことからも明らかとなっている。 不本意ながら契約を完了させたというヴェルナーは、後々になって当時のバイエルン指揮官ニコ・コバチとスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏が移籍に反対していたことを知り、フェルスター氏に契約解除を猛烈に迫ったそう。 そして、ヴェルナーは晴れてチェルシー行きを果たすこととなった。ところが現在、そのフェルスター氏と、同選手のチェルシー移籍を主導したムラト・ロクル氏が裁判で争っているようだ。 『Der Spiegel』によると、バイエルン移籍が破談となった後、フェルスター氏はリバプールと交渉していた模様。年俸1200万ユーロという好条件だったが、こちらも契約はまとまらず最終的にチェルシーへ。 フェルスター氏はこの時にロクル氏が違法な手段を取っていたとして、数百万ドル規模の裁判をおこしているという。 2021.09.24 20:59 Fri
twitterfacebook
thumb

「私もメディアで読んだだけ」 バイエルン指揮官がリュディガー関心噂にコメント

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が関心囁かれるチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)にコメントした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 フランク・ランパード前体制下から一転して、トーマス・トゥヘル監督がチームを率いるようになってから守備の柱として君臨するリュディガー。今季もここまで公式戦全試合にフル出場し、チーム内での序列を揺ぎないものにしている。 だが、そんなドイツ人センターバックの現行契約は今季最終年。契約も残り12カ月を切るなか、チェルシーも交渉に乗り出しているが、いまだ合意に至らず、水面下でバイエルンが選手の代理人に接触して獲得を狙っているともいわれる。 そのなか、ナーゲルスマン監督が24日に敵地で行われるブンデスリーガ第6節のグロイター・フュルト戦前会見に登場すると、リュディガーに関する質問も。「私はまず他のクラブと契約を結ぶ選手の話をするのは好きじゃない。そして、今は移籍時期外だ」と前置きした上で返答した。 「彼はドイツ代表の選手だし、私もいちフットボールファンとして彼のことを話している。彼は素晴らしい成長を遂げたね。トーマスが彼のことを非常にうまく扱っていると思う。1年前までチェルシーで傍観者のような扱いが続いた彼が今や最も不可欠な選手のひとりになっているのだからね」 「彼は信じられないような攻撃力もある非常に秀でた守備者だ。ブラッゾ(ブラッゾ(ハサン・サリハミジッチ)とは彼のことについての話をしておらず、仮に話をしても、明かしたりなんてしない。私もメディアで読んだだけ。契約がいつ切れるのかを見て、財布の中身をチェックしないとね!」 2021.09.24 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカクが人種差別への対処法に見解を示す 「全員が一体になって、話し合いの場を設けるべき」

チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクが、人種差別への向き合い方について自身の見解を語った。 プレミアリーグでは19-20シーズンの途中から、キックオフ前に選手が片膝をつくことによって人種差別への抗議を示すアクションが続けられている。しかし、昨季にはクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが「膝をつこうが立っていようが差別を受ける人は存在する」という理由で、このポーズを拒否。「ただのパフォーマンスと化してしまっている」と苦言を呈していた。 先日はチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソも、このジェスチャーの持つ力が失われつつあるとして、今後は片膝をつく代わりにユニフォームの袖にプリントされた「No Room For Racism」のバッジを指し示すようにすると発言。 そんな中、ルカクはアメリカ『CNN』のインタビューで自身の考えを告白。選手だけでなく、サッカー協会やSNS企業の責任者たちで話し合うべきだと持論を述べた。 「僕らが膝をつくと、みんなが拍手をしてくれる。でも試合後には別の侮辱を目にすることもあるんだ」 「すべてのチームのキャプテンと、4、5人の大物選手たちが、Instagramや政府、FA(イングランドサッカー協会)、PFA(イングランドプロサッカー選手協会)のCEOと会議を開くべきだ」 「男女ともに、どうやって直ちに抗議するかが大事なんだ」 「選手だけでなく、ファンやプロサッカー選手になりたいと思っている若い人々を守るためにも、全員が一体になって、対策を考えるための話し合いの場を設けるべきだと思う」 2021.09.23 21:18 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがデ・リフトをターゲットに? クラブレコードの更新が必須に

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)をターゲットに設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強に失敗したチェルシー。パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョスや、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデとの交渉が伝えられていたが、前者は移籍に関心を示さず、一方後者は前向きだったものの、セビージャの要求額を満たすことができなかった。 クンデに関しては今後も動向を注視していくとみられているが、新たに獲得リストに挙がったのがデ・リフトのようだ。 同選手は2019年夏にユベントス史上最高額となった7500万ユーロの移籍金でアヤックスから加入。DFレオナルド・ボヌッチとDFジョルジョ・キエッリーニという2人の大ベテランが鎮座していたものの、キエッリーニがケガによる離脱が少なくなかったことから、1年目から主力としてプレーを続けている。 伝えられるところによると、デ・リフトには今季終了時に発動するリリース条項があり、1憶ポンドを超える契約解除金が設定される模様。そうなると、チェルシーでは今夏にベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に支払った9750万ポンドの現クラブレコードを超える必要がある。 現状でユベントスに売却の意思はないため、値切りは難しい状況だが、果たしてチェルシーが獲得に動くことはあるのだろうか。 2021.09.23 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン関心のリュディガー、チェルシーと契約延長へ

チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)は契約延長に向かっているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 トーマス・トゥヘル監督の下、守備の柱として君臨するリュディガー。今季もここまで公式戦全試合にフル出場し、チーム内での序列を揺ぎないものにしている。 そんなリュディガーの現行契約は2022年6月まで。チェルシーは交渉に取り掛かっているが契約延長にはいまだこぎ着けられておらず、バイエルンが同選手の代理人であるサー・セネシエ氏に接触して獲得を狙っているとも報じられている。 しかし、『ビルト』によるとリュディガーは現在、クラブとの新契約を結ぶ方向に傾いているとのこと。給与アップを要求するリュディガーに対して、チェルシーは現在の週給13万ポンド(約2000万円)から大幅に昇給させる見込みがあるという。 3月には契約延長を熱望していたリュディガー。果たして両者はうまい落としどころを見つけることはできるだろうか。 2021.09.23 19:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly