【CLグループ第4節プレビュー②】バイエルン、リバプール、シティに突破の可能性

2020.11.25 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節の8試合が25日に開催される。ここではA~Dの第4節のマッチプレビューを紹介していく。◆グループA: 突破の可能性あるバイエルンに奥川が再挑戦
Getty Images

《29:00》
アトレティコ・マドリーvsロコモティフ・モスクワ
バイエルンvsザルツブルク

前節はMF奥川がバイエルン相手にCL初ゴールを決めたものの、王者バイエルンが貫禄の3連勝スタートとしたグループA。一方でバイエルンに次ぐ突破候補のアトレティコがロコモティフ・モスクワに引き分け、1勝1分け1敗スタートとやや躓いている。迎える第4節では4連勝を目指すバイエルンに突破の可能性がある。

前節ザルツブルク戦では2点のリードを一時は追い付かれたものの、終わってみれば6発圧勝としたバイエルン。直近のブレーメン戦では代表帰りの選手たちをベンチスタートとしたことで引き分けに終わったが、ブンデスでは首位をキープ。ここでグループステージ突破を決め、リーグに集中できる環境としたい。

対するザルツブルクは奥川のゴールで一時追いつく善戦を見せたが、結果的には大敗となってしまった。ゴールを含め、好プレーを見せた奥川がバイエルン相手に2戦連続ゴールを叩き込めるかにも注目だ。

アトレティコは前節ロコモティフ戦では相手GKギリョルメの躍動と、厳しいVARによるPK被弾で引き分けに持ち込まれた。思うように勝ち点を積み上げられずにいるが、直近のラ・リーガではバルセロナ相手にウノゼロの勝利を飾った。シメオネ体制下でのリーグ戦初勝利を飾って勢いに乗る中、2位キープのための勝利となるか。

◆グループB:最下位インテル、生き残りを懸けたマドリーとのリターンマッチ
Getty Images

《26:55》
ボルシアMGvsシャフタール
《29:00》
インテルvsレアル・マドリー

前節はグループBの突破候補本命と見られながらも未勝利同士の対戦となった中、レアル・マドリーがインテルに競り勝つ結果となった。そしてシャフタールに6発圧勝としたボルシアMGがグループ首位に立っている。迎える第4節、生き残りを懸けた最下位のインテルがマドリーをホームに迎える。

ここまで2分け1敗と苦戦が続くインテル。勝利してもおかしくない試合がありながらも勝ち点を取り損ねている中、直近のトリノ戦では2点のビハインドを負う逆境からFWルカクが4ゴールに絡む活躍を見せて見事な逆転勝利を見せた。この勢いをCLに持ち込めるかに注目したい。

一方、インテル戦では2点のリードを追いつかれながらも最終的にはFWロドリゴの決勝弾で競り勝ったマドリー。初勝利を挙げて1勝1分け1敗とした中、背水の陣で向かってくるインテルを返り討ちにできるか。ラ・リーガでは苦戦が続いているだけにCLグループステージ突破への道筋を付けておきたい。

FWプレアのハットトリックでシャフタールを粉砕したボルシアMG。初勝利を挙げて1勝2分けとし首位に浮上した中、ホームに迎えるシャフタールとの再戦で返り討ちとして首位キープとなるか。

◆グループC: シティに突破の可能性、2戦連続日本人対決実現なるか
Getty Images

《26:55》
オリンピアコスvsマンチェスター・シティ
《29:00》
マルセイユvsポルト

本命のシティが順当に3連勝スタートとしたグループC。そして日本人対決が実現した中、ポルトがマルセイユに快勝として2位をキープしている。迎える第4節、4連勝を目指すシティに突破の可能性がある。

前節オリンピアコス戦を3-0と快勝したシティは、プレミアリーグでは直近のトッテナム戦を0-2と敗れて現在13位と苦戦が続いている。プレミアリーグに集中するためにもここはオリンピアコスに連勝として一気にグループステージ突破を決めておきたい。

ポルトMF中島が途中出場、マルセイユDF酒井がフル出場した日本人対決は、ポルトに軍配が上がった。ここでポルトが勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできるため、連勝を狙いたいところ。途中出場が続いている中島とマルセイユ不動の右サイドバックである酒井のマッチアップが今度こそ見られるかに注目したい。

◆グループD: 4連勝目指すリバプールに突破の可能性
Getty Images

《29:00》
アヤックスvsミッティラン
リバプールvsアタランタ

前節はリバプールが敵地でのアタランタ戦をFWジョタのハットトリックなどで5発圧勝する圧巻の戦いぶりを見せた。そしてアヤックスがミッティランに競り勝って初勝利を挙げ、2位に浮上している。迎える第4節、4連勝を目指すリバプールに突破の可能性がある。

前節アタランタ戦ではリバプールがインテンシティに優れるアタランタの良さを全く出させずに完勝とした。CLとプレミアリーグで好結果を残しているリバプールだが、守備陣を中心にケガ人が続出し、FWサラーもコロナ陽性と欠場者が多数いる。逆境が続く中、アタランタを返り討ちにし、一気にグループステージ突破を決めてプレミアリーグに集中できる環境を手に入れられるか。

対するアタランタはリバプールに粉砕された後、セリエAでは2戦連続ドロー。とりわけ直近のスペツィア戦では低調な内容だった中、難攻不落のアンフィールドから勝ち点を持ち帰ることはできるか。
コメント
関連ニュース
thumb

来月カタール開催のFIFAクラブワールドカップの対戦カード決定!

FIFAクラブワールドカップ(CWC)2020の組み合わせ抽選会が19日に行われ、対戦カードが決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、昨年11月に今年2月にカタールで開催されることが決定。ただ、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、現行の7チーム制から6チーム制への変更を余儀なくされた。 2回戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海王者)のUANLティグレス(メキシコ)と、AFCチャンピオンズリーグ王者(アジア王者)の蔚山現代(韓国)が対戦。もう1カードは開催国王者であり、柏レイソルからケニア代表FWオルンガが加入したことで注目を集めるアル・ドゥハイル(カタール)が、CAFチャンピオンズリーグ王者(アフリカ王者)のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 また、チャンピオンズリーグ王者(欧州王者)のバイエルン(ドイツ)と、サントス(ブラジル)とパウメイラス(ブラジル)が今月30日に決勝を戦うコパ・リベルタ・ドーレス王者(南米王者)は準決勝からの参戦。 前者はアル・ドゥハイルvsアル・アハリの勝者と、後者はUANLティグレスvs蔚山現代の勝者と対戦することになる。 ★FIFAクラブワールドカップ2020 日程 ◆2回戦 ▽2/4(木) UANLティグレス vs 蔚山現代[Match 2] アル・ドゥハイル vs アル・アハリ[Match 3] ◆5位決定戦 ▽2/7(日) [Match 2]の敗者 vs [Match 3]の敗者[Match 4] ◆準決勝 ▽2/7(日) コパ・リベルタ・ドーレス王者 vs [Match 2]の勝者[Match 5] ▽2/8(月) [Match 3]の勝者 vs バイエルン[Match 6] ◆3位決定戦 ▽2/11(木) [Match 6]の敗者 vs [Match 5]の敗者 ◆決勝 ▽2/11(木) [Match 6]の勝者 vs [Match 5]の勝者 2021.01.20 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、バイエルンの逸材MFスティラーの来季加入内定! ヘーネス監督の愛弟子

ホッフェンハイムは18日、バイエルンからU-20ドイツ代表MFアンジェロ・スティラー(19)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。今年7月1日付けでの加入となり、2025年6月30日までの契約にサインしている。 9歳でバイエルンのアカデミーに加入したスティラーは、戦術眼と左足のキック精度に長けた攻守両面で貢献できるセントラルMF。ここまでリザーブチームのバイエルンⅡが主戦場も、昨年10月のDFBポカールのデューレン戦でトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦3試合に出場している。 なお、ホッフェンハイムのトップチームを率いるセバスティアン・ヘーネス監督は昨季までバイエルンⅡを率い、スティラーと共にブンデスリーガ3部優勝を分かち合った旧知の間柄だ。 2021.01.19 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アラバ父、マドリー移籍合意を否定!「スペインからの情報は事実ではない」

レアル・マドリー移籍に合意したと報じられたバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバだが、実父であり代理人も務めるジョージ氏がドイツ『ビルト』の取材で否定した。 今季限りでバイエルンとの契約が失効となるアラバは今月から他クラブとの交渉が解禁。スペイン『マルカ』によると、マドリーとアラバは年俸1100万ユーロ(約13億7000万円)の4年契約という条件で合意。メディカルチェックも済ませたとのことだった。 しかし、ジョージ氏はこの報道を全否定。「スペインからの情報は事実ではない。どのクラブとも署名していない」とした上で、「他にも興味を持つクラブはある。いずれにせよ、ダビドはバイエルンとの最高のパフォーマンスを提供することに集中している」とコメント。今季限りでの退団は明言しているものの、今なお複数クラブと交渉中であることを明かしている。 候補に挙げられているクラブはマドリーのほか、マンチェスターの両クラブ、パリ・サンジェルマンやチェルシー、さらにはバルセロナといった錚々たるものだが、4月や5月まで熟考する可能性もあるという。 2021.01.19 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルが今夏のアラバ獲得決定か 年俸13.7億円の4年契約で合意

レアル・マドリーがバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)を今季終了後に獲得するようだ。 今季限りでバイエルンとの契約が失効となるアラバは今月から他クラブとの交渉が解禁。スペイン『マルカ』によると、長らく興味が取り沙汰されたレアル・マドリーは迅速に動き、本人とコンタクトを図ったという。 そして、レアル・マドリーとアラバは年俸1100万ユーロ(約13億7000万円)の4年契約という条件で合意。来季加入までまだ時間があるアラバだが、すでにレアル・マドリーのメディカルチェックも済ませた模様だ。 アラバを巡ってはマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプール、チェルシーなども関心を示したが、本人のラ・リーガでプレーしてみたい思いもあり、レアル・マドリー入りが決まったようだ。 アラバはバイエルンで公式戦通算408試合38得点49アシストの数字を誇り、チームとしても25個のタイトル獲得に寄与。左サイドバック、センターバック、中盤の複数ポジションを高水準でこなせる万能型プレーヤーだ。 レアル・マドリーの守備陣はDFセルヒオ・ラモスが今季限りで契約が切れるものの、延長交渉が難航しており、DFラファエル・ヴァランとDFナチョ・フェルナンデスも2022年6月に契約満了。DFエデル・ミリトンも燻っている。 そうした状況を受け、ビジャレアルのDFパウ・トーレス、DFジュール・クンデとDFジエゴ・カルロスのセビージャ勢も候補に挙がったが、DFマルセロの衰退で手薄になりつつある左サイドバックの強化もかねてアラバに的を絞ったとみられる。 2021.01.19 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがブンデス前半戦新記録の21ゴール目! シーズン最多得点も更新しそうな勢い

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが新たな快挙を成し遂げた。 17日に本拠地で行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦(バイエルンが2-1で勝利)に先発。7分にここ6試合で9得点となるゴールを記録した。 これで今季のブンデスリーガ開幕から15試合目の出場で21ゴール目。1968-69シーズン以来となるブンデスリーガ前半戦最多得点の新記録を樹立した。 従前の記録者は“爆撃機”の異名を持つ元西ドイツ代表FWのゲルト・ミュラー氏。レヴァンドフスキが17試合20ゴールという記録を52年ぶりに更新した。 また、今季のレヴァンドフスキは1971-72シーズンのミュラー氏が打ち立てた40得点のブンデスリーガ同一シーズン最多得点記録も更新しそうな勢いだ。 国際サッカー連盟(FIFA)の最優秀選手に輝いた今も、それに恥じぬスコアラーぶりを遺憾なく発揮するレヴァンドフスキ。今後の活躍からも目が離せない。 2021.01.18 11:35 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly