ルカクが4Gに絡んだインテル、2点のビハインドからトリノに逆転勝利《セリエA》

2020.11.23 01:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは22日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。前節アタランタ戦を1-1の引き分けで終えて2戦連続ドローの7位インテル(勝ち点12)は、コロナ陽性でブロゾビッチとコラロフが欠場となった中、代表帰りのL・マルティネスとデ・フライがベンチスタートとなった以外は現状のベストメンバーで臨んだ。

試合前のウォーミングアップでベロッティが負傷した17位トリノ(勝ち点5)に対し、2トップにルカクとサンチェス、トップ下にビダルを据える[3-5-2]で臨んだインテルが押し込む展開で立ち上がっていく。

しかし、自陣に引くトリノを崩しきれずカウンターを許す展開となると、13分にはアンサルディに枠内シュートを許す。

ルカクを起点に攻め手を見いだしにかかるインテルは15分にそのルカクがボックス右からGKシリグを強襲するシュートを浴びせたが、前半半ば以降も攻めあぐねてしまう。

そのままチャンスなく迎えた前半追加タイム2分、インテルはついに先制を許す。自陣でボールをロストした流れからメイテの巧みなダイレクトヒールパスでボックス右に抜け出したザザにゴール左へ蹴り込まれた。

ベロッティに代わって急遽スタメン出場となったザザにゴールを許したインテルは迎えた後半もギアが上がらずにいると、61分にVARの末PKを献上してしまう。

ヤングがボールをクリアしきれず、ボックス内に侵入してきたシンゴを蹴ってしまった。このPKをアンサルディに決められ、リードを広げられたインテルだったが、64分にすかさず1点を返す。

分厚い攻めを見せた流れからルカクのヘディングシュートはバーに直撃したものの、ルーズボールをサンチェスがボレーで押し込んだ。

その後、ガリアルディーニに代えてL・マルティネスを投入したインテルは67分に追いついた。サンチェスがボックス右で仕掛けてクロスを送り、最後はルカクが押し込んだ。

そして83分、VARの末にインテルにもPKが与えられる。ハキミがボックス内でエンクルに蹴られていた。そしてこのPKをルカクが決めたインテルは90分にL・マルティネスがルカクのアシストからゴールを挙げて4-2で逆転勝利。苦しみながらもルカクが4ゴールに絡む活躍を見せてリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

CL未勝利で崖っぷちのコンテ監督、マドリー戦は「我々にとって決勝戦」

インテルのアントニオ・コンテ監督がレアル・マドリー戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 インテルは25日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節でとレアル・マドリーと対戦する。3試合を終えて、勝ち点2で最下位に沈むインテルは、この試合を落とすとグループ突破が絶望的になるという状況だ。 苦境に立たされているコンテ監督は「我々にとって、この試合は決勝戦だ」とコメント。この一戦の重要性と難しさを述べた。 「前節での敗北と、最初の2試合の引き分けの後、我々に残された道は少ない。これは難しい試合になるだろう。レアル・マドリーがどのようなチームであるかということ、近年のチャンピオンズリーグでの実績は誰もが知るところだ」 「我々は良いパフォーマンスを見せ、結果を出さなければならないが、十分な意志を持てば、それを実現できるはずだ。前節でもそうであったが、ある側面や状況を改善することが出来れば、我々は競争力をつけることができる。そして、謙虚さを示し、集中力を維持することで、試合に勝つことができる」 また、コンテ監督は相手側の欠場者について言及。選手層の厚いマドリーにとってその影響は少ないと語った。 「マドリーは文句を言うことはできないと思う。彼らは完璧なスカッドを持っているし、どの選手も素晴らしい。 スペインのマスコミが欠場者の話をしていると笑ってしまうよ」 最後にコンテ監督は、この試合で一番重要なことが勝利だと強調。インテルの属するグループBを最も難しいグループだと表現した。 「最も重要なのは試合に勝つことだ。まだ3試合残っているが、少なくとも勝ち点7を取らなければならない。さらなる進化をする必要がある試合だ」 「このチャンピオンズリーグの中でも最も難しいグループだと思うが、我々は実際よりももっと多くのポイントに値するはずだ。同時に、なぜこのように結果を残せなかったのかを理解するために、自分たち自身を見つめ直す必要がある」 2020.11.25 16:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベのセリエA10連覇は厳しい? インテルOBがセリエAで推すのはミラン?

インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏は、今シーズンのセリエAではユベントスよりミランを上に見ているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アンドレア・ ピルロ監督を新指揮官に招へいし、セリエA10連覇を目指しているユベントス。第8節を終えたここまでで4勝4分けの4位に位置している。 一方で首位を走るのはミラン。6勝2分けと王者ユベントスに4ポイント差をつけており、王座奪還に燃えている。 ベルゴミ氏はイタリア『スカイ』で現時点ではミランが優勢と見解を述べ、10ゴールでここまでの得点ランキング1位となっている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの影響が大きいと話している。 「特にビッグゲームでは、ユベントスはまだ私が納得するパフォーマンスではない 「一方で、ミランはインテルとナポリに勝利している。イブラヒモビッチが私を納得させたよ。ユベントスはラツィオとローマと対戦したが、勝てなかった」 「シーズン当初からミランが上手くやれると感じていたし、彼らが4位以内に入ると思っていた。パオロ・マルディーニ(ミランのテクニカル・ディレクター)は自分が良いチームを作ったことを自覚しているはずだ」 「ミランにはピッチ上のあらゆるポジションに走れる選手がいる。彼らに対してゴールを決めるのは難しく、チームは自信に満ちている」 一方で、自身の古巣でありそのミランのライバルであるインテルについてはまだまだ改善が必要だと感じているようだ。 「彼らは間違いなく改善する必要がある。例えば、(アクラフ・)ハキミの使い方を変える必要があるのは、誰にとっても明らかだろう。彼は自分の足でボールを受け取るべきではない。さもなければ、彼はそのまま返してしまう」 「(クリスティアン・)エリクセンに関しては、DFをドリブルで突破するのに苦労している1人の選手だ。(アントニオ・)コンテが革命を起こすとは思わない」 「インテルは回復する必要があり、彼が実験をしている時間はない。もう1つの問題は、インテルのディフェンスラインだ。今シーズンは遅すぎる。後ろにスピードのある選手が居ない」 2020.11.24 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリアの未来を担う若手DFバストーニのインテル初ゴールは豪快ヘディング弾【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニがインテルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バストーニのインテル初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxeWZrZUJsOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成の名門アタランタで育ったバストーニは、2017年夏に若くしてインテルに移籍。レンタルを経た2019-20シーズンからインテルに復帰し、イタリアの次代を担う存在として期待されている。 恵まれた体格を活かした守備に加え、足元の技術も持つバストーニは、攻守で存在感を発揮しているが、2020年1月19日に行われたセリエA第20節のレッチェ戦では、インテル初ゴールとなる豪快なゴールを決めている。 0-0のまま迎えた71分、左サイドからDFクリスティアーノ・ビラギがボックス内にクロスを上げる。このボールにバストーニがニアポストに走り込むと、豪快なヘディングを叩き込み、見事なインテル初ゴールを挙げた。 バストーニのゴールで先制に成功したインテルだったが、直後に追いつかれ、1-1のドローに終わっている。 2020.11.24 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏レアルからインテル移籍のハキミ、代理人が裏側を明かす「ナポリは契約を望んでいた」

インテルに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)の代理人が移籍秘話を明かしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 レアル・マドリーの下部組織出身のハキミは、2018年夏にドルトムントへ2年間のレンタル移籍を経験。昨シーズンは公式戦45試合に出場して9ゴール10アシストの数字を収め、2年間の武者修行を終えていた。 今夏マドリーへ復帰したものの、ジネディーヌ・ジダン監督の構想には含まれず。その結果、4000万ユーロ(約49億5000万円)の移籍金でインテルへと完全移籍し、活躍の場をイタリアへ移した。 ハキミの代理人であるアレハンドロ・カマーニョ氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』の取材に応じ、ハキミの新天地での現状を説明するとともに今夏ナポリからも関心があったことを明かしている。 「ハキミがベストパフォーマンスを見せるには、もう少し時間が必要だろう。彼は冷静だ。イタリアのサッカーは複雑だが、彼はすでにクオリティを発揮している。彼はリズムと確かな技術を持っている」 「ナポリは彼との契約を望んでいた。だが、今ではトップチームであるインテルの選手だ」 ハキミはインテル加入後、ここまで公式戦10試合出場して1ゴール3アシストを記録している。 2020.11.24 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル指揮官、逆転勝ちも不満 主砲の「まだトップチームじゃない」発言にも「全面的に同意する」

代表ウィーク明けの初戦を白星で飾ったインテルだが、アントニオ・コンテ監督はもっと高いものを求めているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のセリエA開幕から3勝3分け1敗の7位インテルは22日に行われた第8節で17位トリノとホームで対戦。試合キックオフから二分の一を過ぎたところで2点ビハインドの劣勢に立たされる状況だったが、その後の猛攻で4ゴールを奪い切り、最終的に4-2の勝利を手にした。 チリ代表FWアレクシス・サンチェスやベルギー代表FWロメル・ルカク、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの強力攻撃陣が躍動して、逆転勝利で3試合ぶりの白星を掴み取ったコンテ監督。この勝利で順位も5位に浮上したインテルだが、コンテ監督は不満を吐露した。 「全体的にどんなプレーをしたのか丁寧に細かく分析する必要がある。我々のアプローチはベストじゃなく、目にしたものは好ましいものじゃなかった。もっと気合を入れ、確固たる意志をもって戦わないといけない。そういう姿勢で戦ってくるトリノに対して、我々は多くのデュエルを失った。代表活動から戻ってきた選手にとって、通常の業務に戻り、試合の持つ重要性を理解するのは容易じゃないのもわかっているがね」 「前半は競争力と冷酷さを欠いた。一方で、後半は0-2でダウンしたかもしれなかったなか、我々が持つキャラクターを含め、何か大きなものを示した。それは簡単じゃなく、彼らの反応を褒めたい。4ゴールを奪って反撃したが、適切なタイミングで冷酷な面を発揮しないとね。それに、集中力のレベルを高めるための努力も必要。昨季の終わりと比較して、我々は多くのものを失った。もう一度、あの獰猛さを取り戻す必要がある」 「この試合が今後の教訓になるのを願う。何かを勝ち獲りたいのなら、袖をまくり、相手を苦しめようと一生懸命にならないといけないからだ。我々の技術やクオリティに関係なく、それが我々に求められるもの」 また、この試合で2得点2アシストの数字を収め、主砲としての役割を全うルカクが試合後に「インテルはまだトップチームじゃない」と発言した点にも言及。「知性に満ちた選手が揃っているのは知っている」と語り、ベルギー人ストライカーの主張に「全面的に同意」した。 「難しい時期や多少の後ろ向きな時期に直面したとき、彼らは適切な評価をする。ロメルがそういう発言をしてくれて、嬉しい。周囲の声を気にせず、自分たちの道を進むべきだからだ。さらに、ドレッシングルームでも相手チームに伝わるぐらい勝利を渇望する思いを持たなければ。ロメルの発言に対して、全面的に同意する。トップチームになるための道のりはまだまだ長い」 2020.11.23 15:40 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly