ACLに臨む横浜FM、スタッフ1名がPCR検査でReactive判定

2020.11.22 21:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
横浜F・マリノスは22日、トップチームスタッフの1名が新型コロナウイルスのPCR検査でReactive判定を受けたと発表した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むためにカタールへ遠征している横浜FM。21日にドーハ・ハマド国際空港に到着後PCR検査を実施。そこでReactive判定を受けたとのことだ。なおこの1名を除いた選手やスタッフ56名は陰性となっている。

大会主催者(アジアサッカー連盟)の取りまとめで行われるPCR検査の判定結果には、Negative(陰性), Inconclusive(ウイルスの断片検出), Reactive(Ct値が30を超えるケース), Positive(Ct値30以下, 陽性)の4種類があるとのこと。Reactive判定とは、陽性に近い状態に当たるものとなる。

当該スタッフは体調に異常はなく、18日に実施したPCR検査の結果は陰性。Reactive判定を受けてからは、チーム滞在ホテルとは別のホテルにて隔離されているとのことだ。

なお、今後については「大会の運営ルールに基づき、Reactive判定を受けた当該スタッフは現在、別のホテルにて隔離中です。今後、体調の経過を観察のうえ数回実施するPCR検査にてNegative(陰性)が認められ、またReactive判定から7日間隔離後に、大会主催者ならびにCovid19 Compliance Officerの許可の下、チームへ合流することとなっております」とクラブ発表している。

またチームとしては「当該スタッフのReactive判定後、カタール保健省によるヒアリングが実施され、濃厚接触者はなしとの判断を受けました。また、該当スタッフ以外のNegative(陰性)判定をもとに、大会主催者とCovid19 Compliance Officerの許可を受け、遠征メンバー56名は21日(土)19時よりトレーニングを実施いたしました」と発表。チームの活動は問題なく行えているようだ。

横浜FMは25日に上海上港との再開初戦を行う。
コメント
関連ニュース
thumb

川崎F時代の2014年以来のACLに臨む横浜FM・實藤友紀「自分たちのサッカーに集中」

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF實藤友紀が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。ゴールレスのまま終わるかと思われた90分に天野純が決勝ゴールを決め、0-1で勝利し再開初戦を白星で飾った。 上海上港戦に向けて25日の試合では出番がなかった實藤は「2日前に対戦して、お互いに手の内を知っているチーム同士です」と戦い方を互いに理解しているとコメント。それでも「自分たちのサッカーをやることによって、必ず結果はついてくると思います。とにかく自分たちのサッカーに集中してやりたいと思います」と語り、まずは自分たちにフォーカスすると語った。 今シーズン開幕後にアビスパ福岡から加入した實藤だが、川崎フロンターレに所属していた2014年にはACLを経験。1試合に出場していた。 今大会は自身2度目のACLとなるが「僕自身2回目のACLですけど、海外でこういう大会に参加して試合に出られるのは幸せです」とコメント。「マリノスというチームで必ずチャンピオンになりたいと思っているので、そういう部分でも1試合1試合戦っていくことが楽しみです」と語り、チームの勝利のために尽くすと語った。 25日の試合では無失点で終えた横浜FMだが、明日の試合に向けては「全員でしっかりとコミュニケーションをとって、試合に挑むことが大事」とコメント。大事なことは「この大会もそうですが、チーム全員でしっかりと準備して戦うこと」とし、「相手の攻撃能力はすごく高いですが、そこで負けないようにするためには自分たちで声を掛け合って、1人だけじゃなく、サポートしたり、色々なコミュニケーションをとってやっていきたいと思います」とチーム全体でしっかりと守備を構築したいと語った。 2020.11.27 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏の死去に横浜FMポステコグルー監督「みなさんの心の中で生き続ける」

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 25日に終了間際の劇的ゴールで上海上港に0-1で勝利した横浜FM。中2日の連戦には「不思議な気分」とポステコグルー監督はコメントした。 その前日会見の最後には25日に急死した元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏(60)についても質問が飛び、偉大な1人であったとコメント明日。 「本当に悲しい出来事だった。彼はみなさんご存知のように素晴らしいキャリアでやってきた1人のサッカー選手だった」 「1986年に彼らがW杯で優勝した時、私は21歳だった。自分はまだプロになりたての頃だったが、影響力、そしてサッカーはチームスポーツでありながら、彼だけを見ていたという印象が残っている」 「忘れることのない彼の数々のプレーや試合はみんなに刻まれていると思う。世界中にもたらせた彼の栄光や記録、やってきたことは素晴らしいと思う」 「サッカーの中で生きていき、そしてみなさんの心の中で生き続けると思う。世界中の人々に影響を与えた、1人の貴重な選手だと思う」 2020.11.27 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「不思議な気分」中2日で再び上海上港と対戦する横浜FM・ポステコグルー監督、メンバー入れ替えも示唆

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。ゴールレスのまま終わるかと思われた90分に天野純が決勝ゴールを決め、0-1で勝利し再開初戦を白星で飾った。 中2日で同じ相手と対戦することになる横浜FM。ポステコグルー監督は、「3日後にまた同じチームと試合をするというのは不思議な気分」と語り、なかなか経験しない試合スケジュールについてコメント。それでも「自分たちは最初のゲームからの選手たちの疲れ具合や体調を見ながらやっていきたい。ちょっとメンバーを変えてやろうと考えている」と語り、25日の試合からメンバーを変更することを示唆した。 ただ試合については「アプローチとしては一緒。まずは自分たちのサッカーをやっていくこと。明日に向けてしっかり準備したい」と語り、戦い方を変えるつもりがないとした。 改善点については「再開初戦でやった相手との試合なので、特に変えていくことはない」と、1戦目と同じ形で入るとコメント。「もちろん簡単なゲームになるとは思っていない」とし、勝った相手とはいえ、上海上港を警戒した。 また「先ほどから言っている通り、自分たちのサッカーをすること、しっかり良い準備をして、ゲームの中でもコントロールしながらやっていきたい」と主導権を握る戦いをしたいとかたり、「良いゲームになることを望んで準備したい」と、連勝を飾りたいと意気込みを語った。 3日毎に試合が行われるという変則日程については、「1試合やった中でこっちに来て何日もたった。慣れている部分もあり、時差ボケで大変な思いをしたかもしれない」と環境面には徐々に慣れていっているとコメント。「それでも練習の環境であったり、この大会のスタッフの皆さんが良くしてくれて、何不自由なくやっている」と、ホスピタリティの面は何も問題がないことを強調した。 また、「その中で3日おきの試合がある中で、この大会は長い。自分たちのルーティーンをしっかり取りながらやっていくと思う」と、過密スケジュールでも、チームとしてのやり方を変えていくことはないとコメント。「長くなればなるほど、自分も海外での大会、試合の経験はあるので、そういった部分で変えていく可能性もある」とし、勝ち進んだ場合は多少の変化を加える可能性もあるとした。 2020.11.27 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「まずは裏を取る」決勝点につながるシュートを放った横浜FMのFW仲川輝人「チームで掴み取った勝利」

横浜F・マリノスのFW仲川輝人が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第3節で上海上港(中国)と対戦。0-1で勝利を収めた。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断し、今月18日からカタールでの集中開催で再開したACLの東地区。2月以来のACLとなった横浜FMは、カタールですでに2連勝を収めている上海上港と対戦した。 立ち上がりから横浜FMが主導権を握る展開で進む中、なかなかゴールが生まれず。後半に入っても横浜FMがペースを握る中、80分に松原健がボックス内で相手を倒しPK。しかし、元ブラジル代表MFオスカルのシュートを、GKオビ・パウエル・オビンナが防いでピンチをしのぐ。 このままゴールレスドローかと思われた中90分に高野遼のクロスを仲川輝人がヘッド。GKがセーブするも、こぼれ球を天野純が押し込み、土壇場で先制。そのまま勝利を収めた。 この試合で途中出場した仲川は積極的に裏をとる動きを見せていたが「相手も疲れてきていた時間だったので、自分の特徴であるスピードでまずは裏を取って、自分たちを押し上げるというか、相手陣内で自分たちがボールを回せれば、チャンスはできてくると思っていました」とし、相手陣内でプレー時間を伸ばすことでチャンスが来ると感じていたようだ。 その中でも仲川は「そういったプレーを心がけながら、チャンスがあればシュートを打っていく、中に飛び込んでいくことを意識しながらやっていました」とコメント。自身のシュートが最終的なゴールに繋がる為の意識があったと語った。 90分でのゴールで勝利した横浜FM。3連勝と勢いに乗れそうだが「ACLっていう本当に難しい戦いで今日もPKで先制されそうになりましたが、オビがPK止めてくれましたし、チームで掴み取った勝利だと思うので、まず再開初戦で勝てたことは本当に良いスタートを切れたと思います」とコメント。チームとして戦えていることをプラスに捉えた。 横浜FMは3試合を終えて3連勝でグループH首位に。次戦で上海上港に勝利するとグループステージ突破が決定する。 2020.11.26 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「チームとして乗れる」横浜FMの水沼宏太が途中出場の選手の活躍を喜ぶ「良い結果を報告できて良かった」

横浜F・マリノスのMF水沼宏太が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第3節で上海上港(中国)と対戦。0-1で勝利を収めた。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中断し、今月18日からカタールでの集中開催で再開したACLの東地区。2月以来のACLとなった横浜FMは、カタールですでに2連勝を収めている上海上港と対戦した。 立ち上がりから横浜FMが主導権を握る展開で進む中、なかなかゴールが生まれず。後半に入っても横浜FMがペースを握る中、80分に松原健がボックス内で相手を倒しPK。しかし、元ブラジル代表MFオスカルのシュートを、GKオビ・パウエル・オビンナが防いでピンチをしのぐ。 このままゴールレスドローかと思われた中90分に高野遼のクロスを仲川輝人がヘッド。GKがセーブするも、こぼれ球を天野純が押し込み、土壇場で先制。そのまま勝利を収めた。 この試合で先発出場した水沼は試合を振り返り「とにかく来て一発目の試合で勝つことができたのは、チームとして勢いをもたらす試合だったと思います」と再開初戦での勝利を喜んだ。 試合運びについては「相手が最後の方落ちてくることは連戦だったのでわかっていたので、途中から出た選手がパワーを持って、一発のチャンスを決めてくれたことはチームとして乗れます」と語り、途中出場の選手が結果を残したことを評価した。 また、「みんなが勝つという強い気持ちを持って臨んだ結果が出たのは本当に良かったので、日本で応援してくださる皆さんに良い結果を報告できて良かったと思います」とコメント。日本で応援するファンに勝利を届けられたことを喜んだ。 横浜FMは3試合を終えて3連勝でグループH首位に。次戦で上海上港に勝利するとグループステージ突破が決定する。 2020.11.26 10:37 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly