PSG早くも去年に並ぶ3敗目…ムバッペ2ゴールもモナコが後半3発で逆転勝利《リーグ・アン》

2020.11.21 08:09 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20日、リーグ・アン第11節のモナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が行われ、3-2でモナコが逆転勝利を収めた。今シーズンも相変わらず首位に立つPSG(勝ち点24)をホームに迎えた6位のモナコ(勝ち点17)。PSGはケガでブラジル代表を途中離脱していたFWネイマールがベンチ入り。FWモイゼ・ケアン、FWキリアン・ムバッペの2トップでスタートした。

◆PSGがまさかの3敗目、モナコが逆転勝利

立ち上がりから試合の主導権を握ったのは首位のPSGだった。3分、ボックス左からの折り返しにケアンが反応するも、GKヴィト・マノーネが体を投げ出して飛び出しシュートを打たせない。

互いにサイドを有効的に使った攻撃で相手ゴールに迫るも、守備陣が奮闘。なかなか決定的なシーンを作らせない。

それでも25分にPSGが最大の決定機。自陣からパスにDFと競り合いながらも抜け出したムバッペがボックス内に侵入しシュート。これが見事に決まり、PSGが先制に成功する。

先制したPSGは35分、ボックス内右からラフィーニャがクロス。その際にブロックに入ったユスフ・フォファナに倒されPKを獲得。これをムバッペが冷静に右隅に沈めて、PSGがリードを2点に広げて試合を折り返す。

2点ビハインドのモナコは、後半からDFフォデ・バロ=トゥーレ、FWウィレム・ジーベルズを下げて、DFカイオ・エンリケとMFセスク・ファブレガスを投入。すると一気に流れが変わる。

立ち上がりから猛攻を仕掛けるモナコは52分にジェ雨村・マルティンスがボックス内で粘りを見せると、最後はケビン・フォラントが落ちついて蹴り込み1点差とする。

PSGはアンヘル・ディ・マリアを下げて、60分からネイマールを投入。流れを引き戻しに行くが、66分に浮き球のパスに反応し完全に裏を取ったセスクが飛び出したGKケイロル・ナバスをあざ笑うタッチで折り返すと、フォラントが無人のゴールに押し込み同点とする。

追いつかれたPSGはここから猛攻。モナコも負けじと反撃すると74分にビッグチャンス。ボックス内でフォラントが粘りを見せるとDFのクリアボールが跳ね返りセスクへ。ゴール目前でラッキーパスを受けたセスクだったが、シュートをふかしてしまい逆転とはならない。

それでも81分、ボックス右でアブドゥ・ディアロがなんてことないボールをコントロールミス。プレスをかけに行っていたフォラントに奪われると、体を掴んで倒してしまう。このシーンではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入するが、ディアロは一発退場。PKを得たモナコはセスクがしっかりと決めて逆転に成功。そのまま逃げ切り、モナコがPSGを下した。

PSGはこれでシーズン3敗目。シーズン途中終了となった昨季の負け数に早くも並ぶ異例のスピードで黒星を記録している。

モナコ 3-2 パリ・サンジェルマン
【モナコ】
ケビン・フォラント(後7、後20)
セスク・ファブレガス(後39[PK])
【PSG】
キリアン・ムバッペ(前25、前37[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

ベルギーのテクニシャン、カラスコがモナコでプロ初ゴールを決め、初々しい笑顔を見せる【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ・カラスコがプロデビューを飾ったモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カラスコの初々しい笑顔<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJTjN6NWVVMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成とスカウトの名門ヘンクの下部組織で育ったカラスコは、モナコに引き抜かれ、2012年に同クラブでプロデビュー。才能を開花させ、2015年にアトレティコへ移籍している。 モナコでは、公式戦103試合に出場し20ゴールを記録したカラスコだが、2013年10月5日に行われたリーグ・アン第9節のサンテチェンヌ戦では、記念すべきプロ初ゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、左ウイングで先発出場を果たしたカラスコは、MFハメス・ロドリゲスのスルーパスに抜け出し、フリーでボックス左に侵入すると、GKとの1対1を制し、冷静に左足で流し込み、プロ初ゴールを決めた。 試合はカラスコのゴールで主導権を握ったモナコが、2-1で勝利している。 2020.11.26 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

18歳のアンリが角度のない位置から叩き込んだ華麗なプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がモナコで決めたプロキャリア最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アンリが角度のない位置から決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0MFJiOGFuYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アーセナルのレジェンドとしてクラブの歴史に名を残すアンリ氏。シュート・スピード・テクニックとどれをとっても一流のアンリ氏は、4度のプレミアリーグ得点王に輝いた。 そんなアンリ氏が、プロキャリアを始めたのはモナコ。当時のモナコ指揮官アーセン・ヴェンゲル氏に抜擢され、1995年4月29日に行われたリーグ・アン第34節RCランス戦では、プロ初ゴールを決めている。 1-0とモナコリードの26分、鋭い加速でパスに抜け出したアンリがボックス内に入ると、飛び出してきたGKの手前でボールにタッチし、華麗にかわす。ゴール左、ラインギリギリの位置で体の向きを直すと、右足でシュート。角度のほとんどない位置からの正確なシュートはゴール右サイドネットに吸い込まれ、見事なゴールとなった。 これがプロ初ゴールとなったアンリ。直後には早速2ゴール目を決め、6-0で勝利したチームに貢献している。 2020.11.22 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGに大逆転勝利のモナコ、原動力となったセスクは「勝つ方法を知っていた」

パリ・サンジェルマン(PSG)相手に大逆転勝利を収めたあと、モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが試合を振り返った。 20日に行われたリーグ・アン第11節、モナコは8連勝中のPSGとホームで対戦した。2連勝中のモナコだったが、前半だけでFWキリアン・ムバッペに2点を奪われる苦しい展開に。 <div id="cws_ad">◆PSGがまさかの3敗目、モナコが逆転勝利<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=186xgzbq6elp51mvqewtqr3fr8" async></script></div> しかし、後半からセスクを含めた2枚の交代カードを切ると、52分にFWケビン・フォラントのゴールで1点差に。65分には味方のクロスに飛び込んだセスクのアシストをフォラントが押し込んで同点に追いついた。 そして84分、高い位置でディアロからボールを奪ったフォラントがそのディアロに倒されPKを獲得。これをセスクが決めて、2点差から大逆転勝利を収めた。 その原動力となったセスクは試合後、フランス『Telefoot』の取材で「勝つ方法を知っていた」とコメント。相手の過密日程が逆転の鍵になったと話している。 「(ハーフタイム中に)1点を返せばPSGにプレッシャーをかけられると期待していた。彼らに火曜日(24日)にライプツィヒ(チャンピオンズリーグ)とのタフな試合が控えていることはわかっていたからね。だから後半は彼らのプレスが弱まると予想していたんだ」 「そういう試合の進め方を僕は知っている。その経験もあるしクオリティもある。冷静に機会を伺っていたんだ。今日の僕のプレーは(勝利に)不可欠なものだった」 「ほとんどの選手が代表から帰ってきたばかりで、PSGにとってはかなり難しい試合だっただろうね。これで火曜日の試合も負けたらベスト16進出は厳しくなる。おそらく、多少なりとも彼らの頭の中は火曜日に向いていたのだろう。そういう隙を僕らは突けたんだ」 2020.11.21 15:34 Sat
twitterfacebook
thumb

コンドグビア砲がアーセナルを粉砕!パワフルな一撃にオスピナ呆然…【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアトレティコ・マドリーの中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コンドグビアがアーセナル相手に決めたパワフルな一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBYXBSZWgwNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ランスでキャリアをスタートさせたコンドグビアは、セビージャやモナコで頭角を現すと、インテルやバレンシアに加入。今季から活躍の場をアトレティコ・マドリーに移している。 守備力と攻撃力を兼ね備えたMFとして活躍するコンドグビアだが、モナコ時代の2015年2月25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・アーセナルとの1stレグでは、素晴らしいゴールを決めている。 0-0で迎えた38分、相手陣内中央付近でコンドグビアがボールを持つと、左足を一振り。パワフルなシュートはDFペア・メルテザッカーに当たり、ディフレクトしながらもゴールに吸い込まれ、見事な先制点となった。 これには相手GKのダビド・オスピナも反応できず、呆然として地面に倒れてしまった。このゴールで勢いに乗ったモナコが3-1で1stレグを制している。 2020.11.19 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ミートする瞬間までボールから目を離さない元フランス代表FWジュリ氏のジャンピングボレーシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月19日にご紹介するのは、元フランス代表FWのリュドヴィク・ジュリ氏が今から約17年前に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆モナコのレジェンド、ジュリが小さな体から大胆ジャンピングボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNYVY2aHdqayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 身長164cmのジュリ氏が小さな体から全身のバネを駆使したようなジャンピングボレーシュート。躍動感あふれる爽快なゴールです。 ◆最後までボールから目を離さない 小柄ながら卓越したアジリティとテクニックを生かしたドリブル突破、正確なクロス、フィニッシュを武器にしていたジュリ氏。モナコでは優れたリーダーシップを発揮し、キャプテンを務めた2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝などに貢献しました。 そのシーズンの2003年11月22日に行われたリーグ・アン第14節のRCランス戦でも、見事なゴールを決めています。 0-0で迎えた58分、モナコは敵陣ボックス内へ侵攻するも、相手DF二人につかれたFWエマヌエル・アデバヨールがボックス外にいたMFジェローム・ロタンへと渡します。 ロタンがこれをダイレクトでクロスを上げると、ファーサイドで構えていたジュリが思い切りジャンプしながら渾身のジャンピングボレーシュートを放ちます。完全に捉えたシュートには、相手GKシャルル・イタンジュも成す術なく、ゴールネットを揺らしました。 クロスボールは、恐らく自身のベルトの位置よりも高いボールでしたが、ジュリ氏は最後までボールから目を離しておらず、完璧に捉えていました。 2020.11.19 07:00 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly