PSG早くも去年に並ぶ3敗目…ムバッペ2ゴールもモナコが後半3発で逆転勝利《リーグ・アン》

2020.11.21 08:09 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20日、リーグ・アン第11節のモナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が行われ、3-2でモナコが逆転勝利を収めた。今シーズンも相変わらず首位に立つPSG(勝ち点24)をホームに迎えた6位のモナコ(勝ち点17)。PSGはケガでブラジル代表を途中離脱していたFWネイマールがベンチ入り。FWモイゼ・ケアン、FWキリアン・ムバッペの2トップでスタートした。

◆PSGがまさかの3敗目、モナコが逆転勝利

立ち上がりから試合の主導権を握ったのは首位のPSGだった。3分、ボックス左からの折り返しにケアンが反応するも、GKヴィト・マノーネが体を投げ出して飛び出しシュートを打たせない。

互いにサイドを有効的に使った攻撃で相手ゴールに迫るも、守備陣が奮闘。なかなか決定的なシーンを作らせない。

それでも25分にPSGが最大の決定機。自陣からパスにDFと競り合いながらも抜け出したムバッペがボックス内に侵入しシュート。これが見事に決まり、PSGが先制に成功する。

先制したPSGは35分、ボックス内右からラフィーニャがクロス。その際にブロックに入ったユスフ・フォファナに倒されPKを獲得。これをムバッペが冷静に右隅に沈めて、PSGがリードを2点に広げて試合を折り返す。

2点ビハインドのモナコは、後半からDFフォデ・バロ=トゥーレ、FWウィレム・ジーベルズを下げて、DFカイオ・エンリケとMFセスク・ファブレガスを投入。すると一気に流れが変わる。

立ち上がりから猛攻を仕掛けるモナコは52分にジェ雨村・マルティンスがボックス内で粘りを見せると、最後はケビン・フォラントが落ちついて蹴り込み1点差とする。

PSGはアンヘル・ディ・マリアを下げて、60分からネイマールを投入。流れを引き戻しに行くが、66分に浮き球のパスに反応し完全に裏を取ったセスクが飛び出したGKケイロル・ナバスをあざ笑うタッチで折り返すと、フォラントが無人のゴールに押し込み同点とする。

追いつかれたPSGはここから猛攻。モナコも負けじと反撃すると74分にビッグチャンス。ボックス内でフォラントが粘りを見せるとDFのクリアボールが跳ね返りセスクへ。ゴール目前でラッキーパスを受けたセスクだったが、シュートをふかしてしまい逆転とはならない。

それでも81分、ボックス右でアブドゥ・ディアロがなんてことないボールをコントロールミス。プレスをかけに行っていたフォラントに奪われると、体を掴んで倒してしまう。このシーンではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入するが、ディアロは一発退場。PKを得たモナコはセスクがしっかりと決めて逆転に成功。そのまま逃げ切り、モナコがPSGを下した。

PSGはこれでシーズン3敗目。シーズン途中終了となった昨季の負け数に早くも並ぶ異例のスピードで黒星を記録している。

モナコ 3-2 パリ・サンジェルマン
【モナコ】
ケビン・フォラント(後7、後20)
セスク・ファブレガス(後39[PK])
【PSG】
キリアン・ムバッペ(前25、前37[PK])
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャで大ブレイクのウインガー、オカンポスがモナコで決めたリーグ・アン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのアルゼンチン代表FWルーカス・オカンポスがモナコで決めたリーグ・アン初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オカンポスのリーグ・アン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHS0w1M3FVYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでプロデビューを飾ったオカンポスは、2012年夏に当時フランス2部のモナコに加入。主力として活躍し、チームのリーグ・アン昇格に貢献した。 モナコでは公式戦96試合で15ゴールを記録したオカンポスだが、その記念すべきリーグ・アン初ゴールは、2013年10月5日に行われたリーグ・アン第9節のサンテチェンヌ戦で決めたゴールだった。 前半にMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで先制したモナコだが、後半早々に同点に追いつかれる。しかし、82分にカラスコに代わってオカンポスがピッチに立つと、直後の87分、ボックス手前右でボールを受けたMFハメス・ロドリゲスがクロスを上げる。GKとDFの間を通る絶妙なボールにファーポストに走り込んだオカンポスが合わせ、劇的な勝ち越しゴールを決めた。 このゴールで2-1としたモナコが、そのまま試合に勝利している。 2020.12.29 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスの点取り屋、ダビド・トレゼゲがブレイクのきっかけを掴んだモナコで決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWダビド・トレゼゲ氏がモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆稀代の点取り屋、トレゼゲのプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwbkVrNzZWUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代にストライカーとしてモナコやユベントス、フランス代表で活躍したトレゼゲ氏は、キャリア通算265ゴールをマーク。ユベントスでは10年間で171ゴールを挙げ、外国人選手における最多得点者となっている。また、フランス代表では自国開催の1998年ワールドカップと、ユーロ2000で優勝メンバーの一員となっていた。 ゴールへの嗅覚に優れた点取り屋として活躍したトレゼゲ氏だが、ブレイクのきっかけを掴んだモナコでは、公式戦123試合で62ゴールをマーク。その記念すべきモナコ初ゴールは、1997年9月5日に行われたリーグ・アン第6節のカンヌ戦で決めたゴールだった。 1-1の同点で迎えた83分、左サイドからパスを受けた味方がボックス左の角付近でボールを持つと、低い弾道のクロスを上げる。このクロスをゴール前に走り込んだトレゼゲが頭で合わせると、シュートは相手DFにディフレクトしつつもゴール右に決まり、待望の勝ち越しゴールが決まった。 トレゼゲのゴールで2-1としたモナコがそのまま逃げ切り、勝利を収めている。 2020.12.20 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モロッコのサイドアタッカー、ディラルが決めた、浮き上がるような強烈なシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフェネルバフチェのモロッコ代表MFナビル・ディラルがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ディラルの浮き上がるような弾丸シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBSE42aXdxUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベルギーリーグでキャリアをスタートさせたディラルは、2012年1月にクラブ・ブルージュからモナコに加入。主力選手として活躍を見せた。 モナコでは、公式戦167試合に出場し、12ゴール33アシストを記録したディラルだが、2013年2月25日に行われたリーグ・ドゥ第26節のRCランス戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた38分、モナコが中央突破からチャンスを作ると、MFムニル・オバディからのパスを、ディラルがボックス内で受け、コンパクトな振りからシュートを放つ。右足で放たれた強烈なシュートは、浮き上がるような弾道でニアポストの上部を抜き、見事な先制点となった。 試合は、その後両チームに得点が生まれたが、モナコがリードを守り、2-1で勝利している。 2020.12.17 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

コロンビアのスター、ハメス・ロドリゲスのモナコ初ゴールは美しい直接FK弾!【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はエバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コロンビアの天才・ハメスの技ありFK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJES1RaaWxBeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くして加入したポルトで頭角を現したハメス・ロドリゲスは、2013年夏に、新オーナーの下で積極補強を行っていたモナコに移籍。エース級の活躍を見せ、翌年レアル・マドリーに引き抜かれている。 抜群のテクニックで、ゴールに絡むプレーを得意とするハメス・ロドリゲスだが、その記念すべきモナコでの初ゴールは、2013年11月30日に行われたリーグ・アン第15節のスタッド・レンヌ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた20分、ボックス手前、やや右でモナコがFKを獲得すると、ハメス・ロドリゲスが低い弾道の鋭いシュートを蹴り込む。壁を大外から避けてカーブするシュートは、ゴール左に決まり、見事な先制点を挙げた。 低い弾道のシュートが上手く壁に隠れており、相手GKは全く動けず。お手上げといった仕草を見せている。試合はその後追加点を奪ったモナコが2-0で勝利している。 2020.12.16 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! “エル・ティグレ”ファルカオが見せた相手の意表を突く超ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月12日にご紹介するのは、今から3年前にコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ファルカオが見せた相手の意表を突く超ロングシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtSkhLMmF5QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 相手の意表を突くロングシュート。中々決めることが難しいシュートですが、その分決めたときの興奮が大きいゴールです。 ◆“エル・ティグレ” 名門リーベル・プレートで名を上げ、ヨーロッパへ移籍してからはポルトやアトレティコ・マドリーでゴールを量産し、2013年にモナコへ移籍したファルカオ。その類稀な得点能力は、対戦相手にとって常に脅威であり、“エル・ティグレ(スペイン語で虎の意)”の異名を持つ典型的な9番タイプのストライカーです。 ボックス内での決定力が強みですが、2017年12月12日のクープ・ドゥ・ラ・リーグ、ラウンド16のカーン戦では、相手の意表を突く超ロングシュートも記録しています。 1-0とモナコがリードする展開の中迎えた85分、センターサークル付近で味方のボールを受けたファルカオは、反転しながら素早く相手GKの位置を確認すると、素早い振りでロングシュート。完全に意表を突かれた相手GKは慌ててゴールマウスへ走るも、ファルカオのシュートは少しカーブしながらゴールの中央へと吸い込まれていきました。 ボックスの外からでも相手の脅威になり得ることを示したファルカオ。モナコでは公式戦140試合に出場し、83ゴールをマークしています。 2020.12.12 07:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly