トルコの点取り屋、トスンがシティ相手にもぎ取ったパレス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

2020.11.21 22:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。今回はエバートンのトルコ代表FWジェンク・トスンがクリスタル・パレスで決めた最初のゴールだ。

◆トスンがシティ戦で決めたパレス初ゴール


2018年1月にベシクタシュからエバートンに加入したトスンは、いきなりの活躍を見せたものの、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの台頭もあり、控えに甘んじている。

2019-20シーズンの後半戦は、レンタル移籍でクリスタル・パレスに加入していたトスンだが、その記念すべき初ゴールは、2020年1月18日に行われた、プレミアリーグ第23節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。

0-0で迎えた39分、右コーナーキックのチャンスをパレスが得ると、クロスがファーポストで待つDFギャリー・ケイヒルへ。ケイヒルがこのボールを頭で折り返すと、トスンがゴール右でさらに頭で合わせ、見事な先制点を挙げた。

試合は2-2で終了し、パレスが競合相手に貴重な勝ち点1を手にしている。
コメント
関連ニュース
thumb

爆発的な加速と決定力!18歳のベイルが決めたトッテナムでの初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はウェールズ代表FWガレス・ベイルがトッテナムで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆若き日のベイルが決めたトッテナム初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRWERqNVFqVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サウサンプトンユース出身のベイルは、2007年にトッテナムに加入。世界屈指のアタッカーへと成長し、2013年夏にレアル・マドリーに引き抜かれている。 大ブレイクを果たしたトッテナムでは、公式戦203試合56ゴールという数字を残し、今シーズンはレンタルでトッテナムに復帰しているベイルだが、その記念すべき初ゴールは、2007年9月1日に行われたフルアム戦で決めたゴールだった。 2-1とトッテナムがリードして迎えた61分、センターサークル内でボールを受けたFWロビー・キーンが、左サイドを駆け上がるベイルの前のスペースにスルーパスを出す。 爆発的な加速で相手DFを寄せ付けずに抜け出したベイルは、そのままボックス内に侵入すると、左足で相手GKの裏をかくニアポストにシュートを放ち、見事なゴールを決めた。 このゴールで3-1とリードを2点に広げたトッテナム。しかし終盤に失点を許し、試合は3-3のドローに終わっている。 2020.11.29 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン期待の逸材FWザークツィーがデビュー戦ファーストタッチで記録したプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィーがバイエルンで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ザークツィー衝撃のプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5ZzF2UWhhUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2017年夏に母国のフェイエノールトユースからバイエルンの下部組織に引き抜かれたザークツィー。順調にアンダーカテゴリーを進むと、2019年にファーストチームデビューを飾った。 2019年12月18日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦がプロデビュー戦となったザークツィーだが、デビュー戦でいきなり初ゴールを決めている。 1-1と同点のまま迎えた90分、途中交代でザークツィーがピッチに立つ。すると直後の92分、ボックス手前でボールを持ったFWセルジュ・ニャブリのパスを受けたザークツィーが、ファーストタッチでGKの股を通すゴールを決めてみせた。 デビュー戦2分のファーストタッチでプロ初ゴールを決めるという離れ業をやってのけたザークツィー。決勝点となる勝ち越し弾を決め、チームの勝利に貢献している。 2020.11.28 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギーのテクニシャン、カラスコがモナコでプロ初ゴールを決め、初々しい笑顔を見せる【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニク・フェレイラ・カラスコがプロデビューを飾ったモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カラスコの初々しい笑顔<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJTjN6NWVVMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成とスカウトの名門ヘンクの下部組織で育ったカラスコは、モナコに引き抜かれ、2012年に同クラブでプロデビュー。才能を開花させ、2015年にアトレティコへ移籍している。 モナコでは、公式戦103試合に出場し20ゴールを記録したカラスコだが、2013年10月5日に行われたリーグ・アン第9節のサンテチェンヌ戦では、記念すべきプロ初ゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、左ウイングで先発出場を果たしたカラスコは、MFハメス・ロドリゲスのスルーパスに抜け出し、フリーでボックス左に侵入すると、GKとの1対1を制し、冷静に左足で流し込み、プロ初ゴールを決めた。 試合はカラスコのゴールで主導権を握ったモナコが、2-1で勝利している。 2020.11.26 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリアの未来を担う若手DFバストーニのインテル初ゴールは豪快ヘディング弾【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニがインテルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バストーニのインテル初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxeWZrZUJsOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 育成の名門アタランタで育ったバストーニは、2017年夏に若くしてインテルに移籍。レンタルを経た2019-20シーズンからインテルに復帰し、イタリアの次代を担う存在として期待されている。 恵まれた体格を活かした守備に加え、足元の技術も持つバストーニは、攻守で存在感を発揮しているが、2020年1月19日に行われたセリエA第20節のレッチェ戦では、インテル初ゴールとなる豪快なゴールを決めている。 0-0のまま迎えた71分、左サイドからDFクリスティアーノ・ビラギがボックス内にクロスを上げる。このボールにバストーニがニアポストに走り込むと、豪快なヘディングを叩き込み、見事なインテル初ゴールを挙げた。 バストーニのゴールで先制に成功したインテルだったが、直後に追いつかれ、1-1のドローに終わっている。 2020.11.24 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

18歳のアンリが角度のない位置から叩き込んだ華麗なプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がモナコで決めたプロキャリア最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アンリが角度のない位置から決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0MFJiOGFuYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アーセナルのレジェンドとしてクラブの歴史に名を残すアンリ氏。シュート・スピード・テクニックとどれをとっても一流のアンリ氏は、4度のプレミアリーグ得点王に輝いた。 そんなアンリ氏が、プロキャリアを始めたのはモナコ。当時のモナコ指揮官アーセン・ヴェンゲル氏に抜擢され、1995年4月29日に行われたリーグ・アン第34節RCランス戦では、プロ初ゴールを決めている。 1-0とモナコリードの26分、鋭い加速でパスに抜け出したアンリがボックス内に入ると、飛び出してきたGKの手前でボールにタッチし、華麗にかわす。ゴール左、ラインギリギリの位置で体の向きを直すと、右足でシュート。角度のほとんどない位置からの正確なシュートはゴール右サイドネットに吸い込まれ、見事なゴールとなった。 これがプロ初ゴールとなったアンリ。直後には早速2ゴール目を決め、6-0で勝利したチームに貢献している。 2020.11.22 12:00 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly