代表戦で負傷のセルヒオ・ラモスが右ハムストリングの裂傷で最大2週間の離脱へ…

2020.11.20 03:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは19日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの負傷を報告した。

セルヒオ・ラモスは、17日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦(6-0で勝利)に先発出場。だが、前半終了間際に右足を痛めて43分に負傷交代を強いられていた。

クラブの声明によると、同日に行われた検査の結果、セルヒオ・ラモスの右ハムストリングに筋肉の裂傷が見つかったとのこと。

なお、クラブは具体的な治療期間は明かしていないものの、スペイン『アス』は10日~2週間の離脱と伝えており、21日に行われるラ・リーガ第10節のビジャレアル戦と25日に行われるチャンピオンズリーグ・グループB第4節のインテル戦は欠場する見込みだ。

現在マドリーでは、DFダニエル・カルバハル、DFナチョ・フェルナンデス、DFアルバロ・オドリオソラと最終ラインに負傷者が続出中。さらにフランス代表に参加していたDFラファエル・ヴァランも17日のUEFAネーションズリーグのスウェーデン代表戦でハムストリングの違和感を訴えており、現時点で負傷の程度は不明だが、数試合を欠場する可能性が出てきている。

コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルがレアルの“神童”MFウーデゴールをレンタルで獲得

アーセナルは27日、レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)のレンタル移籍での加入を発表した。 契約期間はシーズン終了までとなる。なお、背番号は「11」を着用する。 ウーデゴールは、15歳でノルウェー代表としてデビューを果たし、“神童”として多くの注目を集めた中、2015年1月にレアル・マドリー・カスティージャへと加入した。 ジネディーヌ・ジダン監督の下で2017年1月に正式にファーストチームに昇格すると、その後はヘーレンフェーンやフィテッセ、レアル・ソシエダへのレンタル移籍を経験する。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmTWtOeFRtRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ソシエダでは、2019-20シーズンは公式戦36試合に出場し7ゴール9アシストと飛躍。その活躍もあり今シーズンはマドリーでのプレーとなったが、ここまでラ・リーガで7試合、チャンピオンズリーグで2試合の出場に終わっており、出場機会を求めてレンタル移籍を希望していた。 アーセナルは、長らくゲームメーカーとしてプレーした元ドイツ代表MFメスト・エジルが構想外となり、1月にフェネルバフチェへと移籍。攻撃の新たなカードとしてウーデゴールの獲得に動いていた。 2021.01.27 20:44 Wed
twitterfacebook
thumb

神業回転トラップ!レアルの絶対的ストライカー、ベンゼマが見せた極上スキル【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 カリム・ベンゼマ(当時30歳) 国籍:フランス 所属:レアル・マドリー ポジション:FW 身長:184cm 2009年夏にリヨンから加入したベンゼマだが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍した2018年夏以降、新たなるゴールゲッターとしての地位を確立させている。 【試合詳細】 日程:2018年11月11日 大会:ラ・リーガ第12節 対戦相手:セルタ 時間:前半23分(0-0) <div id="cws_ad">◆反転しながらの神業ファーストタッチ<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNcUs5cjNQSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ゴールレスで迎えた前半23分、ベンゼマはMFルカ・モドリッチの浮き球に反応し、相手ディフェンスの裏へ抜けだす。ベンゼマはこれを背走しなら、トラップと同時にターン。完璧なファーストタッチとなり、相手GKセルヒオ・アルバレスとの1対1を冷静に制した。 今シーズンのベンゼマもここまで公式戦24試合に出場して15ゴール5アシストと得点源としてチームをリードする活躍を見せている。 2021.01.27 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト復帰後76分間で3ゴールのヨビッチ「自分がどれだけ優れているかは知っている」

フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、古巣での再挑戦に自信を見せた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヨビッチは2017年夏から2年間在籍したフランクフルトで、公式戦通算75試合36ゴール9アシストをマーク。この活躍に注目したレアル・マドリーへ、2019年夏に6000万ユーロ(現レートで約76億円)の移籍金で加入した。 しかし、マドリーではまったく存在感を発揮できず、今シーズンは公式戦わずか4試合の出場のみ。ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れたヨビッチは、1月にレンタル移籍でフランクフルトへと復帰した。 ドイツの地に戻ったヨビッチは、ブンデスリーガ3試合に出場。すべて途中出場であり、ここまで76分間しかピッチに立っていないものの、既に3ゴールをマークし、マドリー時代のゴール数を超えている。この今までの鬱憤を晴らすかのような活躍について、本人も自信を取り戻している様子。同時に、スペインで活躍できなかった理由についても語っている。 「僕はここで何かを証明する必要はない。自分がどれだけ優れているかは、既に知っているからね。僕は、誰からも評価されるべき選手だ」 「ジダンは監督としても人としても驚異的だったよ。でも、スペイン語では彼と上手くコミュニケーションができなかったんだ。(フランクフルトの指揮官である)アディ・ヒュッターとは英語で会話できるから、よりコミュニケーションが簡単だね」 「マドリーでは、ケガや個人的な問題があり、何かと不運だった。そのせいで、あまりプレー時間も貰えなかったね。しかも、マドリーでは特別なプレッシャーがあり、これまでと違ったプレーも求められたんだ。だから、ここへの移籍は正解だったと思う」 また、ヨビッチはチームメイトであるFWアンドレ・シウバとのコンビについても言及。同時に、チャンピオンズリーグ(CL)出場は可能だと話したアンドレ・シウバの意見に同調している。 「(アンドレ・シウバとの相性について) 判断するのはまだ早いよ。でも、時間と共によくなると思う。いずれにしても、アンドレはスーパーな男だ」 「アンドレのCLについての意見は正しいよ。このままプレーを続けていけば、僕たちにはチャンスがあるはずだ。僕はマドリーでのトレーニングを経てより成熟したと思うし、このチームのクオリティは上がっている。だから、CLの夢を持つのは現実的な目標さ」 2021.01.27 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダンがキラーターンで相手DFを翻弄!現役時代の“マエストロ”の巧さが凝縮したスーパーゴール【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 ジネディーヌ・ジダン(当時32歳) 国籍:フランス 所属:レアル・マドリー ポジション:MF 身長:185cm ボルドーで頭角を現したジダンは、ユベントスでブレイク。スターダムを駆け上がると、2001年に“銀河系軍団”の一員として、レアル・マドリーに加入し、現役を引退するまで同クラブでプレー。攻撃的MFとして、味方のチャンスを演出する天才的なパスと自らも得点を挙げる決定力を武器に、芸術的なプレーでファンを魅了した。 【試合詳細】 日程:2005年2月5日 大会:ラ・リーガ第22節 対戦相手:エスパニョール 時間:前半12分(0-0) <div id="cws_ad">◆ジダンのキラーターン<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJESHNpYVBGSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ホームにエスパニョールを迎えた、レアル・マドリー。序盤からジダンがいきなり魅せる。 自陣からMFデイビッド・ベッカムの正確なサイドチェンジのボールを、敵陣の左サイドに張っていたジダンが受ける。 完璧なトラップで簡単にボールをコントロールすると、ドリブルで相手ボックス左端まで侵入。細かいカットインで、ハーフスペースを得ると、シュート体勢に入った。 しかし、相手DFがブロックしようと足を伸ばした絶妙のタイミングでキックフェイントによるキレのあるターン。完全にバランスを崩された相手DFは尻モチを突き、フリーになったジダンが左足で豪快なシュートを放つ。強烈なシュートはGKのニアポストを抜き、見事なゴールとなった。 2021.01.27 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

あのチームでCLを共に闘った監督が3名! 選手としてもCLで活躍した名将たち!

世界最高峰のサッカーが楽しめるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)。ラウンド16は2月に再開する。 グループステージを勝ち抜いた16チームは、対戦カードも決定。昨年王者のバイエルンやファイナリストであるパリ・サンジェルマン(PSG)もしっかりと勝ち残っている。 一方で、1999-2000シーズン以来のラツィオや1977-78シーズン以来のボルシアMGなど久々に決勝トーナメントに進出したクラブもある。 そんな中、16チーム中3チームの監督がグループステージ終了後からラウンド16までの間に解任。れは、ドルトムントのルシアン・ファブレ監督、PSGのトーマス・トゥヘル監督、そしてチェルシーのフランク・ランパード監督だ。 リーグ戦での結果がついてこなかったチームの指揮官が解任されているが、今回は監督にフォーカス。選手としてもCLで活躍した監督を紹介したい。 <span class="paragraph-title">◆シモーネ・インザーギ監督/ラツィオ</span> CL通算:31試合15ゴール1アシスト 選手時代最高成績:ベスト8 現役時代はセリエAのクラブでプレーを続けたインザーギ監督。兄のフィリッポ・インザーギはよく知られているが、弟のシモーネも選手時代にCLを戦っている。 ラツィオは1999-2000シーズン以来の決勝トーナメント進出となったが、そのシーズンは主軸としてプレー。11試合に出場し9ゴールを記録していた。 CL通算31試合に出場し15ゴール1アシスト。指揮を執るラツィオで全ての試合に出場した。 <span class="paragraph-title">◆セルジオ・コンセイソン監督/ポルト</span> CL通算:37試合2ゴール4アシスト 選手時代最高成績:ベスト4 ポルトガルやイタリアのクラブを中心に現役時代を過ごしたセルジオ・コンセイソン監督は、3つのクラブでCLに出場経験がある。 右サイドを主戦場としたセルジオ・コンセイソン監督は、2002-03シーズンはベスト4に進出。このシーズンは12試合に出場し2アシストを記録。ミランとの準決勝で2試合とも引き分けたが、アウェイゴール差で敗退となった。 また、前述のインザーギ監督と同じ1999-2000シーズンはラツィオの一員として9試合プレーしている。 <span class="paragraph-title">◆ジョゼップ・グアルディオラ監督/マンチェスター・シティ</span> CL通算:46試合1ゴール5アシスト 選手時代最高成績:優勝(チャンピオンズカップ時代) 言わずと知れたバルセロナの名手。その他、ブレシア、ローマとセリエAでもプレーした。 CLではバルセロナ時代に6度、ローマ時代に1度出場しているが、優勝の経験はない。しかし、1991-92シーズンのチャンピオンズカップ時代には主軸としてプレーし優勝を経験している。 1993-94シーズンはCLになってから初の決勝進出。しかし、ミラン相手に4-0で完敗を喫し優勝を逃していた。 監督としては2度のCL制覇を果たしているが、シティで初の戴冠なるか。 <span class="paragraph-title">◆ディエゴ・シメオネ監督/アトレティコ・マドリー</span> CL通算:37試合6ゴール3アシスト 選手時代最高成績:ベスト8 シメオネ監督は、アトレティコ・マドリー、インテル、そしてラツィオで合計5度のCL出場を果たしている。 アトレティコのイメージが非常に強くなっているが、最もCLに出場したのはラツィオ時代だった。 インザーギ監督、セルジオ・コンセイソン監督と同様に、1999-2000シーズンのラツィオのベスト8に貢献していた。 その他、1996-97シーズンはアトレティコ・マドリーでベスト8、1998-99シーズンはインテルでベスト8を経験。選手としては3度のベスト8を経験している。 なお、監督としては2013-14シーズン、2015-16シーズンとアトレティコを2度決勝に導いているが、どちらもレアル・マドリー相手に敗れて優勝を逃している。 <span class="paragraph-title">◆アンドレア・ピルロ監督/ユベントス</span> CL通算:108試合8ゴール16アシスト 選手時代最高成績:優勝(2回) ピルロ監督は、インテル、ミラン、ユベントスの3クラブでCLに出場。通算で100試合以上に出場している。 ミラン時代には2002-03シーズン、2006-07シーズンの2度優勝を経験。2004-05シーズンは決勝まで進出も、リバプール相手に敗れて準優勝。イスタンブールの奇跡として知られる名勝負の敗者となった。 ユベントス時代には2014-15シーズンに決勝へ進出するも、バルセロナ相手に敗戦。4度の決勝を経験しているが、監督としての1年目でどこまで勝ち進めるだろうか。 <span class="paragraph-title">◆ロナルド・クーマン監督/バルセロナ</span> CL通算:52試合13ゴール3アシスト 選手時代最高成績:優勝(2回)※チャンピオンズカップ時代を含む クーマン監督は、フローニンヘン、アヤックス、PSV、バルセロナ、フェイエノールトで現役時代を過ごした。 チャンピオンズカップとチャンピオンズリーグのどちらにも出場した経験があるクーマン監督。チャンピオンズカップ時代の1987-88シーズンにPSVで、1991-92シーズンにバルセロナで優勝を果たしており、バルセロナではグアルディオラ監督と共に優勝していた。 チャンピオンズリーグでは1993-94シーズンは決勝まで勝ち進むも、ミランを相手に4-0で完敗を喫し優勝をならず。しかし、このシーズンはCLで8ゴールを記録する活躍を見せていた。 古巣の監督に就任し初のシーズン。2014-15シーズン以来のCL制覇に導けるだろうか。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3WUVXTGNKVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> <span class="paragraph-title">◆ジネディーヌ・ジダン監督/レアル・マドリー</span> CL通算:80試合14ゴール32アシスト 選手時代最高成績:優勝(1回) ラストはジネディーヌ・ジダン監督だ。選手としてはカーン、ボルドー、ユベントス、レアル・マドリーでプレー。意外にもCLは1度しか優勝していない。 唯一の優勝は2001-02シーズン。かの有名なボレーが生まれたレバークーゼンとの決勝で、ジダンのゴールで優勝を成し遂げていた。 ユベントス時代にも2度決勝に出場しているが、ドルトムント、レアル・マドリーの前に敗れている。 そして、何よりも特筆すべきは監督としてのキャリアだ。 ご存知の通り、第一次政権時の2015-16シーズンから2017-18シーズンまでの3連覇を達成。監督として4度目のCL制覇なるだろうか。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2WEZ4ZHBqcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.01.26 22:40 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly