東地区がカタール集中開催で再開! FC東京と同組の上海申花がパース・グローリーに競り勝つ《ACL2020》

2020.11.18 21:02 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF第1節、パース・グローリー(オーストラリア)vs上海申花(中国)が18日にカタールで開催され、上海申花が1-2で勝利した。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年2月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経てカタールでの集中開催での再開が決定した。

その異例の再開初戦ではFC東京と同居するグループFのパース・グローリーと上海申花が対戦した。

試合は早い時間帯に動く。7分、上海申花は左サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪って縦に速い攻撃を仕掛けていくと、ボックス左でジュ・ジェンロンがグラウンダーで折り返したボールをゴール前に走り込んだペン・シンリが左足のダイレクトシュートで右隅に流し込んだ。

早い時間帯に先制を許したパース・グローリーはここから反撃に転じていくが、相手を押し込むものの、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。

すると、前半半ばから終盤にかけては上海申花が序盤から機能していた左サイドを起点に幾度か惜しい場面を作り出す。そして、38分にはペン・シンリとの鮮やかなパス交換でボックス左に侵入したユー・ハンチャオがゴール左まで持ち込んで右足のシュート。このシュートは威力、コース共に甘かったものの、元湘南GKタンドウ・ベラピが弾き出せず、ゴールネットを揺らした。

2点ビハインドで前半を終えたパース・グローリーは後半立ち上がりに決定機。51分、ボックス中央でボールを受けたファルナローリが強烈なシュートを放つが、これは相手GKの正面を突いた。

その後は互いに積極的に交代カードを切っていく中、中盤で潰し合う拮抗した状況が続く。しかし、81分にはボックス左で途中出場のアルミエントが放ったシュートのこぼれ球をボックス右でフリーのアスプロポタミティスが冷静に流し込み、パース・グローリーがようやく1点を返す。

試合終盤にかけてはオープンな攻防が繰り広げられたものの、試合はこのままタイムアップ。前半のリードを守り切った上海申花が今大会初白星を手にした。一方、パース・グローリーは2月開催のFC東京戦に続き連敗スタートとなった。

なお、上海申花は21日に蔚山現代(韓国)との第2節を戦った後、24日にFC東京と対戦する予定だ。

パース・グローリー 1-2 上海申花
【パース・グローリー】
アスプロポタミティス(後36)
【上海申花】
ペン・シンリ(前7)
ユー・ハンチャオ(前38)
コメント
関連ニュース
thumb

【ACL2020まとめ】日本勢は全3クラブが勝ち抜け、韓国&中国は「2」、オーストラリアは「1」

4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージの全日程が終了。東地区のラウンド16進出チームが決定した。 Jリーグ勢ではヴィッセル神戸、横浜F・マリノスがすでにグループステージ突破を決めている中、突破が決定していないFC東京が最終節に臨んだ。 そのFC東京は、今大会未勝利のパース・グローリーと対戦。選手を入れ替えて臨んだ一戦は8分にアダイウトンが先制ゴールを記録。その後はこの1点を守り切り、自力での突破を決めた。 また、日本勢がいないグループEでは、北京国安(中国)の首位通過がすでに決定。そのためグループFで2位となったFC東京はラウンド16で北京国安と対戦することが決定した。 神戸はすでにグループG首位通過が決定。2位は広州恒大(中国)と水原三星ブルーウィングス(韓国)が争っていたが、最終節で水原三星が神戸に0-2で勝利。この結果、勝ち点、そして当該成績やゴール数で並んだ2チームだったが、得失点差でまさった水原三星が2位に浮上した。 また、横浜FMもすでにグループH突破が決定しているなか、シドニーFC(オーストラリア)と対戦し、1-1のドロー。この結果、グループ首位通過が決定し、ラウンド16で水原三星と対戦することが決定。また、神戸の相手は、上海上港となった。 【ACL2020順位表】 ◆グループE 1位:北京国安 16/5/1/0/+8 2位:メルボルン・ビクトリー 7/2/1/3/-3 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:FCソウル 6/2/0/4/+1 4位:チェンライ・ユナイテッド 5/1/2/3/-6 ◆グループF 1位:蔚山現代 16/5/1/0/+9 2位:FC東京 10/3/1/2/+1 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:上海申花 7/2/1/3/-4 4位:パース・グローリー 1/0/1/5/-6 ◆グループG 1位:ヴィッセル神戸 6/2/0/2/-1 2位:水原三星ブルーウィングス 5/1/2/1/+1 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:広州恒大 5/1/2/1/0 4位:ジョホール・ダルル・タクジム ※棄権 ◆グループH 1位:横浜F・マリノス 13/4/1/1/+8 2位:上海上港 9/3/0/3/-4 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:全北現代モータース 7/2/1/3/-2 4位:シドニーFC 5/1/2/3/-2 ◆ラウンド16組み合わせ ▽2020年12月6日(日) 《19:00》 北京国安 vs FC東京 《23:00》 蔚山現代 vs メルボルン・ビクトリー ▽2020年12月7日(月) 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 上海上港 《23:00》 横浜F・マリノス vs 水原三星ブルーウィングス 2020.12.05 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「止めれば勝てた」ACLデビューのGK高丘陽平、横浜FMの一員として勝ち上がりへ意気込み「決勝まで1つ1つ」

横浜F・マリノスのGK高丘陽平が、シドニーFC戦を振り返った。 横浜FMは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH最終節でシドニーFC(オーストラリア)と対戦。試合の主導権を握りながらも決定機を生かせず、1-1の引き分けに終わった。 すでにグループステージの突破を決めていた横浜FMは、引き分けたことで首位通過が確定。ラウンド16でのヴィッセル神戸との対戦を避けることができた。 今季途中にサガン鳥栖から加入し、この試合がACLデビュー戦となった高丘は「決勝トーナメント進出は決まっていましたが、勝って決勝トーナメントに繋げられるように、僕自身初出場でしたが、そこでちゃんとチームを勝たせてトーナメントに行きたかったです」とし、初出場の喜びよりも勝利できなかったことを悔やんだ。 また、「自分が止めれば勝てたと思うので、そこに関してはもっともっとレベルアップしなければいけないと思います」と語り、自身の成長が必要だと感じたようだ。 後半はしっかりとピンチを防いでいた高丘。「90分の中でピンチというのは何回か絶対あると思っていたので、そういうところで落ち着いて対応できたかなとは思います」と、ピンチで失点しなかったことは評価。しかし、「失点のシーンはそれ以上に頭にはあるので、しっかりと止められるようにならないといけないなと思います」と語り、自身の手に触れながらも止められなかった同点ゴールを反省した。 まだ対戦相手は決まっていない状況だが、ラウンド16については「チームは良い雰囲気できていますし、こっちに来てから勝つことに対して貪欲にチーム全体でやっていて一体感もあります」と、チームの状態が良いとコメント。「この良い雰囲気、良い流れをトーナメントでもしっかり継続してできるように、次から本当に一発勝負なので、そこで勝負強さを発揮して、決勝まで1つ1つ勝ち進められればと思います」とし、ファイナル進出へ意気込んだ。 2020.12.04 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「喜びや幸せはあった」キャプテンとしてプレーした横浜FM・水沼宏太、決勝Tは「どんな試合になろうが、とにかく結果を求める」

横浜F・マリノスのMF水沼宏太が、シドニーFC戦を振り返った。 横浜FMは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH最終節でシドニーFC(オーストラリア)と対戦。試合の主導権を握りながらも決定機を生かせず、1-1の引き分けに終わった。 すでにグループステージの突破を決めていた横浜FMは、引き分けたことで首位通過が確定。ラウンド16でのヴィッセル神戸との対戦を避けることができた。 シドニーFC戦について水沼は「相手も僕らもモチベーション高く拮抗した試合になりました」とコメント。「勝てなかったことは悔しいですし、勝って決勝トーナメントに向けて勢いを持ってみんなで向かいたかったというのはあります。そこは1つ悔しいところであります」とし、首位通過決定も勝ち切れなかったことを悔やんだ。 それでも「セットプレーでなかなかゴールが取れていなかったですが、そのセットプレーでゴールを決められたというのは、1つ成長できた部分だと思います」と、先制ゴールとなったDF實藤友紀がCKからボレーで決めたゴールを評価した。 また、「悪いところだけじゃなく、良いところもたくさん出た試合だと思うので、前向きにみんなで次の試合に向けて準備したいと思います」と語り、次戦へ意気込んだ。 この試合ではキャプテンマークを巻いてプレーした水沼。そのことについては「チームの先頭に立ってやっていけるというのは、もちろんキャプテンマークを巻いていようが巻いていまいが、いつもやることは変わらないですけど、より気持ちも引き締まりましたし、その中で勝つことができればより良かったです」とし、いつもと気持ちの面では違ったとコメント。「そういう役割を担ってやれるという喜びや幸せはありました。またモチベーション高くやっていきたいです」とし、キャプテンマークを巻けたことを喜んだ。 ラウンド16の相手が広州恒大(中国)か水原三星ブルーウィングス(韓国)のどちらになるか決まっていない状況だが、「ここからは内容云々よりもとにかく結果なので、どんな試合になろうが、とにかく結果を求めて、一体感を持ってやっていくことが大事です」と語り、1試合で決着がつく試合で勝利だけを求めるとコメント。「ここまで来たからにはアジアチャンピオンも見えてくるので、日本から声援を送ってくれるみなさんの後押しを自分たちはピッチでしっかり表現できるように頑張りたいと思います」とし、大会制覇へ意気込んだ。 2020.12.04 22:51 Fri
twitterfacebook
thumb

敗退決定の韓国王者・全北現代が意地の勝利、2位通過の上海上港は神戸とラウンド16で対戦《ACL2020》

4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH最終節が行われ、上海上港(中国)vs全北現代モータース(韓国)が対戦。0-2で全北現代が勝利した。 すでにグループステージ突破を決めている上海上港と敗退が決まっている全北現代の一戦。上海上港は勝利して、首位通過の可能性を模索した。 その上海上港は元ブラジル代表MFオスカルをベンチスタート。オーストラリア代表MFアーロン・ムーイはメンバー外に。また、造反行為のFWフッキも続けてメンバー外となった。 試合は4分、上海上港はボックス左からチェン・ビンビンが左足でクロス。これにをニアサイドでリュー・ジューランが頭で合わせにいくが、わずかに当たらない。 すると16分、すでに敗退が決まっている全北現代が先制する。右サイドをイ・ソンユンがドリブルで持ち上がりボックス右からクロス。これをボックス中央で待ち構えたチョ・キュセオンがヘディングで合わせてゴールを奪う。 リードを許した上海上港だが、なかなかペースが上がらない。 すると30分、同じような形からイ・ソンユンが右サイドを抜け出しクロス。これに走り込んだチョ・キュセオンがヘディングで合わせるが、DFがユニフォームを引っ張ったとしてPKの判定。これをチョ・キュセオンがしっかりと沈め、リードを2点とする。 後半に入ってもペースの上がらない上海上港は、決勝トーナメントを見据えて選手を温存。後半も盛り返すことなく、0-2で全北現代が勝利した。 なお2位通過となった上海上港は、グループGを首位で通過するヴィッセル神戸とラウンド16で対戦する。 上海上港 0-2 全北現代モータース 【全北現代】 チョ・キュセオン(前16、前32[PK]) ◆ACL グループH順位表 1位:横浜F・マリノス 13/4/1/1/+8 2位:上海上港 9/3/0/3/-4 ーーーー決勝トーナメント進出 3位:全北現代モータース 7/2/1/3/-2 4位:シドニーFC 5/1/2/3/-2 2020.12.04 22:32 Fri
twitterfacebook
thumb

GS首位通過の横浜FMポステコグルー監督、決勝トーナメントでは「マリノスのサッカーをしっかり出していきたい」

横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、シドニーFC戦を振り返った。 横浜FMは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH最終節でシドニーFC(オーストラリア)と対戦。試合の主導権を握りながらも決定機を生かせず、1-1の引き分けに終わった。 すでにグループステージの突破を決めていた横浜FMは、引き分けたことで首位通過が確定。ラウンド16でのヴィッセル神戸との対戦を避けることができた。 ポステコグルー監督は試合を振り返り「良いプレーという部分ではできたと思う」とし、「しっかりゲームをコントロールし、たくさんのチャンスも作り出した」とパフォーマンスを振り返った。 一方で、「相手のカウンターだったり強さもあって失点もしたが、今日は何人かが久々の試合ということもあり、2、3人はいつもと違うポジションでプレーした」とイレギュラーな形で戦ったとコメント。前線のパフォーマンスについては「その中で前の3人のところで落ち着きが必要だと思った。ただ、しっかり良い試合を今日もやってくれたと思う」とし、一定の満足感がある様子だった。 この試合ではGK高丘陽平、MF大津祐樹など、カタールに来てからプレーしていなかった選手を起用した。パフォーマンスについては「自分たちのサッカーという部分はできていたし、グラウンドの状況の中でも自分たちのサッカーを選手たちが見せてくれた」と満足感を示し、「いつもと違うポジションでやる選手もいながら、みんなよく頑張ってくれたと思う」とパフォーマンスを評価した。 一方でこの先の決勝トーナメントの戦いを見据えて選手を休ませることができたが、「自分たちだけでなく、他のチームもある。色々なチームがグループステージ突破に重点を置いて、自分たちは突破することができた」とまずは決勝トーナメント進出を喜んだ。 また、「このグループ戦では上海上港戦は難しい試合になったが、今年はケガ人が多く出たシーズンだったので、この大会ではそういったことなく臨みたいと思っていた」とし、ケガ人を出さないことを考えていたとのこと。「その中でもそこまで大きなケガもなく、みんなが良い状態で、良いパフォーマンスレベルが続いていると思う。やり続けていくことが大事だ」とし、選手たちのカタールでの闘いぶりに満足感を示した。 この先も勝ち進めば連戦が続くが「次の決勝トーナメントでも、疲れはあると思うが前向きに捉えている。しっかりフレッシュな状態に次の試合に向かえるように、しっかり準備ができると思う」とし、準備をしっかり行っていくことが大事だとした。 試合前の会見ではアプローチの変化はないとしていたポステコグルー監督。この先の決勝トーナメントの戦いについても「アプローチの部分に変わりはない。信じているサッカーをやるだけだ」と明言。「グループステージはこのサッカー、決勝トーナメントではこういったサッカーをしようと変えると、ブレてしまって、何を求めているのかわからなくなる」とし、変化することがプラスに働かないとコメントした。 マリノスらしいサッカーということで「自分たちはボールをしっかり握って、試合の中で支配してやっていくことが大事になる。それをすることでダイナミックさを見せられると思う」と、自分たちのサッカーにこだわることも続けるという。 最後に、「毎試合毎試合自分たちにとっては重要な試合になる。この大会では色々な選手たちが良い経験ができる」とACLで戦えることの意義をコメント。「しっかり質の高い相手と試合ができる中で、自分たちがどう戦っていくのか。アプローチを変えることはなく、マリノスのサッカーをしっかり出していきたいと思う」とし、マリノスらしさで頂点を目指すことに意気込みを語った。 2020.12.04 22:13 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly