鹿島が来季に向けてサントスMFピトゥカにオファーも拒否…提示金額が低過ぎると現地報道

2020.11.17 12:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズが来季に向けた補強としてオファーを出したとされるMFディエゴ・ピトゥカ(28)だが、サントスがオファーを拒否したようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。ボランチを主戦場とし、左サイドでもプレーするピトゥカに対して、鹿島がオファー。650万レアル(約1億2500万円)を提示されたものの、オファー金額が低すぎるとして拒否したようだ。


◆ピトゥカのサントスでのプレー!

ピトゥカは、2017年7月にサントスへ加入。2018シーズンからファーストチームへ昇格すると、今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで20試合、コパ・リベルタドーレスで6試合に出場。クラブの公式戦42試合中41試合で先発するなど、主軸としてプレーしていた。

これまでセリエAでは89試合で3ゴール4アシスト、サントスでは公式戦通算112試合に出場し4ゴール4アシストを記録している。

サントスとの契約は2023年4月まで残っている状況だが、鹿島は獲得できるだろうか。
関連ニュース
thumb

鹿島、札幌との連勝同士の一戦で3発快勝!《ルヴァンカップ》

20日、YBCルヴァンカップ・Aグループ第3節の鹿島アントラーズvs北海道コンサドーレ札幌が県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-0で鹿島が勝利した。 ここまで互いに2連勝でグループをリードする両チームの激突。鹿島は直近の徳島ヴォルティス戦から、白崎を除く10人を変更。対する札幌も同じく直近の横浜F・マリノス戦からキム・ミンテ以外の10人を入れ替えた中で、小野が同大会開幕節のアビスパ福岡戦以来となる、今季2度目の先発出場を果たした。 序盤から鹿島が攻勢に出る中、先に決定機を迎えたのはアウェイの札幌。30分、左サイド中央でボールロストから素早く奪い返し敵陣中央の小野に渡すと、これをワンタッチで青木へスルーパス。最終ラインを突破した青木はゴール前に侵入し、ゴールへ流し込みにかかったが、残念ながらシュートは左ポストに嫌われてしまった。 肝を冷やした鹿島だったが、逆にこれが発破をかけることに。32分、札幌がGK大谷にボールを下げたところを松村が猛追。GK大谷のトラップが大きくなったところを奪い、そのままゴールにプッシュした。 さらに鹿島はその2分後、札幌を攻め立てる中でルーカス・フェルナンデスのクリアミスを拾った荒木がボックス左から素早く左足一閃。鋭いシュートがゴール右下に突き刺さった。 後半はさらに試合が動く。64分、味方のスルーパスに松村が反応。先にキム・ミンテに体を入れられるも、粘り強く入れ替わると、腰を掴まれる形で転倒。鹿島にPKが与えられるとともに、キム・ミンテは一発退場となった。 ここで決めれば大きく勝利に近づく鹿島だったが、キッカーの染野はシュートを右ポストに当ててしまい、追加点ならず。一方、命拾いした札幌は68分、右サイドを抜け出した金子のクロスからドウグラス・オリヴェイラが決定機を迎えるが、ボックス中央から放ったシュートは、懸命に戻った松村に寸前のところでブロックに入られ、ネットを揺らすことはできなかった。 千載一遇のチャンスを逃してしまった札幌。試合巧者の鹿島はこの機に突き放しにかかる。81分、敵陣左サイドで得たFKで遠藤がクロスを入れると、ボールはファーサイドの染野へ。DFとGKに寄せられシュートを打てなかったが、こぼれ球に反応した関川がGK大谷に倒され、2度目のPK獲得した。今度は途中出場の白崎がキッカーを務め、きっちり決めて決定的な3点目。 このまま試合はタイムアップとなり、連勝同士の一戦は鹿島に軍配。3連勝で単独首位となった。 ◆第3節 ▽4/20 【Aグループ】 鹿島アントラーズ 3-0 北海道コンサドーレ札幌 ▽4/21 【Aグループ】 サガン鳥栖 vs アビスパ福岡 【Bグループ】 ヴィッセル神戸 vs 徳島ヴォルティス 大分トリニータ vs FC東京 【Cグループ】 柏レイソル vs 湘南ベルマーレ 横浜FC vs 浦和レッズ 【Dグループ】 清水エスパルス vs 横浜F・マリノス サンフレッチェ広島 vs ベガルタ仙台 2021.04.20 20:58 Tue
twitterfacebook
thumb

「狙ったように見えない」鹿島GK沖悠哉の低弾道キックに驚嘆「気持ちいい縦パス」

鹿島アントラーズの守護神を務めるU-24日本代表GK沖悠哉のキックが注目を浴びている。 鹿島は17日に明治安田生命J1リーグ第10節で徳島ヴォルティスとアウェイで対戦。フル出場した沖は65分にキックで魅せた。 相手のロングボールに対し、ボックス外まで飛び出した沖がダイレクトで右足を合わせる。簡単なボールではなかったが、低弾道の鋭いパスは、3バウンドしながら敵陣中央のMF土居聖真の足下にピタリと収まった。 右足を振り抜き、パススピードも伴った素晴らしいパスがJリーグの公式ツイッターで公開されると、「気持ちいい縦パス」「足の振りが狙ったように見えない」「振り抜いてカットできない強いボール」とファンからは驚きの声が挙がっていた。 試合は隙のない戦いを見せた鹿島が0-1で勝利。今シーズン初の無失点で試合を終えていた。 これまではセーブで奮闘していた沖だが、チームの守備の立て直しとともに、持ち前のキック精度でさらに注目を浴びる場面が出てくるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】土居聖真の足下にピタリと収まる沖の高精度低弾道キック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿島アントラーズ</a> のゴールキーパー<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B2%96%E6%82%A0%E5%93%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#沖悠哉</a> 選手のキックに注目<br><br>ダイレクトで&quot;なが〜い&quot;パスで味方選手へボールを回します<a href="https://twitter.com/atlrs_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@atlrs_official</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/bu0qii5fsJ">pic.twitter.com/bu0qii5fsJ</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1384075296433971200?ref_src=twsrc%5Etfw">April 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.20 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島、フロントスタッフ1名も新型コロナウイルス陽性判定

鹿島アントラーズは18日、フロントスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。 鹿島では13日のPCR検査で選手2名とトップチームスタッフ1名が陽性判定を受けていたが、濃厚接触者などはないとされていた。 その後18日、鹿島はトップチーム全選手及びチーム関係者を対象としたPCR検査を実施。全員陰性診断となり、体調不良や発熱などの症状も確認されていないとのこと。しかし、検査前にフロントスタッフ1名が陽性判定となっていた。 なお、当該スタッフは、シーズンを通してアウェイゲームには帯同せず。現在は大きな症状もなく、自宅で療養しているとのことだ。 また、クラブは19日(月)に当該者を除くフロントスタッフのPCR検査を実施する予定。本日の保健所によるヒアリングの結果、クラブ内で濃厚接触者が特定されなかったことから、今後のクラブの活動に変更はないとのことだ。 なお、クラブハウス施設につきましては、18日に外部業者による全館内のアルコール消毒を実施。オフィシャルショップおよびフットサルコートは通常どおり営業を継続するとのことだ。 ■当該スタッフの経過、症状 4/14(水)クラブオフィス勤務(体温:36.3℃) 4/15(木)クラブオフィス勤務(体温:36.2℃) 4/16(金)クラブオフィス勤務(体温:35.7℃) 4/17(土)クラブオフィス勤務(退勤時体温:36.5℃)/夜:発熱及び症状発生(体温:38.5℃) PCR検査実施 4/18(日) ・咽頭痛症状あり(体温:36.2℃) ・PCR検査の結果、陽性診断 ※現在、自宅にて静養し、体調回復に努めております。 2021.04.18 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

初陣対決を制したのは守りからリズムの鹿島! 町田のヘディング弾が決勝点【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節の1試合が17日に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで催され、アウェイの鹿島アントラーズが1-0で徳島ヴォルティスを下した。 開幕から甲本コーチの代行指揮が続いた9位徳島だが、新型コロナウイルスの入国制限で合流できずにいたダニエル・ポヤトス監督に今節からバトンタッチ。鹿島からのレンタルプレーヤーである垣田が契約の都合上、欠場となり、宮代が1トップの位置に入った。 一方、開幕から2勝2分け4敗の15位に沈む鹿島は14日にザーゴ監督を電撃解任。コーチから昇格した相馬監督の下でリスタートを図る一戦となる。その今節に向けて、ファン・アラーノ、エヴェラウドが揃ってベンチ外となり、2戦連発中の上田が最前線を務めた。 それぞれ事情こそ違えど、新指揮官の初采配となる一戦。開幕から4勝2分け4敗と善戦する徳島が最終ラインからしっかりとビルドアップを行いながらボールを動かしていき、鹿島が自陣に守りをセットした状態からシンプルに縦の攻撃で応戦していく構図となる。 思惑通りの形で立ち上がった徳島は半ば以降もボールの主導権を握るが、守備からリズムを生む鹿島が先にスコアを動かす。右CKのチャンスを獲得した31分、キッカーの永戸が左足でクロスを上げると、町田がヘッド。GK上福元の手を弾き、ゴール右に決まった。 セットプレーから守りが崩れてしまった徳島は失点後もボールを動かして、打開を図ろうとするが、効果的にプレスをかけていった鹿島がメリハリの効いた戦いで試合をコントロール。徳島に6割程度のボールポゼッションを許したが、フィニッシュの形を許さない。 相馬監督の下で堅実な守りからペースを掴む鹿島は後半も同様の戦いを披露。そのなかで、まず追いつこうと引き続きボールの主導権を握り、セットプレーのチャンスも増やしながら敵陣に圧力をかけていった徳島だが、鹿島のタイトな守りを崩す有効打を欠く。 その徳島は57分に浜下と河田の交代カードを切るが、鹿島に追加点のチャンス。59分、3戦連発を狙う上田が味方の浮き球パスとともにボックス中央に抜け出すと、巧みなボールコントロールから右足フィニッシュに持ち込むが、GK上福元の好セーブに遭ってしまう。 最少失点で残り30分の戦いに入った徳島は鹿島が遠藤の交代に動いたなか、68分に小西と西谷を投入。ベンチから攻勢を促すが、70分に広瀬と染野も送り出した鹿島が依然として隙なしの戦いを続け、攻めあぐねる相手を尻目にフィニッシュ数を増やしていく。 ようやく合流したダニエル・ポヤトス監督の初陣で負けるわけにいかない徳島は勝ち点1でももぎ取ろうとさらに前がかるが、永木の投入で試合を終わらせにかかった鹿島が逃げ切りを完遂。徳島との初陣対決を制して、相馬新監督の下で白星リスタートを切った。 徳島ヴォルティス 0-1 鹿島アントラーズ 【鹿島】 町田浩樹(前31) <span class="paragraph-title">【動画】新体制鹿島に勝利呼び込む町田のヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=scounhsu5sa71nx8oyd512gv4" async></script> 2021.04.17 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

そりゃあ今週一番ビックリしたのはこの話題ですよね!? の巻/倉井史也のJリーグ

今週一番衝撃だったのは鹿島の監督交代じゃない? だって鹿島はなかなか監督を交代させないからじっくり腰を据えて采配できると思ってたのに!! じゃあ歴代鹿島の監督の勝敗表を見ていくぞ!! あ、関塚隆ヘッドコーチとジーコ総監督は肩書きが違うから抜いてるよ!! 宮本征勝:1993【サントリー】18試合/13勝/ー/5敗 宮本征勝:1993【ニコス】18試合/10勝/ー/8敗 宮本征勝:1994【サントリー】22試合/16勝/ー/6敗 エドゥ:1994【ニコス】22試合/11勝/ー/11敗 エドゥ:1995【サントリー】26試合/14勝/ー/12敗 エドゥ:1995【ニコス】26試合/14勝/ー/12敗 ジョアン・カルロス:1996|30試合/21勝/ー/9敗 ジョアン・カルロス:1997【1st】16試合/13勝/ー/3敗 ジョアン・カルロス:1997【2nd】16試合/11勝/ー/5敗 ジョアン・カルロス:1998【1st】11試合/7勝/ー/4敗 ゼ・マリオ:1998【2nd】17試合/15勝/ー/2敗 ゼ・マリオ:1999【1st】15試合/6勝/1分け/8敗 ゼ・マリオ:1999【2nd】3試合/0勝/0分け/3敗 トニーニョ・セレーゾ:2000【1st】15試合/8勝/0分け/7敗 トニーニョ・セレーゾ:2000【2nd】15試合/10勝/4分け/1敗 トニーニョ・セレーゾ:2001【1st】15試合/6勝/1分け/8敗 トニーニョ・セレーゾ:2001【2nd】15試合/13勝/0分け/2敗 トニーニョ・セレーゾ:2002【1st】15試合/9勝/0分け/6敗 トニーニョ・セレーゾ:2002【2nd】15試合/9勝/0分け/6敗 トニーニョ・セレーゾ:2003【1st】15試合/7勝/2分け/6敗 トニーニョ・セレーゾ:2003【2nd】15試合/6勝/7分け/2敗 トニーニョ・セレーゾ:2004【1st】15試合/7勝/3分け/5敗 トニーニョ・セレーゾ:2004【2nd】15試合/7勝/3分け/5敗 トニーニョ・セレーゾ:2005|34試合/16勝/11分け/7敗 パウロ・アウトゥオリ:2006|34試合/18勝/4分け/12敗 オズワルド・オリヴェイラ:2007|34試合/22勝/6分け/6敗 オズワルド・オリヴェイラ:2008|34試合/18勝/9分け/7敗 オズワルド・オリヴェイラ:2009|34試合/20勝/6分け/8敗 オズワルド・オリヴェイラ:2010|34試合/16勝/12分け/6敗 オズワルド・オリヴェイラ:2011|34試合/13勝/11分け/10敗 ジョルジーニョ:2012|34試合/12勝/10分け/12敗 トニーニョ・セレーゾ:2013|34試合/18勝/5分け/11敗 トニーニョ・セレーゾ:2014|34試合/18勝/6分け/10敗 トニーニョ・セレーゾ:2015【1st】17試合/6勝/4分け/7敗 トニーニョ・セレーゾ:2015【2nd】3試合/1勝/1分け/1敗 石井正忠:2015【2nd】14試合/11勝/0分け/3敗 石井正忠:2016【1st】17試合/12勝/3分け/2敗 石井正忠:2016【2nd】17試合/6勝/2分け/9敗 石井正忠:2017|12試合/7勝/0分け/5敗 大岩剛:2017|22試合/16勝/3分け/3敗 大岩剛:2018|34試合/16勝/8分け/10敗 大岩剛:2019|34試合/18勝/9分け/7敗 ザーゴ:2020|34試合/18勝/5分け/11敗 ザーゴ:2021|8試合/2勝/2分け/4敗 じゃあ、それぞれの監督の勝率(勝利数/試合数)は? 宮本征勝:58試合/39勝/0分け/19敗/67% エドゥ:74試合/39勝/0分け/35敗/53% ジョアン・カルロス:73試合/52勝/0分け/21敗/71% ゼ・マリオ:35試合/21勝/1分け/13敗/60% トニーニョ・セレーゾ:272試合/141勝/47分け/84敗/52% パウロ・アウトゥオリ:34試合/18勝/4分け/12敗/53% オズワルド・オリヴェイラ:170試合/89勝/44分け/37敗/52% ジョルジーニョ:34試合/12勝/10分け/12敗/35% 石井正忠:60試合/36勝/5分け/19敗/60% 大岩剛:90試合/50勝/20分け/20敗/56% ザーゴ:42試合/20勝/7分け/15敗/48% 引き分け制度が出来た1999年より前はとんでもなく高い勝率だけど、その後も鹿島は普通に半分以上の試合で勝利を収めてるってとんでもない数字です。その高い成績が求められるクラブだからこその解任劇。新型コロナウイルスの影響もあって大変だったと思うけど、ザーゴ監督お疲れ様でしたって感じかな。でも何気に最低勝率でも中位をキープしたジョルジーニョ監督ってすごい気が……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.04.17 12:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly