ネイマールら不在のブラジルが無傷の3連勝! ウルグアイ&チリもそれぞれ白星《カタールW杯南米予選》

2020.11.14 12:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第3節の3試合が13日に行われた。開幕2連勝スタートのブラジル代表は2連敗中のベネズエラ代表とホームで対戦。ネイマールやコウチーニョ、ファビーニョらをケガで欠くなかでの一戦に向け、ガブリエウ・ジェズス、リシャルリソン、フィルミノをスタートから起用した。

序盤から攻め立てたブラジルは7分にリシャルリソンがゴールネットを揺らしたが、味方がオフサイドを取られ、ノーゴールに。その後も攻撃のイニシアチブを握ったが、ベネズエラの守りを崩せず、なかなかスコアが動かない展開となる。

打破できぬまま試合を折り返したブラジルだったが、66分にエベルトン・リベイロが右サイド深くから右足浮き球パスを出すと、ファーサイドでの競り合いで中央にこぼれたボールをフィルミノがプッシュ。ブラジルがついに均衡を破った。

このゴールが決勝点となり、ブラジルが3連勝を達成。17日に敵地で予定するウルグアイ代表との大一番に向けて、弾みをつけた。

また、ウルグアイはコロンビア代表とのアウェイ戦に臨み、カバーニやスアレス、ヌニェスのゴールで3-0の勝利。ペルー代表をホームに迎え撃ったチリ代表はビダルの2ゴールで2-0の勝利を収め、3試合目にして予選初白星を手にした。

◆第3節結果
▽11/13
コロンビア 0-3 ウルグアイ
チリ 2-0 ペルー
ブラジル 1-0 ベネズエラ

▽11/12
アルゼンチン 1-1 パラグアイ
ボリビア 2-3 エクアドル
コメント
関連ニュース
thumb

ブラジルサッカー界に再び悲劇…飛行機墜落事故で4部パルマスの会長と選手4名が死亡…

ブラジル4部リーグに所属するパルマスFRの会長と選手4名が小型機の墜落事故に巻き込まれて帰らぬ人となった。『ロイター通信』が伝えている。 『ロイター通信』によると、今回悲劇の事故に巻き込まれたのは、ブラジル中部のトカンティンス州に本拠地を置くパルマスFRのチーム関係者だという。 パルマスFRは25日にコパ・ヴェルデのラウンド16でヴィラ・ノヴァと対戦予定で、24日に約800km離れたゴイアニアに空路で向かう予定だった。 その際、ルーカス・メイラ会長、ルーカス・プラセデス、ギリャルメ・ノエ、ラヌレ、マルクス・モリナリの選手4名が搭乗し、操縦士のワグネル氏が操縦していた小型機が地元の空港から離陸後に墜落。搭乗者全員の死亡が確認されたという。 ブラジルでは2016年にコパ・スダメリカーナ決勝を戦うためにコロンビアに向かっていたシャペコエンセの多くの選手、チーム関係者を乗せていた飛行機が墜落事故に巻き込まれ、多くの犠牲者を出した。 また、2014年にもかつてインテルナシオナルでキャプテンを務めたブラジル人FWフェルナンドン氏がヘリコプターの墜落事故で犠牲となっていた。 2021.01.25 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場内定のブラジル女子代表がグレミオU-16と対戦するも結果は大敗

2021年に開催予定の東京オリンピックに出場が内定しているブラジル女子代表チームは12日、トレーニングの一環として、グレミオの男子U-16チームと対戦し、0-6で敗れた。イギリス『SPORTbible』が伝えている。 試合は30分ハーフで前後半が行われ、ブラジル女子代表のエースFWマルタ・ビエイラ・ダ・シルバらも出場したものの、ゴールを奪うことはできなかった。 <div id="cws_ad">◆“なでしこの天敵”米女子代表の美女ストライカー、アレックス・モーガンが決めたスパーズ初ゴール(FAWSL 2020)<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjNWlHOTNxTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ブラジル女子代表を率いるピア・スンドハーゲ監督は試合後、次のように振り返っている。 「この練習試合はいくつかの理由で重要です。まず、男子のプレースピードに挑戦すること。スピードがありで大きな相手と対戦する時、私たちはこの種のチャレンジを行います」 「この試合は、選手を個別に評価するためにも重要でした。1対1の状況、ボールプロテクション、およびこれらの状況での迅速な対応です。これは、2021年の挑戦のために、改善する良い方法です」 女子代表チームがスピードと体格に勝る男子とトレーニングを行うことはよくあるが、2017年にアメリカ女子代表チームがFCダラスのU-15チームに2-5で敗れた際など、度々話題になっている。 <div id="cws_ad">◆グレミオの選手とマルタが記念撮影<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Hoje pela manhã teve um jogo BIZARRO entre Gremio sub-16 x Seleção Brasileira Feminina. <br><br>E O JOGO ACABOU 6X0 PRO GRÊMIO <br><br>É us guri (?) <a href="https://t.co/u7uMDzPMUa">pic.twitter.com/u7uMDzPMUa</a></p>&mdash; GRÊMIO DEPRÊ (@GremioFBPADepre) <a href="https://twitter.com/GremioFBPADepre/status/1349066554655256577?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.14 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ルシェンブルゴ氏が2度目のコロナ感染で入院…過去にセレソンやレアル・マドリーを指揮

過去にブラジル代表やレアル・マドリーを率いたヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ氏(68)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことがわかった。『ロイター通信』が伝えている。 今年10月半ばにパウメイラスの指揮官を解任されてフリーのルシェンブルゴ氏は、家族と共にリオデジャネイロの自宅での生活を送っていたという。しかし、コロナウイルスの感染が確認されたことから、現在はサンパウロのシリオ・リバネス病院に入院して治療を受けている。ただ、同氏の代理人によると、健康状態は快方に向かっているとのことだ。 過去にブラジル代表やレアル・マドリーに加え、ブラジル国内の多くの名門クラブの指揮官を歴任してきたルシェンブルゴ氏は、今年7月にもコロナウイルスに感染。ただ、一度目の感染時は無症状で健康状態に問題はなかった。 2020.12.15 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

無所属の元チェルシーMFラミレス、新天地はトルコに決定か

かつてチェルシーでプレーした元ブラジル代表MFラミレス(33)だが、新天地はトルコになるようだ。トルコ『ヒュリエット』など複数メディアが伝えた。 ラミレスは、かつてはベンフィカやチェルシーでもプレーし、2016年1月から中国スーパリーグの江蘇蘇寧でプレー。2019年7月からパウメイラスでプレーしていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpckVYWHl5VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> パウメイラスでは公式戦42試合で1ゴールを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで16試合に出場していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する中、マスクもせずにナイトクラブで遊んでいたことが発覚。自身は謝罪したものの、ファンなど周囲から大きな非難を浴びるとともに、罰金を科されていた。 2023年まで契約を結んでいたラミレスだが退団を要求し、11月27日に退団。フリーエージェントとなっていた。 その後、移籍の噂が浮上した中、現役引退の可能性も報じられていたラミレスだが、新天地はトルコのトラブゾンスポルになるようだ。 『ヒュリエット』によると、ここまでスュペル・リグで13位と低迷するトラブゾンスポルは、来年1月の移籍市場で補強する予定があるとのこと。スポーツ・ディレクター(SD)を務めるアブドラ・アブジュ氏が補強についてコメント。その中でラミレスの獲得で合意に達したとのことで、1月にサインするようだ。 2020.12.12 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコDFロージ、セレソンでのプレーを「大きな誇り」と語る 自身が思う世界最高の左SBとは?

アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFレナン・ロージ(22)は代表チームでプレーできる喜びを感じているようだ。『FIFA.com』が伝えた。 ロージは今季のアトレティコでここまで公式戦7試合に出場。まだ絶対的な主軸になれていないものの、スペイン代表DFマリオ・エルモソと熾烈なポジション争いを演じている。 一方で、代表では10月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第1節のボリビア代表戦から、4試合連続でスタメン出場を飾るなど、存在感を高めている。17日に行われたW杯南米予選第4節のウルグアイ代表戦前に応じたインタビューで、「計り知れないほどの誇りだ」と喜びを露わにした。 「これを夢見てきた選手がどれだけいるか考えてみると、本当に嬉しいよ。ブラジルのシャツを着ることが大好きなんだ。僕は代表の選手、コーチから、自分ができることすべてを学んでいる。ここにいられるのを誇りに思っているし、この時間を愛しているんだ」 「(代表での自分の役割は)もう一人のストライカーみたいなものだよ。クラブと比べて、攻撃の自由が与えられている。チッチ監督からは前に出るよう言われているし、この役割を本当に楽しんでいるけど、守備の責任を放棄しているわけじゃないよ」 また、ロージは自身が好む左サイドバックの選手や、現在世界最高だと考える同ポジションの選手の名前も挙げている。 「ロベルト・カルロスは素晴らしい選手だったが、年齢的に彼のプレーはあまり見られなかった。僕はフィリペ・ルイスやアレックス・サンドロが本当に好きなんだ。彼らの守備の仕方やゲームの読み方をよく研究しているよ。マルセロも良いね」 「リバプールの(アンドリュー・)ロバートソンと、バイエルンのアルフォンソ・デイビスは傑出した選手だね。デイビスは僕より年下だし、ロバートソンだってまだ若い。彼らは素晴らしい選手だし、非常に多くの可能性を秘めていると思うよ」 さらに、ロージはアトレティコについても触れており、「チームは本当にうまくいっている。勝つのが本当に難しいリーグだし、今季は上位がポイントを落としているけど、僕らは懸命に取り組んでいるよ」と、リーグ優勝に向けて意気込んだ。 2020.11.19 12:38 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly