アーセナルやバルセロナで活躍した元カメルーン代表MFソングの新天地はアフリカ東部のジブチ

2020.11.09 13:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジブチのアルタ・ソラール7は8日、元カメルーン代表MFアレクサンドル・ソング(33)を獲得したことを発表した。フリーでの加入となり、2年契約を結んでいる。アーセナルで活躍し、その後バルセロナやウェストハムにも在籍していたソングは、2018年夏にスイスのシオンに加入していた。

◆バルセロナ時代のソングのプレー集


アーセナルでは公式戦200試合以上に出場し、バルセロナでも65試合でプレーしたソングは、シオンでも加入後22試合に出場。しかし、新型コロナウイルスによってクラブが財政難となると、一方的な給与削減などで衝突し、2020年3月に契約解消していた。

ジブチはアフリカ東部の小国で、アラビア半島に近く、スエズ運河の入り口としてかつて栄えた。アルタ・ソラール7は同国の1部リーグに所属。2019-20シーズンは4位で終えていた。なお、新シーズンは12月に開幕を迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

元チェルシーのMFラミレスがパウメイラスと契約解除で退団

パウメイラスは27日、元ブラジル代表MFラミレス(33)の退団を発表した。 かつてはベンフィカやチェルシーでもプレーし、2016年1月から中国スーパリーグの江蘇蘇寧でプレーしたラミレス。2019年7月からパウメイラスでプレーしていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiTnR4ZXZESSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> パウメイラスでは公式戦42試合で1ゴールを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで16試合に出場していた。 しかし、最近はチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する中、マスクもせずにナイトクラブで遊んでいたことが発覚。大きな非難を浴びるとともに、罰金を科されていた。 また、加入初年度は江蘇蘇寧時代から悩まされている左足内転筋のケガに悩まされるなど、ピッチ上でのパフォーマンスも低く、不満を持つファンからは痛烈な批判にさらされていた。 ラミレスはクラブに退団を要求。2023年までの契約を結んでいたが、ラミレスの状況などを踏まえてパウメイラスも双方合意の下で契約を解除したと発表した。 チェルシー時代にはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、プレミアリーグ、FAカップ、EFLカップと獲得できるタイトルを全て獲得したラミレス。新天地はどこになるだろうか。 2020.11.28 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑所属のボタフォゴ、健康上の理由でラモン・ディアス監督との契約解除を発表

本田圭佑の所属するボタフォゴは27日、健康上の理由でラモン・ディアス監督(61)との契約を解除したことを発表した。 ディアス監督は、10月16日に解任されたヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ前監督の後任として8日にボタフォゴの指揮官に就任していた。 ボタフォゴはクラブの公式ツイッターで「ラモン・ディアス監督と彼のアシスタントチーム全員がクラブを去ることを報告する。残念ながら、ディアス監督は健康上の理由で12月7日まで入院が必要となり、クラブはこれ以上待つことができない」と契約解除の理由について明かした。 なお、『ESPN』によれば、ディアス監督は就任決定後にパラグアイで結節性甲状腺腫の手術を受けたとのこと。当初は10日間の入院でブラジル入りする予定だったが、回復が思わしくなく退院が12月7日まで延長したようだ。 また、ボタフォゴはディアス監督の後任として昨年4月~10月までボタフォゴを率いたブラジル人指揮官エドゥアルド・バロッカ氏(40)が就任することを併せて発表した。 2020.11.28 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エスパニョール退団のMFビクトル・サンチェスが豪ウェスタン・ユナイテッドに加入

オーストラリアのAリーグに所属するウェスタン・ユナイテッドは27日、スペイン人MFビクトル・サンチェス(33)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。 バルセロナのカンテラ出身のサンチェスは、2009年7月にファーストチームへ昇格。その後は、シェレスやヘタフェへとレンタル移籍を経験。2011年7月にスイスのヌーシャテル・ザマックスへ完全移籍していた。 2012年1月に自身が育ったバルセロナのライバルクラブであるエスパニョールに加入すると、当時指揮を執っていたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で主軸としてプレー。以降8年半に渡ってボランチを主戦場に公式戦通算270試合に出場し11ゴール23アシストを記録していた。 ビクトル・サンチェスは2021年6月30日までエスパニョールとの契約を残していたが、昨シーズンにエスパニョールがセグンダ降格となった影響もあり、8月に双方合意の下で退団。ここまでフリーの状況が続いていた。 なお、Aリーグでは先日、サンチェス共にエスパニョールでプレーしたスペイン人DFハビ・ロペス(34)がアデレード・ユナイテッドに加入。また、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)と同MFベニャ・エチェバリア(33)がマッカーサーFCへ加入していた。 2020.11.28 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏がキャリア晩年を過ごしたニューウェルズも追悼の言葉 昨年の凱旋時には“玉座”でおもてなし

25日、フットボール界のレジェンドである元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が亡くなった。 マラドーナ氏は現役時代、ボカ・ジュニアーズ、バルセロナ、ナポリなどでプレー。数々のゴールを決めてきたが、唯一公式戦でゴールを決めていないクラブがある。それはキャリア晩年の1993-94年に在籍した母国アルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズだ。 <div id="cws_ad">◆マラドーナ氏が親善試合で決めたニューウェルズ時代唯一のゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqaWJYeWFsciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ナポリを離れて加入したセビージャで度重なる問題行動を起こし、1993年10月に約9年ぶりに母国に復帰したマラドーナ氏だったが、ここでも契約問題のこじれや練習不参加などがあり、在籍期間はわずか半年、出場した公式戦もわずか5試合だった。 それでも、マラドーナ氏がヒムナシア・ラ・プラタを率いていた昨シーズンに監督としてニューウェルズの本拠地であるマルセロ・ビエルサ・スタジアムに凱旋すると、レジェンドを手厚く歓迎。額縁に入れられた絵画やキャンバスアート、ユニフォームなどをプレゼントした。極め付きは、『BBC』も“玉座”と例えた立派な椅子。マラドーナ監督はこの椅子にサインし、試合中は玉座に座ってチームの指揮を執っていた。 ニューウェルズの公式ツイッターは、マラドーナ氏の訃報を受け、現役当時の映像とともに「あなたが私たちの歴史の一部であることを誇りに思い、あなたの一部であることを誇りに思います」とコメント。追悼の意を表している。 2020.11.26 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

パーデュー氏がCSKAソフィアのテクニカルディレクターに就任!クラブは豊富な経験を評価

ブルガリアのCSKAソフィアは23日、アラン・パーデュー氏(59)を新テクニカルディレクターに招へいしたことを発表した。 レディングやウェストハム、チャールトン、サウサンプトン、ニューカッスル、クリスタル・パレス、WBAとイングランド国内で監督を歴任したパーデュー氏は、2019年12月にADOデンハーグの監督に就任。初の国外挑戦となったが、8試合でわずか1勝と低迷するチームを立て直すことが出来ず、新型コロナウイルスによるシーズン中止も重なり、4月に解任された。 CSKAソフィアは公式声明で「彼の豊富な経験と人脈は、クラブの発展を促進し、新たな人材確保の助けとなるだろう」と、パーデュー氏を招へいした理由を明かした。 2007-08以来のリーグ制覇を狙うCSKAソフィアは、今季は12試合終了時点で5勝6分け1敗の3位に位置している。 2020.11.24 01:25 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly