PSGが野戦病院化…12選手が故障者リストに

2020.11.08 15:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
7日のレンヌ戦でリーグ・アン8連勝を収めたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、チーム内部は故障者多数で危機に瀕している。第10節のレンヌ戦はFWモイゼ・ケアンやMFアンヘル・ディ・マリアの2ゴールなどで快勝を収めたPSG。リーグ戦8連勝で首位の座をキープしたが、この試合では前半にMFイドリサ・グイエ、DFティロ・ケーラー、MFアレッサンドロ・フロレンツィが負傷。後半にもケアンが負傷交代を強いられ、4人の負傷者を出してしまった。

元々PSGでは、FWマウロ・イカルディ、MFマルコ・ヴェッラッティ、MFユリアン・ドラクスラー、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペ、DFフアン・ベルナト、DFプレスネル・キンペンベ、MFパブロ・サラビアが故障中で、今回の一戦で合計12名の選手が故障者リストに載ることになってしまった。

トーマス・トゥヘル監督も試合後に「先発の11人を決めるのは非常に難しかった」とコメントしており、試合内容以上に苦戦を強いられたことを明かしている。

幸い、このレンヌ戦を最後に代表マッチウィークに突入するため、クラブとしては2週間の休暇期間が設けられる。フランス『レキップ』は、20日の第11節モナコ戦でネイマールやヴェッラッティ、キンペンベら多くの選手が復帰すると見込んでいるが、同時にチャンピオンズリーグのグループステージ後半戦が始まるため、できるだけ万全の状態に戻しておきたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGデビューからわずか17分!ディ・マリアが記録した美しい捻りアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアがPSGデビュー戦で決めたアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4SVE5bXZLdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ディ・マリアは、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに移籍。プレミアリーグでは難しい時間を過ごしたが、新チームでは輝きを取り戻し、主力として活躍している。 PSG加入当初、ケガで出遅れたディ・マリアだったが、デビュー戦となった2015年8月30日に行われたリーグ・アン第4節のモナコ戦では、いきなり見事なアシストを記録した。 この試合で66分に途中出場を果たし、PSGデビューを飾ったディ・マリア。すると、出場から17分後の83分、自陣のセンターサークル付近でディ・マリアがボールを持つ。 前線を確認すると、体を捻りながら素早くロングパスを送る。正確なパスが裏へ抜け出したFWエセキエル・ラベッシにピンポイントで収まり、ラベッシが強烈なシュートを決め、試合を決定付ける3点目を挙げた。 試合は、3-0でPSGがそのまま逃げ切り、快勝している。 2020.12.04 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバの折り返しからマルキーニョスがズドン!DFコンビが頭で繋いだ連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルキーニョスとシウバのコンビで決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGTE1ZaERQZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にローマからPSGに加入したマルキーニョスは、主力として定着。タレント豊富なチームの中でも、安定した出場機会を得て活躍している。 同胞のDFチアゴ・シウバとCBとしてコンビを組むことも多かったマルキーニョスだが、2017年2月26日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦では、CBペアの連携からゴールを奪っている。 0-0で迎えた6分、PSGが相手陣内中央でFKを得ると、ボックス左に開いていたシウバに浮き球のパスが入る。シウバが高いジャンプからヘディングで中央に折り返すと、マルキーニョスがファーポストから走り込み頭で合わせる。叩きつけるようなヘディングは見事に決まり、先制ゴールとなった。 このゴールでPSGが勢いに乗ると、強豪マルセイユ相手に5-1の大勝を収めている。 2020.12.04 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

先日プロデビューのペンベレがPSGと契約更新!

パリ・サンジェルマン(PSG)は4日、U-18フランス代表DFティモテー・ペンベレ(18)と2024年までの新契約を結んだことを発表した。 コンゴにルーツを持つフランス生まれのペンベレ。2015年にPSGの下部組織に入団し、先日のリーグ・アン第12節のボルドー戦でプロデビューを果たしたばかりの18歳だ。 DFプレスネル・キンペンベの相方CBとして、デビュー戦にして先発出場したが、開始10分に相手のCKをクリアし損ねオウンゴールを献上。試合も2-2の引き分けに終わり、フル出場したものの、なんともほろ苦いデビュー戦となってしまった。 それでも以前はチェルシーやドルトムントが関心を示すなど高い評価を受けているペンベレ。各世代のフランス代表に名を連ねる逸材の成長はこれからだ。 2020.12.04 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド撃破のPSG、選手たちがドレッシングルームで歓喜

パシ・サンジェルマン(PSG)の選手たちが、マンチェスター・ユナイテッド撃破を大いに喜んでいる。 PSGは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節でユナイテッドと対戦。6分にネイマールが先制ゴールを記録するも、32分にマーカス・ラッシュフォードのゴールで同点とされていた。 <div id="cws_ad">◆PSGの選手たちがドレッシングルームで歓喜爆発<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4Rm5keVJYNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし後半に入り、69分にマルキーニョスのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイムにはネイマールがダメ押しゴール。1-3で勝利を収めていた。 第1節のホームゲームでは1-2で敗れていたPSG。アウェイの地でリベンジを果たすとともに、グループ首位に浮上。最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残すことに成功した。 試合後、ドレッシングルームに戻ってくる選手たちが歓喜を爆発、キリアン・ムバッペやモイぜ・ケアン、ラフィーニャはガッツポーズでドレッシングルームに戻ると、選手同士で抱擁。また、貴重な勝ち越しゴールを決めたマルキーニョスも選手たちと握手をしながら、勝利を称えあった。 グループHは首位のPSG、マンチェスター・ユナイテッド、RBライプツィヒの3チームが勝ち点9で並ぶ大混戦。8日の最終節ではPSGvsイスタンブール・バシャクシェヒル、RBライプツィヒvsマンチェスター・ユナイテッドのカードが組まれている。 2020.12.03 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「地球の住人じゃない」イブラヒモビッチがPSG時代に決めたテクニカルなボレーシュートに再脚光

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、トレーニングでもスーパーゴールしか決めないようだ 御年39歳ながら、ミランで今シーズンここまで公式戦10試合で11ゴールを記録するなど、超人的な活躍を続けるイブラヒモビッチ。キャリアを通して、数多くのスーパーゴールを決めてきた、ゴラッソ製造機として知られているが、古巣パリ・サンジェルマン(PSG)でのあるゴールが再び注目を集めている。 <div id="cws_ad">◆ズラタンが見せたミランでのベストゴール(驚愕のゴールは記事下部より)<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPQ2R1cW42NiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> SNS専門メディア『433』は3日、PSGのトレーニングでイブラヒモビッチが決めたゴールの映像をツイッターで共有。動画では、左サイドからの腰くらいの位置に飛んできた低めのクロスを、正面を向いたまま、右足をレの字に曲げ、アウトサイドで驚愕のボレーシュートを決めるイブラヒモビッチが映されている。 思った通りの位置に、一瞬で足を持っていき、完璧にミートしたボレーを放つというワールドクラスのテクニックを披露したイブラヒモビッチだが、本人はこのスーパーゴールにもほとんど顔色を変えていない。イブラヒモビッチくらいの選手になると、このくらいのプレーは朝飯前なのか、狙い通りといった様子で何ともない表情を見せている。 この動画には、ファンからは「彼はどんなタイプのゴールでも決められる」、「地球の住人じゃないだろ」など、イブラヒモビッチのスキルを称賛するコメントが寄せられている。 衰えることない生けるレジェンドの活躍に今後も期待だ。 <div id="cws_ad">◆驚愕のアウトサイドボレーを見せたズラタン<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Zlatan doesn’t do regular goals <a href="https://twitter.com/PSG_inside?ref_src=twsrc%5Etfw">@PSG_inside</a> <a href="https://t.co/cQSqSxktVA">pic.twitter.com/cQSqSxktVA</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1334205372953931776?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.03 19:15 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly