横浜FM、新シーズンに向けバイーア退団濃厚のFWエルベルを確保か

2020.11.06 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスが新シーズンに向けて新たな外国人選手の確保に動いているようだ。ブラジル『BN Esportes』が報じている。

報道によれば、横浜FMはバイーアに所属するブラジル人FWエルベル(28)の獲得オファーを出しているようだ。なお、エルベルとバイーアの契約は今シーズン限りとなっており、クラブは延長交渉を行ったが選手側がこれを拒否したとのことだ。

また、エルベルの代理人を務めるニック・アークリ氏は『BN Esportes』のインタビューで、日本への移籍が近づいていることを明かした。

「エルベルが2021年以降にバイーアに残ることはない。彼は日本のクラブから非常に良いオファーを受けた。バイーアとの関係は12月31日に終了し、彼は海外でプレーすることになるだろう」

「日本からのオファーは3年間の長期契約だった。彼はバイーアに残留する可能性もあったが、日本のクラブの提案はとても魅力的で、彼や彼の家族にとって良い機会だったんだ」

2018年にクルゼイロからバイーアに加入したエルベルは、左ウィングを主戦場とする攻撃的なアタッカー。バイーアでは左ウィング以外にもセンターフォワードや右ウィング、セカンドストライカーなど様々なポジションでプレーしており、在籍3シーズンで公式戦92試合に出場し12ゴール10アシストを記録している。


関連ニュース
thumb

積極性光った湘南と横浜FMの"神奈川ダービー"、制したのは違いを見せたトリコロール【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスの"神奈川ダービー"が14日にレモンガススタジアム平塚で行われ、4-1でアウェイの横浜FMが勝利を収めた。 湘南は今季初勝利後に3試合白星なしと、再び海の底へ沈んでいる。退場者を出しながらも引き分けた前節を浮上のきっかけにしたい今節は、出場停止の瀬川に代わって大橋をスタメンで起用した。 一方の横浜FMは、前節の名古屋グランパス戦で逆転勝ちを収め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)からの帰国後、好スタートを切った。懸念は岩田とエウベルの負傷か。代役を務めるのは藤田と仲川。また、ジョーカー起用の多い水沼も先発に名を連ねた。 前節も前半は主導権を握っていた湘南は、この試合でもリズム良く試合に入った。アグレッシブな姿勢を見せると、5分には高い位置でボールを奪い返して大橋がミドル。12分にはボックス左を取った杉岡がGK高丘を脅かした。 だが、決定力の違いを見せたのは横浜FM。14分、ボックス右角付近で水沼が杉岡のパスを引っ掛けると、アンデルソン・ロペスがボックス内で粘り、こぼれ球を水沼が左隅へ丁寧に流し込んだ。 直後に杉岡が再びフィニッシュを見せた湘南だったが、またも横浜FMのアタッキングフットボールが牙をむく。 自陣の右サイドから対角のパスで大きく展開すると、持ち上がった仲川がボックス左角付近から低く速いクロスを送る。ゴール前のこぼれ球にマルコス・ジュニオールいち早く反応。ヒールパスから最後は小池龍太がプッシュして瞬く間にリードを広げた。 27分にも自陣でのパスミスからアンデルソン・ロペスにあわやの場面を許した湘南は、右の石原、左の畑のクロスからウェリントンが頭で狙うが、いずれも枠を捉えられず、35分の大橋のヘッドもGK高丘に阻まれた。 チャンスを作りながらも生かし切れない湘南はビハインドのまま前半を終えると、ハーフタイムに2枚替えを決行。被先制時にアンデルソン・ロペスとの接触で左内ももを気にしていた米本に代えて田中聡を、古巣対戦となる町野を投入した。 リードする横浜FMもアクシデントで交代枠を使うことになった。戻りながらの守備となった後に畠中が座り込んでしまい、54分に角田との交代を余儀なくされる。 それでも、動揺を見せない横浜FMが59分に追加点を挙げる。自陣の右サイドでボールを奪って速攻へ転じると、マルコス・ジュニオールが中央でキープして左の仲川を使う。2対2の状況から右サイドを水沼が猛然と駆け上がって数的優位を作ると、カットインした仲川は水沼を使い、クロスにアンデルソン・ロペスが合わせてカウンターを完結させた。 ホームで意地を見せたい湘南は失点直後に再びの2枚替えで推進力を高めるが、それを逆手に取られて空いたスペースをいいように使われてしまう。さらに、スライディング後に相手選手の膝が顔面に入った舘が脳震とうの疑いで交代するという泣きっ面に蜂。77分には交代で入った池田が気を吐くミドルを見せ、直後には町野にもビッグチャンスが訪れるが、前者は枠外、後者はGK高丘の好セーブに阻まれた。 それでも83分、スルーパスに反応した町野が右のポケットを取ると、流れたボールをGK高丘に先んじて田中が回収。GKを釣り出して折り返し、ウェリントンが頭で合わせてようやく1点を返す。 だが、反撃ムードの高まる湘南を横浜FMが打ち砕く。91分、高いラインを敷いた湘南の背後へ渡辺が浮き球を送ると、レオ・セアラが胸でコントロール。やや流れるも、ボックス外での処理となったGK谷のヘディングクリアは後方へ流れ、回収したレオ・セアラが無人のゴールへ流し込んで試合を決定づけた。 被シュート数こそは多かったものの、本当に危険な場面は数えるほどに抑えた横浜FM。アタッキングの真髄を見せ、連勝を飾っている。一方の湘南は、チャンスの数と得点が比例せず。決定力を欠き、4試合未勝利で最下位へと転落した。 湘南ベルマーレ 1-4 横浜F・マリノス 【湘南】 ウェリントン(後38) 【横浜FM】 水沼宏太(前14) 小池龍太(前20) アンデルソン・ロペス(後14) レオ・セアラ(後46) 2022.05.14 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.103】マリノスの新得点源は代表滑り込みを果たせるか?/西村拓真(横浜F・マリノス/FW)

「西村(拓真)は今季、非常にいいスタート切った。トップ下にはマルコス・ジュニオール、吉尾海夏、西村の3人がいて、1人1人のキャラクター、能力が全く違う。試合ごとに選択肢が出てくるのはチームの強みになっている。その中でも西村は要求以上のことをやってくれていると思っています」 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻った直後の5月初旬、横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督がこう評した通り、今季新加入の西村拓真がいい味を出している。 開幕当初は出番が少なかったものの、3月2日のヴィッセル神戸戦にトップ下で初先発し、2ゴールを奪ってから指揮官の評価が一気にアップする。4月10日の鹿島アントラーズとの上位対決でも勝利を決定づける2点目を叩き出し、ACL1次ラウンドの重要局面だった4月25日のシドニーFC戦でも2点目をゲット。「ここ一番で点を取れる男」という印象を強めたのである。 それだけではない。西村には凄まじい走りで攻守両面に絡めるダイナミックさとい長所がある。前述の鹿島戦でもチーム最多走行距離の12.511キロを記録。スプリント回数も22という数字を残した。もちろん昨季の得点源だった前田大然(セルティック)のデータには及ばないが、彼の抜けた穴を着実に埋めているのは確か。「西村はチームのためにベストを尽くす。本当に手を抜かずに走ってくれる」とマスカット監督が称賛するのも頷ける話だ。 となれば、日本代表入りの期待も高まってくるところ。しかしながら、彼の経歴を見ると、富山第一高校時代の2012年に富山県選抜として国体に出場し、2013年にU-17北信越選抜入りした経験があるだけ。日の丸とは縁遠いキャリアを送ってきた分、どうしてもハードルは上がると言わざるを得ない。 しかも、1996年生まれは2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪世代の一番下の学年。鎌田大地(フランクフルト)も代表入りが2019年3月のコロンビア戦(日産)までズレ込んだし、鈴木優磨(鹿島)もお呼びがかからないまま現在に至っている。そういったマイナス要素がある分、圧倒的な実績を残さない限り、森保一監督が重い腰を上げる気にはならないだろう。その厳しさを本人もよく分かっているはずだ。 まさに前田大然も2021年のJ1で23ゴールという驚異的な数字を叩き出したことで、日本代表に呼ばれ、念願だった1トップで起用されるまでになった。それまでの彼は代表に行くたび左サイドに据えられ、「前で勝負したい」と言い続けられながらも、そういう扱いをしてもらえなかった。それを自らの活躍で覆し、セルティック移籍、新天地でのコンスタントな活躍につなげている。 ベガルタ仙台時代の2018年にJ1・11ゴールを挙げ、ロシア1部・CSKAモスクワから引っ張られた西村は「数字こそ成功の源」だと身をもって理解しているに違いない。結局、コロナ禍もあって1度目の海外挑戦はロシアからポルトガル1部・ポルティモネンセへ赴く形で幕を閉じたが、2度目がないとも言い切れない。今や代表でエース級の存在感を示している伊東純也(ヘンク)も27歳になろうという時にベルギー行きを決断している。アタッカーにはそれだけの可能性があるのは事実だろう。 だからこそ、西村にはここからギアを一段階二段階引き上げ、ゴールラッシュを見せる必要がある。現時点ではJ1・4点で得点ランキング5位タイにつけているが、鈴木優磨や上田綺世(鹿島)らを抜いて日本人トップになることが最初のターゲットと言っていい。ここからのマリノスは18日の湘南ベルマーレ戦を皮切りに、18日の浦和レッズ戦、21日のアビスパ福岡戦、25日の京都サンガF.C.戦、そして29日のジュビロ磐田戦と5連戦が待ち構えている。そこで1試合1点ペースで加算していけば、早くも2ケタが見えてくる。そんな理想的なシナリオを描くことが肝要だ。 6月の日本代表4連戦のメンバー発表は20日に予定されているから、そこに西村が滑り込む可能性は極めて低い。ただ、彼ら国内組には7月のEAFF E-1選手権がある。コロナの影響で中国開催から日本開催に変更され、開催地は愛知県豊田市中心になる見込みだ。名古屋市出身の西村にしてみれば、その舞台に立って目覚ましい活躍を見せたいと願わないはずがない。E-1から11月のカタール・ワールドカップ(W杯)滑り込みの確率も極めて低いだろうが、可能性のある限り、突き進んでいくしかない。 「マリノスは本当にアタックの回数が多いチームなので、いろんなチャンスが来る。そこで決めきる技術を高めていけば、(2021年チーム総得点の82得点は)成し遂げられる数字だとは思います。結果にこだわり、守備のプレッシングをどんどんやりつつ、個性を出していきたいです」と西村はシーズン当初、語気を強めていた。現時点のチーム総得点19をその領域に引き上げるためには、誰かが起爆剤にならなければいけない。ギラギラしたこの男には大化けする予感が少なからずある。トリコロールの背番号30のここからの一挙手一投足を期待を込めて見守りたい。 2022.05.14 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:湘南vs横浜FM】2勝目欲しい湘南、3連勝目指す横浜FMによる“神奈川ダービー”

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 16:00キックオフ 湘南ベルマーレ(17位/7pt) vs 横浜F・マリノス(3位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆ホーム初勝利なるか【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイでアビスパ福岡相手にゴールレスドロー。連敗を「2」でストップした。 もはや定位置となりかけている残留争いの湘南。今季2勝目、ホーム初勝利を目指す相手は横浜FMだ。 ここ数年磨かれているアタッキングフットボールで圧倒的な攻撃力を見せている横浜FM。ホームゲームながら、やはり守備から入らなくてはいけない試合となるだろう。 湘南としては4失点した前回のホームゲームの清水エスパルス戦の二の舞は避けなければいけない。油断せず、しっかりと耐えていくことがまずは大事だろう。 あとはいかにして少ないチャンスをゴールに繋げるか。相手の隙を突くという集中力、守備で隙を作らない集中力が必要だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:大岩一貴、舘幸希、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:タリク、町野修斗 監督:山口智 ◆6連戦の初戦で良いスタートを【横浜F・マリノス】 前節はホームに名古屋グランパスを迎え、2-1で勝利。ACLでの疲労も感じさせず、しっかりとした戦いぶりを見せた。 今シーズンは開幕からローテーションを繰り返しており、選手の底上げはACLでも実現。その結果、ケガや出場停止を含めた選手変更があっても、動じないチームになっている。 しかし、ここからは怒涛の6連戦。優勝を目指すという点では、この6連戦を勝ち切ることは非常に重要となる。 前節はエウベルと岩田智輝が負傷。しかし、代役はたくさんいる。しっかりと全体が連動し、得意のパスワークで湘南のブロックを崩せるか。フィニッシュワークにも注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、仲川輝人 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.14 13:34 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がサポーター1名に2試合の入場禁止処分、日産スタジアムで案内看板破損

名古屋グランパスは10日、横浜F・マリノス戦でのサポーターの違反行為を報告。処分を発表した。 クラブの発表によると、7日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜FMにて、試合終了後にビジターサポーターズシート観戦者による、「スタジアム設備の破損行為」が確認されたとのことだ。 クラブによると、試合後に「スタジアム設備の案内看板を破損させ」とのこと。たこの行為に関して、クラブは当事者の特定及び事実確認を行い処分を決定した。 対象者は1名で、名古屋のホームゲーム2試合の入場禁止に。セレッソ大阪、アビスパ福岡戦が入場禁止となり、アウェイでの2試合も入場禁止となる。 2022.05.10 15:52 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがA・ロペス弾で逆転勝ち、名古屋はまたも先制点を守り切れず【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節、横浜F・マリノスvs名古屋グランパスが7日に日産スタジアムで行われ、ホームの横浜FMが逆転勝ちを収めた。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージを突破してJ1リスタートとなる横浜FMは、マルコス・ジュニオール、エウベル、レオ・セアラ、アンデルソン・ロペスが前線でブラジル人カルテットを形成した。一方の名古屋は5試合勝利なしと低空飛行が続く。今節は酒井が5試合ぶりに先発で起用され、マテウス・カストロとの2トップを組んだ。 序盤から多くのセットプレーを得ていた名古屋は24分に右CKから試合を動かす。マテウスのキックに合わせたのは、中央からニアへ入り込んだ中谷。エウベルの前で頭で触って流し込んだ。 失点を喫した横浜FMは直後にアクシデント。中盤の競り合いで岩田が稲垣とのコンタクト時に嫌な着地姿勢に。一度はピッチに戻ったものの、30分に負傷交代となり、代わって藤田がピッチへ立った。 横浜FMが嫌な流れを払拭したのは35分。右サイドで押し込んだ状況を作ると、スローインから畠中が横パスをいれてワンタッチで喜田が前線へ。これを丸山がクリアし損ねてゴール方向へこぼれると、中谷よりも早く反応したエウベルが頭で押し込み、試合を振り出しに戻す。 前半終了間際にはセンターサークル内でかわしからシュートを放ったエウベルが着地後に転倒。岩田のことがあっただけにひやりとしたものの、大事を取ってか残り時間はプレーせずにハーフタイム明けには仲川が代わって投入された。 後半の立ち上がりも名古屋がリズムをつかみ、マテウスのインスイングのクロスがゴールを脅かせば、ボックス右外での直接FKも直接狙う。GK高丘がかき出して得た直後の右CKでは、ニアで藤井がそらすと、酒井に当たってゴールイン。勝ち越しかと思われたが、GK高丘の前に立っていたオフサイドポジションの選手がインパクトを与えたと判断され、得点は認められなかった。 それでも畳みかける名古屋は、ゴール正面やや距離のある位置からマテウスが狙った直接FKがフレーム右上部を直撃。横浜FMもボックス右でアンデルソン・ロペスが2人のDFをかわしての左足を見せるなど、好機を作る。 互いにチャンスを作りながらもあと1歩届かない状況で終盤を迎えると、前へ出たのは横浜FMだった。途中出場の西村が藤田とのパス交換を経てボックス右から低い弾道でファーを狙うと、GKランゲラックが弾いたボールをアンデルソン・ロペスがプッシュ。ホームチームが大きな逆転ゴールを挙げた。 7分が示されたアディショナルタイム最終盤にもセットプレーからピンチを招くも、しのぎ切って逃げ切り成功。ACLの勢いをリーグ戦にもつなげている。 横浜F・マリノス 2-1 名古屋グランパス 【横浜FM】 エウベル(前35) アンデルソン・ロペス(後41) 【名古屋】 中谷進之介(前24) 2022.05.07 17:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly