還暦目前のマラドーナが隔離措置…新型コロナ感染のボディーガードと濃厚接触

2020.10.28 20:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチンのレジェンドであるヒムナシア・ラ・プラタのディエゴ・マラドーナ監督が、自己隔離措置をとっているようだ。アルゼンチン『テラム』が報じた。報道によると、マラドーナ氏は新型コロナウイルス(COVID-19)に感染はしていないものの、ボディーガードの1人が感染し症状を発症したとのこと。そのため、濃厚接触者として隔離措置を取ることになったようだ。

『テラム』によると、マラドーナ氏は週末当該のボディーガードと接触。27日から自己隔離を始めたようだ。

またマラドーナの状態については、「現在マラドーナは症状を示していない。彼の状態はしっかりと監視されており、木曜日にPCR検査を行う」とされている。

今週金曜日の10月30日に60歳の誕生日を迎えるマラドーナ氏。今回は隔離した状態で誕生日を迎えることになりそうだ。

なお、マラドーナ氏は10月3日にサン・ロレンソとの試合でのちに新型コロナウイルスに感染していた選手とハグしており、すでに隔離措置をとっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

過去にはスアレスが8試合停止…人種差別疑いのカバーニが改めて謝罪、ユナイテッドは声明発表

人種差別の疑いをかけられているマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが謝罪した。クラブ公式サイトが伝えた。 カバーニは11月29日、アウェイで行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始から投入。2ゴール1アシストをマークするハイパフォーマンスを発揮し、逆転勝利に貢献した。 <div id="cws_ad">◆後半キックオフに間に合わず慌てる途中出場のカバーニ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=xwgpuuoejv1x199x52y5qt2sm" async></script></div> 試合後、ファンから活躍を祝したメッセージが届いたことに対して、カバーニは「gracias negrito(ありがとう、黒い人)」と返信。その文章内の「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始するとされていた。 カバーニに悪意はなかったとされるが、ヨーロッパにおける言葉の意味を知らされ、すぐに問題の投稿を削除。しかし、過去にはリバプールに所属していたウルグアイ代表FWルイス・スアレスがユナイテッドのDFパトリス・エブラに同じ言葉を浴びせた結果、FAから8試合の出場停止処分が下されていた。 カバーニは改めてクラブを通じて投稿を謝罪。悪意はなかったと弁明した。 「日曜日の試合後に投稿したメッセージは、友人への愛情のこもった挨拶であり、試合後の彼の祝福に感謝したものだ」 「僕がやりたかった最後のことは、誰かに不快感を与えることだった。人種差別に完全に反対しており、解釈が異なる可能性があると説明され、すぐにメッセージを削除した。心よりお詫び申し上げます」 また、ユナイテッドもカバーニに悪意はなかったと弁明。人種差別と戦っていくとした。 「エディンソンのメッセージの背後には悪意が全くなかったことが明らかであり、誤解される可能性があると知らされてからすぐに削除した」 「エディンソンは意図しない違反が発生したことを受けて謝罪した。マンチェスター・ユナイテッドと全ての選手は、人種差別との戦いに全力で取り組んでいる」 2020.12.01 01:11 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン3部クラブが元イングランド代表DF獲得を発表!しかし、本人が否定「知らなかった」

元イングランド代表DFジョレオン・レスコット(38)が架空の移籍被害に遭っていた。 イングランド代表として26試合に出場しているレスコット。2017年7月にサンダーランドを退団して以降は無所属状態が続いていたが、27日にセグンダB(スペイン3部)のラシン・ムルシアがレスコットの獲得を発表していた。 <div id="cws_ad">◆レスコット、シティ時代のプレー集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmVHNXQTZvUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 17年間のキャリアを2017年に終えていたレスコットだが3年ぶりに復帰することとなり、ラシン・ムルシアは12月16日のレバンテとのコパ・デル・レイ1回戦でプレーすると発表していた。 しかし、この移籍についてレスコットが否定。イギリス『BBC』の「Radio 5 Live」でコメントした。 「スペインで試合に出てみないかというオファーが私に来た。それを探っている段階だった」 「来週までには真実が何かわかるだろう」 「契約したとは知らなかった。会話はしていたよ。引退することになるが、1試合だけなら参加するとね」 レスコットはウォルバーハンプトンでキャリアをスタート。その後、エバートンやマンチェスター・シティ、WBA、アストン・ビラ、AEKアテネ、そしてサンダーランドでプレーした。 プレミアリーグでは288試合に出場し24ゴール11アシスト、チャンピオンズリーグでも10試合、ヨーロッパリーグでも9試合に出場している経験の持ち主だ。 ラシンは「今後数日でクラブはリーグとコパ・デル・レイの両方でチームが目標を達成するのを助けてくれるスター選手の契約を発表する」としていたが、レスコット本人は否定。果たして、どのような決着を迎えるだろうか。 <div id="cws_ad">◆クラブは公式発表しているが…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nuestro presidente Morris Pagniello <a href="https://twitter.com/MorrisPagniell2?ref_src=twsrc%5Etfw">@MorrisPagniell2</a> y el club <a href="https://twitter.com/hashtag/RacingMurcia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RacingMurcia</a> están felices de anunciar el fichaje de la estrella inglesa Joleon <a href="https://twitter.com/hashtag/Lescott?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Lescott</a> <a href="https://twitter.com/JoleonLescott?ref_src=twsrc%5Etfw">@JoleonLescott</a>, que disputará el partido de <a href="https://twitter.com/hashtag/CopaDelRey?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CopaDelRey</a> contra <a href="https://twitter.com/LevanteUD?ref_src=twsrc%5Etfw">@LevanteUD</a>.<a href="https://twitter.com/hashtag/England?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#England</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ManCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ManCity</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/futbol?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#futbol</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/RacingCityGroup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RacingCityGroup</a> <a href="https://t.co/4udIsndMPh">pic.twitter.com/4udIsndMPh</a></p>&mdash; Racing Murcia FC (@racingmurciafc) <a href="https://twitter.com/racingmurciafc/status/1332256117544673280?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.30 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

英チャンピオンシップで珍事! プレストンDFが相手の股間をガッ…!

DFダーネル・フィッシャーという選手をご存じだろうか。現在、あることが原因で3試合の出場停止処分に直面している、チャンピオンシップのプレストンに所属する右サイドバックだ。 この男が何をしたのかというと、21日に行われたシェフィールド・ウェンズデー戦で、相手FWカラム・パターソンの股間を握ったのだ。セットプレーの際にパターソンのマークに付いていたフィッシャーは、パターソンのパターソンを発見するやいなや、「何だこれは」と言わんばかりに2度も股間をまさぐった。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The FA will look into an incident which appeared to show Preston&#39;s Darnell Fisher twice grabbing Callum Paterson&#39;s genitals in their win over Sheffield Wednesday.</p>&mdash; Sky Sports News (@SkySportsNews) <a href="https://twitter.com/SkySportsNews/status/1330558599693799433?ref_src=twsrc%5Etfw">November 22, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> まるで今年の大ヒットドラマのあのオネエキャラを連想させるような行為に、FA(イングランドサッカー協会)は暴力的、侮辱的行為にあたるとして3試合の出場停止処分を検討。だが、最終決定は下されないまま、25日のブラックバーン戦を迎えることになった。 フィッシャーはこの試合も先発出場。出場停止処分直前でさぞかし反省しているかに思いきや、元セルティックはこの日も珍行為に及んだ。 ターゲットはMFルイス・ホルトビー。何食わぬ顔で少しずつ距離を詰めていく。しかし、その情報を頭に入れていた元トッテナムMFは、素早く両手で股間をガード。広い視野でフィッシャーの攻撃を未然に防いだのだ。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lewis Holtby with the LOL&#39;S <a href="https://t.co/Zox036j65T">pic.twitter.com/Zox036j65T</a></p>&mdash; White Boy Rick (@rupewhyte) <a href="https://twitter.com/rupewhyte/status/1331339836821819395?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 残念ながら未遂に終わったフィッシャー。今後FAからどのような決定が下されるのだろうか。もしホルトビー侵攻が成功していた場合、より重い処分になる可能性もあったかもしれない。 2020.11.26 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「今は涙する時」マラドーナに愛され、マラドーナを愛したナポリは言葉を失う

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad">◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、マラドーナ氏によって2度のスクデット獲得を達成するなど黄金期を迎え、マラドーナ氏が常に愛情を語っていたナポリがツイッターを更新。今は言葉がないとした。 「誰もが我々からの言葉を待っていると思います。しかし、我々が経験しているこの痛みを、どのような言葉で表現できるだろうか」 「今は涙する時です。その後に語る時間が来るでしょう」 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Tutti si aspettano le nostre parole. Ma quali parole possiamo usare per un dolore come quello che stiamo vivendo? Ora è il momento delle lacrime. Poi ci sarà il momento delle parole.<br>Diego <a href="https://t.co/mjwhrSczPG">pic.twitter.com/mjwhrSczPG</a></p>&mdash; Official SSC Napoli (@sscnapoli) <a href="https://twitter.com/sscnapoli/status/1331650523402022920?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.26 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「ディエゴは永遠」マラドーナ氏の急逝にメッシが追悼メッセージ

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUZFNjMTY5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、常に比較対象となり、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは選手と監督としての関係も築いたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが自身のインスタグラムを更新。2ショットを添えて哀悼の意を示した。 「全てのアルゼンチン人と、フットボール界にとってとても悲しい日だ。彼は僕たちの元を去るけど、どこにもいかない。ディエゴは永遠だからだ」 「僕は彼と一緒に過ごした全ての美しい時間を忘れず、僕は彼の家族や友人全員に哀悼の意を送りたいと思います。R.I.P」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIBeukIlowA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIBeukIlowA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIBeukIlowA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 08:05 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly