チェルシーのGK2番手はチェフだと考えるシュウォーツァー「ケパやカバジェロより上」

2020.10.28 16:47 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてミドルズブラやフルアムで活躍し、チェルシーにも所属していたマーク・シュウォーツァー氏は、現在のチェルシーで2番目に優れているGKは元チェコ代表GKペトル・チェフだと考えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。チェルシーは2018年8月に7100万ポンド(現レートで約96億5800万円)で獲得したスペイン代表GKケパ・アリサバラガが不振を極め、控えのアルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロも安定感に欠けるなど、GKに不安を抱えていた。

こうした事情もあってか、チェルシーはプレミアリーグのメンバーリストに、かつてチームの絶対的な守護神として活躍し、現在はクラブのテクニカル・ディレクターを務めているチェフを登録。2019年に引退した38歳の同選手に現役復帰の可能性が持ち上がったことは、驚きを与えていた。

幸い、今夏の移籍市場で獲得したセネガル代表GKエドゥアール・メンディが安定したパフォーマンスを見せ、ようやく守護神問題が落ち着いたチェルシー。そんな中、シュウォーツァー氏はオーストラリア『Optus Sports』で、メンディがやってくるまでチームのベストGKはチェフだったと主張している。

「私の考えでは、彼(チェフ)はチェルシーのキーパーの誰よりも優れていた。ただし、これはメンディがクラブにやってくる前の話だけどね。単純に(チェフは)チェルシーのキーパーたちよりもトレーニングでのパフォーマンスが良かった。彼は自分がとても良い感触だと言っていたよ」

また、シュウォーツァー氏が語るところによれば、チェフ本人も現在の調子の良さから、引退を決める決断は時期尚早だったと感じているようだ。

「(チェフは)オフを取った後にこれほど良いフィーリングになると知っていたら、半年オフを取るだけで、引退はしなかったかもと言っていた」

「彼は実際、自分の体調は万全であり、まだまだプレミアリーグでプレーする十分な強さを備えていると信じているようだ。キャリアの終盤より、今の方がもっと遠くへボールを蹴れるようになっているよ」

「彼は足首やふくらはぎのケガが原因でキックに支障をきたしていた。ただ、今は全く問題ないんじゃないかな。今までと同じようにボールを蹴っているからね」

チェフは2004年夏にチェルシーに移籍してから、11年の在籍期間でプレミアリーグ(4回)、FAカップ(4回)、チャンピオンズリーグ(1回)、ヨーロッパリーグ(1回)のタイトル獲得に貢献している。シュウォーツァー氏の言う通りもしも状態が良好なのであれば、チェルシーにとってこんなに頼もしい“新戦力”はいないはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ドリンクウォーターがチェルシーからトルコへレンタル移籍

トルコ・スーパーリーグのカスムパシャは18日、チェルシーから元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(30)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ドリンクウォーターは2012〜2017年までを過ごしたレスター・シティで主軸を張り、2015-16シーズンの優勝に貢献。その活躍が認められ、イングランド代表にも呼ばれるようになり、2017年夏にチェルシー入りした。 しかし、ケガだけでなく、ピッチ外でのトラブルも明るみとなり、監督の信頼を勝ち取れず、バーンリーやアストン・ビラにレンタル。今季からチェルシーに復帰したが、依然として出番を得られずの状況だった。 カスムパシャは1921年に創設されたクラブで、先日1月15日にちょうど100周年を迎えた。歴史は長いがトップリーグでの経験は浅く、2012-13シーズンのスュペル・リグ昇格はクラブ史上4度目のことだった。 だが、その後はチーム補強に力を入れており、かつては元オランダ代表FWライアン・バベルやポルトガル代表FWリカルド・クアレスマも所属した。9年連続でトップリーグで戦っている今季は、ここまで6勝4分け7敗で15位に位置している。 2021.01.18 21:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツの万能アタッカー、シュールレがチェルシーで決めた唯一のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ氏がチェルシーで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆シュールレが見せた抜群の決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYRldBajR6eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マインツやレバークーゼンで頭角を現し、2014年ブラジルワールドカップ(W杯)では、ドイツ代表の優勝メンバーとなったシュールレ氏は、2013年夏にチェルシーに加入。プレミアリーグでも活躍を見せた。 チェルシーでは、在籍1年半で公式戦65試合に出場し、14ゴールを記録したが、2014年3月1日に行われたプレミアリーグ第28節のフルアム戦では、チェルシーでの唯一となるハットトリックを決めている。 前半を0-0で折り返して迎えた52分、自陣からFWエデン・アザールが放ったロングボールにシュールレが抜け出すと、相手DFとの競り合いを制してそのままボックス内まで侵入。GKとの1対1の場面で落ち着いてシュートを沈め、先制点を挙げる。 続く65分、再びアザールがボールをボックス手前まで運ぶと、右サイドから中央にスライドしてきたシュールレに絶妙のタイミングでスルーパスを出す。ボックス内左に抜け出したシュールレは、ゴール左の位置からファーポストへ正確なシュートを流し込み、追加点をマークした。 直後の69分、今度はロングボールを前線で収めたFWフェルナンド・トーレスからのスルーパスにシュールレが抜け出し、そのままGKと1対1に。このチャンスもしっかりとゴール左にシュートを決め、抜群の決定力を活かした見事なハットトリックを決めた。 試合は、フルアムが1点を返したものの、チェルシーが3-1で逃げ切り、勝利を収めている。 2021.01.18 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバが規則違反でFAの懲戒危機に…何をした?

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが、ある行為でFA(イングランドサッカー連盟)からの懲戒の危機に瀕しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 チェルシーは16日、プレミアリーグ第19節でフルアムと対戦した。相手は18位に沈む格下ながら、積極的で組織された守備に苦しみ、得点すら怪しい状況に立たされる。 それでも試合終盤に、クロスのこぼれ球に反応したMFメイソン・マウントがシュートを突き刺し先制。この虎の子の1点を守り切り、チェルシーは4試合ぶりの勝利を収めた。 そして、問題があったのはこの後。チアゴ・シウバは試合会場となったクレイヴン・コテージで働く作業員に、来ていたユニフォームを投げ渡したのだ。通常であれば温かい一面として取り上げられるだろうが、このコロナ禍では様子は異なるようだ。 プレミアリーグは感染拡大を防止するプロトコルの一部として、ユニフォームの交換や譲渡を禁止しているとのこと。先週、最高経営責任者であるリチャード・マスターズは各クラブに「強化されたルールを遵守することの決定的な重要性を強調する」ための手紙を送ったという。 プレミアリーグは現在、チアゴ・シウバの行為に対して罰を与えるか検討中とのこと。なお、新しいガイドラインでは、握手やハイタッチ、抱擁も避けなければならないと主張されているようだ。 2021.01.17 16:47 Sun
twitterfacebook
thumb

4試合ぶり勝利のランパード監督、決勝ゴールのマウントを称賛「若手選手のお手本」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、勝ち切ったチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは16日に敵地で行われたプレミアリーグ第19節でフルアムと対戦。主導権を握りながらも、ゴールが奪えない状況が続いたが、78分にDFベン・チルウェルのアシストからMFメイソン・マウントが決勝ゴールを奪い、0-1で勝利を収めた。 4試合ぶりの勝利を手にしたランパード監督は、苦戦を強いられながらも、勝ち切ったチームを評価。そして、今後に控えるレスター・シティや、ウォルバーハンプトンとの一戦に向けて前進したいと意気込んだ。 「選手たちはパフォーマンスが向上している相手に対して、とても上手くアプローチをしてくれたよ」 「前半の最後に少し雑になってしまったが、試合をコントロールすることができていた。課題は10人になった相手に対して、これを利用し、敵陣で素早くボールを動かすことだった。彼らはキャンプをして、自分たちが何をすべきか理解していたから簡単でなかったね」 「冷静になることがとても重要だったんだ。最近のリーグ戦のパフォーマンスは我々が望んでいたものではなく、首位から離れてしまっていた」 「低いブロックに直面した時は、ライン間を通すちょっとした魔法のようなパスが必要なんだ。メイソン(・マウント)がゴールするまではそういったものが無かったが、忍耐力とボールの動かし方は良かったと思う」 「メイソンがゴールを決めたのは当然だ。彼の全体的なパフォーマンスは素晴らしかったが、チームスピリットも素晴らしかったよ」 「今日はリーグ戦で軌道に乗るという点では小さな一歩だったが、今月中に何試合かのビッグゲームが予定されているから、それに向けて前進することだけが重要だ」 また、ランパード監督は決勝ゴールを記録したマウントについても言及。自身の若手時代を引き合いに出し、絶賛している。 「彼は我々にとって非常に良い選手だ。先週22歳になったばかりだが、若手選手のお手本だね。私は22歳でチェルシーに移籍してきたが、加入初年度は世界を吹き飛ばすような活躍をしたわけではなく、足元を見つめていた。メイソンはすでに多くの試合に出場している。彼の努力と姿勢は素晴らしい」 2021.01.17 09:52 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のフルアムに苦戦もマウント弾で逃げ切ったチェルシーが4試合ぶりの白星!《プレミアリーグ》

チェルシーは16日、プレミアリーグ第19節でフルアムと対戦し1-0で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない9位チェルシー(勝ち点26)が、18位に沈むフルアム(勝ち点12)のホームに乗り込んだ一戦。直近に行われたFAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部)に所属するモアカムに4-0で完勝したチェルシーは、その試合から先発を7人変更。ヴェルナーやハドソン=オドイ、ハヴァーツらに代えてジルーやプリシッチ、ジョルジーニョらを先発で起用した。 3トップにツィエク、ジルー、プリシッチを並べた[4-3-3]で試合に臨んだチェルシーは、立ち上がりからボールを支配すると9分に最初の決定機を迎える。ボックス右でボールを受けたプリシッチの落としからボックス手前のジルーが左足アウトでゴールを狙ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 主導権を握るチェルシーは、25分に左クロスのクリアミスをボックス内で拾ったマウントがワントラップからシュート。さらに26分には、マウントの左CKからリュディガーがヘディングシュートを放ったが、シュートはクロスバーとGKアレオラの好セーブに弾かれた。 相手の勢いに呑まれて防戦一方のフルアムは41分に決定機。左サイドを持ち上がったA・ロビンソンのクロスを逆サイドの駆け上がったテテがゴール前にワンタッチパス。これをカバレイロがダイレクトで合わせたが、シュートは枠に上に外れた。 ピンチを凌いだチェルシーは44分、中盤でのこぼれ球に反応したアスピリクエタがA・ロビンソンに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、チェルシーは数的優位となって前半を終えた。 迎えた後半は数的有利のチェルシーが立ち上がりから押し込む展開となるが、5バックで守るフルアムを攻略できず、決定機まで持ち込めない状況が続く。63分には、ツィエクのパスをゴール前で受けたジルーがチャンスを迎えたが、これはオフサイドの判定となった。 先制点が遠いチェルシーは、65分にジョルジーニョを下げてエイブラハムを投入。さらに75分には、ツィエクとジルーを下げてハドソン=オドイとヴァルナーをピッチに送り出した。 すると78分、ボックス右から侵入したハドソン=オドイが逆サイドへ浮き球のパスを送ると、これをボックス左手前で受けたチルウェルが縦に切り込みクロス。これは相手GKがパンチングで弾いたが、こぼれ球をマウントがハーフボレーでゴール右に突き刺した。 結局、このゴールが決勝点となりチェルシーが勝利。10人相手に苦しみながらもマウント弾で逃げ切ったチェルシーが4試合ぶりの白星を飾っている。 2021.01.17 04:35 Sun
twitterfacebook