「苦戦して勝利すれば美しい」バイエルン指揮官、苦しみながらの勝利に喜び

2020.10.28 11:51 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのハンジ・フリック監督がロコモティフ・モスクワ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。前回王者のバイエルンは27日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でロコモティフ・モスクワと対戦。13分にMFレオン・ゴレツカのゴールで先制に成功すると、同点に追いつかれた後半にMFヨシュア・キミッヒが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利した。

思わぬ苦戦を強いられたフリック監督は、選手たちのハードワークに称賛の言葉を送り、どこが相手であろうと苦戦するとロコモティフ・モスクワを称えている。

「ハードワークをしたから勝利できたと私はチームに話した。最終的にそれに値したからね。我々と同じグループの他のチームもモスクワに苦戦すると私は確信している。だから、勝利は重要だった」

「先制点はセンセーショナルなプレーだった。モスクワはとても好調で非常に深い位置にポジションを取り、ロングボールを多用していたからね」

「だから我々は不必要に走らなければいけない時もあったから、ダメージを与えられた。2-1という結果は我々が望んでいたものではなかったものの、当然のことだ。こういった試合があるのも当然だ。それを勝ち取った場合、さらに美しくなる」
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、ドローで主力温存バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップも突破は最終節にお預け《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第5節、アトレティコ・マドリーvsバイエルンが1日に行われ、1-1のドローに終わった。 グループ2位に位置するアトレティコ(勝ち点5)と、4連勝で2節を残しての首位通過を決めた王者バイエルン(勝ち点12)による強豪対決。 ここまで1勝1敗2分けと、絶好調のリーグ戦とは打って変わって難しい戦いが続くアトレティコ。数時間前に開催されたロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)と、レッドブル・ザルツブルク(勝ち点4)の試合がザルツブルクの勝利に終わったことで、今節での決勝トーナメント進出のチャンスを得た。王者相手にリベンジを狙う一戦ではバルセロナに完勝した一戦と同じメンバーで[5-3-2]の布陣を採用した。 一方、バイエルンは週末に控えるRBライプツィヒとのビッグマッチを睨んで守護神ノイアー、主砲レヴァンドフスキ、ミュラー、コマンらを温存。アレイ=ムビ、ミュージアラの若手コンビ、チュポ=モティングらを起用。さらに、今後のオプションか、アトレティコ対策か[3-4-2-1]の布陣に変更した。 試合は立ち上がりからモチベーションの面で大きく勝るホームチームが押し込む入りを見せる。ここ数試合で熟成を見せる新布陣の機能性が高く、前線で自由を謳歌するフェリックス、切れ味抜群のカラスコのコンビネーションを軸に左サイドから幾度も鋭い攻撃を仕掛ける。 一方、即席のスカッド、布陣のバイエルンは球際でも競り負ける場面が多くなかなかリズムに乗れない。それでも、立ち上がりから攻撃面で光るものを見せていたミュージアラを起点に幾つか良い形を作り、14分にはボックス内のサネにシュートチャンスも、左足のシュートを大きくふかしてしまう。 その後もアトレティコの時間が続く中、23分にはフェリックスの足裏を使った見事なパスに抜け出したカラスコが左のサイドネットを叩く際どいシュートを放つと、この直後にゴールが生まれる。26分、相手陣内右サイド深くでのスローインからマルコス・ジョレンテがゴールラインぎりぎりでマイナスに折り返す。これに反応したフェリックスがDFの前に身体を入れて見事な右足のダイレクトシュートを叩き込んだ。 その後はミュージアラが個人技でGKオブラクを脅かす場面を作ったものの、アトレティコが圧倒的に押し込んでいく流れは変わらず。ホームチームの1点リードで前半終了となった。 後半は立ち上がりこそバイエルンが押し込む流れとなったが、アトレティコがすぐさま押し返して拮抗した展開に。 CL連勝記録更新を目指すフリック監督は60分過ぎにニャブリ、ミュラーの主力2選手とクリス・リチャーズを一気に投入。対してアトレティコは筋肉系のトラブルに見舞われたヒメネスを下げてフェリペ、80分には逃げ切りを意識してコレアからエクトル・エレーラへの交代を図った。 主力の投入でより攻撃が活性化されたバイエルンは終盤にかけて押し込む状況が続くが、最後のところでアトレティコの堅守をこじ開けられない。だが、85分にはボックス内でニャブリのパスを足元で受けたミュラーがDFフェリペのファウルを誘い、土壇場でPKを獲得。これをミュラー自ら冷静に流し込み、王者の意地を見せる同点ゴールとした。 これで再びゴールが必要になったアトレティコはカラスコ、フェリックスに代えてロージ、レマルを投入してここから攻勢に出る。試合終了間際の右CKの場面ではファーに流れたボールにフリーのフェリペが飛び込むが、ここはうまくボールを触ることができず、試合はこのままタイムアップ。 この結果、バイエルンのCL連勝記録を「15」でストップしたアトレティコだったが、今節での決勝トーナメント進出はならず。最終節では勝ち点2差のザルツブルク相手に引き分け以上の結果を残せれば、突破が決める。 アトレティコ・マドリー 1-1 バイエルン 【#アトレティコ】 フェリックス(前26) 【バイエルン】 ミュラー(後41[PK]) 2020.12.02 07:26 Wed
twitterfacebook
thumb

キミッヒが復帰に向けて個人練習を再開! フリック「朝から晩まで練習場にいる」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが来年1月の復帰に向けて個人トレーニングを再開している。ドイツ『ビルト』が伝えている。 キミッヒは先月7日に行われたブンデスリーガ第7節、ドルトムントとのデア・クラシカーで右ヒザ外側半月板を損傷し、すぐさま手術を受けた。復帰時期に関しては来年1月中と見られているが、すでに個人トレーニングを再開しているという。 バイエルンを率いるハンジ・フリック監督は12月1日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に向けた前日会見の場で、キミッヒの状態について言及している。 「私は毎日ヨシュアを見ている」 「彼は朝から晩までここ(練習施設)にいて、汗を流し復帰に向けて取り組んでいる。彼はこのチームにとって非常に重要だ」 また、フリック監督はキミッヒ不在の中で中盤でリーダーシップを発揮するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの存在を頼もしく感じている。 「彼は現在、ヨシュア・キミッヒの不在を補う助けとなっている中盤のプレーヤーの一人だ」 「ピッチで大声を張り上げ、チームを引っ張っている。それは私が好んでいる姿だ。現在、彼は自分のリーダーシップの資質を示す過程にある」 2020.12.01 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンのレジェンドDFラームが見せた攻撃陣顔負けの美しいチップパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏がバイエルンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ラームが決めた美しいチップパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bVROQTRPQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンの下部組織出身のラーム氏は、2002年にファーストチームに昇格して以来、生え抜きの主力選手、そして主将としてチームを引っ張った。 本職はDFながら、高いテクニックとフットボールIQでMFとしてもプレーしたラーム氏だが、2013年2月23日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦では、攻撃陣顔負けの技ありアシストを決めている。 4-1とバイエルンリードの86分、ショートコーナーの流れからボックス外の位置でフリーでボールを持ったラームは、ディフェンスラインを上げに来る相手と入れ替わりになる絶妙のタイミングで、チップパスをリベリーに送る。完全にフリーでパスを受けたリベリーが、ダイレクトでシュートを流し込み、見事な追加点を挙げた。 試合はその後も追加点を挙げたバイエルンが6-1と大差を付けて勝利している。 2020.12.01 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

正念場アトレティコがバイエルン戦へ!シメオネ監督は「大きな差はない」と前向き

チャンピオンズリーグ(CL)で苦戦が続くアトレティコ・マドリーだが、ディエゴ・シメオネ監督はどの試合も大きな差はなかったと分析している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ここまで1勝2分け1敗のアトレティコは、開幕4連勝のバイエルンが早くも突破を決めたグループにおいて、2位に位置しているものの、3位のロコモティフ・モスクワとは勝ち点差「2」、勝ち点「1」の4位ザルツブルクとも直接対決を残しており、予断の許さない状況となっている。 そんな中、12月1日に行われる第5節でバイエルンと対戦するシメオネ監督は「中盤から前線にかけてとてつもないパワーを持っている」と警戒したうえで、開幕節でバイエルンに4-0で敗れた試合も含めて、どの試合も大差はなかったと分析している。 「2回のドローに一度の敗戦、勝利した試合もまた、2つのチームの差は小さいものだった。我々は明日、他の試合の結果がどうであれ、勝利を目指す。我々ならバイエルンを傷つけられると信じている」 また、新型コロナウイルス感染が報告されているFWルイス・スアレスに関しては「試合前の検査で陰性の場合、試合に出られるかもしれない」とコメント。体調は優れているようだ。 2020.12.01 17:34 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがスパーズの守備をするりとかわし、流れるようなパスワークから決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが美しいパス回しからフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRaENoQU8yUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに加入。絶対的エースとして得点を量産している。 豊富なゴールパターンから驚異的なペースでゴールを決めているレヴァンドフスキだが、2019年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのトッテナム戦では、美しいパスワークからゴールを決めている。 5-2とバイエルンが大きなリードを奪って迎えた87分、カウンターからバイエルンがチャンスを作り、左サイドのMFイバン・ペリシッチにボールが入る。ドリブルでボールを前線に運んだペリシッチは、ペナルティーアーク内でフリーのMFフィリペ・コウチーニョにパスを出す。 パスを受けたコウチーニョは、相手のプレッシャーをかわしながらボックス内のレヴァンドフスキにダイレクトでラストパス。レヴァンドフスキもダイレクトでこのパスをゴール左に決め、流れるようなパス回しからいとも簡単に追加点を奪ってみせた。 このゴールの直後にも追加点を奪ったバイエルンが7-2と大勝を収めている。 2020.11.30 19:00 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly