チェルシー戦でのホールディングが物議をかもすマグワイア、インスタにて無言の圧力

2020.10.27 21:12 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシー戦でのホールディング行為が批判の的になっているマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが、自信のインスタグラムで反対の意思を示した。

24日に行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦。互いにチャンスを生かせず、0-0の痛み分けという結果に終わったが、40分のセットプレーの際に、守備側のマグワイアがチェルシーDFセサール・アスピリクエタの首周りに腕を回していたプレーが物議をかもしており、現在も賛否が分かれている状況だ。

チェルシー陣営は当然PKに値するファウル行為だったと主張しており、当事者で主将のアスピリクエタは「VARでしっかり確認してほしかった」とコメント。また、フランク・ランパード監督もVARによる正確なジャッジを求めたほか、「ホールディングならまだしも、ヘッドロックは反則だ」と試合後に話していた。

なおも火種がくすぶる中、マグワイアがインスタグラムの『ストーリー』を更新。そこには同様のセットプレーの際に、アスピリクエタがMFスコット・マクトミネイを、そして自身には相手DFリース・ジェームスが腕を使って抑え込む瞬間の写真掲載されていた(上部写真)。

なお、特にコメントはなく、マグワイアからすれば言わずもがなの無言の圧力といったところなのだろう。

試合が終わった以上、どちらが正しいかの判断は付けられないが、禍根を残すようなことにはならないでほしい。

コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー在籍16年、初めてキャプテンを務めたマウントが感慨にふける

先日のルートン・タウン戦を終えたチェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、キャプテンを務めた感想を伝えている。 チェルシーは24日にFAカップ4回戦で2部リーグ所属のルートン・タウンと対戦した。DFチアゴ・シウバやDFベン・チルウェル、GKエドゥアール・メンディら守備陣を中心に主力の一部が温存されたが、今季は2試合を除いて全公式戦に出場しているマウントは、この試合でもキックオフからピッチに立っていた。 だが少し様子が違ったのが、左腕に巻かれた腕章だ。チアゴ・シウバやMFジョルジーニョなど普段キャプテンを務める選手たちが出場しなかったため、フランク・ランパード監督は生え抜きのマウントにキャプテンを任せた。 6歳の頃からアカデミーで育ってきたマウントにとって、トップチームでキャプテンマークを巻いたのは今回が初めて。試合は同じく下部組織出身のFWタミー・エイブラハムのハットトリックの活躍で3-1で快勝した。 マウントは83分にMFマテオ・コバチッチとの交代でお役御免となったが、試合後に自身の公式ツイッターを更新し、在籍16年で初めてキャプテンを務めた感動を伝えている。 「6歳の頃から過ごすクラブでキャプテンを任せられるなんて…。この感動は言葉では言い表せない。とてつもなく誇りに思うよ!」 ランパード監督の下、完全にチームの中心選手に成長したマウント。このまま指揮官のような偉大なレジェンドになれるだろうか。 2021.01.25 13:14 Mon
twitterfacebook
thumb

エイブラハムのハットで2部ルートン撃破のチェルシーが5回戦進出!《FAカップ》

FAカップ4回戦、チェルシーvsルートン・タウンが24日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-1で勝利したチェルシーが5回戦進出を決めた。 3回戦で4部のモアカムを一蹴して4回戦に駒を進めたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のルートンと対戦した。直近のレスター・シティとのリーグ戦に完敗し、ランパード監督の去就問題も騒がしくなっている。そういった中、勝利必須のこの一戦ではリース・ジェームズ、マウント、エイブラハム、プリシッチの一部主力を除く先発7人を変更。前線は1トップにエイブラハムを置き、2列目に右からツィエク、ヴェルナー、プリシッチを並べた。 雪化粧のスタンフォード・ブリッジで幕を開けた一戦はホームチームが地力の差を見せつける立ち上がりに。スリッピーなピッチ状況の影響はあるものの、圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいく。 すると11分、右サイドでのクイックスローからボックス右に抜け出したヴェルナーがゴールライン際でマイナスに折り返すと、これをゴール前に走り込んだエイブラハムがワンタッチで流し込んだ。 幸先よく先制に成功したチェルシーは17分にもボックス手前右でリース・ジェームズが浮き球で入れたクロスをゴール前で完全に競り勝ったエイブラハムが頭で合わせ、瞬く間にリードを広げた。 格下相手に格の違いを見せつけるチェルシーはその後も積極的に3点目を狙う中、プリシッチが際どいシュートを放っていく。だが、30分には右サイドのブリーが入れた折り返しに反応したクラークのダイレクトシュートがDFズマにディフレクトしてわずかにコースが変わると、GKケパがはじき切れず、そのままゴールネットへ。相手のファーストチャンスで失点を喫した。 この失点をキッカケにルートンに勢いを与えてしまい、徐々に押し返され始めるチェルシー。相変わらずボールを握ってフィニッシュの数こそ多いものの、相手により危険な攻撃を許す。 2-1で折り返した後半序盤の60分にはリース・ジェームズの軽い対応から一気に攻撃をスピードアップされ、ボックス右でムパンズのスルーパスに反応したコーニックに決定的なシュートを打たれるが、ここはGKケパの好守で凌いだ。 早く3点目を奪って試合を決めたいホームチームは70分、プリシッチを下げてハドソン=オドイを投入すると、この交代が見事に嵌る。74分、左サイドでボールを持ったハドソン=オドイが中央のギルモアとのパス交換でボックス左に抜け出して精度の高いグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前のエイブラハムがきっちり押し込んでハットトリックを達成した。 ランパード采配的中でようやく点差を2点に戻したチェルシーは殊勲のエイブラハムに代えてジルーを投入するなど、ここから試合をクローズにかかる。85分には途中出場のコバチッチのスルーパスに抜け出したヴェルナーがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。ここで試合を決める4点目を奪う絶好のチャンスが訪れたが、自らキッカーを務めたヴェルナーのシュートはコースが甘くGKに止められてしまった。 悩めるエース候補のPK失敗でやや後味は悪くなったものの、下部カテゴリーのクラブにきっちり勝ち切ったチェルシーがレスター戦敗戦をひとまず払しょく。なお、5回戦ではチャンピオンシップのバーンズリーとの対戦が決定している。 2021.01.24 23:18 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 軌道が読めないドログバの無回転ミドル

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月24日にご紹介するのは、今から10年前に元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhYk9HZE01dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 飛んだコースはGKの正面にも関わらず、その威力と無回転による予測不可能な動きでネットを揺らす、GK泣かせのスーパーゴールです。 ◆ドログバの右足シュートが炸裂 チェルシーの頼れるエースストライカーとして、4度のプレミアリーグ優勝や、チャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得してきたドログバ氏。在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録しました。 中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴール。 前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放ちます。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さりました。 後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得のゴールです。 2021.01.24 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホーム無敗が崩れたリバプール、チェルシーの86試合無敗の礎を築いたモウリーニョが称賛「祝福する」

先日のバーンリー戦で、ホームとしては69試合ぶりに黒星を喫したリバプールに対し、ジョゼ・モウリーニョ監督が賛辞を送っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 本拠地アンフィールドで68試合無敗を誇っていたリバプールの長い戦いはついに幕を閉じた。21日に行われたプレミアリーグ第18節のバーンリー戦、押し込みながらも相手の牙城を崩せずにいたリバプールは、終盤にPKを与えてしまい0-1で敗戦。4年に及ぶホーム無敗記録に終止符が打たれた。 モウリーニョ監督はかつてチェルシーを率いていた際、2004年夏の就任から解任される2007年9月まで、プレミアリーグでのホーム戦は一度も負けることはなかった。そして、チェルシーが2004年2月から2008年10月までの間にスタンフォード・ブリッジで築いた86試合無敗は、プレミアリーグ史上最長記録となっている。 リバプールが脱落してしまった今、破ることがより困難となった驚異の記録に、ポルトガル人指揮官は「記録は破られる可能性がある」とした上で、リバプールのロングランを称賛した。 「リバプールが成し遂げたことは驚くべきことであり、非常に非常に困難なことだ。チェルシーでの我々の記録が未だ最長記録であり、誰かがこの記録を超えるのは難しい。しかし、リバプールがホームでのプレミアリーグの試合でこれほど長い間負けていないという素晴らしい記録を作ったことを祝福したい」 なお、モウリーニョ監督は2013年6月に再びチェルシーの指揮官として復任するが、2014年4月にサンダーランドに敗れるまでホーム無敗を貫いた。 2021.01.23 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アフリカ史上最高ストライカーの1人、エトーがユナイテッド戦で決めた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏がチェルシーで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆エトーがユナイテッド相手に決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIeFZIdW1iRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナやインテルで圧倒的な活躍を見せたエトー氏。2013年夏には、当時インテル時代の恩師ジョゼ・モウリーニョ監督が率いていたチェルシーにフリートランスファーで加入していた。 抜群の身体能力と攻撃センスで得点を量産したエトー氏だが、2014年1月19日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、ビッグゲームでハットトリックを記録している。 まずは0-0で迎えた17分、相手陣内中央右でボールを持ったエトーは、ドリブルで中央へカットインしていく。鮮やかなフェイントでマークをはがしたエトーは、ボックスの際から左足でミドルシュート。ディフレクションでトップスピンのかかったシュートは、美しい弧を描いてゴール左に決まり、見事な先制点となる。 続く45分、チェルシーが右コーナーキックを得る。クロスはクリアされたものの、こぼれ球を拾ったMFラミレスが、右サイドのDFギャリー・ケイヒルにパス。ケイヒルがグラウンダーのボールをゴール前に入れると、フリーのエトーが合わせ、2点目を奪った。 最後は後半開始早々の49分、再び右コーナーキックのチャンスから、ケイヒルが叩きつけるようなヘディング。これはGKダビド・デヘアがセーブしたものの、跳ね返りをエトーが押し込み、ハットトリックを達成した。 試合は、ビッグゲームで気を吐いたエトーの活躍でチェルシーが3-1でユナイテッドを撃破している。 2021.01.23 14:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly