2アシストのレオン、ローマとのドローに「やれることはやったからガッカリ」

2020.10.27 12:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオンが2アシストを記録したローマ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。

開幕4連勝のミランは26日にセリエA第5節でローマと対戦。レオンのアシストからFWズラタン・イブラヒモビッチとMFアレクシス・サレマーカーズのゴールなどで、3回リードするも、3度追いつかれて、3-3の引き分けに終わった。

この試合で攻撃を牽引する活躍を披露したレオンだが、イタリア『スカイ』で「勝利できなかったのは残念だ。たくさんの決定機を作った。今は仕事ができている」と何度も決定機を外したことを悔やみ、結果に肩を落とした。

「僕らは全試合に勝利したいんだ。順位表でトップをキープできたけど、試合に勝利するために全力を尽くしたからガッカリだ。僕らは集中して、自分たちの道を歩み、首位の座をキープしたい」

また、2ゴールを記録したイブラヒモビッチは「チーム全員の模範」だと称賛の言葉を贈った。

「イブラは僕たち全員の模範だ。チームの戦術と彼のゴールにも満足している。僕は常にチームを助けようとしているが、今日は勝てなかったので残念だ」

関連ニュース
thumb

ミランでの意気込みを語るトモリ「常に向上して成長し続けたい」

チェルシーからミランへの完全移籍が決まったイングランド代表DFフィカヨ・トモリが、新天地での意気込みをクラブ公式のTwitchチャンネルで語った。 23歳のトモリはチェルシーの下部組織出身で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。 冬の移籍市場でレンタル加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合に出場して来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献を果たした。 そして、17日にミランが買い取りオプションを行使したことで加入が決まったトモリは、今季2位に終わったリーグ戦で来季は優勝し、成長し続けたいと語っている。 「チャンピオンズリーグに出場できることは嬉しいよ。でも僕たちはミランだから、勝つために戦わなければならない。今シーズンは(リーグ戦を)2位で終えたけど、来季はその差を縮めて優勝したい。チャンピオンズリーグでも良い成績を残せるように頑張るよ」 「(ステファノ・ピオリ)監督はすぐに、ピッチ上で何を求めているのかを教えてくれた。選手として成長したと感じているよ。自分のスピードだけに頼ってプレーすることはできなかったし、セリエAとチームメイトからは多くのことを学んだ。チームのプレースタイルはすばらしいから、常に向上して成長し続けたいと思っているよ」 また、ミランでセンターバックのコンビを組んでいるデンマーク代表DFシモン・ケアーについては、そのリーダーシップを称賛している。 「シモンはリーダーだ。僕たちは若いチームだけど、最も経験豊富な選手の一人である彼がいてくれて幸運だよ。チームに必要な存在で、ピッチ内でもピッチ外でもリーダーなんだ。彼はチームの士気を高めるために自分の意見を言うことができる選手だから、隣でプレーできて嬉しいよ」 様々なクラブへの武者修行の末にミランへの完全移籍が決まったトモリ。来季はどのような活躍を見せてくれるだろうか。 2021.06.18 16:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン移籍のメニャンに期待を寄せるフレイ氏「非常に素晴らしい個性の持ち主だ」

かつてフィオレンティーナやインテルでプレーした経歴を持つ元フランス代表GKセバスティアン・フレイ氏が、来季からミランに加入するGKマイク・メニャンに期待を寄せた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身であるメニャンは、2015年にリールへ加入。総合力の高いGKとして評価を高め守護神の地位を獲得すると、2018-19シーズンにはリールのリーグ・アン最少失点に貢献。今季もリーグ戦全38試合の出場で23失点の成績を残し、10年ぶり4度目のリーグ制覇の原動力となった。 こうした活躍を続けるメニャンに対して、GKジャンルイジ・ドンナルンマの退団が秒読みとなり守護神候補を探していたミランが注目。移籍金1500万ユーロ(約20億円)+ボーナスと報じられる金額で、5月に獲得を決めた。 メニャンと同じフランス人であり、かつてセリエAで公式戦446試合出場の成績を残したフレイ氏は、この移籍を歓迎。メニャンを優れたGKだと称賛し、活躍を祈った。 「彼はリーグ・アンのベストGKに選ばれた選手だ。本当に素晴らしいシーズンを過ごしたね」 「私は彼が好きだよ。非常に素晴らしい個性の持ち主だ。PSGを退団した後で彼は試合に出るようになり、自分の持つクオリティをすべて表現した」 「私の意見では、彼はミランでうまくやっていけるだろう。彼は個性的で、とても爆発力がある。セリエAの重要なチームに加入した、2人目のフランス人GKになるね。うまくやってくれることを願っている」 2021.06.18 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがチェルシーDFトモリの買取OP行使を発表、4年契約

ミランは17日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 なお、契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍した。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパリーグでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 シーズン途中から買い取りオプションを行使するという噂が流れていた中、正式に完全移籍が発表された。 2021.06.17 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、遠藤航の同僚オーストリア代表FWに接触か

ミランがシュツットガルトのオーストリア代表FWササ・カライジッチ(23)に視線を送っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ユーロ2020でもオーストリア代表としてピッチに立つカライジッチは、2019年7月に2023年6月30日までの4年契約でシュツットガルトへ加入。2mの身長を生かしたヘディングはもちろん、懐も深く足元の柔軟性も備えている。 今季序盤は途中出場が多くジョーカー的な役割を担っていたが、故障者が続出したチーム状況により先発出場が増加。第19節以降はスタメンの座を確かなものとし、第19節から第25節にかけて7試合連続ゴールをマークするなど、ブンデスリーガで33試合に出場し15得点の活躍を見せた。 『カルチョメルカート』によれば、ミランの経営陣とカライジッチの代理人の間ではすでに話し合いの場が持たれた模様。なお、ミランはフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)の獲得を目指していたが、ジルーは6月4日にチェルシーの契約延長が発表されていた。 2021.06.16 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユがミランFWラファエウ・レオンに関心か

マルセイユが、ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオン(22)のローン移籍を検討しているようだ。『フットボール・イタリア』がポルトガルメディアの情報をもとに伝えている。 2019年夏に2950万ユーロ(約40億円)の移籍金と、将来的な売却額の20%分与を条件にリールからミランへ加入したラファエウ・レオン。今シーズンは公式戦40試合に出場し、7得点6アシストを記録。セリエA第13節のサッスオーロ戦ではキックオフ後6秒でネットを揺らし、イタリア最速を樹立していた。また、年代別の代表としても、先日のU-21欧州選手権2021で準優勝に輝いている。 移籍市場に精通するペドロ・アルメイダ氏によると、マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長がレオンに熱視線を送っているとのことで、近くマルセイユにローンでの獲得を要求すると伝えられている。 『フットボール・イタリア』は、レオンは上述の成績を残しながらもパフォーマンスが安定していないと主張しており、「ローン移籍は自信と得点力を再発見するのに役立つかもしれない」として、移籍の可能性があることを示唆している。 2021.06.11 16:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly