11月に日本代表と対戦するパナマ代表メンバーが発表!ロシアW杯メンバーは8名《国際親善試合》

2020.10.27 10:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パナマサッカー協会(FPF)は26日、11月の日本代表戦に向けたパナマ代表メンバー24名を発表した。パナマ代表を率いるトーマス・クリスチャンセン監督は、主に海外組を招集。ヨーロッパリーグ(EL)に出場しているLASKリンツのDFアンドレス・アンドラーデや2018年のロシア・ワールドカップメンバーでもあるFWエドガル・バルセナス(ジローナ)、FWガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ)らを招集。国内組は2名となった。

日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。

パナマ代表は11月13日にオーストリアのグラーツで日本代表と対戦。2試合目の相手はまだ発表されていない。今回発表されたパナマ代表メンバー24名は以下の通り。

◆パナマ代表メンバー24名
GK
ルイス・メヒア(ナシオナル/ウルグアイ)
マルコス・アレン(アトレチコ・サンルケーニョ/スペイン)
オルランド・モスケラ(ブルサスポル/トルコ)

DF
ハロルド・カミングス(ウニオン・エスパニョーラ/チリ)
オスカル・リントン(スリマ・ワンダラーズ/マルタ)
ミゲル・ムリージョ(アンデルレヒト/ベルギー)
フィデル・エスコバル(アルコルコン/スペイン)
セサル・ブラックマン(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア)
エリック・ダビス(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア)
アンドレス・アンドラーデ(LASKリンツ/オーストリア)

MF
オマル・ブラウン(インディペンディエンテ・チョレラ)
アブディエル・アヤルサ(シエンシアーノ/ペルー)
アルベルト・キンテロ(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー)
ビクトル・グリフィス(サントス・デ・グアピレス/コスタリカ)
フアン・ダビド・テハダ(タンパベイ・ローディーズ/アメリカ)
アニバル・ゴドイ(ナッシュビルSC/アメリカ)
アルマンド・クーペル(ハポエル・テルアビブ/イスラエル)
イルビング・グディニョ(マルベーリャ/スペイン)
アダルベルト・カラスキージャ(カルタヘナ/スペイン)
ホセ・ルイス・ロドリゲス(ルーゴ/スペイン)
エドガル・バルセナス(ジローナ/スペイン)

FW
ガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ/エクアドル)
ホルマン・アギラール(サン・カルロス/コスタリカ)
ホセ・ファハルド(インディペンディエンテ・チョレラ)
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: 日本 1-0 パナマ《国際親善試合》

日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表とオーストリアで戦い、1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽日本採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/fom20201113japan_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> GK 12 権田修一 6.0 ミドルシュートを的確にセーブ。無失点で終えた DF 2 植田直通 5.5 ビルドアップ面では改善の余地ありだったが、守備は無難だった 22 吉田麻也 6.0 前半は5バック気味になってしまったが、後半は修正 20 板倉滉 5.5 身体を張ったプレーが見られ、守備を締めた MF 3 室屋成 6.0 攻守にアグレッシブだった (→酒井宏樹 -) 7 柴崎岳 5.5 セットプレー時に精度の高いキックも、ゲームをコントロールするには至らず (→中山雄太 -) 13 橋本拳人 5.0 約1年ぶりの代表招集。バイタルエリアを埋めきれずミドルを打たれた (→遠藤航 6.5) チームの中心。彼が入って攻守のバランスが格段に改善された 5 長友佑都 5.0 歴代単独2位の123試合出場。守備に重点も消極的だった (→原口元気 5.5) ハードな守備で勝利に貢献 FW 17 久保建英 5.5 PKに繋がるプレーに関与も、ボールに関わる回数が少なかった (→鎌田大地 6.0) 退場を誘発するパス、試合終了間際の三好の決定機演出の好パスを供給 10 南野拓実 6.0 最前線で起点となるプレーはできなかったが、裏抜けで存在感。PKを決めた (→浅野拓磨 6.0) 南野同様に裏抜けで脅威を与える。相手GKを退場に追い込んだ 25 三好康児 5.0 決定的なシュートシーンに顔を出したが決めきれず。久保同様、消えている時間も 監督 森保一 5.5 3バックを採用も機能したとは言い切れず。ただ、遠藤が投入された後半は見違えた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 遠藤航(日本) 別格の存在感。彼の投入で高い位置からのボール奪取が可能となり、チームの機能性が増した。 日本 1-0 パナマ 【日本】 南野拓実(後15)【PK】 2020.11.14 01:17 Sat
twitterfacebook
thumb

前半苦戦も南野のPK弾で日本がパナマに競り勝つ《国際親善試合》

日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表とオーストリアで戦い、1-0で勝利した。 約1年ぶりの活動となった先月のオランダ遠征ではカメルーン代表に0-0、コートジボワール代表に1-0の勝利を飾った日本。守備陣の充実が目立った一方、攻撃陣が不発に終わった中、[3-4-2-1]で臨み、前回のオランダ遠征で起用されなかった板倉と三好が先発となり、1年ぶり招集の橋本もスタメンとなった。 最前線に南野、2シャドーに久保と三好を配した日本は、しっかりボールを繫いでくるパナマに対して5バック気味に押し込まれると、11分にトーレスのミドルシュートで、13分にカラスキージャのミドルシュートでGK権田を強襲される。 プレスのかけ所がはっきりしない日本は、なかなか良い形でボールを奪えず攻撃の形を作れない。31分にようやくオフサイドとなったものの、流れるようなパスワークから三好がシュートに持ち込んだ。 一つ良い形が出た日本だったが、ハーフタイムにかけても流れを引き寄せきれず、45分にはトーレスに際どいミドルシュートを打たれた中、苦戦した前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、橋本に代えて遠藤を投入した日本は、開始6分にショートカウンターを発動。そして54分には決定機。ボックス右に侵入した南野のシュート性のクロスにファーサイドの長友が合わせにかかったが、シュートは枠を捉えきれなかった。 それでも59分、日本がPKを獲得する。遠藤、久保と縦パスが繋がり、ボックス内に侵入した南野がGKに倒された。このPKを南野自ら決めて日本が先制した。 72分に南野と久保に代えて鎌田と浅野を投入した日本は、78分に数的優位となる。鎌田のスルーパスに抜け出した浅野がボックス外に飛び出してきたGKメヒアに倒されると、メヒアには一発レッドカードが提示された。 90分には鎌田のパスを受けた三好がGKと一対一となるも、シュートを決めきれなかった日本だったが、1-0で勝利。コートジボワール戦に続く連勝とした日本は、4日後にメキシコ代表と対戦する。 2020.11.14 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

久保建英が先発、3バック採用か? パナマ表戦に臨む日本代表スタメンが発表《国際親善試合》

13日の23時15分にキックオフを迎える国際親善試合のパナマ代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 10月のオランダ遠征に続き、海外組のみの活動となった今回のオーストリア遠征。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、多くの規制がある中、オーストリアのグラーツで無観客で行われる。 来年3月に予定されているカタール・ワールドカップ アジア2次予選に向けての貴重な強化試合となる一戦。スターティングメンバーには、前回のオランダ遠征で起用されなかったDF板倉滉(フローニンヘン)やMF三好康児(アントワープ)らが起用。またMF橋本拳人(FCロストフ)も起用された。 また、システムは[3-4-2-1]が予想され、トップにMF南野拓実(リバプール)、シャドーにMF久保建英(ビジャレアル)とMF三好康児が並ぶ可能性がある。 ◆日本代表スターティングメンバー GK:権田修一 DF:植田直通、吉田麻也、板倉滉 MF:室屋成、橋本拳人、柴崎岳、長友佑都 MF:久保建英、三好康児 FW:南野拓実 監督:森保一 2020.11.13 22:09 Fri
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】全ての面でレベルアップを、10月の自分たちを上回れるか《国際親善試合/日本vsパナマ》

13日、国際親善試合で日本代表はパナマ代表と対戦する。 約1年ぶりの代表活動となった10月のオランダ遠征では、史上初となるオールヨーロッパ組で臨み、カメルーン代表に0-0のゴールレスドロー、コートジボワール代表に1-0で勝利を収めた。 かつてないほど活動期間が空いてしまった中で、しっかりと2試合を無失点に抑えた守備陣は素晴らしい出来だったと言える。ヨーロッパのクラブでも主力を務める攻撃陣をシャットアウトした守備は大きなピンチを招くこともなかった。 一方で、攻撃陣は不発に。コンビネーションという点では、やはり1年のブランクは大きく影響する。カメルーン戦よりもコートジボワール戦の方がアジャストしていたが、まだまだ出し手と受け手の関係は改善の余地があるように見えた。もう少し積極的にゴールを目指すプレーを今回の2試合では見たいところだ。 <span class="paragraph-title">◆1カ月前の課題と収穫を確認へ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/japan20201113_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©JFA<hr></div> オーストリアでの初戦となるパナマ代表戦は、その10月の活動で見つかった課題と収穫をしっかりとチームとしてピッチ上で表現できるかの確認の場となる。 チーム全体でのトレーニングはわずか2日。準備期間はほとんどなかったが、「ミーティング等々で奪ったボールを確実に攻撃に繋げるとか、最後フィニッシュまで持っていくためにクロスの部分を合わせる、アタッキングサードで最後相手のディフェンスラインを突破するために出し手と受け手の判断を共有する、シュートまで持っていくというのは、選手も意識してくれたと思う」と、ミーティングや少ないトレーニングでしっかりと確認はしていると森保一監督は前日会見で語った。 前述の通り守備陣は無失点を継続すること、さらにボールの奪いどころを明確にし、スムーズに攻撃に繋げるところを見せてもらいたい。 一方で攻撃陣は不発に終わった2試合を踏まえ、しっかりと得点に絡むパフォーマンスを見せてもらいたいところ。コンビネーションという部分では、10月よりも感覚として掴めている部分もあるはずだ。攻撃陣のゴールに期待した。 <span class="paragraph-title">◆新監督の3試合目</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/japan20201113_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©JFA<hr></div> 対するパナマ代表は、10月にコスタリカ代表と国際親善試合を2試合行い、1-0で連勝を飾った。8月に就任したばかりのトーマス・クリスティアンセン監督にとって初めての実戦となったが、パナマ国内の状況が非常に深刻であり、難しい状況での連勝は地力があるという証拠だろう。 前日会見でクリスティアンセン監督は「パナマ代表は新型コロナウイルスの影響でトレーニング、試合をできていない中でコスタリカ戦を迎えた」とコメント。「パナマは国内リーグが完全にストップしてしまった数少ない国」と明かしており、コンディションや試合勘がない中での試合だったことを明かしていた。 そのパナマだが、今回はヨーロッパでプレーする選手を中心に構成。コンディション面では問題ないと思われるが、クリスティアンセン監督としては初めて起用する選手が増えることとなる。「ポゼッションを高めて、試合の流れを自分たちの望む方向に進んでいけるような試合運びを最終的には理想としている」と語るように、ボールを握ってイニシアチブを取ることを目指しているとのこと。日本としては、いかにプレスを掛けてショートカウンターを効果的に出せるかが注目だ。 森保監督は気になる選手としてMFアブディエル・アヤルサ(シエンシアーノ)を挙げ「2列目からの上がりはすごく印象的で、気をつけなければいけないと思います」とコスタリカ相手に2点を記録した飛び出しを警戒すると語った。 <span class="paragraph-title">◆予想スターティングメンバー[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/japan20201113_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©JFA<hr></div> GK:権田修一 DF:酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、長友佑都 MF:橋本拳人、柴崎岳 MF:伊東純也、南野拓実、原口元気 FW:鈴木武蔵 監督:森保一 パナマとの一戦はこれまで通り[4-2-3-1]で臨むと予想。守備神を務めるのは権田修一(ポルティモネンセ)になるだろう。クラブでは出場機会がなく、今回招集されたメンバーで唯一今季試合でプレーしていない状況。しかし、日本代表では6試合連続無失点を記録しており、この試合でもクリーンシートが期待される。 最終ラインもいつもの顔ぶれ。酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)、長友佑都(マルセイユ)が並ぶと予想する。長友は出場すれば1年ぶりの代表戦となるが、経験をベースとした“長友ここにあり”というプレーを披露してもらいたい。無失点に抑えることをベースに、マルセイユの両翼には攻撃面で積極的なプレーを見せてもらいたいところだ。 ボランチのコンビは軸となる柴崎岳(レガネス)とロシアで奮闘する橋本拳人(FCロストフ)のコンビを予想する。クラブでは1列前でプレーする橋本だが、ボール奪取力にも定評がある。柴崎とのバランスも必要だが、プレスでのボール奪取から前線に絡むプレーを代表でも見せてもらいたい。 2列目は右から伊東純也(ヘンク)、南野拓実(リバプール)、原口元気(ハノーファー)が並ぶと予想する。クラブでも好調を維持する伊東は10月の2試合でも好パフォーマンスを見せていた。ゴールに絡むプレーを期待したい。南野はリバプールで出場機会を減らしているが、日本の攻撃の軸となる存在。1トップとの縦関係、プレスからのショートカウンターの起点にもなってもらいたいところ。原口もアタッカーとして気の利いたポジショニングを10月の2試合では見せていただけに、積極さとバランスを取る動きに期待したい。 そしてエースである大迫勇也(ブレーメン)がいない1トップには鈴木武蔵(ベールスホット)が入ると予想する。クラブでの好調ぶりを見ればファーストチョイスにして良い存在。「1試合でのシュート数を気にする」と語っていたが、パナマ戦では積極的にシュートを打てるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">◆W杯予選に向けた最後の調整</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/japan20201113_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©JFA<hr></div> 11月の活動を終えれば、次の代表活動は来年3月のカタール・ワールドカップ アジア2次予選となる。ここから4カ月は再び集まる機会がないため、代表チームとしてのベースの確認やコンセプトの確認が大事になってくる。 一方で、選手たちはクラブに戻って再び活動を再開させる状況。個人としてのレベルアップを図る上でも、現在地の確認と課題を明確にしておきたいところだ。 森保監督も「まずは10月の活動よりもすべての部分でレベルアップできるように、チームとして共通理解が浸透するように、コンセプト、ベースの部分を徹底して発揮できれば」と前日会見で語ったように、10月の2試合と相手は変われど、チームとしての成長を見たいところ。結果だけでなく、内容でも上回れるかが注目だ。 日本代表vsパナマ代表は、13日(金)の23時15分にキックオフを迎える。 2020.11.13 14:05 Fri
twitterfacebook
thumb

パナマ戦の狙いはレベルアップするための“トライ”と“チャレンジ”、森保一監督「熱い試合をしたい」

日本代表の森保一監督は12日、翌日のパナマ代表戦に向けた前日会見に出席した。 日本代表は、10月にオランダ遠征を実施。カメルーン代表とコートジボワール代表と対戦し、1勝1分け、2試合連続無失点で終えていた。 11月は13日のパナマ代表戦、17日のメキシコ代表戦と2試合をオーストリアで戦う中、森保監督は改めて活動ができることに感謝した 「10月にもコロナ禍の中、代表の活動をさせていただきましたが、オーストリアでの活動も非常に難しい中、代表活動をさせていただくことに感謝申し上げたいと思いますし、この環境づくりをしていただいたすべての方に感謝したいと思います。ありがとうございます」 「メンバーは10月から若干変わりましたが、10月の活動よりもさらに11月の活動ではコンセプトの共有を図り、明日のパナマ戦では勝利をもって支援してくださる方に笑顔になってもらう、喜んでいただければと思います」 新型コロナウイルスの感染状況は、1カ月前よりも日本では拡大しており、ヨーロッパでは多くの国がロックダウンの措置を取るほどに悪化している。 森保監督は選手たちに対して「まずは明日のパナマ戦、チームとしてレベルアップしたいことを整理したり、選手も自分の力をチームコンセプトの中で100%発揮できるように存分にプレーしてもらいたいと思います」としっかりとパフォーマンスを披露してもらいたいとコメント。また、「我々が日本代表として戦うということで、まずは支援、応援してくださる方、サポーターの皆さんに、そして夜遅く我々の試合を観戦してくださる方に勝利をお届けして、笑顔になってもらう、喜んでいただければと思います」と、勝利という結果で、多くの人の力になりたいと語った。 さらに「戦う内容の部分で、コロナ禍で日本はもちろん、ヨーロッパももちろん大変な思いをされている方も多いと思うので、観てくださる方、応援してくださる方に元気や勇気を与えること、コロナ禍の中で大変な思いをされている方に励ましのエールとなるような熱い試合をしたいと思います」と、力強いパフォーマンスをしたいと語った。 アフリカ勢を相手に一定のパフォーマンスを見せた日本だが、今月はさらに上を目指したいと語る森保監督。「まずは10月の活動よりもすべての部分でレベルアップできるように、チームとして共通理解が浸透するように、コンセプト、ベースの部分を徹底して発揮できればと思います」と、チームコンセプトを守りつつも高いパフォーマンスをすると意気込んだ。 特に攻撃面は2試合でセットプレーからの1点に終わったが「攻撃の部分では10月のところで速攻遅攻を使い分けるというところで、遅攻の部分でマイボールを大切にしながら、攻撃のチャンスを作り出す、相手の困ることを仕掛けるということをしたい」とし、ポゼッションをしながら、相手の隙を突きたいと語った。 また、10月は無失点の守備陣については「守備の部分では相手からボールを奪うという部分のアグレッシブにプレッシャーをかけるという部分と、いつでもどこでもプレッシャーをかけられるわけではないので、相手が良い状態になった時に、いつどこでプレッシャーをかけるかをチームとして試合の中で選手たちには共通理解をもって、相手が困るような守備ができればと思っています」とし、中盤を含めたプレスの掛け方にポイントを置きたいとした。 今回は活動期間が短い中、攻撃面の改善にも着手。「チームとしての全体トレーニングは昨日1回できて、今日も前日練習と2回の練習で時間的には短い部分はありますが、ミーティング等々で奪ったボールを確実に攻撃に繋げるとか、最後フィニッシュまで持っていくためにクロスの部分を合わせる、アタッキングサードで最後相手のディフェンスラインを突破するために出し手と受け手の判断を共有する、シュートまで持っていくというのは、選手も意識してくれたと思う」とし、意識の部分での改善はできる準備をしていると語った。 また、「試合でどこまでできるかわからないですが、ゴールに向かっていくという意識をもって、クオリティを発揮するということは、選手たちがレベルアップするためにトライして、チャレンジしてくれると思います」とし、選手たちがトライする姿勢に期待したいとも語った。 2年ぶりに対戦するパナマ代表の印象については「10月の親善試合の2試合(コスタリカ代表戦)を我々も確認しましたが、個のフィジカル的な強さがある、推進力があるという部分ではあるチームだなと思っています」と印象をコメント。「監督が変わられて、個の力を生かしながら、組織的に相手の攻撃を止めて、守備から攻撃に移れるチームを作っているところかなと思います」と分析した。 8月に就任したばかりのトーマス・クリスティアンセン監督の下でのパナマ代表は、10月のコスタリカ戦とは違いヨーロッパ組を中心にメンバーを構成している。その中での戦い方は、「今回は10月とはメンバー的にもパナマは変わってくると思いますが、戦い方としては10月をベースにしてくるのではないかなと思っています」と、コンセプトは変わらないと予想しているようだ。 また、注意すべき選手については、「2試合コスタリカと試合をした中で1-0でどちらも勝ちましたが、その2点とも記録しているアブディエル・アヤルサ選手の2列目からの上がりはすごく印象的で、気をつけなければいけないと思います」と警戒した。 今回の2試合でも多くの選手を起用したいと語っていた森保監督。「メンバーに関して、戦い方に関しては、2試合を通してより多くの選手たちを起用しながら戦いたいなと思っています」と、その考えは変わっていないとコメント。「チームの戦術理解度をチーム全体でさらに浸透させていくという部分と、選手たちにお互いのコミュニケーションを取ってもらうことで、よりチームの全体的なレベルアップにつながるような戦いができればと思っています」とし、ベースアップとともに、選手たちでしっかりと対応していく力をつけて欲しいと語った。 「10月は1試合目から2試合目で7人メンバーを替えましたが、今日の練習をしてみて最終的なメンバーを決めます」とコメント。「この2試合を含めて選手たちの起用は考えていきたいと思います」とし、パフォーマンスを見て決めていくことを語った。 日本代表vsパナマ代表は、13日(金)の23時15分にキックオフを迎える。 2020.11.12 23:04 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly