ユベントスが教科書通りの“サッリボール”でインテルを攻略【チーム・ゴールズ】

2020.10.26 21:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユベントス時代に決めたゴールだ。

◆ユベントスが“サッリボール”でインテルディフェンスを崩す

レアル・マドリーで頭角を現したイグアインは、その後ナポリやユベントス、ミランなど、イタリアの強豪クラブを渡り歩いた。

ストライカーとして所属した数々のクラブで得点を挙げてきたイグアインだが、ユベントス時代の2019年10月6日に行われた、セリエA第7節のインテル戦では、美しい連携からゴールを決めている。

試合開始早々にユベントスが先制しながらも追いつかれ、1-1で迎えた80分、ユベントスが最終ラインからの丁寧なビルドアップでチャンスを作る。インテル陣内中央でボールを持ったMFミラレム・ピャニッチが前線のFWクリスティアーノ・ロナウドに鋭いパスを送ると、C・ロナウドがこれを後方から上がってきたMFロドリゴ・ベンタンクールに落とす。

ベンタンクールは相手が自分に気を取られた瞬間にフリーになっていたイグアインにパス。ボックス内でパスを受けたイグアインがGKとの1vs1を制し、見事な勝ち越しゴールを決めた。

このゴールで2-1としたユベントスが、そのまま逃げ切り勝利を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMGの鮮やかなカウンターからドイツ代表MFヘアマンが強烈シュートを沈める【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はボルシアMGのドイツ代表MFパトリック・ヘアマンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ボルシアMGの高速カウンターからヘルマンが決める<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjNG9iTU5BVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ボルシアMGユース出身のヘアマンは、2010年にファーストチームデビューを果たすと、生え抜きの主力選手として活躍。ここまで公式戦350試合に出場し、55ゴールを挙げている。 抜群のスピードを武器に攻撃を牽引するヘアマンだが、2015年1月31日に行われたブンデスリーガ第18節のシュトゥットガルト戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 0-0のまま迎えた71分、ボルシアMGがカウンターからチャンスを作る。左サイドのスペースでFWブラニミル・フルゴタがボールを持つと、FWマックス・クルーゼが裏へ走り出し、相手DF数人をつり出す。すると、フルゴタが反対のサイドでフリーになったヘアマンにパスを通す。ヘアマンが長いランニングからダイレクトで強烈なシュートを放つと、シュートはGKの手を弾きながらゴールインし、見事なカウンターからゴールを奪った。 この得点が、この試合唯一の得点となり、ボルシアMGが1-0で勝利している。 2021.01.18 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャがショートパスを繋いで相手のブロックを攻略!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はボローニャのパラグアイ代表FWフェデリコ・サンタンデールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンタンデールが素早いパス回しから決めたロケットゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVV3lHS3dhZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 南米と欧州のクラブを渡り歩いたサンタンデールは、2018年夏にコペンハーゲンからボローニャに加入。ここまで公式戦64試合に出場し、9ゴールをマークしている。 空中戦を得意とする大型FWのサンタンデールだが、2018年9月30日に行われたセリエA第7節のウディネーゼ戦では、味方との連携から豪快なゴールを決めている。 0-1とボローニャビハインドで迎えた42分、最終ラインでのボール回しから、ボックス手前のサンタンデールに楔のパスが入る。このパスをワンタッチで左にいたMFマティアス・スベンベリに落とすと、相手を引き付けたタイミングでサンタンデールにリターンパスが入る。 相手の密集地帯の中でわずかにスペースを作ったサンタンデールが豪快に右足を振り抜くと、強烈なシュートがクロスバーの内側に跳ね返りながらゴールインし、見事な同点弾となった。 このゴールで追いついたボローニャは、この後逆転に成功し、2-1で勝利している。 2021.01.17 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

タレント集団レアルが個人技と連携の合わせ技でセルタを攻略!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アセンシオの突破とベンゼマのポストプレーからイスコが決める<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNYjZyemV1WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マラガで大ブレイクを果たし、2013年夏にマドリーに引き抜かれたイスコ。多くのタレントを擁するチームの中でも主力の1人としてプレーし、ここまで公式戦319試合に出場している。 抜群のテクニックで見るものを惹きつけるパフォーマンスを見せるイスコだが、2019年3月16日に行われたラ・リーガ第28節のセルタ戦では、華麗な連携からゴールを決めている。 0-0のまま迎えた63分、相手陣内でボールを持ったFWマルコ・アセンシオがドリブルで中央に切り込んでいく。プレスに来るDFたちをかわしながら、ペナルティーアーク手前まで侵入すると、ボックス内のFWカリム・ベンゼマにスルーパス。このパスに抜け出したベンゼマがボックス内左深部から中央へ折り返しのパスを送ると、イスコがフリーで走り込み、見事な先制ゴールを決めた。 このゴールで流れを掴んだマドリーは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2021.01.14 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルが連続股抜きパスで決めた鮮やかなサイドアタック【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連続股抜きパスからベンゼマが決める<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoR2FSQVRhRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2009年夏にリヨンからマドリーに加入したベンゼマ。スーパースターが揃うチームの中で、CFとして絶対的な地位を確立している。 個人技、連携プレーともに高い水準のパフォーマンスを見せるベンゼマだが、2019年2月3日に行われたラ・リーガ第22節のアラベス戦では、味方の華麗な崩しからゴールを決めている。 0-0で迎えた30分、左サイドでFWヴィニシウス・ジュニオールがボールを持つと、裏へ抜け出すDFセルヒオ・レギロンに相手の股を抜くパスを通し、左サイドを攻略。そのままレギロンがボックス内左に侵入すると、鋭い横パスをゴール前に送る。ブロックに入った相手DFの股を再び抜いたパスにベンゼマがしっかりと合わせ、見事な先制点となった。 股抜きパスを連続で決めたマドリーが先制に成功すると、その後も得点を重ね、3-0で快勝を収めている。 2021.01.12 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

華麗なパスの応酬から最後はカバーニが捻じ込む!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGの見事な連携からカバーニが押し込む<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2Z0N0OGhQTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2013年にナポリからPSGに移籍したカバーニは、エースの1人として活躍。貴重な得点源として、クラブ歴代最多となる200ゴールを記録した。 大型FWながら、ハードワークも厭わない現代的なストライカーであるカバーニだが、2014年11月1日に行われたリーグ・アン第12節のロリアン戦では、見事な連携からゴールを決めている。 0-1とPSGビハインドで迎えた60分、右サイドでボールを持ったMFチアゴ・モッタがドリブルで中央に切り込んでいく。中央のMFハビエル・パストーレとの華麗なパス交換からモッタがそのままボックス内に侵入すると、GKの前で横パス。中央のカバーニがこれに合わせるが、このシュートはGKがブロックする。しかし、捕球に手間取るGKに対しいち早くボールに反応したカバーニがシュートを押し込み、同点ゴールを決めた。 このゴールで追いついたPSGは勢いに乗り、直後に逆転。2-1で勝利している。 2021.01.09 16:00 Sat
twitterfacebook