リバプール、重傷ファン・ダイクの代役にトルコ代表カバクをリストアップか

2020.10.26 18:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールが、シャルケのトルコ代表DFオザン・カバク(20)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

リバプールでは、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが先日のエバートン戦でヒザを負傷。右ヒザ前十字靭帯の損傷で手術が決定しており、半年以上の離脱も覚悟しなければならない状況だ。


ファン・ダイクを欠くセンターバックでは本職としている選手がDFジョエル・マティプとDFジョー・ゴメスのみ。MFファビーニョを起用する手段もあるが、それでも極めて手薄となっている。

今冬の補強は必須とみられる中、今回名前が挙がったのはトルコ代表で4キャップを持つカバク。ガラタサライの下部組織出身で、昨年1月にシュツットガルトに移籍、その半年後の昨夏にシャルケと5年契約を結んだ。

『ミラー』によると、元々4000万ポンド(約54億6000万円)の値札を付けていたシャルケだが、現在は新型コロナウイルスによる財政状況の悪化もあり、3000万ポンド(約41億円)まで評価額を下げているという。しかし、リバプールが用意する移籍金は2000万ポンド(約27億3000万円)と見られており、この小さくな差額は今後にも影響しそうだ。

なお、昨夏のシャルケ加入後は主力としてリーグ戦26試合に出場。今季は第2節のブレーメン戦での唾吐き行為で5試合の出場停止処分を受けている。

関連ニュース
thumb

悲報続くリバプールに朗報、ジョタがフルトレーニング参加

ケガ人続出のリバプールに朗報だ。昨年12月にヒザを痛めて以降、戦列を離れていたポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが24日の全体練習に合流したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今季、ウォルバーハンプトンから加入したジョタは公式戦17試合の出場で9ゴールと、リバプールの新たな攻撃のオプションとなっていた。 また、昨年10月にヒザの前十時じん帯を損傷したDFヴィルヒル・ファン・ダイクはボールを使ったメニューをこなしているとのことだ。 新たに主将のMFジョーダン・ヘンダーソンがそ径部の負傷で長期離脱の可能性があるリバプールだが、主力2選手は順調な回復を見せているようだ。 2021.02.25 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールにさらなる追い討ち…主将ヘンダーソン、最悪3カ月離脱か

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが長期離脱する可能性が高まっているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ヘンダーソンは20日に行われたプレミアリーグ第25節のエバートン戦で負傷。30分程で交代を余儀なくされており、0-2で敗れた試合後、ユルゲン・クロップ監督から「そけい部、内転筋を痛めてしまった。良くなさそうだ」と報告されていた。 『サン』によると22日に精密検査を行ったというヘンダーソンだが、手術を受けなければならない可能性が高い模様。その場合、離脱期間は最大12週間となり、多数の負傷者に苦しむリバプールにさらなる打撃を与えることになる。 たとえ手術を必要としない場合でも、4月半ばまでの離脱が見込まれており、プレミアリーグではチェルシー戦やアーセナル戦を含む6試合、加えてチャンピオンズリーグのライプツィヒ戦2ndレグの欠場は決定的なようだ。 痛手となるのはリバプールに限らず、今夏にユーロを控えるイングランド代表にとっても心配の種となっている。 2021.02.24 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。 ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。 もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。 クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。 しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。 <span class="paragraph-title">◆若き頃から見せていた勝負強さ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20210224gerrard_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 幼少の頃からリバプールのアカデミーで育ったジェラードは、1998-99シーズンの11月にファーストチームでデビュー。18歳でデビューした当時は、右サイドバックとしてプレーしていた。 その後は、セントラルミッドフィルダーとしてプレーすると、3年目の2000-01シーズンからレギュラーに定着。ジェラール・ウリエ監督の下でFAカップ、リーグカップ、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のカップ戦三冠を達成していた。 このシーズンは、リーグカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦、そしてUEFAカップのアラベス戦でゴールを決めており、この頃から大舞台での勝負強さを発揮していた。 2003-04シーズン途中からチームのキャプテンを務めると、一気に中心選手としての才能が開花。2004-05シーズンは、チャンピオンズリーグのグループステージで敗退の危機にあった中、最終節のオリンピアコス戦で試合終了間際に衝撃のミドルシュートを決めて突破を決めると、このシーズンは決勝にまでチームは勝ち上がり、“イスタンブールの奇跡”と呼ばれるミランとの激闘を制して優勝を達成。この決勝でも逆転につながるゴールを決めていた。 チームの精神的支柱でもあったジェラードが持つ勝負強さは、何度となく救うことになった。 <span class="paragraph-title">◆誰もを魅了するミドルシュート</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20210224gerrard_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブキャリアではリバプールとロサンゼルス・ギャラクシーで191ゴールを記録、イングランド代表としても21ゴールを記録しているジェラード。そのジェラードの代名詞といえば、やはり“ミドルシュート”だろう。 右足から放たれる強烈な一撃は、打った瞬間に入る予感すらさせるもの。その軌道の美しさもさることながら、シュートスピードは驚くべきものがある。 スピードあるミドルシュートは“弾丸ミドル”という表現がピッタリであり、地を這うような軌道は圧巻そのものだった。 前述した通り勝負強さにも繋がるところだが、ジェラードのゴールはチームの窮地を救うものが多く、試合の終盤で劣勢な状況でも何か起こるのではという予感さえあった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqMXBzNXlFaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 例えば2004-05シーズンのミドルスブラ戦では、ハーフウェイライン付近からのフィードを受けたジェラードがトラップ。コースが空いているのを見ると、中央やや右寄りの距離のあるポジションから右足一閃。ゴール左上に強烈なミドルシュートが突き刺さっていった。 ミドルシュートというよりはロングシュートに近いが、あのポジションから右足を振り抜くという判断も、ミドルシュートが得意なジェラードならではかもしれない。 その他、前述の2004-05シーズンのチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦。あと1点が必要な状況で、ボックス手前でルーズボールに反応したジェラードが右足を振り抜くと、高速シュートが右隅に決まった。 このように最大の武器であったミドルシュートで多くのピンチを救ったことで、ファン・サポーターからも一層愛される存在となっていったジェラード。似たようなミドルシュートを打てる現役選手はほとんどおらず、唯一無二の存在だったとも言える。まさに、サッカー史に残るレジェンドと言って良いだろう。 2021.02.24 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

批判強まるフィルミノを擁護するマネ「僕やサラーより評価されるべき選手」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、チームメイトであるブラジル代表FWロベルト・フィルミノを擁護した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在リーグ4連敗中であり、アンフィールドでは2021年になってからいまだに勝利がないなど、大不振に陥るリバプール。順位は6位まで下降しており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も危ぶまれている。 DFヴィルヒル・ファン・ダイクを筆頭に、負傷者の続出に悩まされているリバプールだが、各選手のパフォーマンス低下も無視できない状況に。特に焦点を当てられているのが、今季リーグ戦25試合6ゴールのフィルミノだ。「9番の仕事ができていない」として、一部メディアからは批判が寄せられている。 リバプールは現在負傷離脱中のFWジオゴ・ジョタの復帰が迫っており、これによりフィルミノのベンチ行きも予想されているが、『ESPN Brazil』のインタビューに応じたマネはブラジル代表FWが過小評価されていると訴えた。 「ボビー(ロベルト・フィルミノ)は、僕やモー(モハメド・サラー)よりもっと評価されるべき選手だ。しかし、それはフットボールの一部であり、人々は常にゴール数を気にしている。とはいえ、ボビーがいなければ、僕とモーがこれまでのように多くのゴールを決めることはできないだろう」 「彼のおかげで、僕らはすべてが楽になっているんだ。ブラジルはボビーがいてくれてラッキーだね。僕はいつもボビーに『国籍を変えてセネガルに来てくれ』と言っているよ。僕にとってそれは夢でもあるんだ。彼が大好きだし、僕にとってお気に入りのチームメイトさ」 2021.02.24 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールでの第1号!今やワールドクラスのエースとなったサラーのレッズ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フィルミノのお膳立てからサラーがリバプール初ゴールをマーク<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwRTE5eXZxYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2017年夏にローマからリバプールに加入したサラー。加入初シーズンからリーグ戦32ゴールと大爆発し、一気に世界屈指のアタッカーとなった。 リバプールでここまで公式戦186試合で118ゴールと驚異のペースでゴールを量産するサラーだが、その記念すべきリバプール初ゴールは、2017年7月14日に行われたウィガンとのプレシーズンマッチで決めたゴールだった。 ウィガンに先制を許し、0-1とリバプールビハインドで迎えた前半追加タイム46分、ショートカウンターから味方のパスにFWロベルト・フィルミノが抜け出すと、そのままボックス内に。自らシュートを打つこともできたが、フリーだったサラーに横パスを送ると、サラーが左足でシュートを流し込み、同点弾を挙げた。 試合はそのまま1-1で終了。親善試合でのこのゴールを皮切りにサラーはゴールを量産し続けている。 <span data-sg-movie-id="823" data-sg-movie-title="【リバプールでの第1号!】今やワールドクラスのエースとなったサラーのレッズ初ゴール"></span> 2021.02.22 08:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly