G大阪FWアデミウソン、酒気帯び運転などの疑いで任意捜査 クラブは捜査終了後に改めて処分決定の方針

2020.10.26 13:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は26日、ブラジル人FWアデミウソンの道路交通法違反容疑を報告した。アデミウソンは25日午前8時35分頃に自らが運転する自動車で大阪府茨木市内の追い越し車線を走行中、左前側ボディーが走行車線の自動車と接触。それを認識せず、10時から予定したチームのトレーニングに参加すべく、クラブハウスに向かったという。

トレーニング終了後の11時30分頃にはクラブハウスで大阪府警察本部交通部の高速道路交通警察隊から任意同行を求められ、12時から吹田分駐所で約4時間にわたる事情聴取。そこでのアルコール検査で基準値を上回るアルコールが検出されたようだ。

17時から約1時間にわたり、アデミウソン本人から事故に関する詳細を確認したというG大阪は酒気帯び運転および報告義務違反でクラブハウス立入禁止の謹慎処分を科したが、捜査終了後に改めて処分を決定。今回の件を受け、本日に会見を行う。

アデミウソンはG大阪在籍5シーズン目の今季、ここまで明治安田生命J1リーグ21試合に出場。チーム最多タイの6得点を挙げ、24日に本拠地で行われた第24節の柏レイソル戦でも終盤に決勝ゴールを記録して、チームの9試合無敗に大きく貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪、今季からHCを務めたクラブOB山口智氏が退団「クラブ10個目のタイトルの力になれれば」

ガンバ大阪は2日、山口智ヘッドコーチが今シーズン限りで契約満了となることを発表した。 山口氏は、現役時代にもG大阪でプレー。宮本恒靖監督と3バックを形成し、J1優勝やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、ナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)、天皇杯など多くのタイトル獲得に貢献していた。 ジェフユナイテッド千葉や京都サンガF.C.でもプレーし、日本代表としても2試合に出場。引退後の2016年にG大阪へ復帰すると、2018年からコーチに就任。今シーズンからヘッドコーチを務めていた。 山口氏はクラブを通じてコメントしている。 「2020シーズンを持ちましてクラブを退団する事になりました。選手時代からこれまでたくさんの人に支えていただきながらたくさんのことを経験させてもらい、いろいろなことを学ばせてもらい感謝しかありません。ありがとうございました」 「今後はこれまでの経験を活かし、糧にし、指導者としてもまた人としても成長していきたいです。またガンバとのご縁がある時まで自分らしく頑張っていければと考えております」 「今年の公式戦残り最大で5試合。クラブ10個目のタイトル、天皇杯を目標に残りのシーズンを悔いのないよう過ごし、チームの力になれればと思っています」 「最後にシーズン途中での発表になってしまって申し訳ありません。本当にありがとうございました」 2020.12.02 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

2位G大阪、攻めるも逆転ならず パトリックの技ありヒールで鳥栖とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が29日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪vsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。 秋から続いた12試合負けなしもあり、上位争いを演じる2位G大阪だが、前節の川崎フロンターレ戦で今季最多5失点の大敗。その敗戦をバネにした戦いが求められる今節は3バックを用いてJ1初先発の川崎と倉田をシャドーの位置に入れ、昌子の代わりに菅沼を最終ラインの一角に配した。一方、14位鳥栖は2試合ぶりの勝利を目指す戦いとなり、前節から4選手を変更。J1初先発の相良を左サイドハーフに入れ、過去7試合で1勝にとどまるアウェイG大阪戦での勝利を目指した。 来季のACL出場権だけでなく、天皇杯出場権もかかる2位の座を守るためにも3ポイントがほしいG大阪だが、久々の3バックだからか、リズムの悪い入りに。そのなかで、鳥栖がセカンドボールを多く回収していき、11分にレンゾ・ペレスが敵陣中央の位置で矢島からボールを奪い切ってショートカウンター。樋口が最終ライン背後を突いた浮き球パスは高尾に対応されるが、こぼれ球を諦めずに追いかけた相良がGK東口との連携ミスも突いて、無人のゴールに沈めた。 4試合連続で先制点献上のG大阪は徐々にアジャストしていき、巻き返す。しかし、34分にパトリックの胸トラップからの絶妙なスルーパスでボックス左のスペースに抜け出した宇佐美の右足フィニッシュは朴一圭が阻止され、右CKのチャンスを獲得した44分に菅沼が放ったヘディングシュートもクロスバーを直撃。さらに、前半アディショナルタイム1分にも右サイド深くの福田からの折り返しに倉田が頭で合わせるが、ここもGK朴一圭が立ちはだかり、生かせない。 試合が進むにつれ、ゴールに襲いかかる場面を増やしたものの、1点が遠かったG大阪はハーフタイム明けから4バックに変更。後半の頭から先制ゴールの相良と内田を下げて小屋松と森下の交代に動き、前半に守勢の時間が続くチームの修正を図った鳥栖を引き続き攻め立てていく。そのG大阪は56分、さらに攻勢を強めようと福田を下げて山本をピッチを送り出すと、続く69分にも川崎に代えて渡邉を投入。再三にわたり、立ちはだかってくるGK朴一圭を崩しにかかる。 後ろに重たい時間が続く鳥栖も72分に林と復帰戦の高橋を送り込み、バランスの修正を試みたが、G大阪の交代策が実を結ぶ。77分、敵陣右サイドの渡邉が自身を追い越す動きでより深い位置を突こうとした高尾にパス。そのままボックス右に侵攻した高尾の折り返しをニアサイドのパトリックが右足ヒールで押し込んだ。ようやく追いついたG大阪は80分に唐山と塚元の若き下部組織出身プレーヤーを投入すると、守りが崩れた鳥栖も81分に豊田という勝負のカードを切る。 互いに次の1点を目指す姿勢が浮き彫りになるなかで、引き続き鳥栖のゴールに迫ったG大阪は幾度かの場面で唐山に決定機が巡ってくるが、いずれもモノにできず、1-1で終了。相良にプロ初ゴールを許して、GK朴一圭の好守に苦しんだG大阪は2試合白星なしとなったものの、パトリックの7ゴール目で最低限の勝ち点1を掴み、勝ち点を「59」に伸ばした。 ガンバ大阪 1-1 サガン鳥栖 【G大阪】 パトリック(後32) 【鳥栖】 相良竜之介(前11) 2020.11.29 18:59 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:G大阪vs鳥栖】惨敗を糧に2位確保に向けて切り替えを、鳥栖はホーム戦のリベンジを

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月29日(日) 17:00キックオフ ガンバ大阪(2位/58pt) vs サガン鳥栖(14位/29pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆首位に惨敗も2位確保は至上命題【ガンバ大阪】 前節は首位の川崎フロンターレとの直接対決。勝たなければ眼前での優勝決定を決められてしまうという中、シーズンワーストの5失点で惨敗を喫してしまった。 G大阪の出来が悪かったというよりは、優勝をホームで決めたいという川崎Fが圧倒したという印象。先制をされて以降、攻撃の形も作れず、終盤までシュート数が伸びなかった。 優勝が決定した今、G大阪が目指すのは2位の死守だ。残り4節となった今、試合数にバラツキがある異例のシーズンである中、自力で2位は確保できる状況だ。 その中で残り4試合は下位チームとの試合しかない。今シーズンは降格なしの特別ルールだが、下位チームも来シーズンにつながる試合を見せたいと躍起になる。その中で、しっかりと勝ち切れるか。天皇杯出場のためにも、2位確保に向けて勝利したい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:福田湧矢、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:渡邉千真、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆ポゼッションをしっかりゴールに繋げられるか【サガン鳥栖】 前節は最下位のベガルタ仙台と対戦。試合の主導権を握る展開となったが、終盤に失点を喫し0-1で敗戦となった。 7戦無敗で来たチームが足踏みとなったが、カウンター一発でやられるというチームが抱える課題が出た試合となった。 ポゼッションが高くてもシュート精度が低くチャンスを活かせなかった試合。チームとしては悔やまれる内容だが、今節もその可能性を孕む展開も予想できる。 G大阪も特徴はボール奪取からのカウンター。ポゼッションは鳥栖に有利となるが、一発で仕留める力もある。ホームゲームでは1-2で敗れており、同じ展開にはしたくないところ。シビアな残留争いをイメージし、しっかりと結果を残したいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:朴一圭 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、中野伸哉 MF:小屋松知哉、松岡大起、原川力、本田風智 FW:金森健志、林大地 監督:金明輝 2020.11.29 14:31 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎Fが史上最速で2年ぶり3度目のJ1優勝!家長昭博が古巣G大阪相手にハットで完勝《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節の川崎フロンターレvsガンバ大阪が等々力陸上競技場で行われ、5-0で川崎Fが勝利。2年ぶり3度目のJ1優勝を達成した。 21日に行われた大分トリニータ戦で1-0と敗れ自力での優勝を決められなかった川崎F。一方で、22日の浦和レッズ戦で先制を許すも、逆転勝利を収め、川崎Fの優勝を阻止した2位G大阪の首位攻防戦となった。 <div id="cws_ad">◆家長昭博がハットトリックで優勝を手繰り寄せる!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008F998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12prgxv4unFne1s7ao4yapceqx" async></script></div> 川崎Fは大分戦から出場停止の谷口彰悟に加え、齋藤学、旗手怜央、中村憲剛、長谷川竜也の5名を変更。ジェジエウ、田中碧、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫が先発した。 一方のG大阪は浦和戦からスタメン変更は1人。負傷交代した小野瀬康介に代えて、福田湧矢を起用した。 川崎Fは引き分け以上で優勝が決定する試合。先制すれば今シーズンは負けていないだけに、先制点がこの試合でも重要なカギとなる。 立ち上がりからテンション高く入ったのはホームの川崎F。互いにゴブの展開で迎えた12分にボックス内で三笘がシュート。しかし、これは昌子が身体を投げ出してブロックする。 さらに14分には三笘がボックス左でボールを持つとドリブルで福田をかわしてボックス内に侵入。そこからマイナスのパスを送ると、大島が左足で狙うも、これも昌子がブロックする。 主導権を握りG大阪陣内でのプレータイムが長くなる川崎F。18分にも川崎Fが決定機。相手のミスパスから三笘がボールを奪うと、ショートカウンター。最後は、ボックス内から田中がシュートを狙うも、枠に飛ばない。 攻勢を強めていた川崎Fだが、22分についに仕留める。レアンドロ・ダミアンがボックス手前でポストプレー。落としを受けた田中が左サイドに展開すると、登里が左足でアーリークロス。これを走り込んだレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせてネットを揺らし、川崎Fが先制に成功する。 先制を許したG大阪は、[4-4-2]のシステムでボランチを横並びから縦関係に変更。矢島をトップ下気味に置き、山本が1ボランチに。前線のパトリックを使って攻め込もうとするがあまりうまくいかない。 川崎FもG大阪のボールホルダーに素早くプレス。前線のパトリックを孤立させる他、サイドバックにも攻撃参加させない展開とする。 終始川崎Fが攻め続ける中でスコアがスコアが動かない中、41分にはレアンドロ・ダミアンとのワンツーで三笘がボックスに侵入。GK東口と一対一となるが、しっかりと東口がセーブする。 すると攻め立てる川崎Fは44分にもビッグチャンス。ハーフウェイライン付近でボールを奪ったレアンドロ・ダミアンがドリブルで独走。そのままボックス内に侵入しニアサイドを狙ってシュートを放つが、GK東口がセーブする。 決定機を逸した川崎Fだが、これで得たCKから追加点を奪う。45分、田中がクロスを上げると、ボックス中央でレアンドロ・ダミアンがヘッド。これに家長がダイレクトで蹴り込み、川崎Fが前半のうちにリードを広げた。 両チーム共交代なしで迎えた後半。立ち上がりにG大阪が細かいパスワークで攻め立てていたが、徐々に川崎Fが盛り返す。すると49分、三笘が囲まれながらもドリブルで突破。右サイドを上がった家長に丁寧にパスを出すと、家長は右足でゴールに流し込み、リードを3点に広げる。 3点のビハインドとなり目の前での優勝を阻止したいG大阪だが、なかなか攻勢に出ることができない。前線のパトリックは苛立ちを隠せないが、ボールが前線に入らない。 攻勢を止めない川崎Fは家長、三笘が面白いようにボールを運び、シュートチャンスを作っていく。 G大阪は62分にチャンス。倉田、宇佐美が絡みディフェンスラインの裏に高尾が抜けるが、これはわずかにオフサイドとなる。 川崎Fは63分。スローインを受けたレアンドロ・ダミアンがヒールで三笘へパス。その三笘はドリブルで運び中央へ折り返すと、後方から上がった山根がそのままシュート。しかし、これは枠を外れていく。 G大阪は後半の引水タイムで3名を変更。倉田、宇佐美、山本を下げて、渡邉千真、川崎修平、奥野耕平を起用する。 すると71分、右サイドからの高尾のクロスをボックス中央でパトリックがヘッド。久々にシュートシーンを作ったG大阪。そこから攻勢を強めていきたいところだったが、川崎Fがトドメを刺す。 73分、左サイドで登里の縦パスを受けたレアンドロ・ダミアンがノールックで前線へ。これに抜け出した三笘がドリブルで持ち込むと、中を見てグラウンダーのパス。これを走り込んだ家長がダイレクトで蹴り込みハットトリック達成。リードを4点とし、優勝をグッとたぐり寄せた。 少しペースダウンをした川崎Fは家長とレアンドロ・ダミアンを下げて、旗手と小林を投入する。 するとG大阪は83分に矢島がボックス手前から鋭いミドルシュート。しかし、これはGKチョン・ソンリョンがわずかに触り得点を許さない。 川崎Fは86分に大島と三笘を下げて、中村と齋藤を投入。今シーズン限りで現役引退を発表している中村が優勝決定のピッチに立つ。 攻勢を止めない川崎Fはハーフウェイライン付近で小林が受けると、裏に走り出した旗手へロングパス。そのまま受けた旗手がボックス内でシュートを放つとGK東口がセーブも、並走していた齋藤が押し込んでダメ押しの5点目を奪う。 アディショナルタイム5分には裏に抜け出したパトリックがボックス内でシュートも車屋が戻りブロック。このCKもしっかりと防いだ川崎Fがそのまま勝利し、5-0で勝利。4試合を残す史上最速のJ1優勝を見事に決めた。 川崎フロンターレ 5-0 ガンバ大阪 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前22) 家長昭博(前45、後4、後28) 齋藤学(後45) 2020.11.25 20:26 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:川崎FvsG大阪】2年ぶり載冠か、再びの阻止か…1位と2位の等々力決戦

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 18:30キックオフ 川崎フロンターレ(1位/72pt) vs ガンバ大阪(2位/58pt) [等々力陸上競技場] <div id="cws_ad">◆直接対決を数字でプレビュー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=69aqmknt264514t6srg1q8zv3" async></script></div> ◆ホームで歓喜なるか【川崎フロンターレ】 前節の大分トリニータ戦は勝てば無条件で2年ぶり3度目のリーグ優勝が決まるシチュエーションで敵地に乗り込んだが、0-1の敗戦を喫すると、翌日にガンバ大阪も勝利してお預けに。“今節こそは”との思いでホーム等々力に舞台を移して、2位G大阪との直接対決で4試合を残しての史上最速優勝を狙う。 自力優勝の条件は引き分け以上。今季15試合で13勝1分け1敗と圧倒的な勝率を誇る本拠地でのゲームという面だけに、今節での優勝決定に期待が膨らむ。ただ、この11月に入り、4試合で1勝1分け2敗と息切れ気味。さらに、今節は前節の一発退場で谷口彰悟の欠場が決まり、不安要素もつきまとう。 また、前節から中3日という面でもコンディションの見極めが必要となり、改めてチームの真価が問われる一戦になりそうだ。とはいえ、今季の川崎Fは誰が出てもクオリティが落ちないのが強みのひとつ。G大阪も直近14試合で11勝2分け1敗と軽視できない相手だが、勝利でシャーレを掲げられるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、車屋紳太郎、登里享平 MF:田中碧、守田英正、脇坂泰斗 FW:旗手怜央、小林悠、齋藤学 監督:鬼木達 ◆面前でのV阻止なるか【ガンバ大阪】 前々節のベガルタ仙台戦で0-4のショッキングな敗北を喫して、12試合負け知らずの進撃が止まったG大阪だが、前節の浦和レッズ戦で2-1の逆転勝利を収めて見事にバウンスバック。その勝利が川崎Fの優勝に待ったをかける形となったが、チームの目標である天皇杯出場権がかかる2位の座を死守した。 そうして迎える今節は川崎F戦。G大阪は宮本恒靖監督をはじめ、選手間でも共通意識として2位死守を目標に残り試合を戦う所存だが、目の前で簡単に優勝させるわけにいかない。チームの目標を目指して首位に真っ向勝負を挑むなかで、今季の歩みが試される集大成の意味合いも強い一戦になりそうだ。 ただ、小野瀬康介が浦和戦で負傷交代を強いられ、ダイナモとして今季のチームをリードする井手口陽介も欠場中。ここに来て故障者が相次ぎ、今節の大一番もベストな陣容で挑めなさそうだが、川崎Fが思い描くシナリオに従うわけにもいかない。進撃の根幹にある守備を武器に面前での優勝阻止なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:矢島慎也、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2020.11.25 11:55 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly