レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 0-0 チェルシー《プレミアリーグ》

2020.10.25 04:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが24日にオールド・トラフォードで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 デ・ヘア 5.5
難しい対応は少なかったが、雨の影響でスリッピーなコンディションの中で地上戦も空中戦でも堅実な対応を見せた

DF
29 ワン=ビサカ 6.0
読みとスピード、リーチの長さを生かした安定した守備を披露。ただ、選手交代によって攻撃面の貢献が求められた後半は高い位置を取ったものの、効果的なプレーは少なかった

2 リンデロフ 6.5
並びは4バックに戻ったが、マグワイアと役割を分担しながら的確なカバーリングや身体を張った守備で引き続き安定感をもたらした

5 マグワイア 6.0
ホールディングに近い危ういセットプレー時の対応はあったが、試合を通して強さと集中力を保った守備をみせ、ここ最近では最も安定した出来だった

23 ショー 5.5
連戦でやや無理が効かない部分も見受けられたが、攻守両面でアグレッシブにプレーし続けた

MF
8 マタ 6.0
前半に2度の決定機に絡むなど、古巣相手に持ち味の攻撃センスとパスセンスを遺憾なく発揮

(→ポグバ 5.5)
トップ下でプレー。ボールキープやミドルレンジのパスで局面を変える場面もあった

39 マクトミネイ 5.5
球際の強さを武器に中盤の競り合いで優位性をもたらす。ただ、マイボール時のアイデアと展開力のなさはマイナス

(→グリーンウッド -)

18 ブルーノ・フェルナンデス 6.0
前半はマタとの連係で決定機を演出し、後半はカバーニやラッシュフォードを生かすためより球離れの速いプレーで攻撃をオーガナイズした

17 フレッジ 5.5
PSG戦に続き中盤で泥臭い仕事をきっちりこなした。ただ、疲労の影響か、視野や細かいタッチの問題で前線とのリンクマンとしては難しい試合に

21 ダニエル・ジェームズ 5.0
先発抜擢で守備のタスクはこなしたが、攻撃面ではワンパターンな仕掛けに終始し、バックアッパーの域を脱せず

(→カバーニ 5.5)
昨冬噂のあったチェルシー相手にユナイテッドデビュー。コンディションや連係はまだまだだが、自身のプレースタイルはしっかりと周囲に印象付けた

FW
10 ラッシュフォード 5.5
試合を通して2度の決定機があったものの、決め切ることはできず。とりわけ、前半のチャンスは決め切りたかった

監督
スールシャール 5.5
守備を意識した前半から後半に勝負を懸けるプランに見受けられたが、攻撃の足かせとなったセントラルMFコンビを引っ張って勝負し切れず

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メンディ 7.0
前後半に3度のビッグセーブを見せて敵地での完封に貢献

DF
28 アスピリクエタ 6.0
後半はラッシュフォードらに苦戦を強いられたが、最後の場面では粘りの対応でクリーンシートに貢献

6 チアゴ・シウバ 6.5
読みを利かせた再三の好守でクリーンシートに貢献。マイボール時も幾度か局面を変える縦パスを差し込んだ

15 ズマ 6.0
重鎮2人のサポートを受けながら、前節のミスを払拭するソリッドな対応を90分間継続

MF
24 R・ジェームズ 6.0
試合を通して絶え間なく上下動を繰り返す。鋭い突破と正確なクロスで最も得点の匂いを感じさせる仕掛けを続けた

7 カンテ 6.0
中盤の守備で周囲を大きく助けた。ただ、攻撃の局面では効果的なプレーは少なかった

29 ハヴァーツ 5.5
要所でライン間でボールを引き出し、惜しい場面を作りかけたが、全体的に消される試合に

(→マウント 5.5)
攻守にハードワークしたが、見せ場はあまりなかった

10 プリシッチ 5.5
前線では仕掛ける姿勢を見せたが、相手の集中した守備を上回ることはできず

(→ツィエク -)

5 ジョルジーニョ 6.0
中盤で守備に奮闘しつつ、要所で良い形でボールを引き出して局面を変えるプレーを見せた

21 チルウェル 6.0
やや疲労感も見受けられたが、相手のプレスをいなしてビルドアップに貢献するなど、攻守に多くの仕事をこなした

FW
11 ヴェルナー 5.0
攻撃の停滞はチーム全体の問題だが、スペースを消されて肉弾戦でも劣勢となり、存在感を示せず

(→エイブラハム 5.0)
ヴェルナー同様にほぼ決定機に絡めず

監督
ランパード 5.5
公式戦2試合連続のクリーンシートはチームにとって大きいが、攻撃面で迫力を出せず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
メンディ(チェルシー)
リンデロフとチアゴ・シウバの両センターバックの活躍も見事だったが、前後半に試合の行方を左右するビッグセーブを見せたチェルシーの新守護神をMOMに選出。

マンチェスター・ユナイテッド 0-0 チェルシー
コメント
関連ニュース
thumb

リンガードを巡る争奪戦が激化か

マンチェスター・ユナイテッドで戦力外となっているイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)を巡る争奪戦が激化模様のようだ。 現在リーグ戦12試合無敗で3年以上ぶりにプレミアリーグの首位に立つユナイテッド。絶好調のチームとは裏腹に、今季のリンガードはここまで公式戦出場は3試合のみとなっており、未出場のプレミアリーグではベンチ入りもできず、事実上の戦力外とされている。 そんなリンガードにはすでにシェフィールド・ユナイテッドやニースなどから関心が伝えられていたが、『ESPN』によると、マルセイユやポルト、インテルにトッテナムなども、今冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。 リンガード本人としては移籍を望んでいるものの、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はトレーニングの姿勢を高く評価しており、ヨーロッパリーグが再開し、過密となる今後のスケジュールも考慮して残留を求めているようだ。 だが、意見は違えど両者は良好な関係を築いているようで、今後、建設的な話し合いが行われる見込みだ。 2021.01.19 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスCEO、ユナイテッドで苦しむファン・デ・ベークを心配せず…「恥じることは全くない」

アヤックス最高経営責任者(CEO)のエドウィン・ファン・デル・サール氏が自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドで苦しむオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの状況を楽観視した。 ファン・デ・ベークは今季、アヤックスからユナイテッドに加入。ここまで公式戦21試合に出場しているが、途中出場がメインで、トータル852分間のプレータイムしか得られていない。 プレミアリーグのここ5試合に限ると、出番がなく、現状を危惧する外野から移籍を勧める声も挙がっているが、ユナイテッドに送り出した張本人のファン・デル・サール氏は心配していない。 現役時代にユナイテッドの絶対的守護神として一斉を風靡したファン・デル・サール氏は『Ziggo Sport』でファン・デ・ベークに移籍を勧めず、将来的に輝く瞬間が巡ってくると語った。 「私はクラブ(ユナイテッド)の人々とかなり話をする。彼は素晴らしい姿勢で、トレーニングをうまくやっている」 「(定位置確保は)難しいものさ。(ポール・)ポグバが戻り、(ブルーノ・)フェルナンデスが非常に重要な存在となるなかで、(ネマニャ・)マティッチと(スコット・)マクトミネイもいる」 「恥じることは全くない。ビッグクラブでもあるのだからね。もちろん、(移籍金は)多額だったが、彼らには彼なら大丈夫だという自信がある」 2021.01.19 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーンが決定機逸のポグバに言及「決めないと」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、リバプール戦で決定機を外したフランス代表MFポール・ポグバに言及している。 ユナイテッドは17日にプレミアリーグ第19節でリバプールと対戦した。試合はリバプールが主導権を握る中、ユナイテッドは主にカウンターから攻撃の機会を窺っていた。 すると0-0で迎えた83分に、ボックス中央でDFアーロン・ワン=ビサカの横パスを受けたポグバに絶好のシュートチャンスが訪れる。ワンタッチで上手く懐に収め、渾身の右足シュートを放ったが、GKアリソン・ベッカーのファインセーブに阻まれゴールならず。この最後の決定機を生かせず、試合は0-0のまま終了した。 ロイ・キーン氏はこのシーンを振り返り、「ポグバは決めるべきだった」とイギリス『スカイ・スポーツ』でコメント。リバプールの現状から考えて勝つべき試合だったと振り返った。 「彼(ポグバ)のリアクションから分かるだろう。ファーストタッチはエレガントだったが、なんてこった…彼は決めるべきだった。GKを横切って、DFを確認しながら決められるはずだった」 「最初の素晴らしいタッチでゴールを決められるチャンスを得た。しかし、姿勢を正して自分を大きく見せたGKに止められてしまった。試合前に願っていたまたとないチャンスだったんだが」 「リバプールのプレーが悪いとは言わないが、彼らは輝きを失っている。ポグバほどのチャンスを外せば、その失望も大きい。あれは彼が主役になるための瞬間だった。あのチャンスは生かさなければならない。だが、私はユナイテッドをそこまで批判するつもりはない」 「時々心配になるが、この試合の4バックは素晴らしかった。(ルーク・)ショーは守備面でも攻撃面でもブリリアントだった。(マーカス・)ラッシュフォードは姿を見せず、(ブルーノ・)フェルナンデスもいつも通りのプレーではなかったが、それでも彼らには2つのビッグチャンスがあった」 2021.01.18 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

波紋を呼ぶポール・ティアニー主審のジャッジ…クラッテンバーグ氏は誤審だったと認めるも「批判はしない」

波紋を広げているポール・ティアニー主審のリバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのジャッジに関して、元世界的名レフェリーのマーク・クラッテンバーグ氏が言及している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 問題となっているのは、前半アディショナルタイムでの出来事。1分の追加タイムの中で、リバプールは味方のスルーパスに抜け出したFWサディオ・マネが最終ラインを突破。あとはGKとの一対一を制すのみという絶好の瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いた。 通常ならプレー続行のタイミングだった上に、そもそも規定の終了時間の5秒も前だったということもあり、リバプール陣営からは不満の声が噴出。主将を務めたジョーダン・ヘンダーソンはホイッスル直後に主審のもとへ詰め寄り、説明を求めた。また、試合後には「意味がわからない」と憤りを公にしている。 クラッテンバーグ氏は、ポール・ティアニー主審は試合を上手く捌いていたと全体的に称賛した一方で、問題のシーンは間違いだったと認めた。それでも批判はしないと、擁護の姿勢を示した。 「この試合がどのように審判されるかに注目が集まっていたが、ポール・ティアニーは最小限の騒ぎで試合をコントロールしてくれた」 「彼は賢明なレフェリーであり、今日もそれを示してくれたが、無観客だったことに救われた面もある。この試合はアンフィールドが満員になると全く違ったものになるからだ」 「ちょっとした論争があったのは、ハーフタイムに入ってからのことだった。1分間のアディショナルタイムが表示され、テレビの時計で55秒が経過した時に、ティアニーはピッチの中央で笛を吹いた」 「彼は、審判の標準であるように、プレーをニュートラルエリアで終えることを望んでいた。問題は、一瞬のうちにリバプールがボールを最前線に運び、サディオ・マネがゴールに向かおうとしていたことだ」 「技術的には、ティアニーは最低でも1分が経過するまで待つべきだった。ティアニーが助けられたのは、マネやユナイテッドDFビクトル・リンデロフが直ちにプレーを止めてくれたからだ。我々も次に何が起こっていたのかは分からない」 「しかし、この事件でティアニーを批判するつもりはない。彼は非常に良いゲームをしていた。我々審判団が真のインテンシティを持っていなかったのは残念なことだがね」 2021.01.18 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴールチャンスを奪われた」レッズ主将ヘンダーソンも不満を募らせたポール・ティアニー主審が非難の的に

17日に行われたプレミアリーグ第18節のリバプールvsマンチェスアー・ユナイテッドの大一番で笛を吹いたポール・ティアニー主審に非難が集中している。 ユナイテッドが首位、リバプールが暫定2位という状況で迎えることになった今回の一戦。3年4カ月ぶりに首位に立ち、アウェイ15戦無敗を継続するユナイテッドと、67試合無敗を誇るアンフィールドという要塞で迎え撃つリバプールという稀に見る好カードは、予想通りボールを保持するリバプールと、ロングカウンターで抵抗するユナイテッドという構図となる。 試合はどちらが先に1点を取るかという均衡した戦況に向かう中、問題のシーンは前半アディショナルタイムに訪れる。 前半に取られた追加タイムは1分。その中でリバプールはピッチ中央から前線を走るFWサディオ・マネにロングボールが入る。オフサイドもなく、このままGKと一対一の絶好のチャンスを迎えるかに思われたその瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いたのだ。 しかもタイミングは45分55秒と、規定の時間の5秒も前。普通に続けていればゴールもできたかもしれないシーンだっただけに、リバプール側の人間からすれば絶対に納得できないジャッジだ。 この試合でセンターバックとしてプレーした主将のジョーダン・ヘンダーソンもイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで不満を募らせていたことを認めている。 「想像通り、僕たちは不満たっぷりだよ。意味がわからない。本当にね」 「もし彼(主審)が笛を吹いていなければ、彼(マネ)はゴールできていたかもしれない。わからないけどね。ハーフタイムにはさすがにイライラしていたよ。だけどまだゴールを決める時間は残されていた。でもそのクオリティには少し至らなかったみたいだね」 イギリス『デイリー・メール』によると、SNSでは「本当に頭にきた」、「恥の極みだ」というポール・ティアニー主審に対する非難の声が多数挙がっているようだ。 絶好機を奪われたリバプールは、後半もユナイテッドの組織された守備を攻略できず、0-0のドロー決着。マンチェスター・シティとレスター・シティに抜かれ、暫定4位となっている。 2021.01.18 16:36 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly