カバーニデビューのユナイテッドvsチェルシーは痛み分けのドロー《プレミアリーグ》

2020.10.25 03:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが24日にオールド・トラフォードで行われ、0-0のドローに終わった。
 
前節、ニューカッスル相手に4-1の逆転勝利を掴んだユナイテッドは、チャンピオンズリーグ(CL)初戦でも昨季ファイナリストであるパリ・サンジェルマン(PSG)を2-1で破り、公式戦連勝を飾った。今季のホーム初勝利を目指す、この一戦ではPSG戦から先発3人を変更。負傷明けのマグワイアがトゥアンゼベに代わって復帰したほか、ベンチ外のテレスと出場停止のマルシャルに代わってマタ、ダニエル・ジェームズを起用。システムも[3-4-1-2]から[4-2-3-1]に戻した。また、カバーニが加入後初のベンチ入りを果たした。
 
一方、チェルシーは前節のサウサンプトン戦でヴェルナー、ハヴァーツに待望のプレミア初ゴールが生まれたものの、試合終了間際に追いつかれて3-3のドロー。直近のCLではセビージャ相手に0-0のドローに終わり、公式戦2試合勝利から遠ざかる。昨季、シーズンダブルを喫した因縁の相手との対戦では、セビージャ戦とほぼ同じメンバーを起用したが、今季初めてスタートから[3-4-2-1]の布陣を採用した。
 
互いに直近の試合から並びを変えたことで、立ち上がりはやや様子見の展開となる。共にマイボール時は相手の立ち位置やプレスのかけ方を窺いつつ、ジャブの応酬に留まる。
 
それでも、ライバル同士の直接対決ということもあり、時間の経過と共に球際でのバトルが強調されていく。互いに相手の素早いトランジションを上回る攻撃をなかなか仕掛けられず、フィニッシュはセットプレーの場面が目立つが、チェルシーはシャドーに入るプリシッチが積極的な仕掛けから足を振っていく。
 
一方、徐々にカウンター主体の戦い方に落ち着いたユナイテッドは、35分にビッグチャンスを迎える。マクトミネイの縦パスのこぼれ球を回収したブルーノ・フェルナンデスから足元にパスを受けた中央のマタが絶妙なスルーパスをラッシュフォードに通す。スムーズにボックス付近まで運んだラッシュフォードは得意の角度から右足を振り、ゴール左下隅を狙ったシュートを放つが、ここはGKメンディが長い足を残した見事なセーブで阻止。
 
ワンチャンスを生かしての先制とはならなかったものの、これで勢いづいたユナイテッドは、前半終盤にかけてチェルシーを押し込むと、41分にも左サイドでの細かい連係から最後はボックス手前でラッシュフォードのパスを受けたマタが左足の鋭いシュートをゴール左隅に飛ばすが、ここもGKメンディの横っ飛びセーブに阻まれた。
 
時間を経るごとに見応えを増した白熱の一戦はゴールレスのまま後半に突入。立ち上がりはユナイテッドが押し込む形となったが、チェルシーもジョルジーニョ、ハヴァーツがうまく相手のプレスを剥がしてヴェルナーのシュートチャンスを創出するなど、きっちり押し返す。
 
ホームでより勝ち点3が必要なユナイテッドは58分、マタとD・ジェームズの両翼に代えてカバーニ、ポグバを同時投入。この交代でカバーニが最前線、2列目に右からB・フェルナンデス、ポグバ、ラッシュフォードが並ぶ形に。すると、59分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのB・フェルナンデスがニアへ低いクロスを入れると、赤い悪魔の新たな背番号7が右足アウトを使ったワンタッチシュートで合わせ、挨拶代わりのフィニッシュを見せる。
 
一方、チェルシーも直後の60分には右サイドでフリーのリース・ジェームズから絶妙なクロスが入り、これに中央のハヴァーツ、ファーのプリシッチが反応するが、ハヴァーツのヘディングの当たりが薄くゴールとはならない。その後、72分にはヴェルナーとハヴァーツを下げてマウント、エイブラハムを同時投入し、高さと運動量と異なるアプローチでゴールを目指す。
 
後半半ばから終盤にかけても拮抗した状況が続く。互いに破壊力抜群の攻撃陣も相手の集中した守備をあと一歩のところで崩し切れない。試合最終盤にはマクトミネイに代えてグリーンウッドを投入するベンチからの明確なメッセージを受けて、ホームのユナイテッドが攻勢を仕掛ける。
 
88分にはボックス右で仕掛けたグリーンウッドの折り返しをカバーニがダイレクトで蹴り込もうとするが、昨季までのPSGの同僚チアゴ・シウバが立ちはだかる。さらに、91分にはボックス手前でB・フェルナンデスからパスを受けたラッシュフォードが右足の鋭いシュートを枠の右隅に飛ばしたが、ここはGKメンディが見事な反応ではじき出した。
 
そして、試合は0-0のままタイムアップを迎え、スールシャールvsランパードの通算5度目の対戦は初めてドローに終わった。ユナイテッドはホーム初勝利、チェルシーは公式戦3試合ぶりの白星を目指したが、最終的には痛み分けの結果となった。
コメント
関連ニュース
thumb

リンガードを巡る争奪戦が激化か

マンチェスター・ユナイテッドで戦力外となっているイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)を巡る争奪戦が激化模様のようだ。 現在リーグ戦12試合無敗で3年以上ぶりにプレミアリーグの首位に立つユナイテッド。絶好調のチームとは裏腹に、今季のリンガードはここまで公式戦出場は3試合のみとなっており、未出場のプレミアリーグではベンチ入りもできず、事実上の戦力外とされている。 そんなリンガードにはすでにシェフィールド・ユナイテッドやニースなどから関心が伝えられていたが、『ESPN』によると、マルセイユやポルト、インテルにトッテナムなども、今冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。 リンガード本人としては移籍を望んでいるものの、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はトレーニングの姿勢を高く評価しており、ヨーロッパリーグが再開し、過密となる今後のスケジュールも考慮して残留を求めているようだ。 だが、意見は違えど両者は良好な関係を築いているようで、今後、建設的な話し合いが行われる見込みだ。 2021.01.19 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックスCEO、ユナイテッドで苦しむファン・デ・ベークを心配せず…「恥じることは全くない」

アヤックス最高経営責任者(CEO)のエドウィン・ファン・デル・サール氏が自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドで苦しむオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの状況を楽観視した。 ファン・デ・ベークは今季、アヤックスからユナイテッドに加入。ここまで公式戦21試合に出場しているが、途中出場がメインで、トータル852分間のプレータイムしか得られていない。 プレミアリーグのここ5試合に限ると、出番がなく、現状を危惧する外野から移籍を勧める声も挙がっているが、ユナイテッドに送り出した張本人のファン・デル・サール氏は心配していない。 現役時代にユナイテッドの絶対的守護神として一斉を風靡したファン・デル・サール氏は『Ziggo Sport』でファン・デ・ベークに移籍を勧めず、将来的に輝く瞬間が巡ってくると語った。 「私はクラブ(ユナイテッド)の人々とかなり話をする。彼は素晴らしい姿勢で、トレーニングをうまくやっている」 「(定位置確保は)難しいものさ。(ポール・)ポグバが戻り、(ブルーノ・)フェルナンデスが非常に重要な存在となるなかで、(ネマニャ・)マティッチと(スコット・)マクトミネイもいる」 「恥じることは全くない。ビッグクラブでもあるのだからね。もちろん、(移籍金は)多額だったが、彼らには彼なら大丈夫だという自信がある」 2021.01.19 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーンが決定機逸のポグバに言及「決めないと」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、リバプール戦で決定機を外したフランス代表MFポール・ポグバに言及している。 ユナイテッドは17日にプレミアリーグ第19節でリバプールと対戦した。試合はリバプールが主導権を握る中、ユナイテッドは主にカウンターから攻撃の機会を窺っていた。 すると0-0で迎えた83分に、ボックス中央でDFアーロン・ワン=ビサカの横パスを受けたポグバに絶好のシュートチャンスが訪れる。ワンタッチで上手く懐に収め、渾身の右足シュートを放ったが、GKアリソン・ベッカーのファインセーブに阻まれゴールならず。この最後の決定機を生かせず、試合は0-0のまま終了した。 ロイ・キーン氏はこのシーンを振り返り、「ポグバは決めるべきだった」とイギリス『スカイ・スポーツ』でコメント。リバプールの現状から考えて勝つべき試合だったと振り返った。 「彼(ポグバ)のリアクションから分かるだろう。ファーストタッチはエレガントだったが、なんてこった…彼は決めるべきだった。GKを横切って、DFを確認しながら決められるはずだった」 「最初の素晴らしいタッチでゴールを決められるチャンスを得た。しかし、姿勢を正して自分を大きく見せたGKに止められてしまった。試合前に願っていたまたとないチャンスだったんだが」 「リバプールのプレーが悪いとは言わないが、彼らは輝きを失っている。ポグバほどのチャンスを外せば、その失望も大きい。あれは彼が主役になるための瞬間だった。あのチャンスは生かさなければならない。だが、私はユナイテッドをそこまで批判するつもりはない」 「時々心配になるが、この試合の4バックは素晴らしかった。(ルーク・)ショーは守備面でも攻撃面でもブリリアントだった。(マーカス・)ラッシュフォードは姿を見せず、(ブルーノ・)フェルナンデスもいつも通りのプレーではなかったが、それでも彼らには2つのビッグチャンスがあった」 2021.01.18 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

波紋を呼ぶポール・ティアニー主審のジャッジ…クラッテンバーグ氏は誤審だったと認めるも「批判はしない」

波紋を広げているポール・ティアニー主審のリバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのジャッジに関して、元世界的名レフェリーのマーク・クラッテンバーグ氏が言及している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 問題となっているのは、前半アディショナルタイムでの出来事。1分の追加タイムの中で、リバプールは味方のスルーパスに抜け出したFWサディオ・マネが最終ラインを突破。あとはGKとの一対一を制すのみという絶好の瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いた。 通常ならプレー続行のタイミングだった上に、そもそも規定の終了時間の5秒も前だったということもあり、リバプール陣営からは不満の声が噴出。主将を務めたジョーダン・ヘンダーソンはホイッスル直後に主審のもとへ詰め寄り、説明を求めた。また、試合後には「意味がわからない」と憤りを公にしている。 クラッテンバーグ氏は、ポール・ティアニー主審は試合を上手く捌いていたと全体的に称賛した一方で、問題のシーンは間違いだったと認めた。それでも批判はしないと、擁護の姿勢を示した。 「この試合がどのように審判されるかに注目が集まっていたが、ポール・ティアニーは最小限の騒ぎで試合をコントロールしてくれた」 「彼は賢明なレフェリーであり、今日もそれを示してくれたが、無観客だったことに救われた面もある。この試合はアンフィールドが満員になると全く違ったものになるからだ」 「ちょっとした論争があったのは、ハーフタイムに入ってからのことだった。1分間のアディショナルタイムが表示され、テレビの時計で55秒が経過した時に、ティアニーはピッチの中央で笛を吹いた」 「彼は、審判の標準であるように、プレーをニュートラルエリアで終えることを望んでいた。問題は、一瞬のうちにリバプールがボールを最前線に運び、サディオ・マネがゴールに向かおうとしていたことだ」 「技術的には、ティアニーは最低でも1分が経過するまで待つべきだった。ティアニーが助けられたのは、マネやユナイテッドDFビクトル・リンデロフが直ちにプレーを止めてくれたからだ。我々も次に何が起こっていたのかは分からない」 「しかし、この事件でティアニーを批判するつもりはない。彼は非常に良いゲームをしていた。我々審判団が真のインテンシティを持っていなかったのは残念なことだがね」 2021.01.18 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴールチャンスを奪われた」レッズ主将ヘンダーソンも不満を募らせたポール・ティアニー主審が非難の的に

17日に行われたプレミアリーグ第18節のリバプールvsマンチェスアー・ユナイテッドの大一番で笛を吹いたポール・ティアニー主審に非難が集中している。 ユナイテッドが首位、リバプールが暫定2位という状況で迎えることになった今回の一戦。3年4カ月ぶりに首位に立ち、アウェイ15戦無敗を継続するユナイテッドと、67試合無敗を誇るアンフィールドという要塞で迎え撃つリバプールという稀に見る好カードは、予想通りボールを保持するリバプールと、ロングカウンターで抵抗するユナイテッドという構図となる。 試合はどちらが先に1点を取るかという均衡した戦況に向かう中、問題のシーンは前半アディショナルタイムに訪れる。 前半に取られた追加タイムは1分。その中でリバプールはピッチ中央から前線を走るFWサディオ・マネにロングボールが入る。オフサイドもなく、このままGKと一対一の絶好のチャンスを迎えるかに思われたその瞬間に、ポール・ティアニー主審は前半終了の笛を吹いたのだ。 しかもタイミングは45分55秒と、規定の時間の5秒も前。普通に続けていればゴールもできたかもしれないシーンだっただけに、リバプール側の人間からすれば絶対に納得できないジャッジだ。 この試合でセンターバックとしてプレーした主将のジョーダン・ヘンダーソンもイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで不満を募らせていたことを認めている。 「想像通り、僕たちは不満たっぷりだよ。意味がわからない。本当にね」 「もし彼(主審)が笛を吹いていなければ、彼(マネ)はゴールできていたかもしれない。わからないけどね。ハーフタイムにはさすがにイライラしていたよ。だけどまだゴールを決める時間は残されていた。でもそのクオリティには少し至らなかったみたいだね」 イギリス『デイリー・メール』によると、SNSでは「本当に頭にきた」、「恥の極みだ」というポール・ティアニー主審に対する非難の声が多数挙がっているようだ。 絶好機を奪われたリバプールは、後半もユナイテッドの組織された守備を攻略できず、0-0のドロー決着。マンチェスター・シティとレスター・シティに抜かれ、暫定4位となっている。 2021.01.18 16:36 Mon
twitterfacebook