主将ラモスのPK弾など敵地で3発のマドリーが今季最初のクラシコ制す! バルサはファティ最年少弾も今季初の連敗…《ラ・リーガ》  

2020.10.25 01:08 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第7節、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が24日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのマドリーが1-3で勝利した。
 
バルセロナは前節、ヘタフェ相手に0-1で惜敗し今季初黒星を喫した。それでも、リーグ2戦未勝利の中で臨んだチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ初戦ではフェレンツヴァローシュを相手に5-1で快勝し、今回のビッグマッチに弾みを付けた。注目のクラシコの先発メンバーには負傷明けのジョルディ・アルバが復帰し、セルジ・ロベルトに代わってデストが右サイドバック、前線ではグリーズマンがベンチスタートとなり、フェレンツヴァローシュで加入後初ゴールを挙げたペドリが右ウイングに抜擢される。また、コウチーニョが左ウイング、メッシがトップ下、アンス・ファティが1トップと並びに変化を加えた。
 
対するマドリーは、リーグ3連勝で臨んだ前節、昇格組のカディスを相手にこちらも0-1で敗れて今季初黒星。さらに、CLではシャフタール相手に2-3で敗れてホームでの痛恨の公式戦連敗となった。この不振により、ジダン監督の去就が騒がしくなり始めた中、必勝が求められる敵地での一戦ではシャフタール戦を欠場したセルヒオ・ラモス、ナチョに加え、同試合で途中出場したクロース、ベンゼマ、ヴィニシウスが先発に復帰し、[4-3-3]の布陣で臨んだ。
 
コロナ禍によって史上初の無観客開催となった全世界注目の一戦は、互いに過密日程を考慮してか、前から圧力をかけずに中盤以降で守備ブロックを構築する形を取ったことで比較的静かな入りに。だが、その展開とは裏腹にゴールを奪い合う。
 
先手を奪ったのはアウェイのマドリー。開始5分、最後尾のセルヒオ・ラモスからサイドチェンジを受けた右サイドのナチョがライン間に落ちたベンゼマに斜めのパスを通す。このまま縦に運んだ背番号9が、対峙したDFピケの背後をスプリントしたバルベルデへ絶妙なスルーパス。ボックス右でGKと一対一となったバルベルデが冷静にゴール左隅へシュートを突き刺した。
 
これで一気にマドリーペースになるかに思われたが、バルセロナがすぐさま反撃。8分、相手陣内中央左でボールを受けたメッシが左サイドのスペースへ飛び出したアルバへ絶妙な浮き球のパスを通す。このままボックス内に侵入したアルバの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んだアンス・ファティがワンタッチで流し込み、17歳359日でのクラシコ最年少ゴールを記録すると共に、クラブにとって対マドリー通算400点目となった。
 
バルベルデとアンス・ファティにクラシコ初ゴールが生まれ、1-1の振り出しに戻った試合は、その後も互いに後方からスムーズにビルドアップができるため、比較的シュートシーンが多い展開が続く。
 
24分にはバルセロナが相手CKからGKネトのロングスローを受けたアンス・ファティがボックス付近まで持ち運び、ボックス右で浮いていたメッシへパスを通す。ここでメッシはDFセルヒオ・ラモスを深い切り返しでかわしてニア下を狙った右足のシュートを放つが、ここはGKクルトワが見事な反応でセーブ。
 
すると、直後にはマドリーのカウンターから左サイドのスペースに抜け出したクロースからの正確な折り返しを、ボックス中央のベンゼマが右足ダイレクトシュート。しかし、今度はGKネトの好守に阻まれた。
 
前半半ばから終盤にかけてはボールの支配率こそマドリーが上回ったものの、最前線のベンゼマらに効果的にボールを入れる場面は少なく、カウンターやセットプレー以外でチャンスを作れず。さらに、43分には序盤から足を気にしていたナチョがプレー続行不可能となり、ルーカス・バスケスのスクランンブル投入を余儀なくされる。
 
一方のバルセロナはメッシ、ペドリ、コウチーニョがライン間やギャップでボールを引き出しつつ、両サイドバックを絡めた分厚い攻めからよりゴールに迫る場面を作り出したが、相手の水際の集中した守備を上回るまでには至らず。
 
1-1のイーブンで折り返した試合は後半も拮抗した入りとなる。互いに前半に比べて攻撃がよりスムーズになった中、52分にはボックス右で仕掛けたアンス・ファティが枠のわずか左に外れる惜しいシュートを放つと、54分には再びボックス右でボールを受けたアンス・ファティの浮き球のクロスをファーでフリーのコウチーニョが頭で合わすが、これを枠の左に外してしまう。
 
このピンチを凌いだマドリーは前半に比べて前線の立ち位置に微調整を施したことで、遅攻の場面でもフィニッシュまで持ち込めるようになると、思わぬ形から勝ち越しに成功する。59分、デストのハンドで得た相手陣内左サイドのFKの場面でクロスがゴール前に入った際、DFラングレと競り合ったセルヒオ・ラモスがユニフォームを引っ張って倒される。ここでVARによるレビューが入り、マドリーにPKが与えられる。これをキッカーのセルヒオ・ラモスがきっちり左隅へ蹴り込み、63分のゴールとした。
 
再びビハインドを追うことになったバルセロナは全体を押し上げてここからリスクを冒して攻勢を仕掛けていく。一方のマドリーはより重心を後方に置いて相手の攻撃を受け止めつつ、ヴィニシウスらのスピードを生かしたカウンターで追加点を狙う。
 
その後は一進一退の攻防が続く中、バルセロナは80分を過ぎてトリンコン、グリーズマン、デンベレの3枚替えを敢行するなど、勝負に出る。だが、前線で人が重なる場面や連係がしっくり来ず、逆に攻撃が停滞してしまう。
 
一方、負傷したバルベルデに代えてモドリッチ、疲労困憊のアセンシオに代えてロドリゴを投入したマドリーは、効果的なカウンターから3点目に迫る。クロースやセルヒオ・ラモスのビッグチャンスはGKネトのビッグセーブに阻まれたが、90分に試合を決める。ボックス右に抜け出したロドリゴの突破はネトの飛び出しに阻まれるが、こぼれ球を回収したモドリッチが冷静にGKをかわして相手DFのゴールカバーを外す右足アウトサイドのシュートを突き刺した。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、決勝点となったPKを巡るVAR判定に関しては物議を醸すも攻守両面で勝負強さを発揮したマドリーが敵地でのクラシコを3-1で制し、公式戦連敗をストップ。敗れたバルセロナは今季初の連敗となり、クーマン新体制にとって最初の正念場を迎えることになった。

コメント
関連ニュース
thumb

快勝に導く2発のベンゼマ「ハードな1週間を経て、正しい軌道に乗れたね」

レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマがチームのバウンスバックを喜び、自信に繋がる試合だと振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーは23日に敵地で行われたラ・リーガ第20節でアラベスと対戦。新型コロナウイルスに感染したジネディーヌ・ジダン監督に代わり、アシスタントコーチのダビド・ベットーニ氏が指揮を執る一戦だったが、4-1の快勝で飾り、公式戦4試合ぶりの勝利を手にした。 この試合で2ゴールの活躍を披露したベンゼマは試合後、スーペル・コパ・デ・エスパーニャとコパ・デル・レイ敗退の苦渋を味わったチームが直後のリーグ戦でしっかりと勝利を掴み取った事実に満足感を示した。 「素晴らしい試合で、自信を掴むためにも良いものだった。今までと変わらずの努力を続けないと。難しい1週間を過ごした後だからこそだ」 4得点の攻撃面にも「僕らは日々、ゴールやクロス、パスのトレーニングをしている。今日はゴールが良い形で決まった。ハードな1週間を経て、正しい軌道に乗れたね」と手応えを口にすると、今季のラ・リーガ得点数を10ゴールに伸ばした自身にも言及した。 「(プレッシャー?) このチームにいたら、プレッシャーは常にあるもの。僕は常にチームメイトを助けたくて、今日はそうできた。でも、それは僕だけじゃなく、チームメイト全員がやっていることだ」 また、ラ・リーガ優勝の可能性を問われると、「僕らが見ているのは自分たちだけ。リーグ戦はまだ先が長いしね」と返している。 2021.01.24 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

4発快勝のレアル・マドリー、代行指揮のアシスタントコーチ「ジダンも選手たちの姿勢を評価」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督に代わり、指揮を執ったアシスタントコーチがチームの勝利に満足感を示した。 レアル・マドリーは23日に敵地で行われたラ・リーガ第20節でアラベスと対戦。新型コロナウイルスに感染したジダン監督のピンチヒッターとして、アシスタントコーチのダビド・ベットーニ氏が指揮を執った一戦だったが、4-1の快勝で飾り、公式戦4試合ぶりの勝利を手にした。 スペイン『マルカ』によれば、ベットーニ氏は試合後、コパ・デル・レイ敗退直後の一戦を勝利で飾り、喜びの心境を口にした。 「当然の勝利だ。ボールの主導権を握り、良いプレーをした。チームも真剣だった。非常に満足さ。交代に関して監督と電話でやりとり? 監督は彼(ジダン)であり、彼の考えを知りたかった」 また、1得点1アシストを記録したベルギー代表MFエデン・アザールについて「ケガで苦しい1シーズン半を過ごしてきた。マドリーだと難しいが、それでも辛抱強く見守らなければ」とコメント。また、ジダン監督も戦いぶりに満足している様子を明かした。 「彼は選手たちの試合に対する姿勢をすごく評価していた。自分に代わって、選手たちを称えるよう頼まれたが、それ以外に特別なことは何も言われていない。これから少し休み、次の試合を考えないとね」 2021.01.24 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ベンゼマのドブレーテの活躍などでクラブ創設100周年のアラベスに完勝! 指揮官不在の中で公式戦4戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、アウェイのマドリーが1-4で勝利した。 首位のアトレティコ・マドリーを勝ち点7差で追う2位のマドリー(勝ち点37)は、後半戦初戦で17位のアラベス(勝ち点18)と敵地で対戦した。 ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノに延長戦の末に敗れる大失態を演じ、公式戦3戦未勝利と不振に陥るチームでは、さらにジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節での指揮が不可能に。そのため、急遽アシスタントコーチを務めるダビド・ベットーニが暫定で指揮を執ることになった。ヒザに問題を抱えるセルヒオ・ラモスを欠く中、代役にミリトンを起用することになったが、それ以外では直近のベストメンバーが起用された。 この日がクラブ創設100周年のメモリアルとなったホームのアラベスが良い入りを見せたが、時間の経過と共にマドリーが押し返していく。 14分にモドリッチの絶妙なスルーパスに抜け出したベンゼマに絶好機が訪れるが、巧みなファーストタッチからボックス右で放ったシュートはGKパチェコにうまくコースを消される。さらに、こぼれ球をすかさず蹴り込みに行ったが、今度は戻ったDFに触られてボールは右ポストを叩いた。 この絶好機を逸したマドリーだが、この流れから続けて得た右CKの場面でキッカーのクロースが右足インスウィングの正確な浮き球のボールをゴール前に入れると、DFルジューヌをうまくブロックして上から叩いたカゼミロのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。 勝負強いブラジル代表MFの先制点によって良い流れで試合を運べるようになったマドリーは、失点後も相手がやや腰の引けた戦い方を継続したことで、圧倒的にボールを握りながらストレスなく試合を運んでいく。 リスクを冒さないバランス重視の戦いを継続する中、ベンゼマやアザールが要所で個の力を見せつけて惜しい場面を創出。すると、41分には右サイドに張ったルーカス・バスケスからの斜めのグラウンダーのパスをボックス手前右に走り込んだアザールが絶妙なフリックで中央のスペースに流すと、ここに入り込んできたベンゼマがスムーズな流れから豪快に右足を振り抜きゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。 さらに、前半終了間際の46分にはクロースが右サイドの高い位置で相手DFからボールを奪って背後の広大なスペースへ浮き球のパスを出すと、オフサイドぎりぎりで飛び出したアザールが右足でのワントラップから最後は飛び出したGKのポジションを見極めて左足の丁寧なシュートを流し込んだ。 前半終盤の連続ゴールによって3点リードで試合を折り返したマドリーは、後半はやや流し気味にプレー。これに対してハーフタイム明けに3枚替えを敢行し、ルーカス・ペレス、ボルハ・サインス、マヌ・ガルシアを投入したホームチームが前半とは打って変わってアグレッシブなプレーを見せ始める。 立ち上がりのホセル、ボルハ・サインスの続けざまの枠内シュートはGKクルトワが好守で凌ぐが、セットプレーからゴールをこじ開けられる。60分、自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのルーカス・ペレスに左足アウトスウィングの鋭いボールをゴール前に入れられると、これをホセルに打点の高いヘディングで合わせられた。 このゴールによって息を吹き返したアラベスの攻勢に晒され始めたマドリーは63分、アザールを下げてヴィニシウスを最初の交代カードとして投入。この交代直後の65分にはボックス手前でボールを持ったモドリッチが鋭いグラウンダーのミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKパチェコの守備範囲。 その後は一進一退の攻防が続くが、マドリーの見事なカウンターから試合を決定づけるゴールが生まれる。 70分、自陣中央でボールを受けたモドリッチが左サイドに流れて浮いていたベンゼマへ絶妙なミドルパスを通す。そのままボックス付近まで運んだベンゼマがカットインから左斜め45度の得意の角度から正確な右足のシュートをファーポストに突き刺した。なお、これでドブレーテ達成のベンゼマは今季のリーグ戦ゴール数を2桁の大台にのせた。 これで勝利を確信したマドリーベンチはモドリッチ、アセンシオを直後の77分にベンチへ下げてオドリオソラ、イスコの投入で試合を締めにかかる。 試合終盤にかけては互いにゴールチャンスがあったものの、このままスコアは変わらずにタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍で指揮官、主将不在の逆境を撥ね退けたマドリーが公式戦4試合ぶりの白星を手にした。 2021.01.24 06:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、移籍か…新たな挑戦求む?

レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(27)が、新たな挑戦を求めて移籍を考慮しているようだ。 2011年夏に17歳で加入し、ここまで公式戦通算353試合に出場し、18個ものタイトルを獲得してきたヴァラン。誰もが認めるマドリーの中心的選手だが、現行契約が残り1年半を切ったこのタイミングで移籍を検討しているようだ。 スペインメディアによると、どうやらヴァランは新たな挑戦を求めているようで、30歳になる前のこの時期が最適だと考えているという。 そのためか契約延長の交渉も進んでおらず、マドリーも現金化できるうちに売却したいというのが本音だろう。クラブは水面下でバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバの獲得に動いていると噂されており、来たる退団に備えているのかもしれない。 また、ヴァランだけでなく、クラブの顔とも言えるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスにも退団の噂が浮上しているマドリー。近いうちに守備の刷新が行われるかもしれない。 2021.01.23 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第20節プレビュー】後半戦スタート! 6連勝で首位ターンのアトレティコはバレンシアと対戦!

今週ミッドウィークに開催された第19節ではスーペル・コパ参戦組がコパ・デル・レイを戦った中、上位陣で唯一試合があった首位のアトレティコ・マドリーがエイバルを相手に2-1の逆転勝利を飾り、6連勝で首位固めに成功した。また、ヘタフェでスタメンデビューを飾ったMF久保建英が持ち味のテクニックを遺憾なく発揮し、FW岡崎慎司との日本人対決を制している。 後半戦最初の一節となる今節では首位のアトレティコ(勝ち点44)と、14位のバレンシア(勝ち点20)による名門対決に注目したい。 前節、エイバル相手にGKドミトロビッチの珍しいPKゴールで先制を許したアトレティコだったが、FWスアレスが前後半の終盤に1ゴールずつを挙げるドブレーテの活躍をみせ、見事な逆転勝利を飾った。厳しい展開だったこともあり、注目の新戦力ムサ・デンベレのデビューはお預けになったものの、良い形で前半戦を締めくくることができた。7連勝での後半戦スタートを目指す中、前回対戦では終盤のオウンゴールによって辛勝したバレンシアを相手にきっちり勝ち切ることが求められる。 そのアトレティコを勝ち点7差で追う2位のレアル・マドリー(勝ち点37)は、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノと対戦。格下に延長戦まで持ち込まれた挙句、延長後半には退場者を出した相手に逆転ゴールを決められて敗退する屈辱を味わった。これにより、公式戦3戦未勝利となったチームでは進退問題が騒がしくなったジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節ので指揮が不可に。さらに、DFセルヒオ・ラモスやMFバルベルデと新たな負傷者も出ており、17位のアラベス(勝ち点18)のホームに乗り込む一戦では勝ち点3奪取が必須だ。 マドリーと同じくミッドウィークにコパ・デル・レイを戦い3部のコルネジャに延長戦まで持ち込まれた3位のバルセロナ(勝ち点34)だが、こちらはFWデンベレ、FWブラースヴァイトの2ゴールで勝ち切り、スーペル・コパ敗戦のショックを何とか払しょくした。ただ、18位のエルチェ(勝ち点17)との今節では引き続きエースのFWメッシを出場停止で欠くため、徐々に調子を上げるFWグリーズマンら代役の活躍に期待したい。 また、加入後2試合で連勝に貢献し、ヘタフェをトップハーフの10位(勝ち点23)に押し上げた久保は、スーペル・コパ覇者で13位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点21)との一戦で2試合連続スタメンを狙う。ウエスカとの前節では右ウイングのポジションにおいて攻撃面で違いを生むと、課題の守備でも奮闘。ボルダラス監督の評価も高い。今節ではより球際を強調する相手に対して巧さと共に強さが求められる。 MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する15位のエイバル(勝ち点19)と、岡崎擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)は、それぞれ11位のセルタ(勝ち点23)と、4位のビジャレアル(勝ち点33)と対戦する。前々節は乾がゴール、前節は武藤がPK奪取と共に結果を残しているものの、チーム自体は連敗中と苦戦が続くだけに個人、チームの結果を求めたいところ。一方、リーグ戦では3試合連続途中出場が続く岡崎は引き続きベンチスタートが濃厚も、新体制初白星に絡む仕事でポジション再奪取といきたい。 《ラ・リーガ第20節》 ▽1/22(土) レバンテ 2-2 バジャドリー ▽1/23(土) 《22:00》 ウエスカ vs ビジャレアル 《24:15》 セビージャ vs カディス 《26:30》 レアル・ソシエダ vs ベティス 《29:00》 アラベス vs レアル・マドリー ▽1/24(日) 《22:00》 オサスナ vs グラナダ 《24:15》 エルチェ vs バルセロナ 《26:30》 セルタ vs エイバル 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/25(月) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs ヘタフェ 2021.01.23 18:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly