主将ラモスのPK弾など敵地で3発のマドリーが今季最初のクラシコ制す! バルサはファティ最年少弾も今季初の連敗…《ラ・リーガ》  

2020.10.25 01:08 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第7節、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が24日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのマドリーが1-3で勝利した。

バルセロナは前節、ヘタフェ相手に0-1で惜敗し今季初黒星を喫した。それでも、リーグ2戦未勝利の中で臨んだチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ初戦ではフェレンツヴァローシュを相手に5-1で快勝し、今回のビッグマッチに弾みを付けた。注目のクラシコの先発メンバーには負傷明けのジョルディ・アルバが復帰し、セルジ・ロベルトに代わってデストが右サイドバック、前線ではグリーズマンがベンチスタートとなり、フェレンツヴァローシュで加入後初ゴールを挙げたペドリが右ウイングに抜擢される。また、コウチーニョが左ウイング、メッシがトップ下、アンス・ファティが1トップと並びに変化を加えた。


対するマドリーは、リーグ3連勝で臨んだ前節、昇格組のカディスを相手にこちらも0-1で敗れて今季初黒星。さらに、CLではシャフタール相手に2-3で敗れてホームでの痛恨の公式戦連敗となった。この不振により、ジダン監督の去就が騒がしくなり始めた中、必勝が求められる敵地での一戦ではシャフタール戦を欠場したセルヒオ・ラモス、ナチョに加え、同試合で途中出場したクロース、ベンゼマ、ヴィニシウスが先発に復帰し、[4-3-3]の布陣で臨んだ。

コロナ禍によって史上初の無観客開催となった全世界注目の一戦は、互いに過密日程を考慮してか、前から圧力をかけずに中盤以降で守備ブロックを構築する形を取ったことで比較的静かな入りに。だが、その展開とは裏腹にゴールを奪い合う。

先手を奪ったのはアウェイのマドリー。開始5分、最後尾のセルヒオ・ラモスからサイドチェンジを受けた右サイドのナチョがライン間に落ちたベンゼマに斜めのパスを通す。このまま縦に運んだ背番号9が、対峙したDFピケの背後をスプリントしたバルベルデへ絶妙なスルーパス。ボックス右でGKと一対一となったバルベルデが冷静にゴール左隅へシュートを突き刺した。

これで一気にマドリーペースになるかに思われたが、バルセロナがすぐさま反撃。8分、相手陣内中央左でボールを受けたメッシが左サイドのスペースへ飛び出したアルバへ絶妙な浮き球のパスを通す。このままボックス内に侵入したアルバの丁寧な折り返しを、ゴール前に飛び込んだアンス・ファティがワンタッチで流し込み、17歳359日でのクラシコ最年少ゴールを記録すると共に、クラブにとって対マドリー通算400点目となった。

バルベルデとアンス・ファティにクラシコ初ゴールが生まれ、1-1の振り出しに戻った試合は、その後も互いに後方からスムーズにビルドアップができるため、比較的シュートシーンが多い展開が続く。

24分にはバルセロナが相手CKからGKネトのロングスローを受けたアンス・ファティがボックス付近まで持ち運び、ボックス右で浮いていたメッシへパスを通す。ここでメッシはDFセルヒオ・ラモスを深い切り返しでかわしてニア下を狙った右足のシュートを放つが、ここはGKクルトワが見事な反応でセーブ。

すると、直後にはマドリーのカウンターから左サイドのスペースに抜け出したクロースからの正確な折り返しを、ボックス中央のベンゼマが右足ダイレクトシュート。しかし、今度はGKネトの好守に阻まれた。

前半半ばから終盤にかけてはボールの支配率こそマドリーが上回ったものの、最前線のベンゼマらに効果的にボールを入れる場面は少なく、カウンターやセットプレー以外でチャンスを作れず。さらに、43分には序盤から足を気にしていたナチョがプレー続行不可能となり、ルーカス・バスケスのスクランンブル投入を余儀なくされる。

一方のバルセロナはメッシ、ペドリ、コウチーニョがライン間やギャップでボールを引き出しつつ、両サイドバックを絡めた分厚い攻めからよりゴールに迫る場面を作り出したが、相手の水際の集中した守備を上回るまでには至らず。

1-1のイーブンで折り返した試合は後半も拮抗した入りとなる。互いに前半に比べて攻撃がよりスムーズになった中、52分にはボックス右で仕掛けたアンス・ファティが枠のわずか左に外れる惜しいシュートを放つと、54分には再びボックス右でボールを受けたアンス・ファティの浮き球のクロスをファーでフリーのコウチーニョが頭で合わすが、これを枠の左に外してしまう。

このピンチを凌いだマドリーは前半に比べて前線の立ち位置に微調整を施したことで、遅攻の場面でもフィニッシュまで持ち込めるようになると、思わぬ形から勝ち越しに成功する。59分、デストのハンドで得た相手陣内左サイドのFKの場面でクロスがゴール前に入った際、DFラングレと競り合ったセルヒオ・ラモスがユニフォームを引っ張って倒される。ここでVARによるレビューが入り、マドリーにPKが与えられる。これをキッカーのセルヒオ・ラモスがきっちり左隅へ蹴り込み、63分のゴールとした。

再びビハインドを追うことになったバルセロナは全体を押し上げてここからリスクを冒して攻勢を仕掛けていく。一方のマドリーはより重心を後方に置いて相手の攻撃を受け止めつつ、ヴィニシウスらのスピードを生かしたカウンターで追加点を狙う。

その後は一進一退の攻防が続く中、バルセロナは80分を過ぎてトリンコン、グリーズマン、デンベレの3枚替えを敢行するなど、勝負に出る。だが、前線で人が重なる場面や連係がしっくり来ず、逆に攻撃が停滞してしまう。

一方、負傷したバルベルデに代えてモドリッチ、疲労困憊のアセンシオに代えてロドリゴを投入したマドリーは、効果的なカウンターから3点目に迫る。クロースやセルヒオ・ラモスのビッグチャンスはGKネトのビッグセーブに阻まれたが、90分に試合を決める。ボックス右に抜け出したロドリゴの突破はネトの飛び出しに阻まれるが、こぼれ球を回収したモドリッチが冷静にGKをかわして相手DFのゴールカバーを外す右足アウトサイドのシュートを突き刺した。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、決勝点となったPKを巡るVAR判定に関しては物議を醸すも攻守両面で勝負強さを発揮したマドリーが敵地でのクラシコを3-1で制し、公式戦連敗をストップ。敗れたバルセロナは今季初の連敗となり、クーマン新体制にとって最初の正念場を迎えることになった。

関連ニュース
thumb

決定機生かせずドローのレアル、ジダン監督は嘆く「勝利には値しないかも」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、ドローに終わったレアル・ソシエダ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは1日、ラ・リーガ第25節でホームにソシエダを迎えた。首位のアトレティコ・マドリーを追いかけるためには取りこぼしは許されない状況だが、前半からチャンスを作りながらもゴールを奪えない展開が続く。 すると迎えた後半、55分にポルトゥにゴールを許し先制されてしまう。その後もチャンスを生かせないマドリーだったが、89分にヴィニシウスが値千金の同点ゴールを記録。なんとか1-1の引き分けに持ち込んだ。 4連勝でソシエダ戦を迎えたマドリーだったが、5連勝ならず。ジダン監督はチャンスを生かせなかったとしながらも、勝利に値する試合ではなかったと語った。 「我々は特に得点のチャンスがあったことを考えると、もっと多くのものを得るべきだった。特に前半は入れることができず、試合を変える可能性があったかもしれない」 「彼らはそのチャンスがあり、しっかりとモノにした。これがサッカーだ。勝てた試合ではあったが、勝利には値しないかもしれない」 「何も変わらない。我々は順調にきていると思う。5勝1分けで、まだ勝てる試合がたくさんあると思いつづける必要がある」 「全てのチームがシーズンを通してポイントを失っている。もっと積み重ねる必要があることはわかっている。失点もしているが、それでも戦おうと思っている。何度も繰り返しており、これで終わりにしたい。まだまだやることはたくさんある」 2021.03.02 09:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ダービー控えるレアル・マドリー、敗戦免れるもソシエダに痛いドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、レアル・マドリーvsレアル・ソシエダが1日に行われ、1-1で引き分けた。 前節バジャドリー戦を制し、リーグ戦4連勝中の暫定3位レアル・マドリー(勝ち点52)は、前日の試合を勝利した首位アトレティコ・マドリーを6ポイント差で追う中、5日前に敵地で行われたチャンピオンズリーグのアタランタ戦を1-0で先勝。その試合のスタメンからヴィニシウスに代えてマリアーノのみを変更し、3トップに右からアセンシオ、マリアーノ、イスコと並べた。そしてベンチには負傷明けのバルベルデ、ロドリゴ、マルセロ、オドリオソラが入った。 一方、マンチェスター・ユナイテッドの前にヨーロッパリーグ敗退に終わった5位ソシエダ(勝ち点41)は、メリーノとイジャラメンディが負傷欠場となった中、シルバやオヤルサバル、イサクら主力がスタメンとなった。 ほぼ互角のポゼッションで立ち上がっていった中、レアル・マドリーが22分に最初の決定機を迎える。ボックス右に侵入したL・バスケスの柔らかいクロスをファーサイドのマリアーノがヘッドで合わせたが、バーに直撃した。 レアル・マドリーが徐々にペースを引き寄せる中、続く35分にはクロースがドリブルシュートでゴールに迫れば、44分にはモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせるもGKレミナにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ソシエダが良い入りを見せた中、55分に先制する。左サイドからのモンレアルのアーリークロスをファーサイドのポルトゥがヘッドで合わせた。 失点を受け、レアル・マドリーは前線の3枚を変更。ヴィニシウス、ロドリゴ、ウーゴ・ドゥロを投入した。 63分にはショートコーナーからカゼミロが決定的なヘディングシュートを放ったレアル・マドリーだったが、思うように攻撃を展開できず、76分にはモドリッチに代えてバルベルデを投入。 すると84分にバルベルデとのパス交換からロドリゴが決定的なシュートに持ち込むと、89分に追いついた。L・バスケスの右クロスをヴィニシウスが蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。次節マドリード・ダービーを控える中、消化試合が一試合少ないアトレティコとの勝ち点差を5に広げられている。 2021.03.02 06:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコとバルサに続きたいジダン、ソシエダを侮らず 「彼らは素晴らしいチーム」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が1日に行われるラ・リーガ第25節のレアル・ソシエダ戦に向けて意気込みを語った。スペイン『マルカ』が報じている。 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスを筆頭に故障者が相次ぎ、戦力が揃わないレアル・マドリーだが、目下4連勝中。優勝争いを演じるアトレティコ・マドリーやバルセロナが今節を揃って勝利で飾るなか、5位の難敵ソシエダをホームに迎え撃つ。 首位アトレティコ・マドリーに6ポイント差をつけられ、バルセロナにも暫定ながら2位の座を奪われての一戦となるジダン監督は会見で、先のヨーロッパリーグ(EL)で敗退が決まった一方で、リーグ戦3連勝中のソシエダに警戒心を強めた。 「彼らは素晴らしいチームであり、非常によくやっている。しっかりとプレーしてくるよね。我々はピッチ上でこれまでの戦いをしなければならない。しかも、改善を続けながらだ」 ここ公式戦5試合を全勝で切り抜け、批判的だった周囲を黙らせるフランス人指揮官はまた、これまでも何度か難しい時期から乗り越えてみせる歩みについても言及。危機的な状況に陥っても、それを好転させる力がチームにあると主張した。 「それこそ私のチームだ。我々は大きな困難に直面したり、批判に晒されているときに真価を発揮する術を知っている」 「シーズン中に大変なこともあるが、必ず良いこともある。先はまだまだ長い。まだ何も勝ち取ったわけじゃないのだ」 なお、やや試合に関する話から脱線するが、最近になり、両者の歩み寄りが報じられるセルヒオ・ラモスとの契約延長問題についても問われると、言葉少なに返した。 「いつも同じ質問をしてくるよね。解決してもらいたい。それだけさ。我々は明日に試合がある」 2021.03.01 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

弾丸シュートだけじゃない!ロベルト・カルロスの破壊的な左足から生まれた芸術的ループシュート/1998-99【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 ロベルト・カルロス(当時25歳) 国籍:ブラジル 所属:レアル・マドリー ポジション:DF 身長:168cm 1996年夏にレアル・マドリーへ移籍したロベルト・カルロス氏は、超攻撃的なSBとして積極的な攻撃参加に加え、“悪魔の左足”と称される左足から放たれる破壊的な威力のFKで、セットプレーの度に相手チームの脅威となっていた。 【試合詳細】 日程:1998年12月13日 大会:ラ・リーガ第14節 対戦相手:レアル・ソシエダ 時間:前半17分(0-0) <div id="cws_ad">◆ロベルト・カルロスが決めた芸術的ループシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuaDdoUGpOViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた17分、中央突破に成功したマドリーのFWプレドラグ・ミヤトビッチはドリブルで敵陣中央まで進むと、左サイドをオーバーラップしてきたロベルト・カルロスの進路へパスを送る。 トップスピードでボールを受けたロベルト・カルロスは、相手ボックス左角まで進むと、ふわりとしたループシュートを放つ。バックスピンのかかったボールは、GKの意表を突き、ゴールの右サイドネットに緩い弾道で吸い込まれ、見事な先制ゴールとなった。 試合はその後、両チームが2点ずつゴール奪う展開となったが、3-2でマドリーが打ち合いを制している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.03.01 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カゼミロがミサイルのような弾丸シュートでベルナベウを沸かせる/2018-19【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 カゼミロ(当時27歳) 国籍:ブラジル 所属:レアル・マドリー ポジション:MF 身長:185cm チームのバランサーとして中盤の底で不動の地位を確立するカゼミロ。ここまで公式戦269試合29ゴール20アシストをマークしており、ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼も厚い。 【試合詳細】 日程:2019年1月19日 大会:ラ・リーガ第20節 対戦相手:セビージャ 時間:後半33分(0-0) <div id="cws_ad">◆カゼミロのミサイルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3NWxTdDE1UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 両チームともにゴールが奪えない中時間が過ぎ、スコアレスドロー決着も見えてきた78分、カゼミロが均衡を破る。 DFセルヒオ・レギロンからのパスを敵陣中央で受けたカゼミロは、雨が降るピッチの中、右足を振り抜き抑えの利いた素晴らしいミドルシュートを放つ。 見事な軌道を描いたシュートはゴール右上へと一直線。相手GKトマシュ・バシリクも触るのが精一杯のボールはゴールネットを揺らし、ゴール裏のサポーターを一気に歓喜の渦へと巻きこんだ。 その後、マドリーは試合終了間際に追加点を奪い、2-0で難敵セビージャを下している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.03.01 12:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly