リバプール移籍のチアゴを惜しむコマン「彼はレヴァンドフスキと同じくらい重要だった」

2020.10.23 19:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンは、今夏にリバプールへ移籍したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを惜しんでいる。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。チアゴは昨シーズン、7年間を過ごしたバイエルンで三冠獲得に大きく貢献。特にコマンのゴールによりパリ・サンジェルマン(PSG)を1-0で下したチャンピオンズリーグ(CL)決勝では、特筆したパフォーマンスを見せた。その後は残り契約が1年を切っていたこともあり、新たな挑戦を求めプレミアリーグ王者のリバプールに、移籍金2700万ポンド(約37億円)で移籍。

バイエルンでチアゴと5年を共に過ごしたコマンは、イギリス『デイリー・メール』のインタビューに対して、スペイン代表MFがクラブにとってどれだけ重要な存在であったかを語った。

「彼(チアゴ)はバイエルンのために多くのゴールを決めたわけではない。でも、彼のプレーはロベルト・レヴァンドフスキの50ゴールと同じくらいチームにとって重要なものだったんだ」

「僕はバイエルンで毎日チアゴと一緒にトレーニングをしていた。だから、彼の資質についてはよく知っている。リバプールは彼の様な偉大なサッカー選手が加入して、幸運だと思うだろうね」

コマンはインタビューの中でCL優勝を決めたゴールについて聞かれ、「人生最高の瞬間だった」と打ち明けている。

「(ゴールの瞬間は)スタンドにファンがいる状態なら聞くことができないような、チームメートの悲鳴(のような歓声)が聞こえたよ。とても特別な瞬間だった」

「僕の人生には悪い瞬間も良い瞬間もあった。でも、CL優勝はそのすべての中でも最高だったね」

また、コマンは昨シーズンの三冠に満足することなく、今度は大勢のファンがいる中での優勝を望んでおり、「ヨーロッパの王様のような気分になりたい。今年も(優勝に向けて)頑張るよ」と意気込みを見せている。
コメント
関連ニュース
thumb

FIFA年間最優秀監督賞候補にフリックやクロップら5人の名将が選出

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の年間最優秀監督賞候補5名を発表した。 今回有識者によって選出された年間最優秀監督賞候補には、昨シーズンのバイエルンでチャンピオンズリーグ(CL)、ブンデスリーガ、DFBポカールのシーズントレブルを達成したハンジ・フリック監督を筆頭に錚々たる名将が選出された。 本命のフリック監督以外ではリバプールに史上初のプレミアリーグのタイトルをもたらしたユルゲン・クロップ監督、セビージャでヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたフレン・ロペテギ監督、レアル・マドリーに3シーズンぶりのラ・リーガのタイトルをもたらしたジネディーヌ・ジダン監督が順当に選出。 その中でやや意外な選考となったのが、フットボール界の鬼才と評されるリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督。フットボール界で多くの尊敬を集めるアルゼンチン人指揮官は、昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を制してリーズを16年ぶりのプレミアリーグに復帰させたが、トップディビジョン以外でのリーグタイトルでの候補入りは異例と言える。 なお、FIFAの公式サイトでは3名の最終候補を選出するファン投票を実施中で、ここに全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテンの投票が加わり、12月17日にチューリヒで行われるセレモニーの場で受賞者が発表される予定だ。 2020.11.26 02:25 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFA男子最優秀選手の候補者11名が発表! CL優勝に貢献のレヴァンドフスキらが選出

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男子最優秀選手賞の候補者11名を発表した。 2016年に創設され、昨年はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞した同賞。新型コロナウイルスの影響で『フランス・フットボール』誌主催のバロンドールが初の中止となった中、ザ・ベストは例年通り開催されることになった。 候補にノミネートされ、本命視されるのは昨季チャンピオンズリーグ覇者で3大会の得点王となったバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。そのレヴァンドフスキと共にCL優勝に貢献したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラも選出された。 そしてパリ・サンジェルマンの初のCL決勝進出に貢献したフランス代表FWキリアン・ムバッペとブラジル代表FWネイマールが選出されている。 その他、昨年の受賞者であるメッシ、セリエA9連覇に貢献したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールのプレミアリーグ初優勝に貢献したオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、セネガル代表FWサディオ・マネ、エジプト代表FWモハメド・サラーの3選手が選出。そしてプレミアリーグ年間最優秀選手であるマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、レアル・マドリーのラ・リーガ優勝に貢献したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが選出されている。 受賞者はファン、ジャーナリスト、代表監督および代表キャプテンの投票によって決められ、12月17日に決定する。候補者は以下の通り。 ◆男子最優秀選手賞候補者11名 FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) MFチアゴ・アルカンタラ(スペイン/バイエルン→リバプール) FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ) FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス) MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) DFヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール) FWサディオ・マネ(セネガル/リバプール) FWモハメド・サラー(エジプト/リバプール) FWキリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン) FWネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン) DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー) 2020.11.26 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

GS突破がかかるバイエルン、指揮官はザルツブルクを警戒「全員の自己犠牲の精神が不可欠」

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で激突するザルツブルクに警戒心を強めた。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 25日にCLグループA第4節のザルツブルク戦に臨むバイエルン。ここまで開幕3連勝を収めており、ホームで行われるこの一戦で白星を挙げれば、13年連続となる決勝トーナメント進出が確定する。また、CL史上初の全勝優勝を達成した昨シーズンから継続している連勝は、大会記録の14試合となっており、その継続も注目となっている。 相手はここまで1分け2敗未勝利だが、フリック監督は前回対戦で苦しめられたとオーストリア王者を警戒。試合前の会見で、バイエルンの全員がチームのために身を粉にすることが必要だと話した。 「我々の目標はグループステージを突破することだ。だが、それは難しい課題となるだろう。前回のザルツブルクは良いプレーをしていた。彼らは相手に対して上手にプレッシャーを仕掛けられるだけでなく、ボールを奪うための解決策を迅速に導き出すことができるチームだ」 「最大の尊敬の念を持って準備している。すべてのプレーヤーが自分のパフォーマンスを発揮してチームのために自己犠牲できるかが重要になる。そうすれば我々のクオリティは最高潮に達し、他の追随を許さなくなる」 なお、チームの主砲であるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、これまでのCLで70得点をマークしており、あと1ゴールで歴代3位の記録を保持する元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏の71ゴールに並ぶ。トップは130ゴールのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、118ゴールのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが続いている。 2020.11.25 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第4節プレビュー②】バイエルン、リバプール、シティに突破の可能性

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節の8試合が25日に開催される。ここではA~Dの第4節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA: 突破の可能性あるバイエルンに奥川が再挑戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 アトレティコ・マドリーvsロコモティフ・モスクワ バイエルンvsザルツブルク 前節はMF奥川がバイエルン相手にCL初ゴールを決めたものの、王者バイエルンが貫禄の3連勝スタートとしたグループA。一方でバイエルンに次ぐ突破候補のアトレティコがロコモティフ・モスクワに引き分け、1勝1分け1敗スタートとやや躓いている。迎える第4節では4連勝を目指すバイエルンに突破の可能性がある。 前節ザルツブルク戦では2点のリードを一時は追い付かれたものの、終わってみれば6発圧勝としたバイエルン。直近のブレーメン戦では代表帰りの選手たちをベンチスタートとしたことで引き分けに終わったが、ブンデスでは首位をキープ。ここでグループステージ突破を決め、リーグに集中できる環境としたい。 対するザルツブルクは奥川のゴールで一時追いつく善戦を見せたが、結果的には大敗となってしまった。ゴールを含め、好プレーを見せた奥川がバイエルン相手に2戦連続ゴールを叩き込めるかにも注目だ。 アトレティコは前節ロコモティフ戦では相手GKギリョルメの躍動と、厳しいVARによるPK被弾で引き分けに持ち込まれた。思うように勝ち点を積み上げられずにいるが、直近のラ・リーガではバルセロナ相手にウノゼロの勝利を飾った。シメオネ体制下でのリーグ戦初勝利を飾って勢いに乗る中、2位キープのための勝利となるか。 ◆グループB:最下位インテル、生き残りを懸けたマドリーとのリターンマッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 ボルシアMGvsシャフタール 《29:00》 インテルvsレアル・マドリー 前節はグループBの突破候補本命と見られながらも未勝利同士の対戦となった中、レアル・マドリーがインテルに競り勝つ結果となった。そしてシャフタールに6発圧勝としたボルシアMGがグループ首位に立っている。迎える第4節、生き残りを懸けた最下位のインテルがマドリーをホームに迎える。 ここまで2分け1敗と苦戦が続くインテル。勝利してもおかしくない試合がありながらも勝ち点を取り損ねている中、直近のトリノ戦では2点のビハインドを負う逆境からFWルカクが4ゴールに絡む活躍を見せて見事な逆転勝利を見せた。この勢いをCLに持ち込めるかに注目したい。 一方、インテル戦では2点のリードを追いつかれながらも最終的にはFWロドリゴの決勝弾で競り勝ったマドリー。初勝利を挙げて1勝1分け1敗とした中、背水の陣で向かってくるインテルを返り討ちにできるか。ラ・リーガでは苦戦が続いているだけにCLグループステージ突破への道筋を付けておきたい。 FWプレアのハットトリックでシャフタールを粉砕したボルシアMG。初勝利を挙げて1勝2分けとし首位に浮上した中、ホームに迎えるシャフタールとの再戦で返り討ちとして首位キープとなるか。 ◆グループC: シティに突破の可能性、2戦連続日本人対決実現なるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 オリンピアコスvsマンチェスター・シティ 《29:00》 マルセイユvsポルト 本命のシティが順当に3連勝スタートとしたグループC。そして日本人対決が実現した中、ポルトがマルセイユに快勝として2位をキープしている。迎える第4節、4連勝を目指すシティに突破の可能性がある。 前節オリンピアコス戦を3-0と快勝したシティは、プレミアリーグでは直近のトッテナム戦を0-2と敗れて現在13位と苦戦が続いている。プレミアリーグに集中するためにもここはオリンピアコスに連勝として一気にグループステージ突破を決めておきたい。 ポルトMF中島が途中出場、マルセイユDF酒井がフル出場した日本人対決は、ポルトに軍配が上がった。ここでポルトが勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできるため、連勝を狙いたいところ。途中出場が続いている中島とマルセイユ不動の右サイドバックである酒井のマッチアップが今度こそ見られるかに注目したい。 ◆グループD: 4連勝目指すリバプールに突破の可能性 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 アヤックスvsミッティラン リバプールvsアタランタ 前節はリバプールが敵地でのアタランタ戦をFWジョタのハットトリックなどで5発圧勝する圧巻の戦いぶりを見せた。そしてアヤックスがミッティランに競り勝って初勝利を挙げ、2位に浮上している。迎える第4節、4連勝を目指すリバプールに突破の可能性がある。 前節アタランタ戦ではリバプールがインテンシティに優れるアタランタの良さを全く出させずに完勝とした。CLとプレミアリーグで好結果を残しているリバプールだが、守備陣を中心にケガ人が続出し、FWサラーもコロナ陽性と欠場者が多数いる。逆境が続く中、アタランタを返り討ちにし、一気にグループステージ突破を決めてプレミアリーグに集中できる環境を手に入れられるか。 対するアタランタはリバプールに粉砕された後、セリエAでは2戦連続ドロー。とりわけ直近のスペツィア戦では低調な内容だった中、難攻不落のアンフィールドから勝ち点を持ち帰ることはできるか。 2020.11.25 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チアゴが見せた、相手に手も足も出させない絶妙フライスルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが見せた絶妙浮き球スルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXa25yTmZJTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、2013年夏に名将ジョゼップ・グアルディオラ監督を追う形でバルセロナからバイエルンに加入。グアルディオラ監督がバイエルンを去った後も主力として活躍した。 抜群のパスセンスで攻撃のスイッチを入れるチアゴだが、2017年3月19日に行われたブンデスリーガ第25節のボルシアMG戦でも、素晴らしいアシストを記録している。 0-0と膠着状態が続く中迎えた63分、左サイドでボールを持ったチアゴがドリブルで仕掛け、中央へ運ぶ。ボックス左手前の位置まで来ると、裏へ走るFWトーマス・ミュラーへ浮き球のスルーパスを送る。 相手DFとGKのちょうど真ん中、絶妙な位置に通されたパスは、フリーで走り込むミュラーに繋がると、ミュラーが落ち着いてゴールを決め、見事な先制ゴールとなった。 このゴールが決勝点となり、試合はバイエルンが1-0で勝利している。 2020.11.25 16:00 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly