久保の“EL日本人最年少得点”に同世代のAZ菅原がインスタ上で“待った”!「おれの方が若い時に決めてるっぽいよ」

2020.10.23 19:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポル(トルコ)とホームで対戦し、5-3で勝利した。この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF久保建英は、13分に移籍後初ゴールを記録し、定位置獲得に向けて大きなアピールに成功した。弱冠19歳ながらEL初ゴールをマークした久保。このゴールを受け、一部メディアでは“EL日本人最年少得点”との報道がされていたが、これにある選手から待ったがかかっている。

この記録に待ったをかけているのは、日本代表にも初招集された、AZの日本代表DF菅原由勢だ。

AZは同じく22日、ELグループF第1節のナポリ戦で、1-0と強豪相手に金星を挙げていた。

この試合にフル出場した菅原は自身のインスタグラム(yukinarisugawara)に「ナポリに勝ったのはデカい!」とのキャプションとともにチームフォトを投稿。これに久保がハートの絵文字で反応すると、そのコメントに返信する形で「ちなみに最年少ゴール、おれの方が若い時に決めてるっぽいよ。」と返していた。

2019年7月に名古屋グランパスからレンタルでAZに加入した菅原(2020年7月に完全移籍)は、2019年10月24日に行われた、ELグループL第3節のアスタナ戦で自身のEL初ゴールを記録している。

久保より1歳年上の菅原だが、2000年6月28日生まれの菅原のこのゴールは、19歳3カ月26日での得点ということになる。一方、2001年6月4日生まれの久保にとってスィヴァススポル戦の得点は、19歳4カ月18日での得点ということになり、菅原のゴールの方がわずかに若い時に決めている。

初先発初ゴールを決めた久保と、欧州の強豪ナポリ相手に金星を飾った菅原。両選手とも将来の日本代表を背負っての活躍が期待される若手選手だが、SNS上での微笑ましいやり取りにも注目だ。

◆久保と菅原のインスタ上での微笑ましいやり取り
この投稿をInstagramで見る

Yaaaaaaaaaaaaa ナポリに勝ったのはデカい!#az #UEL

YukinariSugawara(@yukinarisugawara)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

久保建英同僚のFWバッカが大腿二頭筋損傷で離脱

ビジャレアルは2日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカの負傷を発表した。 クラブの発表によると、バッカは左足大腿二頭筋を損傷したとのこと。11月29日に行われたラ・リーガ第11節のレアル・ソシエダ戦に先発出場。しかし、前半のみでサムエル・チュクウェゼと交代していた。 バッカは今シーズンのラ・リーガで8試合に出場。ヨーロッパリーグでは4試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 2020.12.02 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

エメリ監督が久保建英とライバル、チュクウェゼに期待「若手選手たちのパフォーマンスが」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英ら若手選手たちについて言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ラ・リーガ第11節を終えた時点で、暫定3位の好位置につけているビジャレアル。守備面を整備し、リーグ7戦無敗、公式戦に至っては11試合負けなしを継続中だが、さらなる向上のためには、久保とそのライバルでもあるナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼら若手選手たちのパフォーマンスがカギを握ると語った。 <div id="cws_ad">◆ビジャレアルの練習で無邪気な笑顔を見せる久保<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQkdvRHlYbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「改善には、一部の選手たちが経験を積む必要がある。私たちはサム(・チュクウェゼ)がファーストチームで2年間継続的に活躍していない点を解決しなければならない。彼は違いをもたらすべき選手だが、今年はそれほどでもない。アノエタ(ソシエダ戦)では、彼がゲームを勝たせることができると思い、彼に賭けてみた。これからも主張は続けていく」 「タケ(久保)の場合は、エリアでアクションを起こすか、フィニッシュで終わる。そうすれば私たちは前進できるはずだ。技術を持っている選手も多いので、高いレベルに設定している。パフォーマンスと良い姿勢を出せる選手が多い。若手とともに一緒にパフォーマンスを見つけていきたい」 直近のリーグ戦では、途中出場が続いている久保とチュクウェゼ。どちらもヨーロッパリーグの舞台では先発で出場することも多いため、まずは3日に行われるグループステージ第5節のスィヴァススポル戦で、成長を見せたいところだ。 <div id="cws_ad">◆久保がELデビュー戦で見せた圧巻のパフォーマンス<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A dazzling debut in European competition for Villarreal wonderkid Takefusa Kubo <br><br><br> <a href="https://twitter.com/VillarrealCF?ref_src=twsrc%5Etfw">@VillarrealCF</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UEL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UEL</a> <a href="https://t.co/3TdUzMw9AN">pic.twitter.com/3TdUzMw9AN</a></p>&mdash; UEFA Europa League (@EuropaLeague) <a href="https://twitter.com/EuropaLeague/status/1321376409030283269?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.02 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の久保建英の評価は上がらず…スペイン紙が採点「日本人には厳しい日になった」

ビジャレアルは29日、ラ・リーガ第11節でレアル・ソシエダと対戦し、1-1で引き分けた。 リーグ戦で4試合連続のベンチスタートとなったビジャレアルの日本代表MF久保建英は1-1で迎えた74分から途中出場したものの、大きな見せ場はなかった。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】ソシエダ v ビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ncw2wahf0hwv1l8hsoe5crx2i" async></script></div> スペイン『マルカ』は、久保に対し3点満点で1点の評価。チームトップの2点評価だったのは、MFビセンテ・イボーラと先制点を記録したFWジェラール・モレノの2選手だけで、それ以外の全選手は1点にとどまっている。 また、ビジャレアル全体のパフォーマンスについても指摘。「試合は後半に入ると重さを増し、疲弊した両チームは溶けてしまった。ビジャレアルは久保の出場からより積極的にゴールを狙ったが、明確なチャンスはなかった」としている。 スペイン『アス』も久保については3点満点で1点の評価。こちらは9選手が2点評価を受けており、やや厳しい評価となった。 個別の寸評も記しており、久保については「74分に登場し、何度かトライしたが、相手を追い抜くことやラストパスの部分で欠けていた。強度の高い敵を相手に日本人には厳しい日になった」と伝えている。 これで、リーグでは11試合に出場し結果を残せていない久保。パフォーマンスは悪くないだけに、あとは目に見える結果が欲しいところだ。 2020.12.01 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英の同僚、左ウイングのMFモイ・ゴメスがハムストリング断裂

ビジャレアルは11月30日、スペイン人MFモイ・ゴメスの負傷を発表した。 クラブの発表によると、モイ・ゴメスは右足ハムストリングを断裂したとのことだ。なお全治は明かされていないものの、選手の回復具合に依存するとされている。 モイ・ゴメスは今シーズンのラ・リーガで10試合に出場し1アシスト、ヨーロッパリーグで3試合に出場。11月21日に行われたラ・リーガ第10節のレアル・マドリー戦で89分に交代。違和感が続いたため検査を受けたとのことだ。 左ウイングを主戦場としていただけに、日本代表MF久保建英に出場のチャンスが回ってくる可能性もありそうだ。 2020.12.01 02:11 Tue
twitterfacebook
thumb

久保が途中出場のビジャレアル、ソシエダとの上位対決は譲らずドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、レアル・ソシエダvsビジャレアルが29日に行われ、1-1で引き分けた。ビジャレアルのMF久保建英は74分から出場している。 前節カディス戦を1-0と制して6連勝とした首位ソシエダ(勝ち点23)は、シルバが負傷離脱となった中、オヤルサバルやメリノ、ウィリアン・ジョゼらがスタメンとなった。 一方、前節レアル・マドリー戦を優勢に運んだ中1-1と引き分けた3位ビジャレアル(勝ち点19)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマッカビ・テルアビブ戦を1-1で引き分け、決勝トーナメント進出は持ち越しとなった。そのマッカビ・テルアビブ戦で先発した久保はベンチスタートとなり、2トップはジェラール・モレノとバッカが形成した。 フラットな[4-4-2]で臨んだビジャレアルは右にトリゲロス、左にペドロサを配置した中、開始4分にPKを獲得する。ボックス左にルーズボールを取りに行ったエストゥピニャンがエルストンドに倒された。このPKをジェラール・モレノが決めてビジャレアルが先制した。 先制されたソシエダは14分、エストゥピニャンの不用意なバックパスからオヤルサバルが枠内シュートを放てば、21分にはスローインの流れからボックス右のバレネチェアがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると31分、CK流れからパウ・トーレスにファウルがあり、ソシエダがPKを獲得。これをオヤルサバルが決めてソシエダが同点とした。 試合が振り出しに戻って以降はソシエダがポゼッションを高めた中、1-1で前半を終え、迎えた後半、ビジャレアルはバッカに代えてチュクウェゼを右ウイングに投入した。 その後半もソシエダが押し込む流れで立ち上がった中、徐々に膠着状態に陥ったことを受けてビジャレアルは74分に久保を左サイドに投入した。 対するソシエダはヤヌザイやモンレアルを投入した中、終盤にかけても互いに集中力を切らさず1-1でタイムアップ。上位対決は引き分けに終わった。 勝ち点1を積み上げたソシエダは首位をキープしている。 2020.11.30 07:00 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly