ラツィオのアンゴラ代表DFバストスがアル・アインに移籍

2020.10.23 17:02 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは22日、アンゴラ代表DFバストスこと、バルトロメウ・ジャシント・キサンガ(29)がUAEのアル・アインに完全移籍したことを発表した。バストスは2016年夏にロシアのロストフから500万ユーロ(約6億2000万円)の移籍金で加入。しかし、シモーネ・インザーギ監督の下ではコンスタントな出場機会が得られず、今季も2試合に途中出場したのみだった。

アル・アインは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではグループステージの全6試合を消化し1勝2分け3敗で最下位に。先日開幕した国内リーグ戦では、昇格組のホール・ファカン・クラブを下して白星スタートを切っている。

また、先日にはメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトから元アルジェリア代表MFサフィル・タイデルを獲得しており、セリエAに所縁のある選手が集まっている。
コメント
関連ニュース
thumb

コロナから復帰のインモービレが1G1Aのラツィオが最下位に快勝《セリエA》

ラツィオは21日、セリエA第8節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節ユベントス戦をラストプレー弾で引き分けに持ち込んだ9位ラツィオ(勝ち点11)は、ミリンコビッチ=サビッチとルイス・フェリペが新たにコロナ陽性となった中、コロナ陰性となったインモービレが先発で復帰した。 ピッチに雨を多く含んだ中でキックオフとなった一戦。最下位クロトーネ(勝ち点2)に対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオは、13分にピンチ。しかし、シミーのボレーシュートはわずかに枠の右に外れた。 押し込まれる入りとなったラツィオだったが、21分に先制する。右サイドからパローロの上げたアーリークロスにインモービレがダイビングヘッドで合わせた。 エースの一発でリードしたラツィオは37分、コレアのパスをボックス中央で受けたパローロのシュートはGKコルダスの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 それでも迎えた後半、58分にラツィオが突き放す。インモービレのパスを受けたコレアがボックス左から左足でシュートをねじ込んで追加点を奪った。 2点をリードしたラツィオはクロトーネにポゼッションを譲って時間を消化していく。そして終盤にかけてもクロトーネに反撃のチャンスを許さず、快勝でリーグ戦4試合負けなし(3勝1分け)とした。 2020.11.22 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、インモービレがコロナ陰性で本格復帰へ

新型コロナウイルスで戦列を離れていたラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが本格復帰するようだ。ラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督が明かしている。 インモービレは10月28日に行われたチャンピオンズリーグ第2節クラブ・ブルージュ戦前に行われたコロナ検査で陽性判定を受けて欠場。その後、11月1日のセリエA第6節トリノ戦前に行われた検査では陰性判定を受けて途中出場していたが、公式戦ここ2試合はやはり陽性判定を受けて欠場していた。 招集されていたイタリア代表でもプレーすることができなかったインモービレだったが、インザーギ監督は「チームのために戦いたいという欲求を彼から感じ取ることができた。彼が合流してから練習を2度しか行えていないが、状態は良かった。スタメンかどうかは明日決めたい」とコメント。 一方でDFルイス・フェリペがコロナ陽性判定を受け、欠場になることを明かしている。 ラツィオは21日、セリエA第8節でクロトーネと対戦する。 2020.11.21 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ファビオ・カンナバーロの息子がラツィオユースに加入

ラツィオは18日、広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督の三男であるDFアンドレア・カンナバーロ(16)が、下部組織に入団したことを発表した。 類稀な身体能力と洞察力を活かした読みを武器にパルマやユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ優勝に貢献したファビオ・カンナバーロ氏を父に持つアンドレア。 これまで広州恒大の下部組織でプレーしてきたアンドレアだが、学業のためにイタリアへ帰国。そして、ラツィオの下部組織への入団を決めたとのことだ。 なお、カンナバーロ監督の息子は全員がサッカー選手であり、長男のクリスティアンは昨季までベネヴェントU-19でプレー。次男のマニュエルはサッスオーロのプリマヴェーラでプレーしている。 2020.11.19 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セルビア代表、ミリンコビッチ=サビッチら3名が新型コロナ陽性

セルビアサッカー連盟(FSS)は18日、セルビア代表の3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 FSSによると、検査の結果陽性反応を示したのは、ラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、エラス・ヴェローナのMFダルコ・ラゾビッチ、バーゼルのGKドルデ・ニコリッチの3選手とのことだ。 セルビアは18日にUEFAネーションズリーグ2020-21のリーグB・グループ3でロシア代表と対戦する予定だったが、その試合に向けた検査で陽性反応を示したとのことだ。 また、フィジオセラピストの1名も陽性反応を示しているとのこと。残りの選手やスタッフは陰性とのことだ。 2020.11.18 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ルイス・アルベルトがクラブ非難を謝罪「不快にさせようと言ったわけではない」

クラブのプライベートジェット購入を非難していたラツィオのスペイン人MFルイス・アルベルトが失言だったと謝罪している。 アルベルトは先日、自家用ジェット機が完成したと発表したクラブを非難。新型コロナウイルスで財政が火の車の中、選手に払うべき給与を払わず、外見ばかり気にした巨額投資に至ったクラブにSNSで苦言を呈した。 しかしこれが論争を巻き起こし、イタリアでは「クラブから制裁が加えられるのでは」と報じるメディアもあった。 予想以上の炎上に、ルイス・アルベルトは直ちに謝罪。インスタグラムに謝罪動画を投稿し「非常に愚かだった」と反省した。 「僕はいつも自分の過ちと向き合ってきた。今回もそうだ。あの発言をするには正しいタイミングではなかった。お金が全てではないことはもちろんわかっている。今がみんなにとって難しい時期だということも」 「この事態が早く収束してくれることを願っているよ。そしてまたフットボールに戻って楽しめることもね。僕があの発言をしたのはみんなのためを思ってのことだった。それとラツィオにそんなみんなのために動いて欲しかったんだ」 「ラツィオのために全てを捧げてきた僕のもとに、もっとラツィアーレになれというメッセージが届いたんだ。なんて愚かなことをしたんだとすぐに気づいたよ。ここに来て4年になるけど、ファンのみんなは子供の頃からこのクラブを応援している。彼らと同じようには決してなれないんだ」 「不快に感じた人たちに謝ります。お金の話をしたのはそういった意図があったわけじゃないんだ。僕たちは困難な状況であることを知っていて、チームスタッフを助けたいという思いから、チームとして1カ月分の給与を返納したんだ」 「僕はラツィアーレではない。なれるはずもない。だけど、ラツィオから受け取ったのは大きなリスペクトだった。僕たちは本当に家族のように感じているよ。あのコメントは適切なタイミングではなかった。でも僕の発言は一緒に成長すべきだと考えてのことだ」 「だからフォルツァ・ラツィオ、一緒にこの戦いに勝とう!」 2020.11.14 22:18 Sat
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly