好調ミランが敵地でセルティック撃破! 後半追い上げ食らうもハウゲ初弾で逃げ切る!《EL》

2020.10.23 06:33 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節、セルティックvsミランが22日に行われ、アウェイのミランが1-3で勝利した。PK戦までもつれ込んだリオ・アヴェとの死闘を制してグループステージ進出を決めたミラン。ただ、セリエAでは直近のダービーでインテルを下すなど、開幕4連勝と好調を維持している。

26日にローマとのセリエAでのビッグマッチを控える中、インテル戦からのメンバー変更を5人に留めてイブラヒモビッチやGKドンナルンマ、ケシエ、テオ・エルナンデスを継続起用。一方、デビュー戦となるジオゴ・ダロトがクルティッチらと共に起用された。

立ち上がりは一進一退の攻防となったが、ミランの伏兵がいきなり仕事を果たす。14分、相手陣内右サイドでボールを持ったカスティジェホがカットインから左足インスウィングの絶妙なクロスを入れると、ニアにポジションを取ったイブラヒモビッチの後方から飛び出してきたクルニッチが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

クルニッチの移籍後初ゴールで先手を奪ったミランは、古巣対戦で意気込むラクサールらを起点とする相手のサイドアタックにきっちり蓋をしながら、相手得意のセットプレーも冷静に撥ね返していく。

すると、前半終了間際の42分にはGKドンナルンマのスローイングからロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でタメを作ったイブラヒモビッチのスルーパスにテオが快足を飛ばして抜け出すと、ボックス手前でキープして後方から攻め上がってきたブラヒム・ディアスに丁寧なパス。これを受けたディアスがDF2枚をドリブルで振り切り、ボックス右から右足のシュートを左隅へ流し込んだ。

これで余裕の展開となったかに思われたミランだったが、後半はセルティックの攻勢に遭う。立ち上がりからリスクを冒して攻める相手に押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられる。

流れを変えたいミランベンチは、週明けのローマ戦も意識してか、66分にイブラヒモビッチとケシエを下げてレオン、ベナセルをピッチに送り込む。

だが、中盤で強度を維持していたケシエ、前線で抑止力となっていたイブラヒモビッチの不在によって、より押し込まれる苦しい状況に陥る。そして、76分にはクリスティの左CKをM・エルヨナシに頭で決められて点差を縮められる。

これで完全に勢いづいたセルティックを前に守勢を強いられたミランは、ドンナルンマが遅延行為でカードをもらうなど、逃げ切りに向けて精いっぱいという状況が続く。

それでも、後半アディショナルタイムまでリードを維持すると、92分にはサレマカーズの斜めのパスに反応したペナルティアーク付近のハウゲが相手に寄せられながらもそのままゴール前まで持ち込んで試合を決定付ける3点目を決め切った。

そして、デビュー2戦目となったハウゲの値千金の初ゴールで勝利を大きく引き寄せたミランが難敵セルティックとのアウェイゲームを制し、今季のELグループステージを白星で飾った。

セルティック 1-3 ミラン
【セルティック】
M・エルユヌシ(後31)
【ミラン】
クルニッチ(前14)
ディアス(前42)
ハウゲ(後47)
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、最新検査で陰性確認されたピオリ監督の復帰を発表!

ミランは2日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染により静養の続いていたステファノ・ピオリ監督が最新の検査で陰性になったことを発表した。 ピオリ監督は11月14日に行われた検査で陽性反応が確認された。その後は自宅での隔離措置を継続しており、セリエAの2試合とヨーロッパリーグ(EL)1試合をベンチ外で見届けていた。 そんな中、ミランは1日行われた検査の結果でピオリ監督が陰性と確認されたことを報告。2日のトレーニングからチームに合流し、3日に行われるELグループH第5節のセルティック戦でベンチに復帰すると発表した。 なお、ミランは同じく新型コロナ陽性で静養中だったアシスタントコーチのジャコモ・ムレッリ氏の陰性も報告。同氏も2日のトレーニングからチームに合流するとのことだ。 2020.12.02 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラ不在ミラン、新生フィオレンティーナに快勝で首位キープ《セリエA》

ミランは29日、セリエA第9節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節ナポリとの上位対決を制して首位を守ったミラン(勝ち点20)は、イブラヒモビッチが負傷離脱となった中、3日前に行われたヨーロッパリーグのリール戦を劣勢ながら1-1で引き分けた。決勝トーナメント進出に向けて三つ巴の競り合いが続く中、リール戦のスタメンから5選手を変更。ケシエやロマニョーリ、カラブリアら主力が先発に戻り、負傷明けのサレマカーズがスタメンに戻った。 前節からプランデッリ監督が指揮を執る15位フィオレンティーナ(勝ち点8)に対し、[4-2-3-1]で臨んだミランは最前線にレビッチ、2列目に右からサレマーカーズ、ディアス、チャルハノールと並べた。 一進一退の攻防で立ち上がった中、17分にミランが最初のチャンスを生かして先制する。右CKからニアサイドのケシエがヘッドで逸らすと、ファーサイドに流れたボールをロマニョーリが頭で押し込んだ。 先制後、21分にヴラホビッチに左ポスト直撃のシュートを浴びたものの、25分にPKを獲得する。カラブリアのパスを受けたサレマーカーズがボックス内に侵入してペッゼッラに後方から倒された。 このPKをケシエが決めてリードを広げたミランは、37分にもPKを獲得。テオ・エルナンデスがボックス左に侵入し、切り返しを図ったところでカセレスに倒された。しかし、キッカーのケシエはGKドラゴウスキにセーブされ、ミランは2点のリードで前半を終えた。 後半からカジェホンに代えてボナヴェントゥーラを投入し、前がかってきたフィオレンティーナに対し、ミランは53分にチャルハノールがミドルシュートを右ポストに直撃させる。 55分にはピンチを迎えたものの、守護神ドンナルンマがリベリとの一対一を止めて2点差を保った。 その後、68分にリベリに代えて元ミランFWクトローネを投入してきたフィオレンティーナに対し、終盤の85分にCKからペッゼッラにヘディングシュートでオンターゲットを記録されるも、ここもGKドンナルンマがセーブしてタイムアップ。快勝したミランが首位キープに成功している。 2020.11.30 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチも哀悼 「背番号10で誰が思い浮ぶ? マラドーナだ」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが急逝したディエゴ・マラドーナ氏を追悼した。 フットボール界のレジェンドであり、アルゼンチンでも英雄として崇められるマラドーナ氏は25日、母国の首都ブエノスアイレス郊外にある自宅で心不全により、60歳で他界した。 世界中の様々な方面から惜しむ声が挙がるなか、イブラヒモビッチもイタリア『スカイ』でマラドーナ氏の死を偲んだ。 「残念でならない。俺からすれば、マラドーナはフットボール以上の存在だからだ。俺は多くの人々が崇める彼と知り合い、話ができて幸運だった」 「彼はピッチ上の象徴だ。俺はいつだってピッチ上のことで彼をジャッジしている。外で何をしたかはあくまで彼の問題であって、俺らに関係ない」 「俺らは彼のフットボーラーとしての功績を忘れてはならない。私見だが、彼は永遠の存在だ。背番号10を見て誰を思い浮かべる? マラドーナだ」 「あの番号は彼のシンボル。今においても、彼のことを思い、その番号を選ぶ奴らがいる」 また、「いち人として、彼は自らの信念に従い、すべてをやった。ほかの動機や考えなしにね。それが正しかったのかはわからないが、だからこそ世界から愛された」と賛辞を続けた。 「今のフットボールにおいて、誰もが完璧な存在になろうとするが、成長するためにミスも必要だ。マラドーナはいつも心を込めて全てを尽くした。これからもこれからもNo.1であり続ける」 2020.11.29 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ELでドローのミラン、指揮官代行はイブラ不在を気にせず 「チームの精神は変わらない」

ミランのダニエレ・ボネーラ監督代行がヨーロッパリーグ(EL)でドローゲームを振り返り、内容には満足していると語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 ミランは26日に行われたELグループH第4節で、前回対戦で0-3の完敗を喫したリールと再戦。勝てば首位浮上となるミランだったが、大黒柱であるFWズラタン・イブラヒモビッチを負傷で欠く苦しいチーム状態での一戦となった。 試合ではイブラヒモビッチに代わってトップの位置に入ったFWアンテ・レビッチのパスからFWサムエル・カスティジェホが落ち着いて決めて先制点をマーク。しかし、65分に同点とされ、1-1のドローに終わった。 新型コロナウイルス感染で静養中のステファノ・ピオリ監督に代わって指揮を執るボネーラ監督代行は試合後、「我々は非常に良いパフォーマンスを見せられた」と話しており、チームを称えている。 「チームはゲームをコントロールしていたし、だからこそ失点に気を取られてしまったのは残念だった。でも、(0-3で敗れた)ホームでの試合とは全く違うミランを見せられたよ。全員が一丸となって試合に取り組んでいたし、そのチームスピリットに満足している」 また、ボネーラ監督代行はイブラヒモビッチ不在にも触れており、若いチームが同選手の不在を上手くカバーしてくれたと満足感を示している。 「我々は、若い選手たちが活躍してくれたことに満足している。もう少し健全な狂気は求めたいけどね。それと、この若いチームにシモン・ケアーのような経験豊富な選手がいてくれるのも大きいよ。彼は大きな力を発揮してくれている」 「当然、イブラヒモビッチは非常に重要な選手だ。しかし、チーム全体で彼の不在を補うことは出来るし、チーム精神は変わらないよ」 この試合の結果、ミランはグループ2位となり、残り2試合で決勝トーナメント進出を目指す形に。ボネーラ監督代行も「次の試合は勝たなければならないし、今晩のようなプレーをしたい」と、次戦に意気込みを見せている。 2020.11.27 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

若くしてミラン守護神のドンナルンマ、今季最終年の契約延長が差し迫る?

ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(21)の契約延長が差し迫っているようだ。 ドンナルンマは2015年10月に当時16歳の若さでセリエAデビューを果たして以降、公式戦以216試合225失点で77回の無失点試合を記録。まだ21歳という年齢だが、すでにセリエA通算185試合の出場数を誇り、ミランの絶対的守護神としての地位は今季も揺るぎないが、今季終了後に契約が失効する。 イタリア『カルチョメルカート』によれば、代理人のミノ・ライオラ氏は低迷期が続くミランにチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に返り咲くためのチーム強化を契約延長の条件としてアピール。しかし、今季のミランがセリエA首位に立っている状況もあり、これまで以上に新契約締結に迫っているという。 両者の間で予想される新たな契約年数こそ明らかになっていないが、年俸700万ユーロ(約8億6000万円)程度の条件で延長合意に近づいている模様。唯一残されている話し合いは移籍条項に関するもので、ライオラ氏はミランの意向に反してそれの設定を求めているとみられる。 2020.11.27 11:20 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly