C・ロナウドは未だに新型コロナ陽性反応、バルサ戦に間に合うか

2020.10.22 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、未だ陽性反応を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。C・ロナウドは、ポルトガル代表として活動していた13日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示し、ポルトガル代表として臨むはずだったUEFAネーションズリーグの試合を欠場。14日に、イタリア保健当局の承認を経て、プライベートジェットでトリノに帰国した。



そのC・ロナウドには、プロトコル違反があったとして大きな問題となっており、調査が進められているが、10日間の隔離期間に入っている。

しかし、『スカイ・スポーツ』によれば、21日に新たに新型コロナウイルスの検査を受けたC・ロナウドだったが、その結果は陽性だったとのことだ。

順調に回復していれば、早ければ週末の試合から復帰が可能だったがこのタイミングで陽性反応が出たことで不可能に。来週28日にはバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)が控えており、ユベントスとしては試合の24時間前までに陰性の結果が出て欲しいところだ。

10日間の隔離措置を終える段階での検査は23日に予定されており、そこで陰性の判定が出れば隔離を終えることができる。

リオネル・メッシとC・ロナウドがCLのグループステージで初めて対戦することで注目を集めていたが、実現するだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウド温存のユベントス、好調モラタ弾も格下ベネヴェントに低調ドロー《セリエA》

ユベントスは28日、セリエA第9節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節カリアリ戦をC・ロナウドの2発で勝利した4位ユベントス(勝ち点16)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではフェレンツヴァーロシュ相手に好調を維持するロナウドとモラタのゴールで辛勝とし、決勝トーナメント進出を決めた。リーグに集中できる環境となった中、フェレンツヴァーロシュ戦のスタメンから5選手を変更。C・ロナウドが招集外となった中、ディバラとモラタの2トップで臨んだ。 14位ベネヴェント(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、右にキエーザ、左にラムジーを据えた。 そのユベントスがボールを持つ流れとなる中、22分に先制した。決めたのは好調モラタ。キエーザのロングフィードを受けた左サイドのモラタがボックス左に侵入し、左足でゴール右へシュートを蹴り込んだ。 続く26分にはディバラに決定機があったものの決めきれなかったユベントスは、徐々に攻撃が停滞し、ベネヴェントの反撃を受けてしまう。 すると追加タイム3分には大ピンチ。スキアッタレッラのミドルシュートでゴールに迫られ、ここはGKシュチェスニーが好守で凌ぐも、直後のCKから同点とされた。アルトゥールのクリアが中途半端になると、ボックス右のレティツィアにボレーシュートを決められた。 1-1で迎えた後半、52分にユベントスは勝ち越しのチャンス。だが、ボックス左に抜け出したキエーザの折り返しをモラタが頭で合わせるもシュートは枠を捉えきれなかった。 攻めあぐねるユベントスは62分にラムジーに代えてクルゼフスキを、69分にキエーザに代えてベルナルデスキを投入。 終盤にかけてもなかなかギアが上がらずにいたユベントスだったが、86分にようやく決定機。フラボッタがボックス左からクロスを入れ、ディバラがダイレクトでシュート。だが、GKモンティポの好守に阻止された。 結局、1-1のまま終了。ユベントスは格下に引き分け、勝ち点1を積み上げるに留まった。 2020.11.29 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

「比類のない魔術師」クリスティアーノ・ロナウドがマラドーナ氏を追悼「埋められない虚しさを残した」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のインスタグラムを更新。生前の2ショットを載せながら追悼のメッセージを送った。 「今日、僕は友人に別れを告げ、世界は永遠の天才に別れを告げる」 「史上最高の1人。比類のない魔術師。彼はあまりにも早く去るが、限りない遺産、埋められない虚しさを残した」 「安らかに眠ってください。偉大なる者。決して忘れられる事はないでしょう」 <div id="cws_ad"><br/><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIBa_OCgb7g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIBa_OCgb7g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIBa_OCgb7g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 19:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ピッチにC・ロナウドが2人!?ユーベ戦先制点のフェレンツヴァーロシュFWのゴールパフォが話題に

フェレンツヴァーロシュのアルバニア代表FWミルト・ウズニのゴールパフォーマンスが話題になっている。 ハンガリー王者のフェレンツヴァーロシュは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でユベントスと対戦。後半アディショナルタイムのFWアルバロ・モラタの決勝弾の前に1-2で惜しくも敗れたものの、印象に残る一幕を作ることに成功している。 <div id="cws_ad">◆20-21シーズンも絶好調のC・ロナウド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 0-0で迎えた19分、右サイドからのクロスがディフレクトしながらも、ゴール前に入ると、ウズニが合わせ、見事な先制ゴールを決める。するとウズニは、ゴール後、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドのトレードマークとしてお馴染みのゴールパフォーマンスを披露。C・ロナウド本人の前で、しかもユベントスのホームスタジアムであるアリアンツ・スタジアムで、ゴールパフォーマンスを“パクッて”見せた。 すると、このパフォーマンスで火が付いたのか、C・ロナウドは35分、強烈なミドルシュートを決め、同点に。ウズニを意識したのか定かではないが、C・ロナウド本人は、いつものパフォーマンスは披露せずに終わった。 ちなみにC・ロナウド本人の前で別の選手がこのゴールパフォーマンスをするのは初めてではなく、2019年7月に行われたユベントスとKリーグ・オールスターズとの親善試合では、Kリーグ・オールスターズの一員としてプレーしたブラジル人FWセシーニャも得点後にこのパフォーマンスを本人の前で披露。ベンチのC・ロナウドに向かって指を差した後、ハーフタイムにはC・ロナウドにユニフォーム交換をお願いしに行くなど、隠し切れないリスペクトを示していた。 同業者からも大人気のC・ロナウド。この試合でのゴールが今シーズンのCL初ゴールとなったが、今後の更なる活躍に期待だ。 <div id="cws_ad">◆相手チームFWがC・ロナウドのお株を奪う“あの”ゴールパフォ!<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CH_WoftJTnj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CH_WoftJTnj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CH_WoftJTnj/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.25 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

土壇場決勝ゴールでGS突破のユベントス、ピルロ監督は前半に苦言「別の入りをしたかった」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がフェレンツヴァーロシュ戦を振り返った。 ユベントスは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節でハンガリー王者のフェレンツヴァーロシュと対戦。19分にミルト・ウズニに先制ゴールを許すものの、35分にクリスティアーノ・ロナウドのゴールで同点に追いつく。 ペースが上がらない展開となったが、後半アディショナルタイムにアルバロ・モラタが値千金の決勝点を記録。2-1で勝利を収め、グループステージ突破を決めた。 試合後ピルロ監督は試合の入りが問題があり、守備面でもプレスに問題があると感じたと振り返った。 「別の入りをしたかった。少し表面的だったので、追いかけなければならなかった。最初のプレスは、我々が望んでいたほど激しくはなかった」 「しかし、重要なことはバランスを崩して再び苦しまないことだった。前半はいくつか問題があったが、後半は改善された」 「ただ、ペースは上がらず、ボールを速く動かすことはできなかった」 また、この試合でCLでも復帰を果たしたオランダ代表DFマタイス・デ・リフトについてもコメント。チームにとって重要な役割を担ったと語った。 「重要な復帰だった。我々がよりアグレッシブになれるようになり、多くのことを与えてくれる。彼はすでに20歳でキャプテンだ」 2020.11.25 13:02 Wed
twitterfacebook
thumb

モラタの後半追加タイム弾で格下に辛勝のユーベがグループステージ突破!《CL》

ユベントスは24日、チャンピオンズリーグ(CL) グループG第4節でフェレンツヴァーロシュをホームに迎え、2-1で競り勝った。 前節フェレンツヴァーロシュ戦を4-0と快勝したユベントスは、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、2-0で快勝したカリアリ戦のスタメンから5選手を変更。モラタやラビオ、クルゼフスキらがベンチスタートとなってディバラやベンタンクール、今季初出場のアレックス・サンドロがスタメンとなった。 最下位フェレンツヴァーロシュ(勝ち点1)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは2トップにC・ロナウドとディバラ、右にマッケニー、左にベルナルデスキ、負傷者続出により枚数不足のセンターバックにはダニーロが入った。 そのユベントスがボールを保持する展開となるも、19分に失点する。ボックス右からクロスを入れられると、ウズニにボレーで決められた。 それでも35分にエースが同点弾。ボックス手前右でクアドラードのパスに反応すると、左足ダイレクトで放った強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、攻めあぐねる中、60分にベルナルデスキのミドルシュートが右ポストに直撃したユベントスは、62分に3枚替えを敢行。ディバラやベルナルデスキに代えてモラタやキエーザ、クルゼフスキらを投入した。 すると77分に久々の決定機。キエーザのスルーパスに抜け出したモラタがボックス左に侵入してシュートを放ったが、わずかに枠を捉えきれなかった。 その後、82分にベンタンクールのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスだったが、拙攻を続け引き分けに終わるかと思われた。 しかし追加タイム2分、C・ロナウドと共に今季のユベントス攻撃陣を牽引するモラタが決める。右サイドを上がったクアドラードのクロスをヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってユベントスが辛勝。2試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2020.11.25 07:06 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly